2017年06月15日

ドキュメンタリー映画「かけはし」日本全国上映 応援グッズのご紹介

ドキュメンタリー映画「かけはし」日本全国での自主上映行脚にむけて、上映応援グッズとして、オリジナルTシャツとサントラ盤CDが上映会場で販売されます。(※ミューズの里への直接のお申し込みの方は、E-mail: info@musevoice.com または E-mail: crosscultureplaza@yahoo.co.jp(ミューズの里)まで。)


◎「かけはし」オリジナルTシャツ
イラストレーターの吉田しんこさんによるイラストが前と後ろに描かれています。
:I am a Bridge!の文字と太陽のイラスト
:世界の人々が森の中で一緒に歌っているイラスト。
Tシャツの色:フォレスト(深緑) 、ネイビーの2色。
イラストの色:オレンジ
サイズ:S・M・L・LL
料金:各3,000円

フォレスト(深緑)
Tshirt_forest.jpg

ネイビー
Tshirt_navy.jpg



◎サントラ盤CDアルバム(全8曲入り 1,500円・主題歌カラオケ付き)

かけはしCDジャケットHP用.jpg


全国自主上映に向けて、皆様のご支援・ご協力を宜しくお願い申しあげます〜!

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 00:09| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

インスタデビューしたしげ兄さん

6/14本日夜10:25分からのNHK「総合診療医 ドクターG」に、しげ兄さんの主治医の勝俣範之先生がゲスト出演されます( ※ 6/17土曜日の午前10時5分から再放送されます)。


そして、ついでに?! しげ兄さんも?!


たまたま診療日にNHKの取材が入り、ちょこっとだけ しげ兄さんも出ているようです。


何より感謝すべきことは、信頼できるお医者さまとの出会いによって、しげ兄さんが安心して抗がん剤治療に取り組むことができていること。「わがままな患者であれ」をモットーとして接してくださる勝俣先生の腫瘍内科医師としての覚悟ある取り組み方に、「この先生と共にがんばろう!」と思えることが、これほど患者の気持ちを強くするのだと感じます。


勝俣先生の存在に、人間として、人の心の痛みを知り、しっかりと受け止め、心で接し、コミュニケーションすることの出来る器を備えることがいかに大切かを感じます。その上での才能や能力であり、それはどの分野であれ、必須なものだと感じます。



しげ兄が緊急入院してから、6ヶ月が過ぎました。


生きることについて、死について、仕事について、生き方について考える機会となりました。


誰もが限られたいのちを生きている。その限られた時間の中で、どう生きるのか?


日頃から何となく考えているつもりでも、突き詰められる体験を通して、よりクリアに見えてくるものがある。



今までとちっとも変わらない日常が続いているけれど、でも、より本質的なところにダイレクトに立ち向かわされる機会を得たことで、きっと今までとはちょっと違う。



これからつくる映画も、これからつくる音楽も、会社のあり方も、動き方も、そして自分自身の声も、変わっていくことだろう。



しげ兄さんが生きていてよかった。本当によかった。本当に。



「病気をしたことにも感謝!」としげ兄さん。



19145810_1157484174356672_7910465564807811927_n.jpg
▲第三作目となるドキュメンタリー映画「砂川の大地から」の取材&撮影中のしげ兄さん


そうそう、最近はインスタデビューした しげ兄さん。
その写真がなかなかいい!!
是非、お時間あればときどき覗いてみてください〜♪


◎しげ兄さんのインスタ
https://www.instagram.com/shigetoshiito/



自分らしさに磨きをかけて、これからもますます挑戦し続けて欲しい!


次回の映画作品より、しげ兄と共に企画・製作・プロデュース、そして監督に挑みます!



しげ兄、ファイト〜!


皆様のご支援・ご協力を何卒宜しくお願い申しあげます。

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 21:46| 東京 ☁| 映画「砂川の大地から」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東芝インターナショナル・トークパーティー以来、20年ぶりの再会!

本日は、麻布十番の(株)コンポーズ・ユニ様へ。

若松社長、小井様との20年ぶりの再会〜!!



26歳の時の処女作「アメリカにだって伝えちゃえ」(出版元:汐文社)を読んでくださり、講演会を企画してくださった当時は東芝の労働組合書記長をされていた若松さん。


その時のご縁がきっかけとなり、その後、異文化コミュニケーション雑誌「ひらがなタイムズ」編集長をしていた頃、浜松町の東芝本社の前の広場で、日本に滞在する外国人100名と、東芝社員の皆さまとの異文化交流企画をしてくださり、サンコンさんはじめ世界から来日している様々な国の方々がご参加してくださいました。


異文化の相互理解の大切さを共に考えてくださり、来日する世界の人々とのコミュニケーションの場をつくってくださった若松さんはじめ皆様に改めて感謝申しあげます。


今は、コンポーズ・ユニの社長としてご活躍されている若松社長と、小井様と今日は20年ぶりの再会〜!


ちっとも変わらず、むしろパワーアップされておられ、やんちゃでユニークで型破りでバイタリティー溢れるあの頃のままのお姿に感動と元気をたくさんいただきました〜♪




お昼ご飯をご馳走になり、帰りにみんなで若松社長一押しのお店へ。当日個数限定で販売している丹波黒豆を使ったお菓子をつくっている「しろいくろ」で、弊社スタッフへのお土産まで頂戴いたしました。


20年ぶりの再会‥‥。
そういえば、あの頃もめちゃくちゃハードな日々だった‥‥思えばずっとガムシャラに生きてきた。今一度、自分に残された人生の中で、やり遂げるべきことに思いを馳せながら、帰路につきました。



オフィスにもどって早速いただくと…


DSC_2125.JPG


これがまた、めちゃ美味しい♪♪♪
みなさん、 麻布十番に行かれる機会あったら是非是非一度食べてみてください〜♪♪
若松社長がわざわざ連れて行ってくださった意味がとてもよくわかりました。

_20170614_143814.JPG


心に残る美味しいお土産までいただき
心より感謝申しあげます〜♪


若松社長!
本当にありがとうございました。


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 17:45| 東京 ☀| ぷらっとハッピ〜日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

ドキュメンタリー映画「かけはし」主題歌

新大久保での事故から16年‥‥


名古屋の映画館「シネマスコーレ」にて、6/16(金)までドキュメンタリー映画「かけはし」上映中!


ドキュメンタリー映画「かけはし」主題歌は、スヒョンさんの母校の留学生と共に登ったピース富士登山や朗読劇などで、世界の若者たちと一緒に歌い継いできた楽曲です。


YouTube主題歌「かけはし」


〜主題歌「かけはし」〜
◎中村里美(作詞・作曲・歌) 
◎伊藤茂利(編曲・ギター)
◎坂井千浪(ピアノ)


◎「かけはし」公式HP
➡︎ http://kakehashi-movie.net/about/

◎「かけはし」第2章エンディング曲
➡︎ https://www.youtube.com/watch?v=BcOIYN-EeJw&feature=youtu.be

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 09:51| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画館「シネマスコーレ」:ドキュメンタリー映画『かけはし』6/16(金)まで上映中〜!

国を超えて、
人は誰もが心と心をつなぐ
かけはしとなれる!

新大久保での事故から16年…

名古屋「シネマスコーレ」にて、ドキュメンタリー映画「かけはし」6/16(金)まで上映中!

YouTube「かけはし」予告編



◎ドキュメンタリー映画「かけはし」公式HP
➡︎ http://kakehashi-movie.net

1705kakehasi1_2_b5_hp150_ol.jpg
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 09:29| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

ドキュメンタリー映画「かけはし」:名古屋「シネマスコーレ」にて 6/16(金)10:40より連日上映中〜!

名古屋の映画館「シネマスコーレ」にて、6/16(金)まで連日10:40より、第二作目となるドキュメンタリー映画「かけはし」が上映中です〜!


19059966_1397247060358589_7127169692177787040_n.jpg


昨日6/10の初日には、上映後のご挨拶に伺わせていただきました〜!


はじめての愛知県での劇場公開!お世話になりお力添えいただいているシネマスコーレ支配人の木全純治様、「かけはし」をご支援くださっている平澤英昭様はじめ皆様に心より感謝申し上げます〜!!

19105481_1397522430331052_355011306716058517_n.jpg
▲「シネマスコーレ」支配人の木全純治様(右)、「かけはし」をご支援くださっている平澤英昭様(左)と一緒に。


はじめてお伺いする映画館「シネマスコーレ」様。映画館の前の通りを挟んで向かい側に「Cafeスコーレ」という「シネマスコーレ」様のステキな喫茶店&ショップがあります〜♪


18952699_1397247120358583_3750674031169073822_n.jpg

18951195_1397247137025248_3640618447283681422_n.jpg


朝一番の上映にむけて伺うと、映画館とCafeに挟まれた通りを、ホウキで熱心に掃いておられる木全支配人の姿〜!道行く人たちと木全支配人との自然な会話。朝から爽やかな声が響く中、Cafeスコーレでコーヒーをいただきながら、こんな場所が名古屋の駅前から数分のところに存在していることに嬉しいショックを感じ嬉しくなりました。


なんだろぉ〜この感覚!
すごっくいい!!
「シネマスコーレ」様の大ファンになりました!!



映画を見終わったあと、深く感動してくださった方々からの言葉に、これからの全国上映にむけてのファイトをたくさんいただきました。


「深く感動しました!この映画を広めていきたいです!」
「第1章の最初から涙がずっととまりませんでした」
「美化するのではなく、淡々と描かれている中で、どんどんひきつけられていく」
「この映画を広めることが、今の時代を変えていく!」
「なんだろう・・・この感動・・・」
「芸術作品か?といえば、そういう評価ではないかもしれない、でも、そんなことを超える本質的な感動がある。驚きました。」



◎名古屋の映画館「シネマスコーレ」にて、6/16(金)まで上映中!
TEL:052−452−6036/FAX:052−452−5572
e-mail:eiga@cinemaskhole.co.jp
〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町8-12 アートビル1F
※ 最寄の駅:JR名古屋駅、太閤口通口より西へ徒歩2分。 ミニストップ南側アートビル1F
http://www.cinemaskhole.co.jp/cinema/html/access.htm



◎ドキュメンタリー映画「かけはし」公式HP
➡︎ http://kakehashi-movie.net


19029629_1269886109790923_455047522685855247_n.jpg
▲Facebookでお友達になった三上正行様が映画を観にかけつけてくださいました〜!嬉しかったぁ〜♪



皆様に心より感謝申し上げます〜♪



posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 07:47| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

6/10(土)より映画館「シネマスコーレ」での「かけはし」上映!明日早朝、初日名古屋へ伺います〜!

明日6/10日(土)より名古屋の映画館「シネマスコーレ」様にて、ドキュメンタリー映画「かけはし」上映がスタートします〜!初日の明日は、上映のあとにご挨拶に伺わせていただきます〜!第1章・第2章同時上映です〜!皆さま、よろしくお願い申しあげます。

◎名古屋の映画館「シネマスコーレ」イベント情報ブログ
➡︎ https://ameblo.jp/rengousekigun/entry-12281865998.html

1705kakehasi1_2_b5_hp150_ol.jpg

日本全国上映にむけて、皆様のご支援・ご協力をお願い申しあげます!

◎「かけはし」公式HP
➡︎http://kakehashi-movie.net
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 23:29| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドキュメンタリー映画「かけはし」上映応援グッズ:「オリジナルTシャツ」「サントラ盤CD」

6/10(土)より、名古屋の映画館シネマスコーレにて、第2作目となるドキュメンタリー映画「かけはし」上映が始まります。明日の初日6/10(土)に、上映後のご挨拶に伺わせていただく予定です〜!


これからの上映にむけて「かけはし」日本全国上映応援グッズのオリジナルTシャツが入荷しました。

19030346_1395466623869966_5473083264571398789_n.jpg

イラストは、吉田しんこさん。上記写真の後ろ姿のモデルは、しげ兄さん。たからプロデューサー(ワンちゃん)も特別登場くださり、ありがとうございます。イラストの中にもたからプロデューサーが、指揮者として登場しています。

応援グッズのサントラ盤CD・Tシャツ等は、各上映会場にて販売されます。
※製作会社「ミューズの里」に直接のご注文も可(ご注文先E-mail:info@musevoice.com または、 E-mail: crosscultureplaza@yahoo.co.jp)


◎ドキュメンタリー映画「かけはし」上映応援グッズ
〜サントラ盤CD「かけはし」(全8曲入り 1,500円)〜
かけはしサントラCDジャケットHP用.jpg

〜「かけはし」オリジナルTシャツ〜(3,000円)
イラストレーター吉田しんこさんによるデザインです。前には 、I am a Bridge!の文字と、太陽のイラスト。後ろは、世界の人々が森の中で一緒に歌っているイメージのイラストが描かれています。Tシャツの色は、フォレスト(深緑)、ネイビーの2色で、イラストはどちらもオレンジ色です。サイズは、S・M・L・LL。

Tshirt_forest.jpg
▲Tシャツの色:フォレスト(深緑)/前と後ろのプリントの色:オレンジ

Tshirt_navy.jpg
▲Tシャツの色:ネイビー/前と後ろのプリントの色:オレンジ



ドキュメンタリー映画「かけはし」の日本全国上映にむけて、皆様のご支援・ご協力をお願い申しあげます〜!








posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 22:21| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画『アオギリにたくして』『かけはし』特別有料試写会:ミューズの里「試写室」にて随時、ご予約受付中〜!

_20170609_142703.JPG

ミューズの里では、弊社製作による映画『アオギリにたくして』、ドキュメンタリー映画『かけはし』etc.の特別有料試写会をご予約制で行っています。「上映会を企画する前に鑑賞したい!」「近くで上映会がないので、是非一度観に行きたい!」など、皆様のご要望にお応えして、ご予約制による少人数制の試写会が可能です。上映後には、製作者・プロデューサーとの交流会をお楽しみください。

◎ご予約日程:随時、ご予約受付中!
◎ 料金:1500円(1名1作品につき)
◎ 場所:ミューズの里「試写室」 (最寄駅:町田駅「小田急線・JR横浜線」)
◎ ご予約・お問合先:ミューズの里「試写会係」
E-mail: info@musevoice.com
E-mail: crosscultureplaza@yahoo.co.jp
TEL: 070-6511-7275 /TEL: 070-5568-8204/ FAX: 042-810-1100


お気軽にお問い合せください〜♪
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 14:35| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

再出発!「いのちの音色」ライブ&上映活動

18766086_1388867411196554_7872809672899721667_n.jpg


先日、ミューズの里のオフィスの入口に、雲南アオギリ会の錦織斉子会長が昨年作ってくださった「出会い・キセキ・足あと…」を、先日しげ兄さんが展示してくれました〜♪


今日は、飯石で生まれた歌「平和を」を歌いました。


歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」ライブをスタートして、来年8月6日で10年目となります。これまでお世話になってきた被爆者の方々が年々亡くなられていく中で、何かせずにはいられない思いの中で、このライブ活動をはじめました。それは、私にとってはものすごく大変なことで、未だにカラオケにも行けない、そもそも超引っ込み思案で、人前で話をすることや人との交流が苦手な私にとっては、とても勇気のいるチャレンジでもありました。


その後、被爆アオギリ2世・3世の植樹を呼びかけながらライブ活動をしていく中で、2013年には映画「アオギリにたくして」が生まれ、これまでライブを企画してくださった方々が映画の自主上映を広めてくだり、上映活動も全国に広がり、昨年6月にはアメリカでの上映が行われました。


映画の完成から4年目を迎える今年の夏、改めて「アオギリにたくして」日本全国上映行脚にむけて出発していきたいと思います。そして、「いのちの音色」1000回ライブを目指しながら、世界での上映&ライブ活動にも力を入れて準備をすすめていきたいと思います。


ここまで来ることができたのは、どんな時も変わることなく、いつもあたたかい目で見守ってくださっている皆様のお陰です。


改めて心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございます。


しげ兄さんはじめスタッフの皆様と共に、がんばります!!




posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 23:56| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シアターMUSE「屋根裏」

先日、ミューズの里オフィスのオフィスの一部で特別試写室づくりをしていた時、ふと天井を見上げると何やら下にひっぱるノブのようなものを発見。引っ張ってみると、折りたたまれていたはしごが伸びて、屋根裏へと続いている。


恐る恐る登ってみると、天井裏とはいえ、ちょっといかしたスペース発見!



DSC_1436.JPG



さっそく大掃除。


18670762_1383315175085111_1648078455278079098_n.jpg


使い道がなく押入れにしまってあった小さな椅子とテーブルなどを運び入れ、試写室のスピーカーも上に運んで映写してみるとなかなか落ち付く素敵な映写室に変身!

18622529_1382363061846989_5347865252273049827_n.jpg



たからプロデューサーも大満足〜♪♪


18740103_1953110828255618_1672246629161735154_n.jpg


シアターMUSE「屋根裏」誕生〜♪


18699937_1382114418538520_8240561172624720965_n.jpg

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 21:59| 東京 ☀| ぷらっとハッピ〜日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/10(土)より、名古屋の映画館「シネマスコーレ」にて、ドキュメンタリー映画「かけはし」上映!

1705kakehasi1_2_b5_hp150_ol.jpg

今週末の6月10日(土曜日)10:40より、名古屋の映画館「シネマスコーレ」にて、映画「アオギリにたくして」が上映されます〜!第1作目の映画「アオギリにたくして」を上映してくださった平澤英昭さんが初日に来てくださることになり、急遽私もご挨拶に伺わせていただくことになりました。


詳細は、
◎Movie Walker「かけはし」
➡︎ http://movie.walkerplus.com/th454/sc955104.html


何卒よろしくお願い申しあげます〜!

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 10:33| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

2017年、後半に向けて〜♪

IMG_20170604_205249_212.jpg


あっという間に、2017年の前半が過ぎていこうとしています。


立ち止まることなく、駆け抜けてきた日々。


体力と気力の限界を超えて、何度か倒れながら、また立ち上りながら‥‥。


まだ言葉になりません。
やればやるほど、言葉はなぜか遠のいていくような感覚にさえなります。


でも、その代わりに‥
心の深いところで、自分を動機づけるモティベーションはさらに深くなっていくように感じられます。


ようやく、体の芯からの気力と体力が回復してきました。



限りある命の中で、悲しみも喜びも、感じる心を閉ざすことなく、今この瞬間を感じつくして、感謝と共に、日本全国・そして世界各国でのLIVE「いのちの音色」公演、「アオギリにたくして」「かけはし」上映に力をいれていきたいと思います。また、新作のドキュメンタリー映画「いのちの音色」「砂川〜大地の記憶〜」にむけて全力投球していきます!


IMG_20170606_090639_237.jpg


Today is the first day of the rest of your life!


Seeds of Peace!

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 17:37| 東京 ☁| ぷらっとハッピ〜日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/26(日)東京・八王子「長圓寺」にて映画「アオギリにたくして」上映!

18882106_1390003731082922_2837091152127121054_n.jpg


2017年6月25日、八王子の長圓寺にて映画「アオギリにたくして」上映会をしていただけることになり、先日打ち合わせに伺わせていただきました。

18767917_1390003777749584_5201937460371196550_n.jpg

18881938_1390003744416254_2660881594593023527_n.jpg˜

皆様に心より感謝申し上げます〜!
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 15:38| 東京 ☁| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

延立寺「アミダステーション」で「アオギリにたくして」が上映されました〜!皆様に心より感謝申し上げます〜♪

18922200_1389936627756299_5038057345093858877_n.jpg


6/3(土)・6/4(日)八王子の延立寺(浄土真宗本願寺派(西))様の主催による映画「アオギリにたくして」上映がアミダステーションにて行われました。

18839093_1389975561085739_8547182613930205047_n.jpg
▲延立寺のご住職様のお話し

ご住職様の素晴らしいお話、3歳のときに広島で被爆された上田紘治さんによる証言、上田夫人と創作手話ダンスの小川孝子先生による主題歌や挿入曲の歌の手話ダンスが行われ大変感動的でした。

18839207_1389975514419077_4059533583787466859_n.jpg
▲被爆者の上田紘治さんによるお話


▼創作手話ダンスの小川先生(左)と上田さん(右)&映画「アオギリにたくして」プロデューサー・音楽のしげ兄さん〜♪
18838848_1390125641070731_8178696528486907327_n.jpg


▼小川先生&上田さんによる手話ダンス
18765842_1391141970969098_4975730332736977008_n.jpg

手話ダンス.jpg



上映後のご挨拶にしげ兄さんと共に伺わせていただきました。
心あたたまる素敵な上映会をご企画いただき、皆様に心より感謝申しあげます。

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 14:02| 東京 ☁| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

6/3(土)・6/4(日)延立寺(アミダステーション)にて「アオギリにたくして」上映〜!

6/3(土)・6/4(日)八王子の延立寺(浄土真宗本願寺派(西))様の主催による映画「アオギリにたくして」上映がアミダステーションにて行われます。上映後には主題歌「アオギリにたくして」手話ダンスが披露されます。企画してくださった被爆者の上田紘治さんに心より感謝申しあげます。プロデューサーの中村里美と伊藤茂利が明日と明後日の二日間伺わせていただきます。皆様のご来場をお待ちしています。

B5HP(足直し済み)表 JPG .jpg

【東京・八王子】
◎日時:2017年6月3日(土)・4日(日)14:00〜(開場13:30)
◎会場:アミダステーション(八王子市東町3-4)八王子駅北口から5分
◎料金:大人1000円/子供500円
◎主催:延立寺 浄土真宗本願寺派(西)
 後援:八王子平和・原爆資料館
◎連絡先:090-6197-5354(上田)

⭐︎企画・製作・プロデューサー&音楽の中村里美・伊藤茂利がお伺いさせていただきます〜🎵
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 14:34| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

ミューズの里 MUSE SCHOOL「伊藤茂利ギター教室」

下北沢で開校していたミューズの里 MUSE SCHOOL「伊藤茂利ギター教室」が、町田で再開致します。今後とも宜しくお願い申しあげます。

ミューズの里「MUSE SCHOOL」
〜伊藤茂利ギター教室〜

映画音楽プロデューサー・作曲家でギタリストの伊藤茂利によるギター教室です。最初にカウンセリングを行い、生徒の皆さんの目標にそった指導を行っていきます。
※希望される方は、ただ学ぶだけではなく、ミューズの里が主催する音楽イベントに出演しながら、演奏する場数を踏む中で、より演奏力を高めていく指導をしていきます。

◎講 師: 伊藤茂利
【 内 容 】 初級コース/中級コース/上級コース
【 日 程 】 アポイント制でご相談の上。
【 登録料 】 1.000円 (一度登録すると何クールでも受講可能)
【 受講料 】
◆グループレッスン⇒1クール「1レッスン3,500円(60分)×4回分」
◆個人レッスン⇒1クール「1レッスン5,000円(40分)×4回分」
※1クール:月4回 or 月2回で2カ月以内有効。
【レッスン場】ミューズの里「MUSE SCHOOL」
※ 最寄駅:町田駅(小田急線 or 横浜線)
【ご相談・お申込み先】ミューズの里「MUSE SCHOOL」
E-mail: info@musevoice.com
または、E-mail:crosscultureplaza@yahoo.co.jp
⭐︎お気軽にご相談ください。

伊藤茂利プロフィール(!).jpg


☆伊藤茂利プロフィール☆
東京大井町生まれ。高校三年の時、来日中のジャズピアニスト、マル・ウォルドロン氏に、電話ごしにギターを聞いてもらったことがきっかけとなり、本格的にギタリストへの道を歩み始める。1980年代後半に、キングレコードから『マグネチックストーム/井上 博&RASA』でアルバムデビュー。ジャズスクール『メーザーハウス』の講師を勤めながらライブ活動を行う。2006年1月に『Natural Vibration』を結成。オリジナル曲を中心にライブ活動を展開。2010年より、音楽プロデューサーとして、表現者に開かれた様々な表現の場づくりを企画。シンガーソングライター中村里美と共に行っている歌と語りで伝える「いのちの音色」公演では、ギターと朗読で日本全国・海外での1000回公演を目指している。プロデューサー・音楽監督を務めた映画「アオギリにたくして」制作委員会は、第一回JASRAC音楽文化賞受賞。映画「LAST LOVE/愛人」(石川均監督作品)では、火野正平演じるギタリスト役のギター音楽を担当。ドキュメンタリー映画「かけはし」プロデューサー・音楽監督。現在、ドキュメンタリー映画「いのちの音色」「砂川〜大地の記憶〜」撮影中。映画音楽プロデュサー・ギタリストとして活躍中。

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 15:01| 東京 ☀| Muse School・コーラス・朗読劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

明日は、第1回「たから散歩」

明日は、第一回目のミューズの里「たから散歩 」〜♪

のしく(楽しく)
んせい(感性豊かに)
くらく(楽々)
散歩(ウォーク)

楽しく・感性豊かに・楽々ウォーク!
今日もお宝発見?!「たから散歩

 

今回は、「たから散歩」運営スタッフ親睦会を兼ねて開催されます〜♪
国籍・世代を超えて自然に触れながら友情を育んできたピース登山隊のメンバーが集います。


18671747_1381352711948024_8294007271774521992_o.jpg
▲道先案内人のたからプロデューサー



たからプロデューサーのお言葉 ?!

「一番大切なのは優しい心〜♪ 」

「みんなで一緒に歩いて行こう〜♪」



18698072_1382867915129837_3964043721578791185_n.jpg


皆様、「たから散歩」をよろしくお願い申しあげます〜♪


ミューズの里「たから散歩」事務局
担当:しげ兄さん・宮城くん・たからプロデューサー
E-mail: info:musevoice.com
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 09:14| 東京 🌁| ピース登山&たから散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

しげ兄さん登場〜!

昨年から製作中のドキュメンタリー映画「砂川の大地から」。
5/21に行われた砂川のフィールドワークの取材と撮影には、しげ兄さんも登場〜♪

IMG_20170522_161001_951.jpg


1クール目の抗がん剤治療を終えて、今のところひどい副作用もなく、無理のないように静養しながら仕事をしているしげ兄さんですが、オフィスでたからプロデューサーと再会し、ご一緒に登場されました。


昨年対談させていただいたノンフィクション作家の高瀬毅先生とも現地で再会。しげ兄のことをとても心配してくださっていた主宰の福島京子さんとしげ兄さんの再会も感動的でした〜♪


DSC_1228.JPG


砂川闘争の現地を歩くフィールドワークに初参加のTakaraプロデューサー。


犬の参加は初めてのようです。


18582277_1970954693191693_1857323838861246167_n.jpg


皆様に大変お世話になり、心より感謝申し上げます。


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 15:28| 東京 ☀| 映画「砂川の大地から」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

砂川の大地の記憶とネバダの砂漠の記憶

16195239_1906314402989056_4857283175181963572_n.jpg


第3作目は、砂川の大地の記憶を追っている。


なぜだろう? 何が自分の魂をゆさぶっているのだろう。


きっともう少ししたら、その訳がきっとわかるような気がしている。




遠い記憶が蘇る。


31年前、ネバダの核実験場のゲートの前で、10フィート運動で生まれた原爆映画「にんげんをかえせ」を上映し、砂漠にテントを張って滞在していた時のことが。



広島・長崎に投下された原子爆弾に使われたウランはネイティブアメリカンの聖なる大地から掘り起こされたものだった。


そして、ラスベガスの北西100kmにあるネバダ実験場では、1951年から1992年までに大気圏内だけでも100回の核実験が行われた。そこは、ショショニと呼ばれる先住民族の人たちの母なる大地だった…。




砂川に行くたびに、31年前のあの時受けた強烈な感覚が蘇ってくる。



posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 08:50| 東京 ☀| 映画「砂川の大地から」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

被爆アオギリ2世・3世が一昨年植樹された砂川秋まつりひろば

18557214_1970849796535516_4136431917949109335_n.jpg


一昨年被爆アオギリ2世・3世が植樹され、昨年は映画「アオギリにたくして」上映とミニコンサートをさせていただいた「砂川秋まつりひろば」


18556296_1970682443218918_6887608905249953102_n.jpg

砂川秋まつりひろば (文:木を植える会)
このひろばは、むかし米軍の基地になるはずだった土地に作られました。1950年代の砂川闘争によって、政府は立川基地拡張をあきらめましたが、国に買収された多くの土地が砂川に残されました。1990年ごろに、この場所を国はフェンスで囲おうとしました。しかし、「砂川にフェンスはにあわない」と市民たちが声をあげ、現在まで「木を植える会」がひろばとして草刈りや遊具の整備をつづけています。毎年秋まつりが開催され、市民に親しまれています。

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 07:30| 東京 ☀| 映画「砂川の大地から」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

武蔵野の記憶遺産としての「砂川闘争」を今に再発見!

初監督をつとめさせていただく、第3作目となるドキュメンタリー映画「砂川の大地から」の取材・撮影で、5月21日に砂川へ伺わせていただきました。

「土地に杭は打たれても 心に杭は打たれない!」
 この砂川闘争の合言葉はどのように生まれたのか。
 大地に打たれた杭を辿りながら
 武蔵野の記憶遺産としての砂川闘争を
 今に再発見してみてはいかがだろうか」

米軍立川基地全面返還40周年記念として企画された「砂川闘争の現地を歩く会2017年実行委員会」様の主催による「砂川闘争の旅学シリーズ」フィールドワークに伺わせていただきました。


「旧砂川町役場」だった砂川学習館に集合。1955年6月18日、立川基地拡張絶対反対町民総決起集会が開かれ、何度となく境内で集会が繰り返されたという「阿豆佐味天神社」を訪れ、宮伝町長宅 ➡︎ 青木行動隊長宅・5番組公会堂 ➡︎ 団結小屋跡 ➡︎ 宮岡副行動隊長宅 ➡︎ 麦畑で昼食 ➡︎ 返還された基地内の畑 ➡︎ 反戦旗ポール跡 ➡︎ 砂川平和ひろばを辿りました。

◎旅の案内人:福島京子(砂川平和ひろば主宰)+青木栄司(コミュニティ・カフェステッチ代表)+大洞俊之(立川テント村)


歴史の扉が開かれ、返還された基地内の畑を見た後、レイクランド大学のトンプキンス先生のスピーチが行われました。

18620438_1971263096494186_4153718721486365061_n.jpg


2017,5,21 Tompkins先生スピーチ

本日は、お話する機会を与えていただきありがとうございます。福島京子さん福岡愛子さんから、砂川闘争と「アメリカインディアン運動」の共同創始者であるデニス・バンクスとの繋がりについて語ってほしい、と言われました。また、平和運動に関連する彼の活動についても、少し話してほしいとのことでした。それは、世界中で進取の精神に富んだ人々が国境を越えて触発し合い、アイデアと力を引き出し合うという価値の素晴らしさを物語るものです。

デニス・バンクスが、1956年に初めて砂川という地域と出会ったとき、彼は横田基地に駐留する空軍兵士として、フェンスの向こう側にいました。日本の警察が、砂川で平和的な活動をする人々に対し暴力で立ち向かってきたとき、彼は、立川基地のフェンスラインの内側で監視に立っていたのです。デニス・バンクスは、デモ隊の誰でもいい基地内に入る者がいたら「打ち殺せ」と言われた、と述べています。彼が、実は自分は間違った側にいるのだと気づき始めたのは、その時でした。何世紀にも渡って自分たちの土地を盗み取られてきたネイティヴ・アメリカン(アメリカ先住民)としての経験は、立川空軍基地の周辺住民である砂川の人々に重なっている、と気づいたのです。打ち鳴らされる太鼓の響きまでもが、彼にネイティヴ・アメリカの太鼓の音を思い出させました。彼は、自分が共感するのは砂川の人々に対してであって軍に対してではない、と悟りました。さらに、アメリカに帰ると彼は、砂川を守ろうとする人々の勇気と実力行使に触発されて、ネイティヴ・アメリカンの権利を守る闘いへと駆り立てられました。人種差別や政府の不当性と対決し、「アメリカンインディアン運動」を創始したのです。

砂川でデモをしていた人々と同じように、ネイティヴ・アメリカンもまたアメリカの警察の暴力に遭い、運動の初期の活動は警察の蛮行をめぐる闘いでした。とりわけ現住地を返還し政府が部族の主権をもっと認めるように求めて、「破られた条約のための行進」を呼びかけ、アメリカ全土にデモ行進を行いました。1970年代に運動が拡大すると、政府は連邦警察を使い何度も裁判を起こして、ネイティヴ・アメリカンの運動を失速させたり逆行させたりしようとしました。デニス・バンクスは、1984年に懲役三年の判決を受けましたが、出所後もまた活動を続けました。

デニス・バンクスの行動主義は、平和と文化保存、そして環境の持続可能性といった問題が中心です。彼はアメリカを横断するクロスカントリーウォークや、日本で広島から北海道まで走破するセイクリッド・ランなどを組織・統括しました。日本山妙法寺の支援と協力を得て、私たちは七世代先を考えて生きなければならないという考えを推進するために奮闘してきました。七世代先を考えるとは、環境を守り、核施設やスタンディング・ロックのパイプラインなど潜在的に有害性のある建設に反対し、平和を唱え、様々な背景を持つ広範な人々と学び合い共同し合う、ということを意味します。デニス・バンクスにとってこのような考え方・生き方は、砂川闘争の種から芽生えた精神でもあるのです。

〜砂川闘争の旅学資料集より(砂川平和ひろば編集)〜


〜⭐︎〜⭐︎〜⭐︎〜⭐︎〜⭐︎〜⭐︎〜⭐︎〜


1955年6月18日、立川基地拡張絶対反対町民総決起集会が開かれた阿豆佐味天神社。参加者1300名。その後も、この境内で何度となく集会が繰り返されたという。

18581505_1970954663191696_5277320866977904157_n.jpg
▲今では「猫返し神社」として知られる阿豆佐味天神社。

18582277_1970954693191693_1857323838861246167_n.jpg
▲案内人で「砂川平和ひろば」主宰の福島京子さん。


18619901_1970866456533850_4651349465380701060_n.jpg

反対闘争で守った宮岡政雄の土地の麦畑
〜「砂川闘争の旅学」資料集より(砂川ひろば編集)〜


砂川闘争当時の砂川では、戦前から盛んに行われていた養蚕のための桑畑、小麦、さつま芋、陸稲などが栽培されていた。16代続く宮岡正雄の生家は、1945年8月2日に、焼夷弾により焼失してしまったため、戦後はそれまで蚕室として建てられていた家を、住居に改修して住むことになり、戦後は主要な養蚕ができなくなり、桑畑は小麦やさつま芋、陸稲栽培に変わった。

1955年5月4日、拡張が知らされ、初めての会合が5番組公会堂で開かれる日、宮岡政雄は麦の手入れをしていた。作業をしながら、「今は、主権在民の新憲法の下、戦前の陸軍の基地の拡張の時代とは違う。この法の下にたった一人になったとしても戦争に繋がる基地の拡張に絶対反対する。その結果土地を奪われたとしても、先祖は恨まないだろう。私が散在して失うわけではないのだから」と決意し、5番組公会堂に向かった。その畑は、激突の度に踏み潰され、さつま芋がむき出しになり、時には援農の労働者、学生が収穫を手伝った。また、運動麦播きが遅れて来年の収穫が危ぶまれた時、反対同盟の人々が麦まきを手伝い、例年通りの収穫ができた。支援者や反対同盟の絆で守られた畑に、砂川闘争当時の作物を植え、今麦畑を再現している。そしてここから、「砂川地粉」・「砂川地粉うどん」が作られている。

18556150_1971251583162004_5333976920796585611_n.jpg


歴史の扉を開けて中へ。
返還された基地内の畑へ。

18619917_1971260669827762_5369180819947680934_n.jpg

18581640_1971260683161094_7578053653738105406_n.jpg

18581683_1971260706494425_3540805321100454346_n.jpg

18582175_1971260729827756_5817369394891347719_n.jpg

17522750_1971260763161086_5535593637981734720_n.jpg

18555951_1971260799827749_1147483544539657602_n.jpg

18582633_1971260826494413_2673174457695300218_n.jpg

18557317_1971260866494409_6467634001662021203_n.jpg


◎ドキュメンタリー映画「砂川の大地から」Facebookページ
➡︎ https://www.facebook.com/SunagawaDocumentary/
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 21:08| 東京 ☀| 映画「砂川の大地から」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

「土地に杭は打たれても 心に杭は打たれない!」

2017年5月21日(日)米軍立川基地全面返還40周年記念「砂川闘争の現地を歩く2017」が開催されます。現在製作中のドキュメンタリー映画「砂川の大地から」の撮影でお伺いさせていただきます。皆様よろしくお願い申しあげます。

砂川チラシ!.jpg

砂川チラシ2.jpg
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 21:45| 東京 ☀| 映画「砂川の大地から」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画センター全国連絡会議の交流会「アオギリにたくして」「かけはし」を宜しくお願い申し上げます〜!

2017年5月18日、映画「アオギリにたくして」日本全国上映で大変お世話になっている配給の映画センター全国連絡会議様の交流会に伺わせていただきました。


18555898_1375016449248317_1129140692048545902_n.jpg


2013年夏に完成し、劇場公開された映画「アオギリにたくして」は、完成からこの夏で4年目を迎えますが、今もロングランでの上映会が続いています。改めて、映画センター全国連絡会議の皆様、各地で上映会をミューズの里と共に企画してくださっている皆様、そしてこれまでご支援・ご協力くださっている全国の皆さまに心より感謝申しあげます。


まだまだ、この映画を知らない方がたくさんいます。もっともっとこの映画を皆さまに届けていくためにやるべきことが、まだまだたくさんあります〜!4年目の夏を迎える今年、映画が出来上がり上映活動をスタートした時のことを今一度思い出しながら、初心を忘れず、改めて気合を入れ直して、日本全国、そして世界に上映活動の輪を広げていきたいと思います。今しばらく準備期間を経て、戦後75年に向けて、劇場での公開も再度行っていく予定でおります。


広島・長崎の被爆者の方々の平均年齢は80歳を超え、戦争を知らない世代が80%を超えています。


「二度と自分と同じ苦しみを世界中の誰にもさせたくない」と願い、本当は忘れてしまいたい辛く苦しい体験を、日本の未来、世界の未来、地球の未来のために語り継いでくださっている被爆者の方々の声を届けていくと共に、映画「アオギリにたくして」上映・「いのちの音色」ライブにより一層力を注いでいきたいと思います。


そして、第2作目となるドキュメンタリー映画「かけはし」も日本全国上映にむけて動いていきます〜!自主上映会は、主には秋からのスタートとなりそうですが、来月6月には、東京・大阪・大分の映画館に続き、名古屋の「シネマスコーレ」にて上映がはじまります。その他も決まり次第お知らせ致します。


「アオギリにたくして」「かけはし」共に、一人でも多くの方々に見ていただけるよう力を入れていきたいと思います。皆様のより一層のご支援・ご協力を何卒宜しくお願い申しあげます〜!!


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 20:50| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

福島の高校で映画「アオギリにたくして」上映〜!

IMG_0869.JPG


福島の高校で、修学旅行の事前学習として映画「アオギリにたくして」が上映されました。


「この手の企画では居眠りを決め込んでいる生徒も皆、食い入るように真剣に見ている様子がたいへん印象的でした。鑑賞後の感想を見ると、福島の置かれた状況と関連づけて捉える生徒がことのほか多かったのも意外な発見でした」」と先生からのコメントが寄せられました。


先生が送ってくださった生徒さんの感想を見させていただき、胸が熱くなりました。


被爆アオギリにたくされた思いを、これからも伝え続けていきたいと思います。学生の皆さんを迎え入れる社会が、より心豊かなものとなるよう、今を生きる大人の一人として、自分に出来る精一杯を生きていきたいと、改めて心に誓いました。


みんな、ありがとう〜!!


〜福島の高校生の感想文〜

はじめは自分たちのことを隠して生きてきた人たちが、自分のことをさらけ出して後世に語り継ごうとする、その決心をした姿が頭に浮かんで感動しました。少しでも前に進むと同時に薄れていく記憶。忘れてはならないことを後世に継ぐ。福島も今の広島のような姿を目指したいと思った。

原爆を受けても生き残ったアオギリが今でも広島にあるというのにすごく驚いたし、自分の目で見てみたいなと思った。今の福島の状況と似ていて、3.11のことをすごく思い出した。映画を見て、原爆の悲しさや苦しみも知ったけど、アオギリの木のように立ち直る強さや感動も知り、広島の歴史にすごく興味を持った。

原爆のせいでたくさんの人々の幸せ、人生が奪われてしまう。たった一瞬の光のせいで。それはとても恐ろしいことだと思うし、今後二度とあってはいけないことだと思う。そのことをしっかり受け止めて、修学旅行ではもっとたくさんのことを学びたいし、いろいろなことを考えていきたい。あと、「たかし〜!」と叫びたくなった。

原爆でどれほどの人間がどれほど辛い思いをしたのか、今回の映画を見て知ることができました。広島に行く前にこのような機会があり良かったと思いました。

広島にアオギリという木があることも知らなかったし、沼田さんの存在もまったく知らなかったので、今回の映画はとてもおもしろかった。もっともっと広島について調べたくなった。

この映画を見るまでは、広島について、原爆についてあまり知りませんでしたが、少しでも知ることができたかなと思います。もっと広島について知りたいと思ったので、今年の修学旅行が楽しみになりました。


〜⭐︎〜⭐︎〜⭐︎〜⭐︎〜⭐︎〜⭐︎〜⭐︎〜⭐︎〜⭐︎〜⭐︎〜⭐︎〜⭐︎


「アオギリにたくして」という映画を見て、胸が痛くなるところもありましたが、家族や友達、大切な人、自分のことを考えてくれる人がいてくれることは、とても心強いんだなと実感しました。

広島の人たちは、私が想像していたよりもずっと辛い経験をしていて心が痛くなりました。被爆してしまった人同士での差別や偏見があったり、結婚すらできなかったりと、もし自分がその立場だったら、田中さんのように語り部として話すことは無理だと感じました。でも、田中さんのような語り部がいたからこそ、今の私たちが広島について知ることができるんだなと思いました。修学旅行ではこの映画のことを思い出しながら学びたいと思います。改めて原爆の怖さを知ることができました。

今日見た広島原爆と6年前に起きた東日本大震災は、多くのことが似ていると思った。多くの物が消え、多くの人が亡くなり、大勢の人が悲しんだ。広島原爆を体験した人が忘れてはいけないよう、私たちも東日本大震災を忘れてはいけないと思った。

見ているのが途中辛いシーンがありましたが、目をそらしてはいけないと思ってしっかり見ました。生きるって重く辛いことがたくさんあるんだと思いました。私たちはとても幸せなんだということもちゃんとわかりました。戦争のことや原爆のことをしっかり伝えていくべきだと思います。

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 11:46| 東京 ☁| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

愛知県初!名古屋の映画館「シネマスコーレ」にて、ドキュメンタリー映画『かけはし』上映決定 !<6/10(土)〜6/16(金)>

1701kakehasi1_b5_omote_72.jpg

本日、名古屋の映画館「シネマスコーレ」の木全支配人様よりお電話いただき、第二作目となるドキュメンタリー映画「かけはし」上映が6月10日(土)〜16日(日)10:40より行われることに決定しました〜!!


◎ドキュメンタリー映画『かけはし』公式HP
➡︎ http://kakehashi-movie.net

愛知県で初となるドキュメンタリー映画「かけはし」上映です〜! 皆様、是非とも映画館「シネマスコーレ」へ〜🎵 ご支援・ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます〜!!
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 20:25| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たからプロデューサー、発見!

18199044_1356021401147822_2696563188994450621_n.jpg


先日の出来事。しげ兄さんが抗がん剤治療に入り、皆仕事に追われていた時、たからプロデューサーは「青空オフィス」で所長としての任務にあたっていました。


仕事を終えて、たからプロデューサーにご挨拶しにいくと、所長の席に姿が見当たりません。お呼びしても何の返答もなく、何かあったのではと心配になり、すぐに手分けして捜索へ!


近所の道という道を探し回り、念のため、オフィスの中も。しかし、たからプロデューサーの姿がありません。


責任感の強いたからプロデューサーは、上司のしげ兄さんが病に倒れ静養されている間に、心労でどうかされてしまったのではないか? そういえば最近、過食症気味?!で、どんどん体が大きくなっていっていたしなぁ・・・等と、だんだん心配になり、捜索届けを出しにいこうと思ったその時〜、


「裏庭に、たからプロデューサーの姿が!」と報告が入りました。


運動不足で息があがり、ハァ〜ハァ〜言いながら青空オフィスに戻ってみると、たからプロデューサーはすでにオフィスに戻っておられるとのこと。


18423822_1370409089709053_3855913560535360498_n.jpg


さすが、たからプロデューサー!表ばかりではなく、「青空オフィス」の裏庭まで、きちんと点検されていたのですね〜🎵


それとも、何か探しものでも・・・?


何はともあれ、よかった〜♫ よかった〜♫


まもなく入社3年目を迎えるたからプロデューサー!♫


入社した頃は、食も細く、栄養失調気味で、以前所属されていた所では問題がたくさんあったと伺っていますが‥‥、ミューズの里に転職され、直属の上司のしげ兄さんや皆さんが仕事の合間に散歩にも連れて行ってくださり、日本全国の上映やライブ行脚にも参加させていただき、少しづつ広い世界を見ながら、ステキな仲間たちからたくさんの愛をいっぱいもらっていくうちに、見事に成長!!「青空オフィス」所長に就任〜🎵 そして今では、体重も3倍に!!!

18447043_1943740142526020_6124339287278842221_n.jpg


暑かったり寒かったりで、少々バテ気味だった たからプロデューサーですが…、りんごをかじって元気100倍! 静養中のしげ兄さんが元気になることを祈って、今日もたからプロデューサーは、みんなのお仕事のお手伝いもしながら、さらに所長として活躍中です〜🎵

18423203_1371736869576275_6244166984295228692_o.jpg


がんばれ!たからプロデューサー♫


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 12:09| 東京 ☁| たからプロデューサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

全国で育つ被爆アオギリ2世の種を募集中〜!

アオギリ苗(小) のコピー.jpg


広島平和記念公園にある被爆アオギリの種から育った子供たち(被爆アオギリ2世)が日本全国、海外でも元気に育っています。


(財)カーネギー地球物理学研究所に被爆アオギリ2世を植樹.jpg
▲2010年秋、米国ワシントン(財)カーネギー地球物理学研究所に被爆アオギリ2世が植樹され、海外初の歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブが行われました。



2008年よりスタートした「いのちの音色」日本全国ライブや2013年夏に完成した映画「アオギリにたくして」日本全国上映行脚と共に、被爆アオギリ2世の植樹を呼びかけてまいりました。



ライブ会場や上映会では、子供たちやたくさんの皆さまから、是非自分たちも被爆アオギリの子孫を育てて平和を語り継いでいきたいという声がたくさん寄せられています。



DSC_0949.JPG
▲映画「アオギリにたくして」に出演していたアオギリさん。被爆アオギリ2世の種から育ったお孫さん(被爆アオギリ3世の苗)です。ミューズの里「青空オフィス」で元気にスクスク成長中〜!



平和を願う皆さまからの声に少しでも答えていきたいという思いから、現在ミューズの里では、全国で育っている被爆アオギリの子供たち(2世)の種を募集しています。



ご寄贈いただいた被爆アオギリ2世の種や発芽させた苗(3世)を、「いのちの音色」ライブや上映会でご要望のあった方々にお届けし、被爆アオギリにたくされた「命の大切さ」「平和の尊さ」への思いを皆さまと共に広げていきたいと思います。


被爆アオギリ2世・3世に平和への願いをたくして、日本全国に広がる被爆アオギリの子供や孫たちの様子をレポートしてくださるAOGIRIボランティアSTAFFも募集しています。


Seeds of Peace!
平和の種を世界へ〜🎵



皆さまのご支援・ご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。




◎ご連絡先:ミューズの里「AOGIRIプロジェクト」:担当(中村・伊藤)
・E-mail: info@musevocie.com
・E-mail:crosscultureplaza@yahoo.co.jp
・FAX: 042-810-1100



DSC_0984.JPG

DSC_0983.JPG


※アオギリの花は7月頃に咲き始め、秋頃に種が採れます。

※ アオギリは地面に植えると大木になるので、鉢で育てることも可能です。落葉樹なので、秋になると葉っぱが黄色くなって落ちますが、春になると(東京では5月ごろ)芽吹きます。生命力溢れるアオギリの新芽に毎年勇気と希望をいただいています。

DSC_0985.JPG
▲ミューズの里「青空オフィス」で育つ鉢植えの被爆アオギリ3世


DSC_1000.JPG

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 08:23| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

2017年6/3,6/4 東京(八王子)「延立寺」にて、映画「アオギリにたくして」上映!

アオギリの木の下(緑)アイコン.jpg

先日、東京ジャーミイでの「いのちの音色」ライブと映画「アオギリにたくして」上映会を企画してくださった被爆者の上田紘治さんが、6月3日と4日に八王子のお寺「延立寺」にて映画「アオギリにたくして」上映会を企画してくださいました。今回で上田さんが企画してくださる上映会は13箇所目となります。改めて心より感謝申し上げます。

皆様のご来場を心よりお待ちしています〜♪

【東京・八王子】
◎日時:2017年6月3日(土)・4日(日)14:00〜(開場13:30)
◎会場:アミダステーション(八王子市東町3-4)八王子駅北口から5分
◎料金:大人1000円/子供500円
◎主催:延立寺 浄土真宗本願寺派(西)
 後援:八王子平和・原爆資料館
◎連絡先:090-6197-5354(上田)
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 15:22| 東京 ☁| ライブ「いのちの音色」公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪「ひなた」での復帰ライブを新たな一歩に〜♪

アオギリ会国東の松岡照美さんが、松岡さんの思いのたっくさんこもったステキなLunchとCakeのお店を大阪にオープンされました〜♪ お店の名前は「ひなた」

17626231_1784716055189725_4090210221521429607_n.jpg


先日は、東京ジャーミイでのライブに撮影しに大阪からやって来てくださった楠瀬かおりさんが、松岡さん手づくりのシフォンケーキをミューズの里まで届けてくださいました。


口の中にファ〜っと広がる上品な甘み。柔らかくて弾力のあるきめ細かな食感。照美さんのケーキを食べた方々の幸せな笑顔が浮かんできます。松岡さんの愛情がしっかりと伝わってきます。私たちも、自分たちのつくる作品やライブに、照美さんと同じように思いをこめて、ひとつひとつ丁寧に積み重ねていきたいと感じました。


お店のオープンまでには、たいへんなことの連続だったと思います。何かをやれば必ずやってくる困難。それに立ち向かい、乗り越えていくしなやかな強さ。深い悲しみを知ることで、生きる喜びをより深く感じ、その中から生まれてくる松岡さんの抜群のユーモアのセンス!アッパレです〜!



「くどいですが(笑)私は、アオギリ…に命を頂きました。 ♪ ひなどりを口ずさめば、これでもかっ!!ってくらい困った事が押しよせて来ても怖い事は何一つありません。ただ、ただ、皆さんと出逢えた事に感謝し、これからも一緒に頑張らせて頂きたいです。♪Matherは、心が硬くなってしまった時に口ずさむと私は心が柔らかくなります」松岡さんからいただいたメールを読ませていただきながら、曲作りをしていた時の私自身の思いとも重なり、心に元気をいただきました。



生きてる、ただそれだけで100点満点の
命を受け継いで、今を生きて、明日へと伝える



カラオケも嫌いで行ったこともなかったような私が、30代後半で音楽と出会い、作詞・作曲をはじめた頃につくった「ひな鳥へ」の中の一節です。


生きているだけでは100点満点ではないと、どこかで思っていた自分が、音楽と出会い、生きることの意味を見つめる中で生まれた歌です。


つくった後も、なかなか歌えずにいた曲「ひな鳥へ」。


「だって、しょうがない」「だって、現実は‥」っと、どこかで自分を正当化しながら生きていたあの頃は、実はホントの現実さえ知らないままの自分にも気づいていなかった‥。


自分の頭が作り出す、恐怖心や不安に、勝手に巻き込まれて、操り・操られる世界の中で、ステレオタイプ化したものの見方や勘違い、偏見にも気付けないまま、つくっては壊れる砂山に一喜一憂しながら、それでも精一杯がんばって右往左往して生きていたあの頃‥‥。体中から愛がこぼれ落ちていることにも気づかずにいた‥。


頭を使っているようで頭に振り回され、お金を使っているようでお金に振り回され‥‥身につけた知識が本当にいかされることなく、理論武装しながら小賢く立ち回って動かされていく世界を一歩抜け出して眺めてみた時、心の音色が音となり、メロディーが生まれ歌と出会いました。


音楽と出会って私は変わった。
あの時、音楽との出会がなければ、今自分がやっていることは何一つ生まれていません。


私の歌は上手くない。
ただ、歌に込めた思いの中から生まれる心の声に責任を持って表現することが私にとっての全てです。



歌が生まれて20年近くたって、50歳を過ぎてようやく「ひな鳥へ」を歌えるようになりました。Motherは、しげ兄さんが作曲した曲に歌詞をつけさせていただいた歌で、歌詞をつけながら、あれほど号泣しながらつくった曲も他にありません。


自分の心との対話の中からしか詩や曲をつくることができませんが、生まれてくる歌を口づさむ中で、私自身がこれまで励まされてきました。大好きな松岡さんにも口づさんでいただけて、ホントに嬉しいです〜♪



昨日から6ヶ月間の抗がん剤治療の始まったしげ兄さんですが、治療を終えて体力が回復した後、松岡さんのお店「ひなた」で、復帰ライブをさせていただくことになりました。


喜びも、悲しみも‥‥今この瞬間に感じる全てを受け止めながら、一瞬一瞬を大切に、新たな「いのちの音色」ライブを「ひなた」から出発していく日を楽しみにしています。


「ひなた」でお会いできる日を楽しみにしています〜♪♪


松岡照美さんに心からの感謝を込めて〜♪♪
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 12:03| 東京 🌁| ライブ「いのちの音色」公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする