2021年09月30日

初のオンラインによるオープンマイク♬

マイムービー 111.jpg

初のオンラインによるオープンマイク♬
楽しいひと時をありがとうございました。
ご参加くださった皆様に心より感謝申しあげます。

次回は、10月27日(水)19:00-20:00♬

posted by ぷらっとハッピー日記 at 02:50| 東京 ☁| オープンマイクetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月29日

2021 KOREA WEEK 韓国映画特集 in 広島にて、ドキュメンタリー映画『かけはし』上映(10/6,8,9) 主題:駐広島大韓民国総領事館 広島市映像文化ライブラリー

「2021 KOREA WEEK 韓国映画特集 in 広島」にて、ドキュメンタリー映画『かけはし』が上映されます(主催:駐広島大韓民国総領事館/広島市映像文化ライブラリー)。

初日の10月6日(14:00〜)の上映については、上映前に開幕式が開催されます。上映終了後、ご挨拶させていただきます。

広島で皆様にお会いできることを心より楽しみにしています。

かけはしアイコンのコピー.jpg


2021 KOREA WEEK 韓国映画特集 in 広島
〜多彩なジャンルの韓国映画に出会う〜

■開催日
2021年10月6日(水)
2021年10月8日(金)
2021年10月9日(土)

『かけはし』上映時間/6日 14:00〜、8日 10:30〜、9日 18:00〜

■場所:映像文化ライブラリー

■鑑賞料: 無料
第1章 & 第2章 95分 カラー Blu-ray 日本語字幕

■主催: 駐広島大韓民国総領事館、広島市映像文化ライブラリー
■ホームページ:http://www.cf.city.hiroshima.jp/eizou/

※10月6日14:00からの上映については、上映前に2021 KOREA WEEK 韓国映画特集 in 広島の開幕式を行います。また上映終了後には、『かけはし』の企画・製作・統括プロデューサーの中村里美による作品解説を行います。

posted by ぷらっとハッピー日記 at 15:53| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生きるって、すごいこと。


生きるって、
すごいことなんだ・・・
と思います。

目の前に起きることに
立ち向かいながら、
日々ををこなすだけで
精一杯の毎日。

一歩進んでは3歩下がり…
それでも前へと向かう日々。

いろいろあっても
人生はやっぱり素晴らしい。

どんな状況下でも
学びと気づきが
必ずそこにある。


食べれるだけで
眠れるだけで
歩けるだけで
喋れるだけで
どんなに幸せなことか…

まして、どんなに辛くても
成し遂げたいと心底思うことに
チャレンジしようと思えることが
どれほど幸せなことか…

喜びも悲しみも
共に流れる人生の中で
感謝と共に。

posted by ぷらっとハッピー日記 at 12:21| 東京 ☀| ぷらっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月12日

「アオギリにたくして」Zoomオンライン上映会♪ご参加くださった皆様に心より感謝申し上げます♬

マイムービー 11111.jpg

英語字幕版による9月の「アオギリにたくして」Zoomオンライン上映会にご参加くださった皆様、大変ありがとうございました。

今回は、高増哲也先生のご招待で、タイの医療関係者の皆様も映画を鑑賞してくださいました。
心より深く感謝申し上げます。

次回は、10月10日(日)午前10時からのスタートとなります🎬
皆様のご参加を心よりお待ちしています。
posted by ぷらっとハッピー日記 at 23:58| 東京 ☁| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月05日

「ミューズの里」9月オンライン情報



9月オンライン情報をお届けいたします。


9月12日(日)夜19:00〜21:15
映画「アオギリにたくして」オンライン上映会+トーク
https://musecinema-15.peatix.com/


9月17日(金)夜19:00〜20:00
オンラインMUSE BAR
https://musebar-7.peatix.com/


9月26日(日)午前10:00〜12:15
ドキュメンタリー映画『かけはし』オンライン上映会+トーク
https://musecinema-16.peatix.com/


9月29日(水)午後16:00〜16:45
オンライン「手話歌レッスン」
https://musechorus-6.peatix.com/


9月29日(水)夜19:00〜20:00
オンライン「オープンマイク」
https://openmic-muse104.peatix.com/


皆様のご参加をお待ちしています。
伊藤茂利のギター&ウクレレ教室もよろしくお願い申し上げます。

posted by ぷらっとハッピー日記 at 22:32| 東京 ☁| ぷらっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ミューズの里♪音楽教室」伊藤茂利のギター&ウクレレ教室

ギター教室チラシオレンジ.jpg



冊子「MUSE VOICE」でもお世話になっているグラフィックデザイナーの佐々木秀夫さんが、ギター&ウクレレ教室の素敵なチラシをつくってくださいました。しげ兄(伊藤)さん大喜びです❣️スタッフ一同心より感謝申し上げます😀


ギター教室チラシブルー.jpg

レッツエンジョイ!
こどもからシニアまで♬


映画プロデューサー・音楽監督・作曲家として活躍する
伊藤茂利による音楽教室です。

生徒の皆さんと一緒に楽しく
目標にそった指導を行なっていきます。
新しくウクレレ教室もスタート!

オンライン授業も行っています♪

ご相談・お申込先:ミューズの里
E-mail: info@musevoice.com
posted by ぷらっとハッピー日記 at 17:39| 東京 ☁| 音楽教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月01日

青函連絡船洞爺丸事故で救命胴衣を日本人に手渡して亡くなった二人の宣教師

241113830_4828892867139404_6367533118159174743_n.jpg

ドキュメンタリー映画『かけはし』オンライン上映会にご参加くださった建築家の丸谷博男さんからお聞きした町田市野津田町の「農村伝道神学校」へ。一昨日、弊社の伊藤さんと共に訪れました。


240968039_4828892997139391_2654664793977412388_n.jpg


あいにく、どなたもおられなかったのですが、
オフィスからとても近いことがわかり、
また次回、取材に伺わせていただきたく思っています。


240855946_4828892910472733_5563997447896189735_n.jpg


建築家の丸谷さんは、町田市野津田町の農村伝道神学校(鶴川学院)にある建物の保存活動をされています。校内の使っていない日本の館を建て直し、世界の人々とも繋がりながら、日本の文化を伝え、いのちの大切さを発信する拠点を作ろうとされています。

その農村伝道神学校は、日本海難史上最大の惨事となった青函連絡船洞爺丸事故で、遭難死する前に救命胴衣を日本人の若者に与えて亡くなったカナダ人宣教師アルフレッド・ラッセル・ストーン牧師が創立した学校だということを初めて知りました。

三浦綾子さんの小説「氷点」では、主人公の家族が洞爺丸に乗り合わせるという形で洞爺丸事故のことが描かれ、ストーン牧師は命を与えた宣教師のモデルとなっています。

洞爺丸事故は、1954年9月26日、台風第15号(洞爺丸台風)により青函連絡船洞爺丸が沈没した海難事故で、 助かった方はわずか160名ほどで、1000人を超える人々が亡くなりました。

事故後、救命胴衣をつけていない二人の宣教師が発見されました。二人から救命胴衣をもらって生還した日本の方の親族が新聞社に伝えたことで報道されました。

泣き叫ぶ乗客を励ましながら救命胴衣の着用を手助けした二人の宣教師は、最後に自分の救命胴衣を日本の若者に与え、亡くなったそうです。


その一人が、『土を愛し、人(日本人)を愛し、神を愛する』を生涯のモットーとし「社会的救済とは、個人の救済に適うよう社会状態を変ずる事を意味する」という言葉を残した宣教師で、1947年12月に東京都町田市で農業伝道のための神学校を設立し、初代の校長に就任したカナダのアルフレッド・ラッセル・ストーン牧師(享年52歳)でした。

そして、もう一人は、YMCAから日本に派遣された青年で、全国の大学に 組織されたYMCAの学生を指導していたアメリカのディーン・リーパー牧師(享年33歳)でした。

とてもご縁を感じるのは、ストーン牧師が創設した学校と共に運営されているシオン幼稚園に、幼い頃に私は通っていました。そして、リーパー牧師のご長男のスティーブン・リーパーさんは、2007年に米国人としてはじめて、広島平和記念資料館(原爆資料館)を運営する(財)広島平和文化センター理事長に就任され(2013年まで)、初プロデュース映画『アオギリにたくして』の八丁座での広島上映会にご来場くださり、ご挨拶くだいました。


スティーブン・リーパーさんは、1984年から広島に入り、86年に翻訳通訳会社をつくって、たくさんの被爆者の話を翻訳通訳されてきました。そうした経験を踏まえ、こんなにも被爆者の内面を見た映画は初めてですとお話しくださり、映画『アオギリにたくして』の感想を下記のようにお話しくださいました。

「誰でも8月6日は大変だったと思うでしょう。でも、その後の苦しみは簡単には理解できないと思います。この映画から、被爆者の辛さ、被爆者の気持ちを感じ取ることが出来ます。そして、なんで被爆の木が大切かという気持ちがわかる。苦しみの経験と深い愛情、そして、アオギリが我々に与えてくれる希望、生きたいという強さを、広島から全世界に発信する必要があります」

アメリカ上映を前に、「この映画をつくってくれて感謝でいっぱいです」と言って握手してくださったスティーブン・リーパーさんに、たくさんの勇気と希望をいただきました。

1947 年にアメリカで生まれ、1 歳の時にご両親と来日し、幼少期を日本で過ごしたリーパーさん。1954年の洞爺丸事故で父を失ったリーパーさんは今、「豊かさを問う交流の場」として広島県三次市に「平和文化村」を開設し、持続可能な生活を実践するモデルをつくりながら、広島女学院大学、長崎大学、京都造形芸術大学の客員教授をされています。


弊社ミューズの里の活動をご支援くださり、広島ライブなどでホームステイさせていただき、いつも祈ってくださっているファミリーの立花美智子さんから、スティーブン・リーパーさんがディーン・リーパーさんのご長男だったことを教えていただきました。

たくさんのご縁の中で、生かされていることへの感謝と共に、心に平和を抱き、1日1日を大切に精一杯生きていこうと改めて心に誓いました。

posted by ぷらっとハッピー日記 at 09:23| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする