2019年08月30日

ドキュメンタリー映画『かけはし』第2章にご出演くださったジョン ヨンヒョンんさんが来日✨

69545966_2470623399687611_343194949539332096_n.jpg


ドキュメンタリー映画『かけはし』第2章にご出演くださったジョン ヨンヒョンさんが来日〜!✨


今年6月にソウルで行われた『かけはし』韓国初上映で再会し、今回は日本での再会です✨


「かけはし」第2章でも描かせていただいた日本での旅から帰国後、大学に戻ったヨンヒョンさんは、その後コスタリカへ。


軍隊を持たずに非武装・中立を貫くコスタリカは、社会福祉や教育、環境保全への支援を第一に考えています。GDPは低くても人々が幸せを感じながら誇りを持って生きている姿に感動したと言います。
8ヶ月間コスタリカに滞在して奉仕活動を行いながら、スペイン語も習得したそうです!✨


2017年の冬には、みんなで集めた署名によって、故イ スヒョンさんが通っていた高校への道を「李秀賢さんの道」と名付けたそうです。韓国人と釜山に留学している日本人学生が一緒になって署名集めの活動を行い、若者たちの力で夢を実現しました。


「人の命を救おうとして犠牲となったスヒョンさんが、私たちに次の役割を渡してくれました。未来の日韓関係を良くするためにつくしたいという学生たちの思いが広がれば、きっと日本と韓国の関係は良くなっていくと思います」とヨンヒョンさん。


大学卒業後は、日本語を使う仕事を目指して、現在は韓国の大手企業に就職。仕事で韓国の日本企業を訪れることがよくあるそうです。今後は、働きながら大学院を目指し、「日本語と韓国語の通訳や翻訳者として両国の懸け橋となって活躍したい」と、さらなる夢を語ってくれました。


これからも、ドキュメンタリー映画「かけはし」では、ヨンヒョンの取材を続けていきたいと思います〜🎵✨



posted by ぷらっとハッピー日記 at 23:09| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

被害と加害‥‥そのどちらも深く考えてみることなく大人になった私

IMG_20190829_113033_672.jpg
▲1986年 アラスカの学校にて


たとえ個人的な体験であったとしても、加害と被害を乗り越え和解することは難しい。もし、自分の愛する大切な人たちが誰かに殺された時、相手を赦す事が出来るだろうか。暴力、暴言、差別、いじめ、誹謗中傷をした者を赦し、不信感を拭い去ることが出来るだろうか。そう自分に問いかけた時、複雑な気持ちになる。


まして戦時下において、自分ではどうすることもできない渦の中に巻き込まれ、忘れたくても忘れられない辛く悲しく苦しい体験を強いられた人々の心の痛みはいかばかりであろう。

今でこそ、PTSDなど精神的ケアへの理解も多少あるが…戦時中に苛烈な体験をされてきた方々は、いかにして悲しみを乗り越え、その後を生きてこられたのだろう…。

日中戦争、太平洋戦争による過酷な体験で心に傷を負って精神疾患になり、戦傷病者特別援護法に基づく療養費を受給しながら入院生活を送っていた旧日本軍の軍人・軍属がゼロになったことが今年4月末の平成の終わりに報じられ、そのニュースがとても気になった。

他にも、ぬぐい去ることのできない精神的苦痛と共に戦後を生きてきた方々がたくさんおられたことを思うと、胸が締め付けられるような思いになる。


アメリカでは、心身の負傷と後遺症によって、社会生活を営むことが困難になった帰還兵の医療や福祉が深刻な社会問題になっている。イラク・アフガン戦争での戦死者より、帰還兵の自殺者の方がすでに上回ったといわれている。日本でもイラク等に派遣された自衛官の自殺者が54人と報道されていたが、一人の自殺者の後ろに、精神を病んでいるたくさんの方々いることだろう。そして、イラク・アフガンで犠牲となった方々やそのご家族、同じように辛い思いをしている兵士の方々は今、どのような状況にあるのだろう…。


学生時代の私にとって、歴史で学ぶ戦争における被害も加害も、すべて過去の出来事でしかなかった。グローバル社会、国際人の育成など、聞こえのいいキャッチフレーズをよく見かけるが、そのために一番学び考えなければならないことがすっぽりと抜けたままだった。


高校生の時、初めてアメリカでホームステイ体験をした時のこと。受け入れ家庭のアメリカ人ご夫婦は日本がとても大好きで、祖父母の家に行った時にしか見たことのない木製のおひつに白いごはんを炊いて私を迎えてくれた。ある日、私と同じ年の17歳の女子高生の家に招かれ、一泊だけしたことがある。彼女の夢は女優になることで、両親は馬鹿げた夢だと言って大反対していたが、彼女は本気だった。庭に一頭の馬を飼っていてた。毎朝、朝食に使う卵を取りに馬にのって近くの鶏の小屋へと向かうのが日課だという。雨の中、さっそうと馬にまたがり、卵を取りに行く彼女の姿を窓越しに見ていた時のことだ。

突然、「あなたは、日本とアメリカが戦争をしていたことを学んだの?」と彼女のお母さんが話しかけてきた。私が「はい、昔、日本とアメリカは…」とつたない英語で答えかけた時、その言葉を遮るように、「昔じゃありません」と厳しい口調が戻ってきた。怒りと悲しみに満ちたお母さんの表情に、私は何も返す言葉がなかった。

ちょうどその時、卵をたくさん手に抱えて彼女が戻ってきた。私とお母さんの間に流れる気まずい空気を察して消し去るように、彼女は明るく演じてくれた。「日本が嫌いで、日本製品を絶対買わない人たちもアメリカにはいるのよ。でも、気にしないで、私はあなたが好きだから」そう言いながら私を抱きしめてくれた。


大人になり、異文化コミュニケーション雑誌の編集長をしていた20年程前、まるでその時の自分を思い起こすような投書をもらうことが度々あった。

修学旅行で韓国を訪れていた高校生が、お土産を買いに立ち寄ったお店で、日本語を流暢に話す韓国のおじいさんに、「おじいさん、日本語上手いね。なんでそんなに日本語上手いの?」と無邪気に聞いた。その途端、おじさんがホウキを振り上げて、ものすごい形相で追っかけてきたという。高校生たちはびっくりして一目散に逃げたが、なぜおじさんが怒ったのかについてわからなかった。


教科書の上だけでの歴史の知識だけではなく、過去を非難するためだけでもなく、目の前にいる隣国の人々とより深く相互理解し、よりよい未来を築くために、相手の心の痛みに寄り添った生きた学びの場があればと感じる。


学生時代には、日本の被害についても加害についても深く考えてみたことのなかった私は、30年以上前の22才の時、アメリカの学校の授業の中で日本文化の紹介と共に広島・長崎を伝える草の根ボランティアにたまたま参加したことで、戦争と平和について考えはじめた。
広島・長崎の被爆者の方々から直接お話を伺わせていただき、海外でヒロシマ・ナガサキを伝えた体験は、振り返ると今の自分の原点となっている。


当時、パールハーバーが返ってくるだけではなく、日本のアジアにおける加害責任を指摘されることも多かった。日本人に平和について語る資格はないとまで言われたこともある。
しかし、それでも伝えるべきヒロシマ・ナガサキの被爆者のメッセージを、しっかりと受け止めてくれるたくさんの人々がいて、一年間で280回ものプレゼンテーションをさせていただいた。


憎しみの連鎖をたちきり、「自分と同じ苦しみや悲しみを世界中の誰にもさせたくない」と願うヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々のメッセージが国を超え、人々の心に届いたのだと思う。そして、戦争体験のない私自身も、お世話になった被爆者の方々が被害を超えて世界の人々の幸せを願う愛に溢れたメッセージを託してくださったことで、心から伝えたいと思えたのだと思う。


理屈を超えて「戦争は絶対ダメだよ!」と全身全霊で伝えてくれた痛みを知る体験者の方々が年々亡くなっていく中‥‥今の世の中の流れと物の言い方には不安を感じる。


今、戦後最悪といわれる日韓関係についても連日報道されているが、両国の主張や理屈をどれだけ解説しても答えは見つからず、相手国への不信感が双方共につのっていく。政治利用の側面やそれぞれの考えや理屈があろうとも、日韓関係悪化の裏に歴史認識が絡んでいることも否定できない。

それにしても私自身は、これまで韓国の被害者の方々の気持ちに本当に深く寄り添って考えてきたのだろうか。そう改めて自分に問いかけた時、それが充分に出来ていない自分自身を再確認する。


より一層深く知り学びたいと思う。両国と世界の友好を願いながら。



posted by ぷらっとハッピー日記 at 10:51| 東京 ☀| ぷらっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

前川喜平さん企画による映画『子どもたちを よろしく』

こどもたちをよろしく.jpg


ライブ&上映会にご来場くださった石塚聡様が発行されているジャーナリストと市民を結ぶ情報誌「マスコミ市民」主催による前川喜平さんの講演会に伺わせていただきました。講演の内容はもちろん素晴らしかったですが、何よりその型破りな存在感!前川さんのような方が文部科学省事務次官として存在していたんだということに、何だかちょっと希望もいただいたような気持ちになりました。


講演の最後に、「子どもたちを よろしく」という映画のお話がありました。
前川喜平さんが企画をされた映画です。

「はっきり言ってとても暗い映画です」と前川さん。「この作品は、中学生のいじめと自殺、その裏にある家庭の問題をリアルに描いている。とても重い映画。しかしこれは現実だ。この現実に一人でも多くの人が気づくことが大事なのだ」と前川喜平さんはコメントを寄せています。

2020年初春、ユーロスペース他、全国順次公開される予定です✨




帰りの電車の中で、いただいたチラシに目を通していると、30数年前のことが蘇りました。

オレゴン大学の女学生たちとネバダ核実験場前で行われたピースキャンプの取材に行った時のことです。核実験による近隣住民の子どもたちの白血病などの因果関係が取り沙汰される中、子どもたちを心配する母親たち約3000人が母の日にネバダの核実験場前に集まり、核実験反対を訴えていました。

砂漠にテントを張り、取材をしていた時、そこに集う人たちの中で、ちょっとした小競り合いが始まりました。徹底した非暴力を貫く人々の中で、少しだけ過激に思える言動をとる女性たちがいました。ある日、気持ちを分かち合い、みんなで話あう事になりました。広大なネバダの砂漠の中で、輪になって座り、それぞれが自分が感じた事を話しはじめました。しばらくすると、問題視されていた女性が一人、また一人、自分の生い立ちを話しはじめました。親や周囲の大人たちからの虐待、レイプ、暴力、貧困の中で、どうやって自分を守り今にいたったかを…。その日の夜、未だに癒される事のない心の傷が、どうしていいか分からない彼女たちの叫び声となって、ネバダの砂漠中に響き渡りました。それまでの人生の中でも、その後の人生の中でも、あの時をおいて聞いた事のない、それは地球が落っこちてしまいそうな叫びでした。私は、自分の体を両手で抱きしめながら一人、月の光だけを頼りに、その夜ずっとネバダの砂漠をさまよい歩いていました。

帰国後、音楽に全く興味もなかった私が、ある時ひどく絶望を感じることがあった時、歌詞とメロディーとなって蘇ってきたのが、この時に見たネバダのお月さまの歌でした。あの時の体験からずいぶん時間を経ていたにもかかわらず、突然歌となってその時の感情が蘇った時、自分が抱えきれない程にあの時に体中で浴びたものが、まだ自分の中でも消化しきれず、そのまま残っていたことに驚きました。


児童虐待、貧困、アルコールやギャンブル依存、対人依存などの大人のありようが、子どもたちを追い詰め、居場所を奪い、心の闇をつくっていく…。私は日本の実情にこれまで目を向けてこなかったけれど…30年前にアメリカで感じたことが、今日本で 起きているのかもしれない…。


劇場公開されたら、必ず見に行きたいと思います✨

posted by ぷらっとハッピー日記 at 18:54| 東京 ☁| ぷらっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

いよいよ!ドキュメンタリー映画『かけはし』沖縄初上映〜!

8/30、31に、沖縄で第二作目の『かけはし』が初上映されます〜!

沖縄の皆様、何卒よろしくお願い申し上げます✨

沖縄裏.jpg


【沖縄・那覇】ゆかるひ
◎日時:2019年8月30日(金)18:30〜/31日(土)10:30〜・13:30〜
◎場所:ゆかるひ
◎料金:全席自由1000円
◎問い合わせ:TEL 090-6197-5354(上田)
※上映後、上田さんのオカリナ演奏と懇親会(自由参加)
◎後援:(財)東アジア共同体研究所 琉球・沖縄センター
◎協力:赤嶺和伸 TEL:090-4470-6801
posted by ぷらっとハッピー日記 at 18:43| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Peace Buildingのカレンさんはじめ皆様に改めて心より感謝申し上げます〜🎵

9月20日〜23日、スヒョンさんとお父様のイ ソンデさんのお墓参りに釜山に伺わせていただき製作中の『かけはし』第3章の取材も行う予定です。

先日、6月に開催された『かけはし』韓国初上映会への旅では、第1作目の映画『アオギリにたくして』上映会を開催してくださった広島のワールド・フレンドシップ・センター様と2003年から交流を深めておられるという韓国のPeace Buildingを訪れました。


65013484_2351142321635720_7439725496679530496_n.jpg

あれから2ヶ月、あっという間に時間が過ぎてしまい、その時のご報告も出来ていないままでしたが、改めてブログアップさせていただきました〜🎵 とってもピースフルでステキなひと時を過ごさせていただき、ご紹介くださった立花ご夫妻に改めて心より感謝申し上げます✨


65110116_2351142501635702_6856400811111481344_n.jpg


ソウル中心から鉄道で東に約1時間、南楊州市(ソウルの近郊)にあるPeace Buildingの一番の活動は、韓国社会に、修復的正義を普及させることだそうです。修復的正義は平たく言うと、加害者と被害者の間の関係を修復していくということなのだそうです。政府に認可された修復的正義のワークショップを国内で展開し、教育関係者、保護者、警察、裁判関係者、病院関係者などが参加されているそうです。また、北東アジア地域にその活動を広げ、中国、日本などとも協力して、毎年夏には、ワークショップが開催されています。


65294953_2351142598302359_5496340958033215488_n.jpg


かわいい3人の子どもたちとスタッフの皆さまがPeace Buildingを案内してくださいました。
そして、とっても美味しい韓国の家庭料理をカレンさんの旦那様のお母様が作ってくださり、みんなで一緒に食べるご飯は最高でした〜!✨感激〜🎵


65201003_2351142551635697_7693209986838560768_n.jpg


Peace Buildingでの『かけはし』や第1作目の『アオギリにたくして』上映にむけても快くご検討いただき、またお会いできる日を心より楽しみにしています。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


65465095_2351142628302356_6853906809502040064_n.jpg

65141755_2351148504968435_3355094611864322048_n.jpg


韓国初上映に向けて、ご支援いただいた埼玉応援団の皆様に改めて心より感謝申し上げます✨


65605491_1814617822017827_8096455545612926976_n.jpg

posted by ぷらっとハッピー日記 at 18:18| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国ソウルでの映画『かけはし』初上映から2ヶ月、今思うこと。

65073843_2351142364969049_4866536909481967616_n.jpg

2001年1月26日、JR新大久保駅でホームから転落した男性を助けようと、日本人カメラマンと共に亡くなった韓国からの日本語学校生だったイスヒョン(李秀賢)さんの夢や足跡、そして彼が人々の心に遺したものなどをテーマに描いたドキュメンタリー映画『かけはし』が、2ヶ月前の6月25日に韓国で初上映され、埼玉で上映会を企画してくださった埼玉応援団の皆様のご支援で共に伺わせていただきました。


映画にご出演くださったスヒョンさんのお父様の李盛大さんが今年3月にご逝去され、日本国内では追悼上映会が5月からスタートする中、韓国上映に行く直前まで仕事に追われ、帰国後も日本全国上映に向けて慌ただしい日々を送っているうちに、あっという間に2ヶ月が過ぎました。

日韓関係は戦後最悪と連日マスコミが報じる中ではありますが、改めて思います。政治がどうあれ、これまで築いた心の絆が変わることはありません。そして今、このような状況の時だからこそ、より一層、「日韓関係が厳しい時こそ、民間交流による心の繋がりが大切です」という李盛大さんの最後のメッセージが身にしみます。


韓国ソウルの在韓日本国大使館 公報文化院3階ニューセンチュリーホールで開催された韓国初のドキュメンタリー映画『かけはし』上映会は、国際交流基金ソウル日本文化センター様の主催で行われました。


李秀賢さん、李盛大さんへの黙祷の後、駐韓日本国大使の長嶺安政様と釜山韓日文化交流協会理事長ソン・ドンジュ様、スヒョンさんのお母様のシン・ユンチャン様のご挨拶に続き、歌手のチュ・ガヨルさんのミニコンサートが行われた後、韓国初の上映会にむけてご挨拶をさせていただき、『かけはし』の上映会が開催されました。

2019062700244_0.jpg


来場してくださった韓国の若者にインタビューすると「日韓の懸け橋になりたい」と熱く夢を語ってくれました。韓国での『かけはし』再上映に向けて熱い思いを伝えてくださる皆様の姿に、たくさんの感動をいただきました。


日韓が対立している今だからこそ、今一度 過去の歴史と謙虚に向き合い、世代を超えた憎しみの連鎖をくい止めるために、互いの意見を率直に語り合いながら、何ができるかを考えていくべき時なのだと思います。


平和は誰かに委ねたり、誰かから与えられるものではなく、私たち一人一人がつくっていくものなのだとつくづく感じます。


日韓関係が良い時も悪い時も変わることなく、これまで培われてきた両国の交流を絶やすことなく、心と心の絆を大切に深めていけるよう、『かけはし』上映を通して、我々自身もより一層の努力をしながら、引き続きスヒョンさんが私たちの心に遺したものは何か?をテーマに、第3章の製作に挑んでいきたいと思います。


来月9月20日〜23日、『かけはし』第1章で描かせていただいたスヒョンさんの頭文字をとって名付けられたLSHアジア奨学会の皆様と共に、スヒョンさんとお父様の李盛大様のお墓参りに韓国・釜山に伺わせていただき、製作中の第3章の取材もさせていただく予定でおります。


お力添えくださっている、スヒョンさんの母校の赤門会日本語学校の新井時賛様に心より感謝申し上げます。お母様の辛潤賛さんはじめ、釜山の皆様にお会いできることを心より楽しみにしています✨


posted by ぷらっとハッピー日記 at 17:23| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

Asahi Shimbun GLOBEより「新大久保駅事故から18年 寒風が吹く日韓、それでも架け橋は育っていく」

Asahi Shimbun Globe➕
『World Now』
新大久保駅事故から18年 
寒風が吹く日韓、それでも架け橋は育っていく


掲載記事 ➡️ https://globe.asahi.com/article/12143434


c2d788dd839d5ace8c04887c8654a888.jpg

posted by ぷらっとハッピー日記 at 15:09| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/7(土)長野県高森町(杉の木ホール)にて、歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブ & 映画『アオギリにたくして』上映!

B5aogiri表1.jpg

長野県高森町の歴史ある活動の一つである「平和へのかけはし使節団」による「広島平和のバス」報告会と平和学習会が、杉の木ホールにて9月7日(土)開催され、報告会の後、歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブで伺わせていただきます。皆様とお会いできることを心より楽しみにしています✨


同日午後には、同会場にて午後1時30分より、映画『アオギリにたくして』も上映していただけることになりました〜!皆さまに心より感謝申し上げます✨(後援:高森町教育委員会、高森町公民館)。


この度の高森町でのライブ&上映会に向けて、何年にも渡り長野県での実現に向けて動いてくださった小椋シガ子様の深くて強い思いが実を結び、その思いを実現に導いてくださった林まゆみ様、高森町役場 教育委員会事務局の寺沢浩之様はじめ、たくさんの皆様にお世話になりました。本当にありがとうございます。心より深く感謝申し上げます✨


長野県・高森町「ライブ&上映会」
日程:2019年9月7日(土)

✨午前9時〜「広島平和のバス」報告会と平和学習会

✨午前10時50分〜11時50分
 〜歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える〜
 中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブ
 
✨午後 開場 13:00〜/開演 13時30分〜
映画『アオギリにたくして』上映
・主催:高森町平和へのかけはし実行委員会
・後援:高森町教育委員会・高森町公民館
・お問合せ:林: 090-4221-6102/中川:080-7895-1608
・会場:「杉の木ホール」(高森町吉田481-1)
・入場料:無 料


皆様よろしくお願い申し上げます〜🎵
posted by ぷらっとハッピー日記 at 14:02| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8/25 日野市「アオギリにたくして」上映会:会場:ひの煉瓦打ホール(市民会館)

20190730_161825.jpg


8月25日(日)午後1時30分〜午後4時30分、


ひの煉瓦ホールにて


「映画の集い・平和派遣事業報告会」が行われます。


日野市内の小・中学生が


広島、長崎、沖縄の平和関連行事に参加し、


平和関連施設への訪問を通じて学んだことを報告してくださいます。


子供たちの報告会の後、映画「アオギリにたくして」が上映されます〜!✨


皆様、よろしくお願い申し上げます〜🎵


映画「アオギリにたくして」日野上映会
日時:2019年8月25日(日)午後1:30〜4:30
会場:ひの煉瓦打ホール(市民会館)
主催:日野市
詳細 ➡️ https://hino.goguynet.jp/2019/08/15/eiganotudoi-houkokukai20190825/

20190730_161749.jpg


posted by ぷらっとハッピー日記 at 11:08| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

【世田谷新聞】映画『かけはし』上映を

初プロデュース映画『アオギリにたくして』では、アドバイザーとして制作委員会にもお名前を連ねてくださった岩城康雄さんと共に、弊社ミューズの里の第2作目となるドキュメンタリー映画『かけはし』世田谷上映に向けて、世田谷の保坂区長にご挨拶に伺った際の記事が世田谷新聞に掲載されました。


世田谷新聞 かけはし.jpg
▲2019年5月31日 世田谷新聞


岩城さんは、2010年秋に池尻のまんまるの木で、歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える中村里美&伊藤茂利ライブを企画してくださり、その時からずっとミューズの里のライブ活動や映画製作・上映を応援くださっています。


先日8/9のライブにご来場くださった岩城さんが、世田谷新聞の掲載記事を届けてくださいました。心より感謝申し上げます✨


世田谷新聞.jpg
▲2010年11月30日 世田谷新聞


ミューズの里、そして我々の成長をずっと見守ってくださっている岩城康雄さんに改めて心より感謝申し上げます✨


posted by ぷらっとハッピー日記 at 20:31| 東京 🌁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

「アオギリ映画祭り」国東の衣笠邦彦さんよりみんなの心にビックサプライズ❗️✨

DSC_0821.JPG

毎年のことはいえ、お盆休みもなく、ただただ必死な毎日の中で…なんと、第1回アオギリ映画祭りを開催してくださった大分県・国東の衣笠邦彦さんから嬉しいサプライズの贈り物〜🎵


衣笠さんが丹精込めてつくっている田んぼの玄米をいただきながら不眠不休の時も健康を維持させていただき、さらにこんなにたくさん自然の恵みや差し入れをいただき、何とお礼を申し上げていいかわかりません。


何のプライドも持ち合わせていないけれど、信念を持ってやると決めた以上は、「どんなに辛い時も楽しむ感覚失わず、愚痴を言っている暇があったら動く!」という弊社ミューズの里のモットーを胸にがんばっています。それでも時々、やってもやっても大変な日々の中で、疲労で笑顔が消えそうになる時もあります。そんな時、衣笠さんのビッグスマイルが浮かびます。そして「よし!もっともっと突き抜けていこう!」と希望がわきます〜!


自主上映会はとても意義ある活動ではありますが、本当に大変です。人が思う以上に実際はかなり大変で、やってみた人にしかわからない苦労があると思います。しかも、そうでなくても人の集まらない同じ作品を継続して毎年主催していくのは至難の技です。

映画を鑑賞していただければ感動していただけたり、喜んでいただけたりするとしても‥…そもそも大手の名前の通った作品ならいざ知らず、誰も知らない小さな映画をお客様に観に来ていただくまでに、どれ程の労力がかかることでしょう。

努力しても結果が出るとは限らない中で、苦労を苦労と思わず、いつも明るく元気に乗り越えてチャレンジしていく衣笠さんの姿はカッコよくイカしています。「皆さんがあんなにがんばってるのに、製作者である我々がへこたれてちゃダメだよね!」って、これまでも衣笠さんはじめ皆様からたくさんの勇気と元気をいただいて来ました✨


3101.jpg


この夏の、ビックサプライズは、第1回「アオギリ映画祭り」が大分県国東で開催されたこと✨

そして、衣笠さんが映画祭りで弊社の次回作『いのちの音色』への募金を呼びかけてくれました。なんと!サプライズの贈り物で届いた海苔の入れ物の中に、日本の味付け海苔と韓国海苔、そして皆様からの 8,490円の応援募金が入っていました✨衣笠さんと皆さんのあたたかな気持ちが嬉しくて、涙が出ます✨


本当にありがとうございます!!心より感謝申しあげます💌



現在製作中の第3作目となるドキュメンタリー映画『いのちの音色』は、この夏の完成を目指していましたが、より内容を深めていくための撮影をさらに行っていくことになり、これまでの編集してきたものをさらに時間をかけて深めていくことになりました。製作費の営業活動もしながらの製作のため、当初のスケジュールより時間がかかっておりますが、戦後75年を迎える来年の劇場公開を目指して完成を目指していく予定です。スタッフ一同全力をつくして挑みます!!


映画『アオギリにたくして』のモデルとなった被爆者の沼田鈴子さんが亡くなる前のメッセージと共に、「いのちの大切さ」「平和の尊さ」をたくして日本全国に植樹されていく被爆アオギリ2世と共に、平和の種を蒔きながら素敵に生きる人々の姿を描いていきます。


衣笠さんに気合を入れていただき、みんなの心に力が湧いています!
引き続き、皆様のご支援・ご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。


posted by ぷらっとハッピー日記 at 13:59| 東京 🌁| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国孤児のお母さん(呉貞愛さんのエッセイより)

6月25日にソウルの日本国大使館公報文化院3Fニューセンチュリーホールで開催された国際交流基金ソウル日本文化センター主催によるドキュメンタリー映画『かけはし』上映会で出会いをいただいた、呉貞愛さんの新しいエッセイのお知らせが届きました。

1938年に韓国の牧師さんと結婚し、32年間で2995人の韓国孤児を育てた日本人女性の田内千鶴子さんについてのエッセイです。


韓国孤児のお母さん
➡️ https://band.us/band/62691551/post/2451


とても感動いたしました。
是非ご一読ください✨
posted by ぷらっとハッピー日記 at 03:11| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

映画『かけはし』上映情報:8/30,8/31沖縄(那覇)・9/8 神奈川(藤沢)・9/14 東京(足立)・9/14 宮城(仙台)・10/6 福岡(大宰府)・11/24福岡(福岡市)

top_2016.10.07.jpg

ミューズの里の第2作目となるドキュメンタリー映画『かけはし』。日本全都道府県での上映会と韓国での上映を目指し、自主上映を募集しています。皆様のご支援・ご協力をお願い申しあげます。

本日8/14現在、すでに日程が確定している上映会は下記となります。


🔵沖縄上映!
沖縄上映会「ゆかるひ」➡️ 8月30・31日(金・土)


🔵神奈川(藤沢)上映! 
カトリック藤沢教会 ➡️ 9月8日(日)


🔵東京(足立区)上映!
「かけはし」足立上映実行委員会 ➡️ 9月14日(土)
 東京土建足立支部会館3階にて


🔵宮城県(仙台)上映!
在日本大韓民国民団「宮城県地方本部」韓国会館6F ➡️ 9月14日(土)


🔵福岡(大宰府)上映!
第2回大宰府市民映画祭 ➡️ 10月6日(日)


🔵福岡上映!
「アミカスホール」にて(シネマアルチ)➡️11月 検討中!




ドキュメンタリー映画『かけはし』公式HP
クリック➡️ http://kakehashi-movie.net

【お問合せ・お申し込み】企画・製作・著作・配給:ミューズの里
上映事業部:伊藤・中村・石塚
💌E-mail: info@musevoice.com

posted by ぷらっとハッピー日記 at 18:08| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/14(土)東京土建足立支部会館3Fにてドキュメンタリー映画『かけはし』上映!

足立最終の表.jpg

9/14(土)「かけはし」足立上映実行委員会の皆様による上映会が、東京土建足立支部会館3階にて開催されます。

この度の上映会は、5月に行われた八王子での李盛大さん追悼上映会に参加してくださった林致寛様より「是非足立区での上映を!」と、熱い思いをお聞かせくださり、皆様に呼びかけてくださり実現いたしました。林様はじめ、上映会に向けてお力添えくださった皆様に心より深く感謝申しあげます✨

八王子での上映会を開いてくださったヒロシマの被爆者の上田紘治さんと、製作・プロデューサー・音楽監督の伊藤茂利と共にご挨拶に伺わせていただきます。

足立最終の裏.jpg


ドキュメンタリー映画『かけはし』足立上映会

<日時>2019年9月14日(土)
昼の部:13:00開場/13:30〜15:30
夜の部:18:30開場/19:00〜21:00
   (幕間に休憩時間あり)
※ お願い ※ 皆様のご協力をお願い申しあげます!
・駐車場のご利用は自己責任です。満車の場合には、近隣の有料駐車場をご利用ください。
 会場向かいの西松屋の駐車場に駐車しないでください。組合との近隣トラブルになります。
・喫煙は3階ベランダをご利用ください。道路、駐車場へのポイ捨てはご遠慮ください。
     

<開場>東京土建足立支部会館3階(座席指定なし)
東京都足立区梅田1-2-26(東部スカイツリーライン梅島駅より徒歩5分)

<上映協力費>1,000円(定員100名・先着順)満席の場合、立ち見の可能性あり)

<お問い合わせ> TEL: 090-3508-5539(林/im)

<主催>「かけはし」足立上映実行委員会
砂埜隆男・河野正巳・瀧本哲基・宋洙一・林致寛
<協賛>(株)T.Sシステム・東京土建足立支部六本分会・今田工務店・(株)MK工業・(株)アカツ・(株)世林
<協力>足立区日韓議員連盟・民団東京本部・民団足立支部・足立区日韓親善協会・五賢高等学校東京同窓会・平澤林氏門中会
<後援>東京土建一般労働組合足立支部

✨映画「かけはし」企画・製作・統括プロデューサー・主題歌の中村里美と、製作・プロデューサー・音楽監督の伊藤茂利が伺わせていただきます。

posted by ぷらっとハッピー日記 at 17:26| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

大分県・国東で「第1回アオギリ映画祭り」✨主催の衣笠邦彦さんに心より感謝申し上げます!

68443008_2433245036758781_1096101986383691776_n.jpg


第1回「アオギリ映画祭り」が8月11日、国東市国見町の国見生涯学習センターみんなんかんホールで開催されました。


主催は、映画『アオギリにたくして』上映会を国東市で何度もしてくださっている衣笠建具製作所の代表で、アオギリ会国東代表の衣笠邦彦さん。俳優としても活躍されています✨


別府ブルーバード劇場で、映画『アオギリにたくして』を鑑賞してくださり、この映画を広めたいと地元の国東市でこれまで何度も上映会を企画してくださっている衣笠さん。子供たちが通う伊美小学校に、広島からの被爆アオギリ2世を植樹してくださり、大きく元気に育っています。


これまでの大変だった映画製作と自主上映活動の日々の中で、衣笠さんとの出会いに、私たちはたくさんの元気と勇気と希望をいただきました✨


深くて強い志がなくして、自主上映を毎年継続していくことは出来ません。衣笠さんの姿に、誰よりも励まされ刺激を受けているのは私たちです。


2017年にプロデューサーの伊藤茂利が病に倒れてから2年が過ぎる中、こうして上映会を継続してくださっている衣笠さんに、心から感謝の気持ちでいっぱいです。


お陰様で、皆様からの応援を力に、伊藤さんもこの夏から完全復帰!またお会いできる日を楽しみに、ミューズの里スタッフ一同全力をつくしてこれからも上映活動に力を入れて参ります✨


衣笠邦彦さんに、心からの感謝を込めて💌
本当にありがとうございます✨

posted by ぷらっとハッピー日記 at 23:58| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8/9 第248回歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブ公演・映画『アオギリにたくして』上映!

2019.8.9-8.jpg
(写真撮影:田中亜紀子)


長崎に原爆が投下されて74年目となる8月9日、エポック中原にて、歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブが開催されました。


2008年8月6日、音楽・映像・出版など様々な媒体を通して国際社会の平和づくりに貢献できる事業を目指して、弊社ミューズの里を設立しました。そして、その日の夜、ミューズの里の初のイベントとして、私自身の原点となるヒロシマ・ナガサキの被爆者のメッセージを海外で伝えた体験を元に、朗読・トーク・歌で構成された歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝えるライブを開催しました。


そのライブに来てくださった大川須美さんが翌年、近所の廃校になった小学校の教室で、近所の方々を招いて第2回目となるライブを開催してくださいました。大川さんの女学生時代は戦時中で、ほとんど授業も行われず、和紙をこんにゃくのりで貼り合わせて、偏西風に向けてアメリカに飛ばすための風船爆弾づくりをする日々だったと言います。


ヒロシマ・ナガサキを伝える私たちのライブ活動を一生懸命広めてくださる大川さんの姿に感動し、1000回ライブを目指して日本全国ライブを行う中で、「アオギリにたくして」のモデルとなった被爆者の沼田鈴子さんと2009年に再会したことから映画づくりがスタートしました。2010年には、ワシントンの(財)カーネギー地球物理学研究所で初の海外ライブと共に、被爆アオギリ2世が植樹されました。


映画づくりと、完成後の過酷な上映活動の日々の中で、活動をずっと支え続けてくれた伊藤茂利さんが2017年に緊急入院となり、その後の抗がん剤治療を終えて、この夏、完全復帰しました。この間、本当にたくさんの皆様が支えてくださり、応援してくださいました。


映画づくりへの新たなチャレンジの中では、本当に様々なことを体験しました。辛く苦しいことの方が多かったかもしれません。しかし、かかえきれない苦しみや悲しみの中にあっても、どんな時も笑顔で乗り越えてくることができたのは、応援してくださる皆様と、本当に信頼できる仲間に恵まれていたからだと思います。


今日まで支えて続けてくださった皆様に、改めて心より深く感謝申し上げます✨


2019.8.9-3.jpg
(写真撮影:田中亜紀子)

第248回目となるライブの後には、初プロデュース映画『アオギリにたくして』が上映されました。


いたらない点も多々あることと思います。しかし、その時の自分たちに出来たすべてをかけてつくり、全力をつくして上映活動をしてきた映画です。これからもご支援くださる皆様と共に日本全国、そして世界に向けて発信していけるよう全力を尽くします✨


2019.8.9-6.jpg

20198,9-5.jpg

2019.8.9-4.jpg

2019.8.9-2.jpg

2019.8.9.1.jpg
(写真撮影:田中亜紀子)


暑い中、お忙しい中、ご来場くださった皆様に心より感謝申し上げます💌
企画してくださったベイシティエンタープライズの梅沢様に心より感謝申し上げます✨
お力添えくださった小池崇子様、上田紘治様、石塚淳子様はじめ皆様に心より感謝申し上げます。


1000回ライブ目指して、これからも、がんばります!!💌
皆様のご支援・ご協力をこれからも何卒よろしくお願い申し上げます。

毎日新聞 いのちの音色2019.8.9.jpg

歌と語りで伝える
「いのちの音色」ライブ➡️http://musevoice.com/peacelive/
posted by ぷらっとハッピー日記 at 22:03| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新所沢公民館ホールにて映画『アオギリにたくして』が上映されました✨「所沢平和のための戦争展」の皆様に心より感謝申し上げます〜!

32年間、毎夏開催されてきた「所沢平和のための戦争展」で、8/7『アオギリにたくして』を上映していただきました。皆様の平和づくりへの志に感動をいただきました。

67819535_2426602264089725_9152222536342175744_n.jpg


大久保賢一弁護士のご挨拶の後、新所沢公民館ホールでの上映がスタート。製作・プロデューサー・音楽監督の伊藤茂利と共に、上映の後にご挨拶させていただきました。


2008年より1000回ライブ目指してスタートした歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝えるライブに、ずっと被爆者運動を支えて来られた今は亡き伊藤直子さんと共にご来場くださり、その後ずっと応援くださっている大久保賢一弁護士は、映画『アオギリにたくして』を初プロデュースすることになった際も、制作委員会にお名前を連ねてくださり、アドバイザーとしてずっと見守ってくださいました。


初のプロデュースで、これまでの仕事の経験では想像もつかない大変な映画の世界を乗り越えて、今日までやって来ることが出来たのは、いつもあたたかく見守り、ご支援くださっている大久保先生のお陰です。改めて心より感謝申し上げます✨


67839573_2426602367423048_6064158835977748480_n.jpg


この度の上映会を企画してくださった「所沢平和のための戦争展」の金井眞様はじめ実行委員会の皆様に大変お世話になり、改めて心より感謝申し上げます✨


posted by ぷらっとハッピー日記 at 20:17| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原爆詩人の峠三吉さんの生誕の地、大阪・豊中市にて映画上映と中村里美&伊藤茂利トーク&ライブ

67743366_2425140580902560_7841271927736893440_n.jpg


今年の8月6日、原爆詩人の峠三吉さんの生誕の地である大阪・豊中市の主催による『アオギリにたくして』上映&ライブでお伺いさせていただきました。


『アオギリにたくして』でも描かれている原爆映画『にんげんをかせ』の中でも峠三吉さんの詩がよまれています。


今では活動を終えていますが、33年前にアメリカのバークシャーコミュニティーカレッジのレイスロップ教授ご夫妻と北浦葉子さんがはじめたネバー・アゲイン・キャンペーンの第1期世として私が22歳で渡米した時、アメリカのご家庭にホームステイしながら主に中学・高校の歴史の授業等で『にんげんをかえせ』を約1年間にわたり上映させていただきました。英語版では米国の女優ジェーン・フォンダさんがナレーションをつとめておられますが、映画『アオギリにたくして』のモデルとなった沼田鈴子さんはこの『にんげんをかえせ』に出演されたことがきっかけとなり、被爆体験を語り継いでいきます。



「原爆詩集」峠三吉

   序

ちちをかえせ ははをかえせ

としよりをかえせ

こどもをかえせ

わたしをかえせ わたしにつながる

にんげんをかえせ

にんげんの にんげんのよのあるかぎり

くずれぬへいわを

へいわをかえせ




上映後には、『アオギリにたくして』のプロデュースを共にしてくれた音楽監督でギタリストの伊藤茂利さんと共にトーク&ライヴで出演させていただきました。


68361966_2426341050782513_4579526793668591616_n.jpg

67914576_2426341100782508_7920452278358638592_n.jpg


非核平和宣言都市豊中の市役所では、広島からの被爆アオギリ2世も元気に育っているそうです。今回は、翌日に仕事が入っており、日帰りだったためアオギリに会いに行く時間がありませんでしたが、いつかまた会いにいきたいと思っています。


67875920_2426341137449171_7921287997390061568_n.jpg


広島より柏原省治様がとっても綺麗なお花を届けてくださいました✨いつも応援いただき本当にありがとうございます。


67650054_2425140617569223_2489550580213612544_n.jpg


ご来場くださった皆様、企画してくださった豊中市の皆様に心より感謝申し上げます。


posted by ぷらっとハッピー日記 at 18:57| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

「毎日新聞」掲載記事:8/9 「いのちの音色」ライブ公演&映画上映

89-1 のコピー.jpg

明日8月9日「エポックなかはら」にて、第248回目を迎える歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」ライブが開催されます。ライブの後には、このライブ活動の中から生まれた被爆者の沼田鈴子さんの前半生をモデルとした映画『アオギリにたくして』が上映されます。皆様よろしくお願い申し上げあげます。


毎日新聞に、
歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える
中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブ
&上映の記事が掲載されました。

長崎原爆の日
歌と語りで「広島・長崎」伝え 被爆者モデルの映画も 川崎で9日

➡️https://mainichi.jp/articles/20190805/ddl/k14/040/025000c?fbclid=IwAR2ClYQbQ3bVUY103-Dc0hpOVMB2sMguiT3ipruA9hVcA3cekUv4eduebmk







posted by ぷらっとハッピー日記 at 21:10| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

8/7(水)埼玉・新所沢公民館ホールにて映画『アオギリにたくして』上映〜!

アオギリの木.jpg

8月7日(水)埼玉県の新所沢公民館ホールにて、映画「アオギリにたくして」が上映されます〜🎵

映画『アオギリにたくして』アドバイザーとして大変お世話になり、呼びかけ人として制作委員会にもお名前を連ねてくださった大久保賢一弁護士が10:30からスタートする上映会でご挨拶される予定です。製作・プロデューサー・音楽監督の伊藤茂利と共に、ご挨拶に伺わせていただきます。皆様よろしくお願い申しあげます✨

66405582_2381136851969600_61307501349437440_n.jpg


【日時】2019/8/7 10:30〜・14:00〜・18:30〜
【主催】「所沢平和のための戦争展」実行委員会
【会場】新所沢公民館ホール
【料金】前売り:800円/当日:1000円
【担当】金井:090-4717-8696 山田:090-5520-6192


映画「アオギリにたくして」企画・製作・統括プロデューサーの中村里美と製作・プロデューサーで音楽監督の伊藤茂利が伺わせていただきます〜!✨皆様よろしくお願い申し上げます〜🎵



posted by ぷらっとハッピー日記 at 21:22| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8/9 第248回 歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える中村里美&伊藤茂利ライブ・映画『アオギリにたくして』上映

いのちの音色1.jpg

ミューズの里が設立された2008年8月6日の夜、弊社の初のイベントとして歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝えるライブが開催されました。

皆様にご支援いただき、会社設立11年目を迎える今年、8月9日に「エポックなかはら」で開催されるイベント「いのちの音色」にて、第248回目のライブを迎えます。ライブ公演の後には、この日本全国ライブ活動の中から生まれた初プロデュース映画『アオギリにたくして』も上映されます。

これまでご支援くださったすべての皆様に心より感謝申し上げます。今後とも何卒よろしくお願い申しあげます。


いのちの音色3.jpg

posted by ぷらっとハッピー日記 at 20:07| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

2019年夏、映画「アオギリにたくして」上映情報

B5aogiri表1.jpg

愛知県・日進市での上映&ライブを終えて、本日は東京・町田にご挨拶へ〜🎵島根県雲南市でも雲南市木次経済文化会館「チェリヴァホール」にて映画『アオギリにたくして』が上映されています。

今後の上映予定は、
8/6 大阪・豊中、8/7埼玉県・所沢、8/9神奈川県・川崎、8/11大分県・国見にて上映されます。
皆様よろしくお願い申しあげます。

8/6(火)大阪・豊中市にて上映&ライブ
【日時】2019年8月6日(火)14:00〜16:15
【場所】とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ「すてっぷホール」
【定員】入場無料・要事前申込(先着150名)
【申込】電話・ファックス・メール(催し名・代表者の名前・参加人数・電話番号の記載)のいずれかで人権政策課へお申し込みください。
    保育あり(1歳以上、小学3年生以下。1人200円。7月30日(火)までに要申込み)
【問合せ】豊中市人権政策課  
     電話:06-6858-2586
     FAX:06-6846-6003
     E-mail: jinken@city.toyonaka.osaka.jp
【主催】豊中市
✨上映後には、企画・製作・統括プロデューサーで主題歌・挿入歌の中村里美と、製作・プロデューサーで音楽監督で劇中のギターを奏でる伊藤茂利の歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝えるライブが開催されます✨



8/7(水)埼玉・所沢にて上映!
【日時】2019/8/7 10:30〜・14:00〜・18:30〜
【主催】「所沢平和のための戦争展」実行委員会
【会場】新所沢公民館ホール
【料金】前売り:800円/当日:1000円
【担当】金井:090-4717-8696 山田:090-5520-6192
✨映画「アオギリにたくして」企画・製作・統括プロデューサーの中村里美と製作・プロデューサーで音楽監督の伊藤茂利が伺わせていただきます〜!✨皆様よろしくお願い申し上げます〜🎵



8/9 (金)神奈川県・川崎市
被爆体験の朗読・音楽・トーク・映画上映
〜世代を超えて、歌い継ぐ、語り継ぐ〜
ヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」
【日時】2019年8月9日(金)
・1回目〜開場10:30/11:00スタート
 11:00〜12:30 中村里美&伊藤茂利ライブ
 13:00〜14:40 映画「上映
・2回目〜16:00開場/16:30スタート
 16:30〜18:00 中村里美&伊藤茂利ライブ
 18:30〜20:10 映画上映
【料金】前売り3000円/当日3500円
【主催・問合せ・申込先】ベイシティエンタープライズ
TEL: 090-3497-6273(梅沢)
【お申し込み】「チケットぴあ」
http://omni7.pia.jp/ticketInformation.do?eventCd=1927016&rlsCd=001


8/11(日)大分県・国見「第1回アオギリ映画祭」開催!
【日時】2019年8月11日(日)
【会場】国見生涯学習センターみんなんかんホール
@「アオギリにたくして」 英語字幕版上映 
  9:30開場  10:00〜12:00
  鑑賞料 大人¥1,200 小中高¥600
A 韓国映画「怪しい彼女」日本語字幕版
  13:00開場 13:30〜15:30
  上映後解説者 
  NPO法人日・韓芸術文化交流会 理事長 印成銀様
B「美味しいごはん」 大分県初上映
  16:00開場  16:30〜18:00
  鑑賞料 大人¥1,200 小中高¥600
【主催】衣笠建具製作所 
TEL: 090-4516-4113(衣笠邦彦)
【協力】NPO法人 日・韓芸術文化交流会 理事長 印成銀
【後援】国東市教育委員会・朝日新聞大分総局
    大分合同新聞社・西日本新聞社
OBS大分放送・TOSテレビ大分
    J:COM 大分ケーブルテレコム 
    NOAS FM・ゆふいんラジオ局(承認順)
posted by ぷらっとハッピー日記 at 10:34| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8/6 大阪・豊中市にて映画「アオギリにたくして」&中村里美&伊藤茂利ライブが開催されます。

66697427_2379951522088133_7124260810213294080_n.jpg


昨夜、愛知での上映&ライブから戻り、本日は東京・町田でのご挨拶に伺わせていただきます。島根県では、雲南市木次経済文化会館チェリヴァホールにて上映会が開催されています!皆様に心より感謝申し上げます。


そして、8月6日は、大阪・豊中市へ〜🎵


広島平和記念公園の被爆アオギリの種から育った2世の苗が元気の育つ大阪の豊中市が主催してくださった、映画「アオギリにたくして」上映会と中村里美&伊藤茂利ライブに伺わせていただきます✨


皆様よろしくお願い申しあげます。


◎日時:2019年8月6日(火)14:00〜16:15

◎場所:とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ「すてっぷホール」

◎定員等:入場無料・要事前申込(先着150名)

◎申込:7月16日(火)9時から電話・ファックス・メール(催し名・代表者の名前・参加人数・電話番号の記載)のいずれかで人権政策課へお申し込みください。※ 保育あり(1歳以上、小学3年生以下。1人200円。7月30日(火)までに要申込み)

◎問合せ:豊中市人権政策課  
     電話:06-6858-2586
     FAX:06-6846-6003
E-mail: jinken@city.toyonaka.osaka.jp

◎主催:豊中市


✨上映後には、企画・製作・統括プロデューサーで主題歌・挿入歌を歌う中村里美と、製作・プロデューサーで音楽監督で劇中のギターを奏でる伊藤茂利によるライブが開催されます。


posted by ぷらっとハッピー日記 at 09:37| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月03日

「にっしん平和のつどい」の皆様に心より感謝申し上げます〜🎵

67824812_2420194621397156_806482407355056128_n.jpg


8/3 愛知県の日進市・にっしん平和を考える会の主催による「にっしん平和のつどい」が日進市立図書館(視聴覚ホール)開催され、映画上映と中村里美&伊藤茂利ライブ&トークショーで早朝5時に出発〜!


日進市の近藤裕貴市長がライブのリハーサルの時にわざわざご挨拶にきてくださり、お会いできて嬉しかったです。お忙しい中、ありがとうございました。

2007年より日進市と市民の皆様が一緒になって毎年開催されているとってもステキな平和のつどいの中で、映画上映とライブを企画してくだった皆様に心より感謝申し上げます。


67437890_2420194704730481_4540066837471166464_n.jpg

ひとり読み語りしばい「父と暮らせば」の天野達志さんがご来場くださり再会!嬉しかったです〜!✨以前、東京での開催された天野さんの「父と暮らせば」を鑑賞させていただき、大変感動致しました。また是非いつか伺いたいです〜!そして、いつも応援くださっている三上正行さんが、なんと会場に駆けつけてくださいました✨心より感謝申し上げます〜!!


68250244_2419936701422948_1972525539562356736_n.jpg


日進市と市民の皆様による平和のつどいの取り組みに感動しながら、素敵な出会いをたくさんいただきました。


67656170_2419936531422965_4634372740059496448_n.jpg


皆様に心より感謝申し上げます✨


posted by ぷらっとハッピー日記 at 23:42| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎日新聞「余録」にスヒョンさんに捧げた『かけはし』主題歌の歌詞が紹介されました。

8/3 毎日新聞「余録」の最後に、第2作目となるドキュメンタリー映画『かけはし』主題歌の歌詞が紹介されているとご支援者よりご連絡いただきました。心より感謝申し上げます。大変ありがとうございました。

国を超えた心と心の絆が、かけはしとなり、これからもかすむことなく繋がっていくために『かけはし』上映会の開催に向けて全力を尽くします。


✨毎日新聞「余録」

「外務省ホームページに、日本と韓国の草の根交流に関する…」
右記クリック!➡️ https://mainichi.jp/articles/20190803/ddm/001/070/113000c?fbclid=IwAR1zGXAt8MOFIn7ouY7EkxbYECUixxEsaKpXVRYfdZiISFS087KeVtZv6Wk


✨かけはし主題歌 youtube


かけはしサントラCDジャケットHP用.jpg
posted by ぷらっとハッピー日記 at 22:14| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

8/3(土)愛知県「にっしん平和のつどい」映画『アオギリにたくして』上映後、中村里美&伊藤茂利トーク&ライブショーで伺わせていただきます〜!

明日 8/3(土)は、愛知県「にっしん平和のつどい」に向けて早朝出発します〜!

日進市立図書館にて、映画『アオギリにたくして』が上映され、上映後にはギタリストの伊藤茂利と共にトーク&ライブショー(15:00〜16:00)が開催されます。愛知の皆様よろしくお願い申しあげます!

66457152_2380987711984514_4420946370488172544_n.jpg

にっしん平和のつどい
アオギリにたくして上映・トーク&ライブショー


◎日時:2019年8月3日(土)開場12:30〜
 
 ・映画「アオギリにたくして」上映:13:00〜14:40

 ・ライブ&トークショー:出演:中村里美/伊藤茂利(ギター) 15:00〜

    
◎会場:日進市図書館「視聴覚ホール」

◎主催:日進市・にっしん平和を考える会

◎問合せ:日進市生活安全課
 TEL: 0561-73-3491
E-mail: anzen@city.nisshin.lg.jp

✨上映後のトーク&ライブで、企画・製作・統括プロデューサーで主題歌の中村里美、音楽監督・製作・プロデューサーでギタリストの伊藤茂利が出演させていただきます。

posted by ぷらっとハッピー日記 at 19:33| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

ただ走った。ただただ走った。

アオギリ.jpg


被爆者の上田さんと一緒に
映画上映の営業で約10箇所を回った。

今日は特に暑かったので
みんなヘトヘト。
だけど、みんな元気!✨

今日の暑さは、
あの2012年8月6日、
炎天下の広島でクランクインした
映画「アオギリにたくして」の撮影を思い起こさせた。

企画スタートから今年で9年目…。


走ったよ

ただただ走った

走り続けた



すべてをかけて

ただ走った

何の駆け引きもなく

ただただ走った。


走った!

だだ走っただけかもしれないけど、

ホントに走った

必死で走った

全速力で

ただただ走った

それだけは、ちょっと自慢できる



何気なく淡々と
そう話す
映画「アオギリにたくして」を
支え続けた戦友
伊藤茂利の言葉が
心にしみる。

しげ兄さんと呼ばれ
みんなから慕われ、
辛く過酷な現場を
いつも明るくしてくれた。


そして、

いつも笑ってたね。

何もなくても

どんな時も

ユーモアと笑顔が絶えなかった。




この素晴らしい仲間たちに乾杯〜✨
出会いに感謝を込めて💌


皆様、今日も一日ホントにお疲れ様でした。
明日も、よろしくお願いいたします。





posted by ぷらっとハッピー日記 at 22:10| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この夏!ドキュメンタリー映画『かけはし』沖縄上映〜!

沖縄初となるドキュメンタリー映画『かけはし』が那覇「ゆかるひ」にて開催されます。沖縄の皆様、よろしくお願い申しあげます〜!!


沖縄表.jpg


八王寺での上映会を企画してくださった上田紘治さんの呼びかけて、この度の沖縄初上映会が開催される運びとなりました。上映の後、上田さんのオカリナ演奏と交流会もお楽しみください💌


沖縄裏.jpg


日時: 8/30(金)18:30〜
8/31(土)10:30〜・13:30〜


◎場所:ゆかるひ
◎料金:全席自由1000円
◎問い合わせ:TEL 090-6197-5354(上田)
※上映後、上田さんのオカリナ演奏と懇親会(自由参加)
◎後援:(財)東アジア共同体研究所 琉球・沖縄センター
◎協力:赤嶺和伸 TEL:090-4470-6801

posted by ぷらっとハッピー日記 at 18:39| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

巡り巡って!

巡り巡って


今ここに在る。


いろんなことを乗り越えながら、


巡り巡って


今ここに在る。


喜びも悲しみも共に流れながら、


巡り巡って


いまここに在る。


すべてに感謝!!


人生はやっぱり素晴らしい!!




posted by ぷらっとハッピー日記 at 22:29| 東京 ☀| ぷらっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

戦後74年を迎えるこの夏、8/9「川崎・エポックなかはら」にて、『いのちの音色』ライブ公演 & 映画『アオギリにたくして』上映!

核なき世界を願うヒロシマ・ナガサキの被爆者の祈りを胸に
体験のない世代が 次世代に語り継ぐ ヒロシマ・ナガサキ。

過去と未来をつなぐ今を生きる私たちに
出来ることは何だろう…。

いのちの音色1.jpg

いのちの音色2.jpg


戦後74年を迎えるこの夏
2019年8月9日 
川崎「エポック中原」にて
ヒロシマ・ナガサキを伝える
『いのちの音色』
被爆体験の朗読・音楽・トーク & 公演後、映画上映も!

第1回目 10:30〜開場
     11:00〜12:30「いのちの音色」ライブ公演
     13:00〜14:40 映画「アオギリにたくして」上映

第2回目 16:00〜開場
     16:30〜18:00「いのちの音色」ライブ公演
     18:30〜20:10映画「アオギリにたくして」上映

ヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々のメッセージを伝えるために1000回ライブを目指して2008年8月6日にスタートした「いのちの音色」ライブは今回で248回目を迎えます。「世界中の誰にも、自分と同じ苦しみを受けさせたくない」と願い、本当は忘れてしまいたい辛く悲しい体験を語ってくださったヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々の平和への祈りを胸に、このライブ公演&上映会にご参加くださる方々の心に平和の種が蒔かれていくことを心より願っています。ライブ公演あとには、このライブの日本全国行脚の中から生まれた初プロデュース映画「アオギリにたくして」が上映されます。


いのちの音色3.jpg

主催・申込先:ベイシティエンタープライズ
TEL: 090-3497-6273 FAX: 045-650-5178


チケット申し込み
チケットぴあ
前売り券は、セブンイレブン・チケットぴあ店舗・チケットぴあのサイト・電話からもご購入いただけます。
Pコード:155115
http://t.pia.jp/
TEL: 0570-02-9999



posted by ぷらっとハッピー日記 at 22:08| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする