2010年11月30日

第16回被爆者と杉並区民の交流セミナー

先日の土曜日、杉並校友会(杉並原爆被害者の会)が主催されるイベントに、佐々木祐滋さんの応援に行ってきました。

祐滋さんは、広島の平和公園にある原爆の子の像をつくるきっかけとなった佐々木禎子さんの甥で、ミューズの里でも月一回ライブを一緒に企画してご出演くださっています。
祐滋さんは、放射能による白血病で12才で亡くなった禎子さんの思いをINORIという歌にして、禎子さんの事を語り継ぎながら、平和の大切さを伝えています。

yuuji-suginami__.JPG

祐滋さんの作詞作曲されたINORIを歌手のクミコさんが歌われて、年末のNHK紅白歌合戦に出場されることが先日発表されました。ふと横を見ると、ご用意いただいた席の隣に、クミコさんと被爆者の笹森恵子さんがご一緒にいらしていました。

INORIを歌う中で、この歌に繋がるたくさんの人々の思いを届けていこうとされているクミコさん。そして、世界に平和のメッセージを伝えて続けておられるアメリカ在住の被爆者の笹森恵子さん。笹森さんは、丁度来日されていて、会場の皆さまに平和の大切さをお話しくださいました。笹森さんの平和を愛する思いに涙がこぼれました。

杉並__.JPGsuginami-sasamori__.JPG

素晴らしい会でした。
ホントにありがとうございました。




posted by ぷらっとハッピー日記 at 19:35| 東京 ☀| ヒロシマ・ナガサキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする