2024年07月16日

人間の実相を見つめながら

日々生きることに精一杯で
余裕のない中から見える都知事選は
痛々しく思えた。

政策論戦も公開討論もないまま
選挙の後に一斉に始まるテレビの選挙報道。
投票が終わってから都知事選があったことを初めて知った人もいたかもしれないとさえ思う。

ジャーナリズムや民主主義が成熟しないまま
分断とレトリックが渦巻き
加速するメディアや政治のエンタメ化は
次世代に何をもたらすのだろう。

若い頃 中間管理職の立場だった会社の
社長の言葉がふと思い出された。

「今時の若者は、実年齢より10年差し引いた年齢だと思って接すればちょうどいい。一を聞いて十を知るどころか、1さえも分からないのだから。だから、傷つくぐらい相手の心に突き刺さる言葉を選んで投げかけないと伝わらないんだよ」

経営者とて同じ人間。冷血で血も涙もないわけでもない。社長は、社員の給料を上げて喜ばせたいとだって思っていたと思う。しかし、会社の状況が悪化すると、人間として試される時がやってくる。悲しいことに、相手の心に突き刺さる言葉を使い始め、負け組と勝ち組に分けて差別化し、競争心を煽り、生き残るために手段を選ばなくなり、嘘が罪悪感もなくまかり通るようになっていく。パワハラがエスカレートしていく中で、一時的な効果で数字上の結果を出せたとしても、それは長くは続かないだろう。

根本的な考え方や感性の違いから
私は会社を辞めて独立した。

振り返って今思う。社員以上に追い詰められていたのは、誰よりもリスクを背負っていた社長だったのかもしれないと。きっと今なら違う接し方と提案の仕方ができたかもしれない。当時の私は、違う形で結果を出しながら社長のやり方に反対し反抗することだけで精一杯だった。

人々が政治に関心を持たず、不正や嘘に憤らないのは、政治家を選ぶ側である自分たちの生きる場にはびこっている不条理や不正義や嘘で心がすさみ、麻痺しているからなのかもしれないと思う時がある。

SNSは、怒りや愚痴や欲で溢れている。
もちろん素晴らしい点もあるが、カオスのようにも見える。

交わることのない対話の中で
相手を同じ人間と思えない感情が
分断や対立を煽り、暴力的なアプローチが生み出されていく。

人間の実相を直視する強さを持った上で
生み出されていく暴力や憎悪の連鎖を
どうすれば止めることができるのだろう。

本当の心の豊かさとは何かを考えながら
自らの心を見つめ
どんな時も心に平和と希望を抱いて
生きていきたいと改めて思う。
posted by ぷらっとハッピー日記 at 20:20| 東京 ☔| ぷらっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年07月13日

笑顔になれない日々を超えて


ため息と一緒に息を吐くことで
ようやく少し力を抜きながらも
思考が止まってしまいそうになる日々を超えて、
笑顔が自然と溢れてくるようになってきました。

共に映画や音楽づくりをしている
ギタリストのしげ兄さんの
2度目のがん再発が告げられ
半年が過ぎました。

コロナ禍の再発後
奇跡的に画像からがんが消え
昨年ようやく広島から活動再開をした矢先でした。
二度目の再発は
想像以上にメンタルを直撃しました。

余命についてたずねるしげ兄さんに
「聞きたいですか?」
と、主治医の勝俣先生の穏やかな優しい声。
少しの沈黙の後…
「聞かなくていいです」
と、しげ兄さんに代わって私。

最後の過ごし方をどうしたいかの質問に
「猫や犬に囲まれていきたい」
と、しげ兄さん。

2017年、2021年に続き、3回目となる厳しい抗がん剤治療が現在続いています。

今回は、右胸の上にC Vポートを埋め込む手術を行い、48時間の点滴による抗がん剤治療を定期的に行いながら、これまでに経験のない様々な副作用に向き合いながらの毎日です。

厳しい手の痺れや痛みを伴う副作用もあり、制作中のドキュメンタリー映画『いのちの音色』の制作をいったんストップし、この夏の完成には間に合いませんでしたが、抗がん剤治療が終わり次第、現場に戻る予定でおります。様々な事情がたび重なり制作が遅れておりますが、しげ兄とスタッフと共に必ず完成させていく決意です。

初めてがんと告知された時、
目の前が真っ白になりながらも、絶対に治る!と信じて立ち向かいました。
コロナ禍に再発を告げられた時、
現実を受け止めきれず、言葉にならないショックを受けながら、
みんなで励まし合いながら必死に乗り越えてきました。

そして今回…
昨年から再発の疑いがあり
今年に入ってPET検査の結果
二度目の再発を告げられた時、
深い悲しみとショックが
静かにじわじわと体をおおっていきました。

もう一度、抗がん剤治療を受ける体力があるだろうか…
これ以上もう、がんばれないかもしれない…
いろんな思いが心をよぎります。
生きていく気力を取り戻すまでに、これまで以上に時間を要しました。

昨年までは、診察日にYouTubeショートで病院から病状の報告をすることが、しげ兄さんにとって前に向かう活力ともなっていましたが、今回の2度目の再発の告知を受けて、笑顔になんて到底なれずにいます。「辛い時、無理して笑う必要はないよ」と声をかけると、「そうだね」としげ兄さん。皆様にお伝えしないままでしたが、しばらく動画配信をストップさせていただきました。

時々体調の良い時には、オフィスの命くん(猫)や宝ちゃん(犬)との写真や動画をアップしながら、少しずつ笑顔が戻ってきました。

抗がん剤治療は副作用が厳しいだけに、生きていく気力さえ萎えてしまいそうになることがあります。 孤独で様々な不安がつきまとう中で、これまでご支援くださり応援してくださった皆様との心の繋がりから、どれほどの勇気と心の安らぎをいただいてきたことでしょう。

自分にもまだ出来ることがあって、誰かのために何かできることの喜び。まだまだ生きてやるべき事、果たしていきたい事があることの幸せ。本人の生きようとする強い思いに寄り添いながらサポートしていくことこそ、何より大切だと感じています。

今週は、この夏の「第三回アオギリ祭り」に向けて、抗がん剤の点滴を延期していただいたこともあり、少しずつ体調が回復し元気になってきました。昨日は、何ヶ月かぶりだったでしょうか、急にギターを手に取って弾き始めています。出なくなっていた声もしっかり聞こえるようになりました。

7月20日、21日に開催される「アオギリ祭り」を終えた翌日から、この度の5回目となる抗がん剤治療がまた始まると、しばらく辛い日々がまだ続きますが、今後もライブや上映などの状況に合わせて、主治医の勝俣先生が見守ってくださっているので、なんと心強いことでしょう。

ここしばらくの間、これまでの疲れがいっぺんに出て、不覚にも私自身が体調不良でしたが、お陰様で回復してまいりました。 階段から落ちて怪我したり、捻挫した手首も足の痛みも、いつの間にかすっかり治り、体に備わっている治癒力に驚きます。

そして今日は、オフィス犬の宝ちゃんが10才のお誕生日!日本全国でのライブや上映活動にで日々追われていた10年前、宝ちゃんが弊社ミューズの里にやって来ました。病弱で栄養失調になっていた行き場のないワンちゃんでした。せき込んだり、前足を引きずってうまく歩けなかったり、ご飯も残してばかりで、長く生きられないのではないかと心配されていましたが、みんなの愛情で今では元気いっぱい!食べることが大好きな宝ちゃん。10歳のお誕生日を無事迎えることができました。しげ兄さんも本当に嬉しそうです。

55469.jpg

この度のしげ兄のがんの再発については、皆様にお知らせする気力さえ途絶えてしまいそうになり、弱っていくメンタルを回復させるまでに時間がかかりました。初めてクワを持ち、土に触れながら草むしりをしたり野菜作りを始めました。球のような汗と一緒にこぼれ落ちる涙を、照りつける太陽の光が乾かし、大地からエネルギーをいっぱいもらいました。オフィスのお隣の方が草むしりを手伝ってくださったり、ご近所の方が畑づくりをご指導くださったり、果物や野菜や苗を届けてくださったり、あたたかな心にふれ次へと向かう元気をたくさんいただきました。

採りたての新鮮野菜を少しでもしげ兄さんにも食べてもらおう!とみんなで頑張っています。特に抗がん剤治療は、副作用がひどくなると食べれなくなることも多いので、せっかくの治療中に体力を失ってしまう事で、全体的な寿命にも影響を及ぼすことがないようにと心配になります。栄養の大切さをつくづく感じながら、改めて命について、生きる力について考えながら、学ばせていただいています。

今朝はほんの少しですが、ミニトマトとシシトウとナスが採れました。早速洗って草むしりを手伝ってくださったお隣の方のところへ。元気になってきたしげ兄さんに届けてもらいました。「すごく喜んでくださったよぉ〜!」と、満面の笑みで帰ってきたしげ兄さん。今日はかなり調子も良くなり、顔色も良くなっています。

お陰様で、しげ兄さんとしげ兄を見守るみんなの心にも、そして私の心にも、生きる気力がよみがえってきました。

これからも
いろんなことがあると思います。
でも、きっと大丈夫!!

今日からは
「めざせ!100歳!」
を合言葉に

笑顔になれない日々を超えて
何度でも、何度でも、
あきらめずに再出発しながら
生きていきます。

皆様への感謝と共に〜🎶
Sees of Peace!
posted by ぷらっとハッピー日記 at 15:18| 東京 ☁| 映画『いのちの音色』制作中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年07月10日

第三回アオギリ祭り(主催:平和を望む会/会場:薬師ヶ丘自治会館)


この夏!東京・町田の野津田町で7月21日&22日の2日間にわたり
アオギリ祭りが開催されます🌱

地域の皆様のアート作品の展示会・お店の出店と共に
2017年に劇場公開した2作目の映画作品・ドキュメンタリー映画 「かけはし 」第一章も上映されます。

今年で第三回目となる町田でのアオギリ祭り。
「平和を望む会」の木村巴代表はじめ皆様に心より感謝申し上げます。


第3回アオギリ祭り

主催:平和を望む会
会場:薬師ヶ丘自治会館
2024年7月21日(日)

 13:00~18:00 展示と販売
19:00~19:50 ドキュメンタリー映画『かけはし』
2024年7月22日(月)
11:00~11:50 ドキュメンタリー映画『かけはし』
 12:00~16:00 展示会と販売

image.jpeg


昨年のアオギリ祭りで上映していただいた『アオギリにたくして』と同じく
今回上映していただくドキュメンタリー映画『かけはし』も
これまでの人生の中でいただいた出会いや経験を通して
次世代に伝えたい強い想いで企画・製作させていただいた作品です。

皆様に是非ご鑑賞いただけたら大変嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

posted by ぷらっとハッピー日記 at 11:41| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする