2022年06月09日

明日は石川県・金沢へ。7年ぶりの再会!


明日は、石川県の金沢へ♬

2015年の夏、石川県文教会館ホールにてライブと上映会を企画してくださった皆様との7年ぶりの再会です。


OA95gI4EdYn1BpCggbVTxUAm5C9auyrrJ-SkgPliW9I2C-7mRqzWW_Yx_lAtW5X5jTquc4fFINOXUFOJFDOqodng.jpeg
▲2015年4月、大乗寺丘陵公園に被爆アオギリ2世の小さな苗が植樹されました。


O8IHUX3TuAVzzqmxRkyjpclxSVMktPz3X6qVIpA8cCk.jpeg


明後日11日の川崎正美さんのコンサートにゲスト出演させていただきます。

被爆者の西本多美子さんに改めて心より感謝申し上げます。


10458476_546720772099685_7291905089054713870_n-838d8.jpg


11796251_866471760102791_5784758577391480167_n.jpg

7年前の金沢でのライブと上映会では、まだお元気だった日本被団協の岩佐幹三先生と伊藤直子さんが東京から駆けつけてくださいました。生前のお二人のお姿が思い起こされます。

11215712_696092057162555_8115997535533921728_n.jpg


あの時一緒に駆けつけてくださった、今は亡き金森俊朗先生。

人と自然の繋がりを模索しながら様々な「いのちの授業」の実践教育に取り組み、「情操教育の最高峰」として教育界のみならず医療・福祉関係者からも注目されていた金森先生の教室を描いたNHKスペシャル「涙と笑いのハッピークラス 四年一組命の授業」を見た時の感動が今も心に刻まれています。

金森俊朗先生がお亡くなりになる前に、最後に送ってくださったのは、金沢でスクスク成長している被爆アオギリ2世のお写真でした。


5684.jpg


今ではもう30年以上も前のこととなりますが、
若かりし頃、十一屋小学校の金森俊朗先生の教室に呼んでいただいた時の経験は、かけがえのない大きな宝物です。

金森先生のクラスの子どもたちに、アメリカの学校でヒロシマ・ナガサキを伝えた経験をお話しさせていただきました。その時、故・岩佐幹三先生と西本多美子さんが教室に話を聞きにきてくださり、今に至るご縁をいただきました。


十一屋小5-1.jpg


7年前に再会した時、
金森先生がプレゼントしてくださった当時の学校新聞を読み返しながら‥‥

ゴリラ新聞.jpg


原点を大切に、生きていきます。

明後日11日は、川崎正美さんのコンサートを楽しみにしています。

その後、被爆アオギリ2世に会いに大乗寺丘陵公園へ。
ドキュメンタリー映画「いのちの音色」の撮影と取材も予定しています。
今年中の完成を目指し、来春から夏に向けての公開を目指します。
引き続き皆さまのご支援・ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。




posted by ぷらっとハッピー日記 at 18:11| 東京 ☁| アオギリ祭り・映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月03日

歌や語りでヒロシマ・ナガサキを伝える全国ライブ活動:この夏から再スタート!



この夏から、歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える全国ライブ活動も再スタートしていきます。

2008年8月6日のミューズの里を設立した日の夜に初開催し、あれからこの夏で14年…。

ライブ活動を応援してくださった被爆者の沼田鈴子さんが2011年7月に亡くなった後、沼田さんの前半生をモデルに映画づくりを始めてからは息つくひまもなく、ただひたすら必死の毎日。映画制作とその後の上映活動の厳しい忙しさで、なかなか音楽と向き合う時間が取れない中ではありましたが、与えていただいた場で精一杯 心を込めて歌い奏でながらの日々でした。

2017年、共に映画や音楽活動をしてきたギタリストのしげ兄さんが緊急入院となり、癌の告知を受けてから今年で5年。昨年は再初の告知もあり、いったん画像からは癌が一度消えていますが、引き続き抗がん剤治療を受けながらの日々が続いています。

がんと共に生きていく覚悟をしながら、
どんな状況にある時も、みんなで共に心から感謝していることがあります。

それは、いのちある限り果たしていきたいと思える志を持たせていただいたことへの深い感謝です。


67702743_2417167188366566_8313412167848165376_n.jpg


1000回ライブを目指してスタートした歌や語りでヒロシマ・ナガサキを伝えるライブも、次回で254回目。

もちろん何回やったかが大切なことではありませんが、
「よし!1000回ライブだ!」
と、しげ兄さんもやる気と気合いに満ちています。

1つ1つのライブに想いをこめて、
この夏より、全国ライブも再スタートしていきます♬


posted by ぷらっとハッピー日記 at 14:04| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月31日

Zoom「アオギリ祭り」先着限定100名無料ご招待!


cover-m8SZO55tdy8WnOf2S3USBpxb1atqIFwD.jpeg

コロナ禍、ミューズの里では、昨年からこの春までの約1年間にわたり『いのちの音色』をご支援くださった皆様の中からご希望者に、映画「アオギリにたくして」「かけはし」Zoomオンライン上映への無料ご招待をさせていただきました。ご参加くださった皆様に改めて心より深く感謝申し上げます。

6月よりドキュメンタリー映画『いのちの音色』撮影が本格的に再スタートすることとなり、今後は年内の完成を目指して制作に向けて集中してまいります。ご支援くださった方をお招きしての試写会は来春を目指し、劇場公開は来夏を目指して、再スタートいたします。

そしてこの夏は昨年に引き続き、ご支援くださっている皆様への感謝を込めて、先着限定100名様特別無料ご招待による Zoomオンライン「アオギリ祭り」を開催いたします。内容やお申し込みの詳細は、下記URLをクリックしてご覧ください。

🍀Zoom「アオギリ祭り @ 」7/10(日)10:00-12:30
 詳細&お申込先は下記Peatixのサイトへ
https://aogirifestival2022-online-1.peatix.com/

皆.jpg

7/10(日)に開催されるZoomオンライン「アオギリ祭り@」の上映後のトークゲストは、映画『アオギリにたくして』米国上映を2016年にコーディネートしてくださった平和学者で民間外交プロジェクト「Never Again Campaign」創始者のレイスロップ名誉教授ご夫妻です。コーディネート&和英通訳は、英語・ロシア語の通訳・翻訳でも活躍中の高橋純平さんです。

〜Never Again Campaign(NAC)について〜
NACは、北浦葉子さんとレイスロップ名誉教授ご夫妻が始めた民間外交プロジェクトです。日本人ボランティアが単身渡米し、アメリカの家庭にホームステイしながら学校や教会などで日本文化紹介と共に原爆映画「にんげんをかえせ」やアニメ「ピカドン」などを上映し、被爆者のメッセージを伝える草の根活動。1985年〜2011年までに計10回のボランティア募集を行い、57名のボランティアをアメリカ・カナダの各地へ派遣。NACボランティアたちは、アメリカ38州・首都ワシントンDC、カナダにて1万1845回以上のプレゼンテーションを行い、37万1219人以上にヒロシマ・ナガサキを伝えました。また、旧ソ連を含むその他11か国でもプレゼンテーションを行いました。2018年、NACを締めくくる旅として、レイスロップご夫妻は11回目の来日を果たし、各地の元NACボランティアたちとNACサポーターの皆さんがご夫妻を迎えました。


🍀Zoom「アオギリ祭りA」7/12(火)19:00-21:30
 詳細&お申込先は下記Peatixのサイトへ
https://aogirifestival2022-online-2.peatix.com/

清水和尚様とシガ子さん.jpg

Zoomオンライン7/12「2022 アオギリ祭りA」では、国内外に被爆の実相を伝える被爆者の西本多美子さんからのビデオメッセージの後、長野県・南木曽の人々と共に被爆アオギリ3世を育てておられる「長延寺」ご住職の清水醇様に「いのちの尊さ」「平和の大切さ」についてお話しいただきます。清水和尚様は、2020年に小椋シガ子様はじめ南木曽の皆様と共に映画『アオギリにたくして』上映会&ライブを開催してくださり、大変お世話になりました南木曽の皆様の平和を思うお心に触れ、とても素敵な上映会でした。改めて心より深く感謝申し上げます。

清水和尚様のお話に続き、全国各地で被爆アオギリを植樹されている皆様からのお話を楽しみにしています。

・衣笠邦彦さん 大分県「アオギリ会国東」
・堀 良治&みさご夫妻 埼玉県
・錦織斉子さん 島根県「雲南アオギリ会」
・小椋シガ子さん 長野県「南木曽アオギリ会」
・林まゆみさん&山内智子さん 長野県「伝えたい想い アオギリにたくして」
・須田和夫さん 秋田県「鳥海山にブナを植える会」
・福島京子さん 東京都「砂川平和ひろば」

ピースメッセージ
・立花志瑞雄さん 広島県
・上田紘治さん (4才の時、広島で被爆)

リアル開催予定の「アオギリ祭り 2022」情報
・東京・町田「アオギリ祭り in 浮輪寮」7/16・17・18の3日間
・大阪・十三「アオギリ祭り in シアターセブン」8/5・6

※その他、大分・国東では、アオギリ会国東代表で劇団「国東えんげき工房」座長の衣笠邦彦さんが主催されている「アオギリ映画祭り」が8/20・21に開催されます。

お問合せ先
Seeds of Hope & Peace!
ミューズの里「アオギリ祭り」
E-mail: info@musevoice.com
※日本全国各地で「アオギリ祭り」企画中!
※各アオギリ祭りにより開催内容が異なりますのでご確認ください。

6月より撮影が再スタートするドキュメンタリ映画『いのちの音色』は、年内の完成を目指しながら来春〜来夏の公開を目指しています。
引き続き、ご支援・ご協力のほどお願い申し上げます
posted by ぷらっとハッピー日記 at 20:40| 東京 ☁| アオギリ祭り・映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月30日

ドキュメンタリー映画『いのちの音色』:今後の撮影日程

〜ご支援くださっている皆様へ〜

『いのちの音色』をご支援くださっている皆様に改めて心より感謝申し上げます。

コロナ禍の相次ぐスケジュール変更に続き、共に監督・プロデューサーを務めるしげ兄の癌の再発と抗がん剤治療による体調の変化を見守りながらの制作となり、映画の完成が遅れていることを心より深くお詫び申し上げます。

お陰様でこの6月より、撮影を再スタートしていく運びとなりました。
残念ながらこの夏の完成には間に合いませんが、今年中の完成を目指して引き続き全力を尽くします🌱

<今後の撮影予定>
◉6/10, 11 石川県・金沢

被爆アオギリ2世の撮影をさせていただく予定です。

◉7/16, 17, 8 東京・町田の野津田の里山「浮輪寮」
被爆アオギリ2世が植樹された浮輪寮での「2022 アオギリ祭り」の撮影。

◉8/5, 6 大阪・十三「シアターセブン」
2017年8月6日に映画館のビルの屋上に植樹された被爆アオギリ2世の追加撮影に伺います。コロナ禍、屋上のビアガーデンは残念ながら潰れてしまったそうですが、アオギリは元気に成長し続けているようです。

◉8/19~23大分県・国見と別府へ
国見では、第3回アオギリ映画祭りが開催されます。国見小学校に植樹された被爆アオギリ2世のその後を取材&撮影。別府では(今検討中ですが)広島からの被爆アオギリ2世が植樹されるシーンの撮影を予定しています。

その他、まだ日程が未定ですが、広島にもう一度撮影に行く予定でおります。

撮影の再開と共に、これまで撮影したデーターをもとに編集作業も日々進めております。

引き続き、ご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
posted by ぷらっとハッピー日記 at 21:51| 東京 ☁| 映画『いのちの音色』制作中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月27日

勝俣範之先生の「メディカルライブ 2022夏」ギタリストのしげ兄が出演させていただきます♬



280545684_1012360206068520_5553873563617491123_n.jpg


抗がん剤治療の第一人者としてご活躍中の勝俣範之先生の「メディカルライブ 2022夏」に、弊社のしげ兄(ギタリスト)が出演させていただきます。皆様よろしくお願い申し上げます。

会場参加は、限定40名となっているそうです。
🍀会場参加希望の方は、作詞家の大井公子さんまで
E-mail: kimikoooi@yahoo.co.jp(参加費は、当日会場にて)
 
🍀オンライン参加は、下記Peatixサイトへ
https://medical-live2022sum.peatix.com/view






posted by ぷらっとハッピー日記 at 21:56| 東京 ☀| ぷらっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「2022 アオギリ祭りA」長野県・南木曽「長延寺」の清水醇ご住職様のお話

清水和尚様とシガ子さん.jpg

Zoomオンライン「2022 アオギリ祭りA」(7/12)では、国内外に被爆の実相を伝える被爆者の西本多美子さんからのビデオメッセージの後、長野県・南木曽の人々と共に被爆アオギリ3世を育てておられる「長延寺」ご住職の清水醇様に「いのちの尊さ」「平和の大切さ」についてお話しいただきます。

清水和尚様は、2020年に小椋シガ子様はじめ南木曽の皆様と共に映画『アオギリにたくして』上映会&ライブを開催してくださり、大変お世話になりました。南木曽の皆様の平和を思うお心に触れ、とても素敵な上映会でした。改めて心より深く感謝申し上げます。

清水和尚様のお話に続き、全国各地で被爆アオギリを植樹されている皆様からのお話を楽しみにしています。

🌱衣笠邦彦さん 大分県「アオギリ会国東」
🌱堀 良治&みさご夫妻 埼玉県
🌱錦織斉子さん 島根県「雲南アオギリ会」
🌱小椋シガ子さん 長野県「南木曽アオギリ会」
🌱林まゆみさん&山内智子さん 長野県「伝えたい想い アオギリにたくして」
🌱須田和夫さん 秋田県「鳥海山にブナを植える会」
🌱福島京子さん 東京都「砂川平和ひろば」

🌱ピースメッセージ:立花志瑞雄さん 広島県

「2022 アオギリ祭A」は、7/12(火)午後19:00より開催されます
🍀詳細&お申し込みは、下記URLをクリック!
https://aogirifestival2022-online-2.peatix.com/
posted by ぷらっとハッピー日記 at 19:22| 東京 ☁| アオギリ祭り・映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月26日

宝ちゃんと命くんとアオギリさん



アオギリの木の下で🐾


283217533_5697540856941263_6296164902046273404_n.jpg

33076.jpg


宝ちゃんと命くん🐾
毎日がアオギリ祭り?!

平和を♬

posted by ぷらっとハッピー日記 at 21:50| 東京 ☁| 命と宝🐾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7/10 オンライン「アオギリ祭り@」 朝霧靖子さんからのビデオメッセージ!


image.jpg


ミューズの里の初プロデュース映画『アオギリにたくして』では、若き日の田中節子の同僚で恋敵(春奈役)を好演してくださった広島出身の朝霧靖子さん。7/10(日)に開催されるZoomオンライン「アオギリ祭り@」では、英語字幕版での上映後に朝霧靖子さんからの日本語と英語によるビデオメッセージをお届けします♬

朝霧靖子さんのプロフィール
https://yasukoasagiri.wixsite.com/yasuko-asagiri/about-me

様々な映画やTV・舞台に出演されている朝霧靖子さんですが、オーディションの時の文章が大変印象的で胸を打ちました。

朝霧さんは、広島県生まれの東京育ち。
幼い頃から、おばあちゃんやたくさんの親戚の方々から原爆について聞かされていたそうです。

朝霧さんがおばあちゃんとの思い出の中で一番印象に残っっているのは、原爆資料館に連れて行ってもらった時のこと。

「おばあちゃんは中に入れんけぇ、あんたらだけで見てきんさい」
と言われ、弟さんと従姉妹さんたちと中に入ったそうです。
その時はまだ子供で、原爆の本当の恐ろしさが分からず、『おばあちゃん、怖がりだなぁ』と思ったそうです。

「でも今になって、原爆を実際に経験したおばあちゃんが、どうしても資料館に入ることができなかった気持ちがわかり…、
あの時おばあちゃんをもっと思いやれなかったことがとても悔やまれます」
と書かれていました。

春奈役を見事に演じくださった朝霧靖子さん。
映画『アオギリにたくして』にご出演いただけたことに、心より深く感謝申し上げます。

⭐️Zoomオンライン「アオギリ祭り@」の詳細は、下記PeatixのURLへ
https://aogirifestival2022-online-1.peatix.com/
posted by ぷらっとハッピー日記 at 10:59| 東京 ☀| アオギリ祭り・映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月25日

「2022 ピースアクション in TOKYO」皆様、ありがとうございました♪


283400147_5691703720858310_2818974635229852863_n.jpg

「2022ピースアクションinTOKYO」が表参道のウイメンズプラザで開催され、ギタリストのしげ兄さんと共にオープニング・ピースコンサートに出演させていただきました。皆様に大変お世話になり、心より深く感謝申し上げます。

オープニング・ピースコンサートの後、広島・長崎両市長のビデオメッセージ、広島の被爆者の方のビデオ証言、皆様の平和活動のご報告を聞かせていただき、様々な平和の取り組みに元気と希望と勇気をいっぱいいただいた素敵な1日でした♬


283576797_5691704000858282_1943284414466937685_n-1.jpg


「東京都生活協同組合連合会」様・特定非営利活動法人「東京都地域婦人団体連盟」様・一般社団法人「東友会」様の被爆者の皆様がご参加され、コロナ禍のため定員100名の皆様がリアル参加とオンライン視聴で40名の皆様がご参加くださったそうです。皆様、本当にありがとうございました。

283361880_5691703860858296_3295054366700903761_n.jpg

283545835_5691704107524938_3959398452824012798_n.jpg


心豊かな平和な世界が広がっていくことを祈りながら、歌い続けます。


283545291_5691704234191592_1642764656466548890_n.jpg


池田智子様、吉村真由美様はじめ皆様に大変お世話になり、改めて心より深く感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。
posted by ぷらっとハッピー日記 at 09:19| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7/10「アオギリ祭り」映画上映後のトークゲスト:レイスロップ名誉教授ご夫妻

里&レイスロップご夫妻.jpg

7/10(日)に開催されるZoomオンライン「アオギリ祭り」(1)
上映後のトークゲスト:映画『アオギリにたくして』米国上映を2016年にコーディネートしてくださった平和学者で民間外交プロジェクト「Never Again Campaign」創始者のレイスロップ名誉教授ご夫妻にアメリカからご出演いただきます。

コーディネート&和英通訳は、英語・ロシア語の通訳・翻訳で活躍中の高橋純平さんにご協力いただきます。

7/10(日)アオギリ祭り(1)
詳細は、下記URLをご覧ください。

https://aogirifestival2022-online-1.peatix.com/

皆.jpg

Never Again Campaign(NAC)について
・NACは、北浦葉子さんとレイスロップ名誉教授ご夫妻が始めた民間外交プロジェクトです。日本人ボランティアが単身渡米し、アメリカの家庭にホームステイしながら学校や教会などで日本文化紹介と共に原爆映画「にんげんをかえせ」やアニメ「ピカドン」などを上映し、被爆者のメッセージを伝える草の根活動。1985年〜2011年までに計10回のボランティア募集を行い、57名のボランティアをアメリカ・カナダの各地へ派遣。NACボランティアたちは、アメリカ38州・首都ワシントンDC、カナダにて1万1845回以上のプレゼンテーションを行い、37万1219人以上にヒロシマ・ナガサキを伝えました。また、旧ソ連を含むその他11か国でもプレゼンテーションを行いました。2018年、NACを締めくくる旅として、レイスロップご夫妻は11回目の来日を果たし、各地の元NACボランティアたちとNACサポーターの皆さんがご夫妻を迎えました。

レイスロップ夫妻.jpg

※今年のオンライン「アオギリ祭り」は、7/10(日)・7/12(火)の2日間開催されます。2回目のZoomオンライン「アオギリ祭り(2)」の詳細は、下記URLをご参照ください。
https://aogirifestival2022-online-2.peatix.com/

posted by ぷらっとハッピー日記 at 06:47| 東京 ☀| アオギリ祭り・映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月24日

命くん、よかったね!


283217572_3278700129030008_4428236696084866245_n-1.jpg


小さな頃から目が弱かった命くん。

ミューズの里に命くんを
連れてきてくださった
里親の会の方からご紹介いただき、
保護された時からお世話になり
映画「犬部!」のモデルともなった
ハナ動物の太田快作に診ていただいているので、どんな時も安心です。

太田快作先生は、
奪われる命をゼロにするための
保護猫や保護犬の活動を学生時代からずっと続けておられます。

太田先生のような先生が
いてくださるからこそ
命くんとも出会うことができました。

一緒に保護された兄弟たちより体重も少なくて、性格的にも野生で生きていくのは厳しいかも…と心配になってしまう命くん。保護猫の会の方が、「哲学者」という名前つけておられました。なので、フルネームは「哲学者・命くん」です。

お陰様で、めやにも出なくなり、
元気いっぱいだったなのですが、
昨日、右目がまた開かなくなり
ハナ動物病院に電話すると、
予約でいっぱいにもかかわらず、
太田先生が電話に出てきてくださり、
状況をお話ししたところ
急きょ診療していただけることになりました。

低音のオペラ歌手のような声で
体中を響かせて
どこからこんなに大きな声が出るんだろう?!
と、感心してしまうほどでしたが、
太田先生に見つめられているうちに
落ち着いてきた命くん🐾

診察を無事に終え、
目薬もさしていただき、
2週間分のお薬もいただき一安心です。


お陰様で右目もぱっちりしてきました。
皆さんにご心配いただき
優しいお気持ちに感謝でいっぱいです。

よかったね!命くん。
皆様、ありがとうございました。

33019.jpg


猫が大好きだった広島の被爆者の
故・沼田鈴子さんにいただいた
オフィスの被爆アオギリ3世の木の下で
いのちへの感謝を伝えました。

皆様もお体を大切になさってください。
皆様の健康と幸せ、そして平和を!
命くんと共にお祈りしています。

posted by ぷらっとハッピー日記 at 11:09| 東京 ☁| ぷらっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月23日

この夏、久々の大分へ!衣笠邦彦さん主催の第3回アオギリ映画祭り



この夏、大分県・国見で衣笠邦彦さんが主催する「第3回アオギリ映画祭り」で『アオギリにたくして』が上映されます。

共に映画をつくったギタリストのしげ兄さんと一緒に登壇させていただくことになり、心より感謝申し上げます。


何年ぶりの大分でしょうか?

以前は年に何度も訪れていた大分は、第2の故郷のように感じる場所でもあります。

東京での「いのちの音色」ライブを聴いてくださった梶原宜子先生から中学校でライブをとのご連絡をいただいたことから始まりました。

大分県の様々な学校や地域で、「いのちの音色」ライブを行わせていただき、その後に映画「アオギリにたくして」が完成すると、ライブ活動でお世話になった皆様が上映を呼びかけてくださり、映画上映も広がっていきました。


衣笠邦彦さんと初めて出会ったのは別府ブルーバード劇場! 今では90才を超えながらも映画館を守り続けている岡村照ママと美紀マネージャーをはじめ皆さまに大変お世話になりました。いつもあたたかく迎えてくださった皆様のことを思うたび感謝でいっぱいになります。

衣笠さんは、自ら自分が暮らす街での自主上映会を企画し、子どもたちの通う小学校に被爆アオギリ2世を植樹し、映画上映やライブを広げ続けてくださいました。

国見小.jpg
▲懐かしい思い出。国見小学校での被爆アオギリ2世植樹の後、校庭でライブ♬
このワンシーンは、現在制作中のドキュメンタリー映画「いのちの音色」にも描かれています。

忘れられないたくさんの思い出がよみがえります。

2017年にしげ兄さんが癌の手術をしてから、それまでの活動をしばらくお休みしていましたが、この夏より5年ぶりに再スタートしていきます。以前のような超ハードスケジュールではなく、スローな動きになるとは思いますが、無理せず健康を第一に考えながら志を果たしていけるよう全力を尽くして参りたいと思います。

本当なら、今回の「第3回アオギリ映画祭り」では、衣笠さんにもご出演いただいている現在制作中のドキュメンタリー映画『いのちの音色』を上映したかったのですが、コロナ禍のスケジュール変更でまだしばらく完成までに時間がかかるため、これまですでに何度も上映していただいた映画『アオギリにたくして』の再上映してくださることとなり、心より深く感謝申し上げます。


8月20日・21日、大分県・国東半島の国見で第3回目となる「アオギリ映画祭り」が開催されます!

久々の大分!

そして、久々の衣笠さんと衣笠ファミリーとの再会♬
大分の皆様との出会いにワクワクしています♬
posted by ぷらっとハッピー日記 at 21:49| 東京 ☁| アオギリ祭り・映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月20日

7/10, 7/12 オンライン 「アオギリ祭り 2022」限定先着100名様♪特別無料ご招待♪


命と苗.jpg

Seeds of Hope & Peace!
Zoomオンライン
アオギリ祭り2022

♪7/10(日)10:00-12:30
♪7/12(火)19:00-21:30

限定先着100名特別無料ご招待♫

『アオギリ祭り』は、広島平和記念公園の被爆アオギリに託された「いのちの尊さ」「平和の大切さ」への思いを伝え、希望と平和の種を蒔く平和祭です。

今年のオンライン『アオギリ祭り 2022』は、7月10日・12日に開催されます。

🍀7/10(日)オンライン「アオギリ祭り」(1)詳細は下記URLへ
https://aogirifestival2022-online-1.peatix.com/
1回目の7月10日(日)は、映画「アオギリにたくして」(英語字幕版)オンライン上映後、映画にご出演くださった朝霧靖子さんからのビデオメッセージに続き、英語とロシア語の通訳者としてご活躍中の高橋純平さんにコーディネートしていただき、アメリカの平和学者で民間外交プロジェクト「ネバー・アゲイン・キャンペーン」創始者のレイスロップ教授にご出演いただきます。海外からもご参加可能です(午前10:00~12:30まで)

🍀7/12(火)オンライン「アオギリ祭り」(2)詳細は下記URLへ
https://aogirifestival2022-online-2.peatix.com/
2回目の7月12日(火)は、国内外に被爆の実相を伝える被爆者の西本多美子さんからのビデオメッセージの後、長野県南木曽の「長延寺」住職の清水醇さんにお話しいただきます。日本全国各地で被爆アオギリ2世・3世を育てている皆様をゲストにお迎えしてアオギリ交流会を開催します。最後に広島から、「アオギリの語り部」と呼ばれ映画「アオギリにたくして」のモデルとなった被爆者の故・沼田鈴子さんと交流のあった立花志瑞雄さんからメッセージをいただきます。

7/12 日本全国各地からのご報告 
🌱衣笠邦彦さん 大分県「アオギリ会国東」
🌱堀 良治&みさご夫妻 埼玉県
🌱錦織斉子さん 島根県「雲南アオギリ会」
🌱小椋シガ子さん 長野県「南木曽アオギリ会」
🌱林まゆみさん&山内智子さん 長野県「伝えたい想い アオギリにたくして」
🌱須田和夫さん 秋田県「鳥海山にブナを植える会」
🌱福島京子さん 東京都「砂川平和ひろば」

参加費:特別無料ご招待(予約制)
今年のオンライン「アオギリ祭り」は、7月10日、12日の2日間の開催予定です。それぞれ内容とご招待URLが異なりますので上記URLよりご確認ください。

お申し込み方法
1)Peatixへのお申込み
Peatixからお申し込みされる際は、Peatixアカウントを作成するか、Twitter/Facebook/Google/Appleアカウントでログインしてください。お申し込み完了後、アカウントにチケット(無料)が発行されます。

2)製作会社ミューズの里への直接のお申込みの場合
製作会社ミューズの里まで、開催日・映画名・Zoom登録名・配信URL送付先メールアドレスを明記の上、下記E-mailまで直接お申し込みください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
お問合せ・主催:ミューズの里
オンライン「アオギリ祭り」

E-mail: info@musevoice.com

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

その他の「アオギリ祭り 2022」情報
東京・町田「アオギリ祭り in 浮輪寮」7/16・17・18の3日間
大阪・十三「アオギリ祭り in シアターセブン」8/5・6
大分・国東では、アオギリ会国東代表で劇団「国東えんげき工房」座長の衣笠邦彦さんが主催されている「アオギリ映画祭り」が8/20・21に開催されます。
その他、日本全国各地で企画中!各アオギリ祭りによって開催内容が異なりますのでご確認ください。


===============================
オンラインZoom上映会への事前準備について
===============================
オンライン会議ソフト Zoom を使って実施します。
あらかじめ、ご使用のPCやタブレット端末等にZoomアプリ(無料版で可)をインストールしていただきますよう、お願い申し上げます。

posted by ぷらっとハッピー日記 at 22:12| 東京 ☀| アオギリ祭り・映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アオギリ祭り 2022」情報です♪

アオギリと命.jpg


「アオギリ祭り 2022」情報です♪

🌱 Zoomオンライン「アオギリ祭り(1)」7/10(日)10:00~

🌱Zoomオンライン「アオギリ祭り(2)」7/12(火)19:00~

🌱アオギリ祭り in 浮輪寮7/16・17・18の3日間

🌱大阪・十三「アオギリ祭り in シアターセブン」
8/5・6 の2日間


🍀大分県・国東では、アオギリ会国東代表で劇団「国東えんげき工房」座長の衣笠邦彦さんが主催されている「アオギリ映画祭」が8月20・21日に開催されます。

※その他、日本全国各地で企画中!各「アオギリ祭り」によって開催内容が異なりますのでご確認ください♪

詳細は近くアップされます♬
posted by ぷらっとハッピー日記 at 16:28| 東京 ☀| アオギリ祭り・映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月18日

町田での「アオギリ祭り」も企画中〜!

282149536_5678406695521346_8227691146009890029_n.jpg


映画、音楽、絵画などのコラボによる「アオギリ祭 」を企画中〜♪

尊敬する木村巴画伯と共に〜💐😀

Seeds of Peace!

平和を!
posted by ぷらっとハッピー日記 at 17:45| 東京 ☀| アオギリ祭り・映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月15日

今年も「アオギリ祭り」を開催します!

20525910_126377814646906_6861041873345714539_n.jpg


『アオギリ祭り』は、広島平和記念公園の被爆アオギリに託された「いのちの尊さ」「平和の大切さ」への思いを伝え、希望と平和の種を蒔く平和祭です。

昨年に引き続き、オンライン開催も続けていきます。今年は、7月10日(日)・12日(火)の2日間にわたりオンライン開催予定です。
※7/12は、アオギリの語り部と呼ばれた被爆者の沼田鈴子さんのご命日でもあります。

またこの夏から、リアルな開催も再開します!

8月5日・6日、大阪・十三の映画館シアターセブンにて『アオギリ祭り』を開催します! シアターセブンのビルの屋上には、被爆アオギリ2世が植樹されています。映画・音楽・トークなどの催しの後、ご参加くださった皆様と共に屋上のアオギリに会いにいきます♪

その他、各地での「アオギリ祭り」を企画中!!
詳細が分かり次第、告知させていただきます。引き続き、皆様のご支援・ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。


※「アオギリ祭り」について
 これまで私たちは、歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」ライブ活動や映画の上映活動を通して、広島平和記念公園の被爆アオギリ2世や3世の植樹を呼びかけてきました。また、いく先々で日本全国各地に植樹されている被爆アオギリ2世・3世と出会い、希望と平和の種を蒔く人々の姿にたくさんの感動をいただきました。現在、約10数年に渡る取材と撮影をもとに、ドキュメンタリー映画「いのちの音色」を制作中です。

 そして、そんな日々の中で、一つだけずっと気になっていることがありました。きっと植樹した時は、みんなの熱い思いが込められていたと思います。でもその後何年も何十年もたってしまうと、そこにアオギリが植えられていることを知らない人たちも増えていきます。我々がライブや上映活動で各地を訪れる中で、自分たちの街や公園や学校にも植樹されていることを初めて知った方々もおられました。

 そこで私たちは、アオギリに託された思いを伝え続けていくために、2019年から「アオギリ祭り」を毎年企画することにしました。無理なく、楽しく、関わるみんなが楽しめて幸せになれることをモットーに、2世・3世のアオギリが植樹されている全国各地での「アオギリ祭り」の開催を呼びかけています。

 あなたの街で「アオギリ祭り」を企画しませんか?いつかみんなで同時開催できる日を夢見て〜🎵

(中村里美&伊藤茂利)

連絡先:ミューズの里「アオギリ祭り」
E-mail: info@musevoice.com

posted by ぷらっとハッピー日記 at 15:05| 東京 ☁| アオギリ祭り・映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月12日

「記憶のダイアリー〜あの日あの頃」中村里美

hqdefault.jpg

塙野ひろ子さんのラジオ番組「記憶のダイアリー〜あの日あの頃」にゲスト出演させていただきました(第19回〜第22回)
※MUSIC BIRD「おはようサンデー」 全国122FM局放送にて。

昨年2021年12月21日に収録し、今年2022年3月に4回にわたり放送されたものがYouTubeにアップされています。

学生時代から今に至るまでを振り返りながら、塙野ひろ子さんとの楽しいひと時でした。心より感謝申し上げます。

下記YouTubeにて
無料配信されていますので
是非ご視聴ください〜♬

▼第1回:学生時代・原点
アメリカの学校でヒロシマ・ナガサキの被爆者のメッセージを伝えた日々etc.

https://youtu.be/xWuzLqmwADM



▼第2回:アメリカでの原爆映画上映・世界の若者と戦争体験を伝える朗読劇etc.
https://youtu.be/HYcMMlFK3aI



▼第3回:歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝えるライブ活動・初めての映画づくり「アオギリにたくして」etc.
https://youtu.be/6hJsSHUbLss



▼第4回: 1000回ライブを目指して!そして、これから。第2作目のドキュメンタリー映画『かけはし』etc.
https://youtu.be/rjl84hwqpuA

posted by ぷらっとハッピー日記 at 22:54| 東京 ☔| アオギリ祭り・映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月11日

「2022ピースアクション in TOKYO」オープニングコンサートに出演します♪


2022ピースアクション in TOKYO」のオープニングコンサートに、ギタリストの伊藤茂利さんと共に出演させていただきます。皆様よろしくお願い申し上げます🎶

peaceactionLive.jpg


核兵器の廃絶と戦争のない平和な世界をめざして
2022 ピースアクション in TOKYO
〜つないでつないで 東京から平和を〜

日時:5月22日(日) 10:00~11:50

・オープニングコンサート
  中村里美(シンガーソングライター)
  伊藤茂利(ギター)

・語り継ぐ「核兵器のない未来と原子力に頼らない世界を」

・広島・長崎市長からのメッセージ

・参加団体の取り組み報告

・平和と核兵器廃絶に向けたアピール


主催:「2022 ピースアクション in TOKYO」実行委員会

一般社団法人 東友会(東京都原爆被害者協議会)
特定非営利活動法人 東京都地域婦人団体連盟
東京都生活協同組合連合会平和活動担当者連絡会

協賛:日本生活協同組合連合会

お問合せ:実行委員会事務局(東京都生協連)
TEL:03-3383-7800
E-mail: heiwa@coop-toren.or.jp

●開催概要&お申し込み
参加方法:YouTubeライブ配信・後日配信
お申込みは、下記URLより専用フォームから必要事項を入力し送信してください。
▶︎https://www.palsystem-tokyo.coop/news/79339/

ライブ配信5月18日(水)までにメールにて視聴用URLを配信
申込締切:5月15日(日)まで

後日配信:5月末日までにメールにて視聴用URLを配信
※ 後日視聴希望は、5月31日(火)まで受付




posted by ぷらっとハッピー日記 at 10:22| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月09日

野津田の里山「浮輪寮」Night Jazz♬


279080803_1396258244176783_4703784950897315716_n-1.jpg

Night Jazz

野津田の里山「浮輪寮」にて〜♬

5月11日 19:00~20:30

posted by ぷらっとハッピー日記 at 18:47| 東京 ☁| ぷらっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月06日

渡辺裕之さんの突然の悲報に接し、心からお悔やみ申し上げます。

渡辺裕之様.jpeg


渡辺裕之さんの突然の悲報に接し、心からお悔やみ申し上げます。

初プロデュース映画『アオギリにたくして』では、原日出子さんと共にご夫婦でご出演くださり大変お世話になりました。

ロケ現場で撮影が長引く中、夜遅くまで次の撮影現場で待機していたエキストラの方々のことを一番に気遣われ、皆さんに声をかけてくださり、その場の空気が明るく楽しくなるように気配りしてくださった渡辺裕之さんのお姿が思い出され、涙があふれます。


渡辺裕之様(2).jpeg


思いやり深く

優しさで溢れていました。


渡辺裕之さんと一緒に.jpeg
▲広島ロケを終えて、原爆ドームの前で。


大変お世話になり、
感謝の思いでいっぱいです。

本当にありがとうございました。
感謝と共にご冥福を心よりお祈り致します。

ご家族や関係者の皆様のお心が癒されますよう祈っています。

posted by ぷらっとハッピー日記 at 14:41| 東京 ☀| アオギリ祭り・映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月02日

命くん、よかったね😀

20220502200443361.jpg

保護された時から目の調子が悪く、ハナ動物病院の太田快作院長に診ていただき、子猫の時は目薬をさしていた命くん🐾

元気に育って大きくなったので、今回はお薬を飲んでみることになりました。

お陰様で、みるみる良くなって目がぱっちり!

よかったね💓命くん😀

20220502200456752.jpg

明日5月3日は、里親会が開催されるようです🎶

posted by ぷらっとハッピー日記 at 20:18| 東京 ☔| 命と宝🐾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月01日

「少年からのメッセージ」ヒバクシャの祈りが世界に届きますように



米ソ冷戦時代だった1986年のアラスカで、

北極圏の入り口の フェアバンクスにある

青少年更生施設の少年たちと一緒に折り鶴をおり、

原爆映画を視聴した後、

ある少年が、自分の思いをヒバクシャに伝えたいと、

日本語で書いてくれたメッセージです。


20220415_190832.jpg



1週間後、その少年から1通の手紙が届きました。

ヒバクシャと日本の皆さんに

自分の心を伝えたいと

図書館で俳句の勉強をして

自分でつくった英文俳句をプレゼントしてくれました。



The beauty you hold
Like the rising of the sun
Has entered my heart


昇る太陽のような
あなたの美しさが
僕の心に広がっていく




2008年8月6日にミューズの里を設立し

その日の夜から、歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝えるライブをスタートしました。

ライブの中で歌い奏でている「いのちの音色」の中に、この詞が入っています。


「自分と同じ苦しみを世界中の誰にもさせたくない」そのために本当は忘れてしまいたい辛く苦しい体験を語り継いでくださったヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々の心が、国を超えてたくさんの人々に感動を与え、希望と平和の種が蒔かれています。


Never again Hiroshima!
Never again Nagasaki!
Never again war!


どうかヒバクシャの祈りが

世界に届きますように。

posted by ぷらっとハッピー日記 at 09:31| 東京 ☁| 映画『いのちの音色』制作中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月30日

トルストイの民話「人は何で生きるか?」(訳:北御門二郎)


20220430095436298.jpg

レフ トルストイ
「人は何で生きるか?」
(訳:北御門二郎/あすなろ書房)
<大文豪だからと敬遠していたのは間違いだった。読んでみるとちっとも難しくないのだ (和田 誠 )>


「人の心の中には何があるか」

「人は何によって生きるのか」

「人が知る力を与えられていないのは何か」



トルストイが53才の時に書いた民話です。

訳者の北御門二郎が17才の時に出会い、その後の人生に影響を与えた一冊。

若い人たちに贈りたい一冊です♬


posted by ぷらっとハッピー日記 at 09:58| 東京 ☀| ぷらっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月28日

スクスク成長しています!


278433547_5594872283874788_2211170144379104522_n.jpg
▲佐和ちゃん&しげ兄さん&宝と命


広報スタッフの宝ちゃんと命くんも活躍中です!

宝ちゃんは、ミューズスタッフの佐和ちゃんが大好き💓

いつの間にかこんなに大きくなった命くんも
大変お世話になっています♬

佐和ちゃんも保護猫を育てることになり、
先日はしげ兄に運転して頂き、みんなで譲渡会へ。

あいにくその日は、ワンちゃんだけで
猫ちゃんが1匹もいませんでしたが
また次回、新しファミリーとの出会いを
みんなで楽しみにしています♬
posted by ぷらっとハッピー日記 at 20:52| 東京 ☀| 命と宝🐾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポトマックの桜のように


春が来るたび
桜の開花を楽しみに、
新緑の息吹を体中で感じながら
「あぁ〜春が来たね」
と、みんなの笑顔に包まれる。

そんな春をあと何回
迎えることができるのだろう
春が来るたびに
ふと、そう思う歳になりました。

それは寂しいことでも悲しいことでもなく、
より一層、今この瞬間が愛おしく感じられます。
日々を本当の意味で大切に過ごすことのできる
そんな年齢になったのかもしれません。


EFBC92EFBC90EFBC91EFBC90E5B9B4E382ABE383BCE3838DE382AEE383BCE6A48DE6A8B9.jpg


2010年、米国ワシントンの(財)カーネギー地球物理学研究所のガーデンで、広島の被爆アオギリ2世植樹&ライブをさせていただいきました。

その時、同行取材してくださった(当時は夜間の大学院に通う学生でもあった)石塚淳子さんが映画祭に出す作品として撮影してくださったことがきっかけとなり、弊社ミューズの里もより本格的な映画制作を目指し始めました。


毎日新聞カーネギー-1.jpg
▲(財)カーネギー地球物理学研究所に植樹した時の石塚淳子さんの記事


あれから12年‥‥ワシントンのアオギリも大きく成長し花を咲かせていることと思います。


E3839DE38388E3839EE38383E382AFE381AEE6A19C.jpg
▲(財)カーネギー地球物理学研究所での被爆アオギリ2世植樹と我々のライブを企画してくださった山中高光先生が、以前送ってくださったポトマック河畔の桜のお写真。大好きな一枚です♬


先日、石塚淳子さんがミューズの里にご来社くださり、12年前を懐かしく思い浮かべながら語り合いました。


植樹した被爆アオギリ2世の種が全米に広がり、ポトマックの桜のように、平和の花を人々の心に咲かせてくれるようにと夢見ながら、3作目となるドキュメンタリー映画『いのちの音色』を製作中です。


植樹したワシントンの被爆アオギリに、いつかまた会いにいきたいと思います。

posted by ぷらっとハッピー日記 at 13:09| 東京 ☁| 映画『いのちの音色』制作中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月27日

胸に手を当てて考えよう


人生の中で、時には争いが起きることもあるでしょう。でも、どんな時も絶対に暴力に訴えることはしないと強く信念を持って生きている人と、そうでない人には大きな違いを感じます。

私が、自由や平等や平和に関心を持つようになったのは、暴言・暴力で人を黙らせようとする人と、どんな時も一度も声を荒げることのない両極端の人々を垣間見ながら育ってきたからなのだろうと思います。

傷つきくじけそうになっても、何回でも立ち上がり、大切に思うことを大切にしながら今日まで生きてこれたのは、国を超えて非暴力を貫いて生きる人々との魂の触れ合いの中で、人間の素晴らしさを心底感じる瞬間を何度もいただいてきたからだとつくづく感じます。

人と人が殺し合う戦争・・・
戦争のない世界をつくる上で、非暴力・平和主義を貫く世界のリーダーが育っていくよう心から祈っています。

先日、初めて北御門二郎さんのことを本で知りました。
会いたかった。もし生きておられたら、今すぐにでも会いに行きたいと心から思いました。

北御門二郎さんは、ロシアの文豪・トルストイ 研究の第一人者で、トルストイ作品の翻訳者として知られています。

是非、皆さんに読んでほしい一冊です。

512odiZeJXL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg
▲「北御門二郎 魂の自由を求めて」トルストイに魅せられた良心的兵役拒否者(ぶな葉一著/銀の鈴社)


「翻訳に大切なことは、原書に感動し、読者とその喜びを分かち合いたいと思うこと、だからトルストイが涙して書いたところは、私も泣いて訳します」

北御門さんは、まさにトルストイの魂を生きた方なのだと思います。旧制高校1年生の17歳の時、トルストイ の『人は何で生きるか』を読んで感動し、『イワンの馬鹿』の中にある絶対非暴力、絶対平和の思想に心を揺り動かされた北御門さんは、東京帝国大学(現・東京大学)英文科を退学後、日本国中が戦争に向かって熱狂していた時代の中で「人は人を殺すために生まれてきたのではない」と逮捕・拷問・死を覚悟で徴兵を拒否し、奇跡的に命を永らえます。戦前の徴兵制がどのようであったかを知る人には、その行為がいかに命がけのものであったか‥‥大変な覚悟がいることでした。

その後、昔ながらの堆肥で栽培した完全無農薬のお米や野菜を育てながら「農業が一番罪がない」と熊本県湯山の山奥で、妻と共に農業者として生きていた北御門さんがトルストイ の翻訳に取りかかったのは50歳近くになってからです。

現在、3作目のドキュメンタリー映画『いのちの音色』編集制作に追われる日々の中、待ち時間や寝る前に少しずつ北御門さんが翻訳されたトルストイの本を読む楽しみをいただいています。

1853年のクリミア戦争に将校として従軍し最激戦地での体験からトルストイ は、非暴力、平和主義者として生き始めます。

今から118年前の1904年に日露戦争が始まった時、人間同士が殺し合うことの愚かさを訴え、『胸に手を当てて考えよう(日露戦争論)』を発表しました。「北御門二郎 魂の自由を求めて」からトルストイの言葉を抜粋させていただきます。


レフ・トルストイ『胸に手を当てて考えよう(日露戦争論)』
「またもや戦争、またもや誰にも必要のない苦しみ、またもや人々こぞっての凶暴化。一方は人間のみならず、動物さえも殺すことを禁じている仏教の信徒。もう一方は隣人愛を説くキリスト教徒。まるで釈迦など、イエス・キリストなど、いなかったかのように。彼ら民衆は、煽られ、駆り立てられ、自分の畑から引き離され、まだ見たこともない、まして憎んだこともない相手をもとめて、傷付けあい、苦しめあい、殺し合う為に戦場に出かけていく。これはいったいどうしたことだろう…。恐ろしいことには自分は戦争の危険にさらされることもないまま、戦争を唱導し、敵意を煽り、多くの若者を戦地に送ろうとする指導者や知識人、言論人と称する者が、ますますのさばり蔓延る(はびこる)ことだ。」「それほど戦いたければ、命を懸けてゆけと命じた皇帝、大臣、将軍、そして、愛国心を煽り扇動する言論人に、教養人と称する者、投資家たちよ。まずあなたたちが行けばよい。自分の家でぬくぬくとしてないで、未来のある若者を死に追いやる代わりに。」


地球上で何度も繰り返されてきた戦争・内戦・紛争。
人と人が殺し合うことのない世界をつくるために
どう生きるのか?

胸に手を当てて考えてみよう。
自分はどう生きるのかを。

日々への感謝と共に。
posted by ぷらっとハッピー日記 at 07:49| 東京 ☔| ぷらっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月25日

竹の子と宝と命🐾

竹の子と宝といのち.jpg


オフィスのご近所の方が
茹でた竹の子とワサビを届けてくださいました。

竹の子のお刺身
私も一口いただきました🎶

めちゃ美味しい!

ワクチン3回目の副作用で
しばらくダウンしておりましたが
竹の子食べて、元気をいっぱいいただきました♪

いつもいつも
ありがとうございます💓

ご近所の皆様に恵まれて
感謝でいっぱいです。


posted by ぷらっとハッピー日記 at 10:59| 東京 ☀| ぷらっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月18日

非暴力と非戦を貫いたキング牧師


79832813_2708458969237385_5868817379688972288_n.jpg


非暴力で差別と闘ったマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師が39歳の若さで凶弾に倒れてから今年で54年となります。

ウクライナのことで胸が痛くなる日々の中、アメリカ連邦議会で行われたゼレンスキー大統領のビデオ演説を先日視聴しました。真珠湾攻撃や9.11に言及された後、キング牧師の演説から「I Have a Dream(私には夢がある)」を引用しながら、「私には必要なものがある」と軍事支援を訴える演説でした。

ウクライナに一日も早く平和が訪れることを祈りながらも、演説後のスタンディングオベーションと拍手の中、なんとも言えない違和感を覚えずにはいられませんでした。

徹底した非暴力を唱えたキング牧師は、「我々には暴力か非暴力かの選択肢はない。あるのは非暴力か滅亡かである」とインド訪問中の1959年のラジオ演説で語っています。

1963年、キング牧師がリンカーン記念堂の階段で行った有名な「I Have a Dream(私には夢がある)」の演説は、20万人以上が人種差別撤廃を求めてワシントンの連邦議会議事堂へと行進した「ワシントン大行進」の集会で行われました。

翌64年、南北戦争以来の画期的な黒人救済措置と言われる公民権法が制定され、同年ノーベル平和賞を受賞したキング牧師は、「非暴力とは黙って言いなりになることではない。社会的変化をもたらす力強いモラルのことだ」と授賞式で述べています。

非暴力を貫くキング牧師は「人種差別」と同じように「戦争」に強く反対していました。当時アメリカがベトナム戦争に揺らいでいた中で、停戦と軍隊の撤退を求め、徴兵に抵抗するよう求めていました。

晩年にはマハトマ・ガンジーとも手紙のやり取りをしていた帝政ロシアの小説家で「戦争と平和」「アンナ・カレーニナ」「復活」などの著書で知られるトルストイは、1853年のクリミア戦争に将校として従軍し、その時の体験から非暴力の思想を持つようになったと言われています。平和主義や良心的兵役拒否の推奨者として知られているトルストイは、ガンジーやキング牧師に計り知れない影響を与えています。

非戦・非暴力による平和主義を貫き、平和文化をつくろうとする人々の姿は、日本国憲法第9条の理念ともつながります。

憎悪は憎悪を生み,
暴力は暴力を生む。

ウクライナ危機で、私たちは改めて武力で平和は築けないことを目の当たりにしています。

今、もし、
キング牧師がご存命であったなら、
なんと言葉を発せられるのでしょう…。

posted by ぷらっとハッピー日記 at 19:55| 東京 ☁| ぷらっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月12日

1日も早くパンデミックが収束しますように。


20220408_163610.jpg


命くんも、第七波の感染拡大防止対策中〜!

1日も早く、パンデミックが収束しますように。

世界中のみんなの健康が守られるよう祈っています。

posted by ぷらっとハッピー日記 at 12:46| 東京 ☀| 命と宝🐾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月11日

「長崎を最後の戦争被爆地に!」ウクライナ危機に思う…

20220415_190832.jpg


「核兵器廃絶」、それは理想論ではなく、生き地獄を体験したヒロシマ・ナガサキの被爆者にとって、憎しみや苦しみを超えて、絶望の果てに見た光であり、人類と地球の未来を見据えた上での現実的な道です。

理屈を超えて「戦争や原爆は絶対にダメだ!」と、体中の細胞を震わせながら、全身全霊で伝え続けてくれた体験者の「戦争の足音が聞こえてきた時にはすでに遅く、大きな歯車が動き出したら止められなくなる。突然起きるわけではないのに、なぜ戦争が起きるまで反応できないか?」 という言葉が思い起こされます。

お世話になった、戦争やヒロシマ・ナガサキの体験者の方々が高齢化していく中で、その思いを伝えるライブを始めて、14年の歳月が流れました。

この間、核兵器の存在に象徴される人間の考え方や在り方への危機感は日々つのるばかりでした。


<被爆者の思いを世界へ>

1986年、アメリカの学校や教会で日本文化紹介と共に原爆映画「にんげんをかえせ」や「ピカドン」を上映する1年間の草の根ボランティア活動に参加した頃は、まだ米ソ冷戦時代でした。その後、ワシントンの(財)カーネギー地球物理学研究所の庭園に被爆アオギリ2世が植樹されることになり、広島市長のメッセージを持って渡米したのは、2010年秋でした。


EFBC92EFBC90EFBC91EFBC90E5B9B4E382ABE383BCE3838DE382AEE383BCE6A48DE6A8B9.jpg


最初の渡米から24年の月日が経っていましたが、肝心なことは全く変わっていないと感じました。核兵器の威力と恐ろしさを知識として知ってはいても、ヒロシマ・ナガサキの実情を知る人や、今もなお原爆症に苦しみながら生きる被爆者の存在を知る人は少なく、これでは核兵器はなくならないと感じました。

生物・化学兵器、クラスター爆弾などの使用が国際条約違反であり、民間人を標的にした爆撃が国際人道法違反であるならば、核兵器は間違いなく違法であるにもかかわらず、ヒロシマ・ナガサキで何が起きたかは置き去りにされたまま、戦後の核軍拡競争へと突き進んでいったことが最大の愚かさに思えてなりません。

恐怖や不安に操られやすい人間の心は、核兵器の脅威を感じれば感じるほど、それに対抗するためのより優れた武器や核兵器を欲しくなってしまう…。小さな一市民としてできることは限られていますが、もっともっとヒロシマ・ナガサキの実情と被爆者の声を世界に届け、核兵器のない世界をつくっていく大切さを改めて強く感じながら帰国しました。


原爆に遭った一人の女性が語り部となるまでの人生を描いた初プロデュース映画『アオギリにたくして』を持って渡米したのは2016年6月のことです。

その1か月前の2016年5月、オバマ大統領が現職のアメリカ大統領として初めて被爆地・広島を訪れ、被爆者と抱き合う姿がテレビ画面に映し出された時、被爆者の方々の念願がようやく実現したという嬉しさを感じながらも、憂鬱な気持ちのままでした。

アメリカの政治制度は外交に関わる権限が厳格に分割されているため、「核兵器なき世界」構想を唱え、ノーベル平和賞を受賞したオバマ大統領ではあっても、 共和党か多数派を占める議会の中で思うような成果をあげることができずにいました。

アメリカ上映をコーディネートしてくれた平和学者のレイスロップ氏は、「ヒロシマ・ナガサキの実情を知らないまま、簡単に原爆を落とせばよいと考える人々が増えている」と、ひどく心配していました。初のアメリカ上映後、この映画を全米に広げてほしいという参加者の声に少しの希望を感じながらも、レイスロップ氏は重い表情を浮かべ、ウォール・ストリート・ジャーナルの記事を私に手渡しました。

オバマ大統領が広島を訪れた2016年5月のウォール・ストリート・ジャーナルによれば、日本がパールハーバーを攻撃したような事をイランが万が一起こした際に、59%のアメリカ人がイランの街に核兵器を落としても良いと考えてる結果が掲載されており、共和党では81%、民主党では47%が賛成していました。


<核兵器禁止への道を!>

オバマ氏の次に大統領に就任したトランプ氏は、「核兵器のない世界」から「使える核」へと転換し、トランプ政権が2018年に発表した「核態勢の見直し(NPR)」では、核兵器の使用条件が緩和され、小型核の開発が盛り込まれていました。

通常兵器による攻撃に核で反撃する可能性も排除せず、先制不使用も否定しています。さらに、米ソ冷戦終結の後押しとなり核軍縮の流れを作った米国と旧ソ連二国間で交わされた中距離核戦力(INF)廃棄条約を、ロシア側の条約不履行を理由に停止し、条約は2019年8月に失効しました。

危険極まりない状況が続く中、その翌年の2020年、世界はパンデミックとなり、未だ先行きの見えない日々が続いています。

昨年2021年、トランプ氏に代わり誕生したアメリカのバイデン大統領は、大統領選でも核軍縮に取り組むことを公約に盛り込み、核兵器の役割を低減させ、オバマ元大統領が掲げた核なき世界を目指そうとしていました。

国連総会では、世界122か国と地域が賛成多数で核兵器禁止条約が2017年7月に採択され、2021年1月22日に発効されています。

核保有国とその核の傘に依存する日本などの国と地域はその中に含まれていないままではありますが、私が初めてアメリカで原爆映画上映をした36年前の米ソ冷戦時代では想像もできないことであり、多くの国々が核兵器廃絶への理解を示し国際条約が発効されたことは人類の進歩であり素晴らしいことだと思います。

1日も早く全ての国がこの条約に署名する道を切り開いていくことが、核兵器のない世界をつくる道だと思います。


<ウクライナ危機に思う>

2022年2月24日、国連安保理でウクライナに関する緊急会合をライブ中継で見ていた最中、ロシアから特別軍事作戦開始の一報をキャスターが報じました。

レポートしながら爆発音を聞き、防弾チョッキを身につけるウクライナのCNN記者の姿に緊張が走る中、議長国のロシアがウクライナに軍事侵攻していくのをただ傍観していなければならない、この異常事態へのショックは例えようもありません。

たとえどんな理由があろうとも、他国への軍事侵攻は絶対に許されるものではありません。その上で、思うことは… ウクライナの国境線からモスクワまで直線距離で約440km。東京から神戸の距離です。ロシアの立場に立てば、NATO(北大西洋条約機構)の東方拡大に不信感が募ることもわからないではありません。その他にも様々な要因が複雑に絡みあっていたとしても、外交交渉はなぜ失敗し戦争になってしまったのか…。

その3日後の27日、ロシアのプーチン大統領は、自国が核保有国であることに言及し、核抑止部隊を高度の警戒体制に置いたと報じられました。もともと矛盾を抱えている安全保障のための核抑止論は、この段階で完全に破綻しています。

そして、ウクライナでは未だ停戦合意に至らず、民間人も含むたくさんの命が犠牲となり、街が破壊され、すでに国内外で1100万人を超える避難民が出ています。

一度戦争が始まれば、戦うか死ぬかの瀬戸際で、想像を超える残虐な事態が起きる事はこれまでの戦争が物語っています。

ウクライナでは市民にも戦闘を呼びかけ、希望者に武器が配られています。女性や子どもたちは避難していますが、 18歳から60歳の男性市民に対してウクライナからの出国が全面的に禁止されています。避難したくても避難もできずにいる人々も多くいることでしょう。

テレビでは、自国を守るために勇敢に戦う意志を持つウクライナ人男性のコメントばかり流れていますが、みんながそうではなく、戦わない選択をしたい人だって必ずいるだろうと思います。市民が戦闘員となれば、非戦闘員との区別がつかなくなるため、多くの市民の命が狙われ犠牲になってしまいます。

ロシアの中にも、ウクライナの中にも、先の戦争の一部を見る思いがします。そして、冷戦後の無関心と無作為が戦争を招いてしまったように思えてなりません。これ以上の犠牲を出さないための外交努力にこそ命がけで取り組んでほしいと切に願います。

核保有国が「使える核兵器」の発想を持ち始めている今、私たちの考えの根底にあるものが問われています。

「長崎を最後の戦争被爆地にしてほしい」と願い、核兵器廃絶を叫び続けるヒロシマ・ナガサキの被爆者の声は、これまでもそしてこれからも、日本が世界に発信する最も大切な世界平和の実現へのメッセージだと思います。

人間が作り出した最も大きな負のシンボルである核兵器の廃絶への道は、
人類がもう一度人間性を取り戻していくプロセスでもあろうと思います。

暴力や戦争で物事を解決しようとする考え方そのものが時代錯誤であるとされる時代が来ることを祈りながら、心に平和を抱き、生き様を通して「いのちの大切さ」と「平和の尊さ」を語ってくださったヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々のメッセージを伝え続けていこうと改めて深く強く心に誓います。
posted by ぷらっとハッピー日記 at 16:22| 東京 ☀| アオギリ祭り・映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする