2022年09月27日

アオギリの語り部と呼ばれた故・沼田鈴子さんの言葉「平和の原点は、相手の痛みのわかる心を持つ人間であること」「真実を求める知恵が、平和をつくる大切な力になる」


ドキュメンタリー映画「いのちの音色」制作中〜🎶


本日は、
アオギリの語り部と呼ばれた
被爆者の故・沼田鈴子さんが
何度か訪れた北海道の苫小牧で
元気に育つ被爆アオギリ2世の
データーをもう一度見直しています。

2015年に撮影させていただいた
沼田さんと交流を続けてこられた
松本昌恵さんのお話、
そして、松本さんが大切にされている
沼田さんの言葉などを撮影したデータを
視聴しながら編集を行なっています。

沼田さん.png

・平和の原点は、相手の痛みのわかる心を持つ人間であること。
・真実を求める知恵が、平和をつくる大切な力になる。

〜2002年9月12日 苫小牧を訪れて 沼田鈴子〜


「被爆体験を語ること。
それは、一粒の平和への種まきなのです」
と生前語っていた沼田鈴子さん。

戦争の被害と加害を
しっかりと見つめながら
「自分と同じ苦しみを
世界中の誰にもさせたくない」
という強い信念のもと、
被爆体験を語り継いでおられました。

「知らないことも罪である」
という沼田さんの言葉に、
松本さんは、それまでの自分の生き方を見つめ直していったのだと言います。


沼田さんがが亡くなられて、
今年で11年という月日が流れました。

もし今、沼田さんが生きておられたら
今の日本を、そして世界をどう思われるのだろう…
と考えながら今日1日を過ごしました。


希望と平和の種を世界へ!
Seeds of Hope & Peace!

posted by ぷらっとハッピー日記 at 22:18| 東京 ☁| 映画『いのちの音色』制作中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「碑に誓う〜中学生のヒロシマ修学旅行〜」江口保著(東研出版)


お世話になった故・江口保先生のご著書
「碑に誓う〜中学生のヒロシマ修学旅行〜」
を読み返しています。


36967.jpg


ドキュメンタリー映画「いのちの音色」を制作する過程は、生まれて初めて被爆者の方との出会いをいただいた21歳の時からこれまでの36年間に渡り、出会いをいただいた希望と平和の種をまく人々と再会する旅のようでもありますが、多くの方々がすでに亡くなられています。

声にならないいのちの叫びを感じながら…

編集にとても時間がかかりそうですが、
納得のいく作品となるよう
全力を尽くてまいります。
posted by ぷらっとハッピー日記 at 09:04| 東京 🌁| 映画『いのちの音色』制作中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする