2019年09月29日

映画『アオギリにたくして』のモデルとなった沼田鈴子さんからの贈り物「被爆アオギリ3世」

沼田さんから送られたアオギリの苗_2009.8.28.jpg


パソコンを整理していたら、広島の沼田鈴子さんから届いた「被爆アオギリ3世」の苗を、箱から取り出した時に撮影した写真が出てきました。


2009年8月28日のことでした。


可愛い苗を見て、おもわず口ずさみながらつくった歌が「アオギリにたくして」でした。


アオギリCDジャケ.jpg
▲2009年 CDリリース「アオギリにたくして」



あれから10年の歳月が流れました。


沼田鈴子さんがアオギリにたくしていた思いを、より深く感じています。


そして、その思いを本当に知るためには、この10年が必要だったのだろうと思います。


今だから初めてわかる思いがあります。


きっとこれからも、年を重ねる中で、まだ気づけていない大切な思いに触れていくのだろうと思います。


しげ兄と沼田さん.jpg
▲沼田鈴子さんの87歳の最後のお誕生日にギター演奏する伊藤茂利氏


沼田さんと固い握手を交わし「あなたに頼んだよ。お願いね」と、アオギリの思いを託されたギタリストの伊藤茂利さんはじめ、これまでご支援・ご協力くださったたくさんの皆様に支えていただき、今があります。


ライブ活動の中から生まれた映画『アオギリにたくして』と共に、歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」1000回ライブ達成を目指して、これからも全力をつくしていきます。


アオギリ苗(小).jpg


今後とも皆様のご支援・ご協力を何卒宜しくお願い申しあげます。


posted by ぷらっとハッピー日記 at 16:51| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

10/26 障がい者の方々が運営する喫茶「たんぽぽ」にて、『アオギリにたくして』上映&ライブ〜!

69431642_647291255680917_4159312270079295488_n.jpg

10月26日、 障がい者の方々が運営されている立川の喫茶「たんぽぽ」で、映画『アオギリにたくして』上映と、中村里美&伊藤茂利ライブが開催されます🎵


『アオギリにたくして』で父親役を熱演してくださった俳優の風見しんご様の情報ブログに、今週末10/26の映画上映を掲載してくださいました。いつも応援いただき、心より深く感謝申し上げます✨

アメブロ
風見しんごさんの情報頁
➡️ https://ameblo.jp/gr000043/entry-12538469530.html


「たんぽぽ」のみんなが作った美味しいケーキとドリンクもお楽しみに💕


映画『アオギリにたくして』の美術スタッフとして活躍してくださったミュージシャンでもあるjijiさん、そして弊社の表現の場づくりを一緒に盛り上げてくださったmomokoさんが企画してくださいました。心より感謝申し上げます✨


皆様のご来場をお待ちしています✨
ご予約はjijiさんへ💌 E-mail: aogiritampopo@yahoo.co.jp

posted by ぷらっとハッピー日記 at 19:45| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

「ハート・オブ・アメリカ」ミズーリ州カンザスシティにて、映画『アオギリにたくして』上映〜!

アメリカのほぼ真ん中に位置することから「ハート・オブ・アメリカ」と呼ばれるミズーリ州のカンザスシティで、映画『アオギリにたくして』が(アメリカ現地時間で)9月18日(水)18:00より上映されました。


thumbnail_IMG_4585.jpg


この度の上映は、大変お世話になっている立命館アジア太平洋大学(APU)の国際経営学部教授の藤井 誠一博士が研究のために訪れておられた米国からお力添えくださり実現しました。



ミズーリ州は、原爆を落とす意志決定したトルーマン大統領の出身州です。多くの大統領がそうしているように、トルーマン大統領も自費で図書館を建て、自分の政治活動の資料をそこに寄付しています。藤井教授は初めて訪れた時、若者を中心に原爆投下について否定派の意見もあると掲示され、肯定派と否定派の両方の意見が展示されていることに、アメリカの公平さと正直さを感じたそうです。


しかし一方で、以前藤井教授がカンザスシティに半年間滞在されていた2017年、8月6日の広島の日に教会を訪ねると、その日は日曜日であったにもかかわらず、広島について一切触れられることはありませんでした。藤井教授は、とても驚き、ショックを受けたそうです。パールハーバーを非難されるならまだしも、「忘れられる」事の方がよっぽど恐ろしい、と感じたのだと言います。


そして、その時思いは、後日教会の中で共有され、次年度からは8月6日に近い日曜日に教会のWorshipで取り上げるようになったそうです。


今回、研究で再びカンザスシティを訪れた藤井教授から、この機会に是非映画『アオギリにたくして』を上映したいとご連絡をいただき、日本とアメリカでやりとりしながら、この度の上映会が実現しました!✨


thumbnail_IMG_4584.jpg


藤井教授が背景を20分程説明してくださった後に、上映会がスタートしました。


thumbnail_IMG_7326.jpg


上映後、映画を見てくださったアメリカの方々が、握手やハグを求め、「よく分かった、伝わってきたよ」と言ってくださったそうです。中には、号泣されているアメリカ人男性もおられたそうです。


藤井教授からの上映後のご報告の中で印象的だったのは、
当時5歳だったというアメリカ人のおばあちゃんの下記のエピソードです。


上映後にしきりに話しかけてくるので、何を言いたいのかよく
耳を傾けると、
「すごくよく憶えている。
お父さんが、”よし、やった!”と叫んだだんだよ。
そしたらね、お母さんが怒り出して悲鳴をあげて、
あなた何を言ってるの、すごい悲劇が起こったのよ、
って言ったんだよ」


とても熱心に語ってくださったアメリカ人のおばあちゃんの言葉に、藤井教授は「初めて、当時を憶えている米国人からの生の声を聞いたので、大変感激して、神妙な気持ちになりました。当時から、賛否両論があったんだな、ということがよく分かりました」と感想を述べられていました。



藤井教授は、被爆者の坪井直さんやご自身のお父様のこともアメリカの方々に伝えてくださったそうです。



本当にありがとうございました!!
ミューズの里では、これからも日本全国、そして世界に向けての上映会をみな様と共に展開していきます✨何卒よろしくお願い申し上げます✨




posted by ぷらっとハッピー日記 at 22:40| 東京 ☁| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「月刊イオ」の映画コーナーでドキュメンタリー映画『かけはし』が紹介されました。

月刊イオ 10月号(No.280)の映画コーナーで、弊社ミューズの里の第二作目となるドキュメンタリー映画『かけはし』が紹介されました✨

月刊イオかけはし.jpg
🔼画像をクリックすると大きくなります。



ご紹介いただき、ありがとうございました〜🎵


🔵ドキュメンタリー映画『かけはし』公式HP
➡️ http://kakehashi-movie.net


🔵ドキュメンタリー映画『かけはし』日本全国自主上映募集中〜!
あなたの街で上映しませんか?お気軽にご相談ください。
➡️ http://kakehashi-movie.net/myscreen/
posted by ぷらっとハッピー日記 at 16:10| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

故スヒョンさんのご両親のご自宅へ

2019年9月22日

71270824_2514102882006329_4427009305236996096_n.jpg

韓国・釜山でのソンデさんとスヒョンさんのお墓参りの翌日、朝4時から携帯電話には台風の緊急速報が流れ、ものすごい風と雨の中ではありましたが、スヒョンさんのお母様のシン ユンチャンさんのご自宅へ、スヒョンさんが通っていた赤門会日本語学校の新井理事長と共に伺わせていただきました。


71028338_2514102675339683_2085959723248517120_n.jpg


お母様が大切にしている日本の皆さまから寄せられたたくさんのお手紙などを見せていただきました。


お母様のユンチェンさんは、日本から寄せられるお手紙を読めるようになりたいと思って、毎週2回、火曜日と金曜日に日本語を学んでおられます。


これまで、日本での映画『かけはし』上映の際にも、上映後に日本語で心を込めてご挨拶をしてくださるユンチャンさんの姿に感動をいただきました。

70786364_2515813461835271_5331337574470385664_n.jpg

皆様に大変お世話になり、本当にありがとうございました。
取材を終えて最後の夜、美味しいお食事もご馳走いただき、心より感謝申し上げます。


ミューズの里では、ドキュメンタリー映画『かけはし』第1章・第2章が劇場公開された2017年以降も、引き続きスタッフがカメラを回し続けています。現在、『いのちの音色』を製作中ですが、いつか『かけはし』第3章も皆様にお届けしていけるように、スタッフ一同がんばります!









posted by ぷらっとハッピー日記 at 10:14| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

李秀賢さんの道にたくされた日韓両国の若者たちの思いを胸に…

18年前、JR新大久保駅に転落した方を救おうとして日本人カメラマンと共に線路に飛び降り、共に亡くなった韓国からの留学生スヒョンさんの頭文字をとって名付けられた特定非営利活動法人LSHアジア奨学会の皆様が韓国・釜山のスヒョンさんとお父様のソンデさんのお墓参りに行かれる旅に同行取材・撮影させていただきました。


71038665_2511634488919835_183519082065166336_n.jpg


2019年9月21日、このブログ記事の一つ前の記事でご紹介させていただいたお墓参りを終えて、スヒョンさんが通っていた韓国・釜山の箂城高等学校へと向かいました。


ドキュメンタリー映画『かけはし』第2章に出演してくださった釜山からの大学生たちが帰国後、釜山に留学していた日本人学生と一緒に成し得たことがあります。みんなで署名を集め、スヒョンさんが通っていた高校の前の通りが「義人 李秀賢街」と名付けられました。


先日、来日していた第2章にご出演くださった当時は大学生だったジョン・ヨンヒョンさんが「李秀賢さんの道をみんなでつくったんです!」と嬉しそうに語っていた笑顔が思い出されました。


日韓関係が厳しい中ではありますが、スヒョンさんの道にたくされた日韓両国の若者たちの願いに思いを馳せながら、希望の光を感じました。


70489357_2511634422253175_1411855900242608128_n.jpg



李秀賢街に面したスヒョンさんの通っていた高校へと続く道の横には、碑が建てられています。



70707601_2511634805586470_7887162394869235712_n.jpg

70703410_2511634275586523_3418922949778866176_n.jpg



その後、スヒョンさんの碑が建てられている子供公園へと向かいました。



70494987_2511682378915046_1854475722026909696_n.jpg

70512307_2511682428915041_227096447315607552_n.jpg


70583644_2511682265581724_6450654593528365056_n.jpg


71176068_2511682485581702_4148406291552796672_n.jpg



墓参と碑めぐりを終えて、夜には、生前お父様のソンデさんが大好きでスヒョンさんも一緒に来たことがあるというお店で、在釜山日本国総領事館の主催による懇親会が開催されました。


70680981_2519758214774129_2195405175101849600_n.jpg



台風が近ずく中、志を新たに胸に刻む一日となりました。



日韓友好と両国と世界の平和を願いながら、ドキュメンタリー映画『かけはし』日本全国上映に向けて全力を尽くすとともに、第1章・第2章に引き続き2017年よりカメラを回している第3章の製作に向けて力を注いでいきます。



posted by ぷらっとハッピー日記 at 21:22| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

映画『かけはし』にご出演くださったソンデさんとスヒョンさんのお墓参りに釜山へ


2019年9月20日、韓国釜山へ。

70707277_2511301225619828_1182023717673238528_n.jpg


翌日9月21日、ドキュメンタリー映画『かけはし』にご出演くださったスヒョンさんのお母様の辛潤賛さん、妹さんご夫妻、特定非営利活動法人LSHアジア奨学会の皆様と共に、スヒョンさんとお父様のソンデさんのお墓参りへ。


71100041_2511434552273162_1472051395904405504_n.jpg


2001年1月26日、スヒョンさんが亡くなって18年…。

今年3月にご逝去されたお父様のソンデさんは、息子スヒョンさんのお墓の横で眠っています。


70787720_2511432725606678_9202846401032093696_n.jpg

70955964_2511432888939995_4603462667884036096_n.jpg


ソンデさんとスヒョンさんの遺志を継いで、お母様のユンチャンさんがLSHアジア奨学会の名誉会長となり、日本とアジアの懸け橋となる日本語学校生を応援していかれます。


70562782_2511432788940005_2516962968462163968_n.jpg


お墓参りの後、お父様のソンデさんとスヒョンさんのお墓の近くにある、日本人慰霊碑と太平洋戦争犠牲者慰霊碑へと皆様と共に向かいました。


70902308_2511578388925445_8623851712513310720_n.jpg
70955964_2511432888939995_4603462667884036096_n.jpg



終戦とともに、約5万人の釜山在住の日本人は日本に引き揚げましたが、釜山市西区峨嵋洞の火葬場をはじめ市内各所には日本人の遺骨、位牌、過去帳などが放置されたままでした。

1962年5月に峨嵋洞の火葬場が釜山鎮區堂甘洞に移転した際、当時の金玄玉釜山市長の人道的なお考えから市内に散在していた遺骨、過去帳などを一ヶ所に集め、「日本人冢移安之碑」と刻まれた石碑と納牌堂が建立されました。

その後、都市再開発計画により日本人慰霊碑も再度移転されることになり、1991年10月、土地・移転費用等釜山市が全額負担する形で、現在の釜山市立公園墓地内に日本人慰霊碑と納牌堂が新たに建立されました。納牌堂には、1.528の位牌が安置されているそうです。


生前、ソンデさんはご夫婦で、スヒョンさんのお墓参りの時、日本人慰霊碑の回りの草むしりをしてお掃除をしてくださっていました。


71081514_2511578508925433_5988213437543481344_n.jpg

70829859_2511578448925439_8059929588949581824_n.jpg


日本人慰霊碑のそばには、太平洋戦争で犠牲となられた朝鮮半島出身の軍人・軍属を弔う太平洋戦争犠牲者慰霊碑があります。


台風が近ずく中、お母様のユンチャンさんに案内していただき、皆様と共にお参りさせていただき、ドキュメンタリー映画『かけはし』第3章にむけて、取材・撮影させていただきました。



この時期に、『かけはし』にご出演いただいたお父様のソンデさんとスヒョンさんのお墓参りに伺わせていただき、人として直視すべき大切なことをより深く考えていく機会を与えていただき、心より感謝申し上げます。

posted by ぷらっとハッピー日記 at 11:17| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

ドキュメンタリー映画『かけはし』東北初上映!皆様に心より感謝申し上げます✨

かけはし案内表.jpg


ドキュメンタリー映画『かけはし』が宮城県の仙台にて、民団宮城の皆様の主催により韓国会館大ホールにて東北で初上映されました✨皆様に心より感謝申し上げます。

本日、皆様からの感想が届きましたので、一部ご紹介させていただきます。

「現在の日韓関係についてみた時、タイムリーな上映だったと感じました。民間だけでも、人と人との関わりを持つべきだと思います」

「悲しい映画だと思っていたのですが、未来をみすえたとてもまっすぐで力強い希望がたくさんつまっていました。『かけはし』のような人に私もなりたいと思いました」



皆様に心より感謝申し上げます✨
東北での『かけはし』上映が広がっていくことを心より祈っております。


🔵かけはし公式HP ➡️ http://kakehashi-movie.net


今後とも、上映に向けて皆様のご支援・ご協力を何卒よろしくお願い申しあげます。


たくさんの感謝を込めて💌✨




posted by ぷらっとハッピー日記 at 21:50| 東京 ☔| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

11/15(金)ドキュメンタリー映画『かけはし』なかのZERO 視聴覚ホールにて上映!

かけはしチラシ最終.jpg

東京・中野の「なかのZERO 視聴覚ホール」にて、ドキュメンタリー映画『かけはし』が上映されます。皆様のご来場をお待ちしています〜🎵

【東京・中野】かけはし上映会
日程:2019年11月15日(金)13:30開場/14:00〜上映スタート
会場:なかのZERO 視聴覚ホール(東京都中野区中野2-9-7)
※JRまたは東京メトロ東西線の中野駅南口から徒歩8分
 https://www.nicesacademia.jp/access/
料金:1000円
主催:中野上映実行委員会
申込・問合せ:E-mail: info@musevoice.com 
FAX: 042-810-1100/TEL:070-5568-8204

✨企画・製作・統括プロデューサー・主題歌の中村里美と製作・プロデューサー・音楽監督の伊藤茂利が伺わせていただきます
posted by ぷらっとハッピー日記 at 22:04| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再会に感謝!

70670825_2502321199851164_7344418819466592256_n.jpg


先日のライブで、異文化コミュニケーション雑誌の編集長をしていた頃にお世話になったスタッフの村田勝彦さんと再会。


今では、会社を立ち上げ、元気に活躍していてとっても嬉しいです〜!自らボディーメイクの選手としても活躍中!✨


お写真ありがとう✨応援してます!!
posted by ぷらっとハッピー日記 at 08:35| 東京 🌁| ぷらっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

足立区で初の『かけはし』上映会!たくさんの感動をありがとうございました。

9407.jpg


昨日は、足立区で初となるドキュメンタリー映画『かけはし』上映が開催されました。株式会社世林 代表取締役の林致寛様が「是非この映画を上映したい!」と呼びかけてくださり、足立上映実行委員会が発足され、この度の上映会が実現しました。上映会をつくってくださった皆様に改めて心より感謝申し上げます。


69949613_2498980983518519_6787063103897993216_n.jpg


林様は、この日のために、韓国のチェジュ島の伝統的な柿渋染めの衣装を着て心にしみる素晴らしいご挨拶をしてくださいました。ご来場くださった皆様、ご支援・ご協力くださったすべての皆さまに心より感謝申し上げます。



上映後に突然、「私‥今まで、嫌韓だったんです…」と話しかけてくる女性がいました。

「韓国に対して、一体なんなのって思っていました。でも…映画を観ているうちに、そうだよねぇ…そうだよなぁ…って…気づきました。本当に今日来てよかった‥‥」と、目を真っ赤にして涙を流しながら、熱く思いを伝えてくださる姿に感動しました。


69932694_2498980910185193_6355741777701371904_n.jpg


感動の上映会を本当にありがとうございました。
『かけはし』上映を広めていけるよう全力を尽くします✨


I am a Bridge!.jpg


ドキュメンタリー映画『かけはし』
➡️ http://kakehashi-movie.net




posted by ぷらっとハッピー日記 at 21:03| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

9/14(土)、宮城(仙台)・東京(足立区)にて、ドキュメンタリー映画『かけはし』が上映されます〜!

top_2016.10.07.jpg

明日9/14(土)は、宮城県(仙台)、東京(足立区)にて、ドキュメンタリー映画『かけはし』の上映会が開催されます✨


映画『かけはし』公式HP
上映情報 ➡️ http://kakehashi-movie.net/screen/


足立区での上映会に伺わせていただく予定でおります✨
皆様、何卒よろしくお願い申し上げます。


かけはし予告編
posted by ぷらっとハッピー日記 at 19:44| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

10/6(日)沖縄県・那覇市「Punga Ponga」にてドキュメンタリー映画『かけはし』が上映されます〜!

先日、沖縄で初上映されたドキュメンタリー映画『かけはし』をご鑑賞くださった翁長様が、多目的ミニホールとブラジル家庭料理の店「Punga Ponga」で、次の沖縄上映会を開催してくださることになりました。


「沖縄在住や県外の韓国人の友人もいますが、彼らがどうやって育ってきたのか知る機会がありませんでした。そばにいながら無関心でした。この映画をきっかけに、韓国人の方々の教育、システムや人生観、日本での暮らし、家族との生活をもっと知りたいと思いました。映画を上映し、沖縄在住の韓国人の方々から直接お話を聞く機会も作っていきたい」と翁長さん。


かけはし案内表.jpg


上映日時:2019年10月6日(日)14:00〜/19:00〜の2回上映 
上映会場:Punga Ponga (ぷんが ぽんが)
連絡先・上映会場:900-0013 沖縄県那覇市牧志1-11-11 1F
E-mail:deepbrasil2010@yahoo.co.jp
入場料:1,000円(前売り・当日同料金)

posted by ぷらっとハッピー日記 at 22:59| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/23 (土・祝日)ドキュメンタリー映画『かけはし』福岡県の西南学院大学博物館2階講堂にて上映!

11/23 福岡県の西南学院大学博物館2階講堂にて、ドキュメンタリー映画『かけはし』が上映されます。福岡の皆様よろしくお願い申し上げます✨

かけはしチラシ最終.jpg


日時:2019年11月23日(土・祝)
   開場:13:30 開演:14:00
   上映時間95分(2部構成)
   上映後、舞台挨拶等を予定しています
   終演予定:17:00

入場券:予約券1200円/当日券1500円

場所:西南学院大学博物館2階講堂
   http://www.seinan-gu.ac.jp/museum/access/index.html
   地下鉄西新駅([3]番出口)・西鉄バス修猷館前バス停から徒歩5分
   ※駐車場はありません。近隣の有料駐車場をご利用いただくか、
    公共交通機関をご利用下さい。
   ※会場は2階ですが、階段のみでエレベーターがありません。
    御了承下さい。

問合せ:シネマ・アルチ 092-712-5297  fax092-714-4164
主催:映画「かけはし」をみる会(福岡)
posted by ぷらっとハッピー日記 at 22:36| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風の被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

この度の台風で被害にあわれた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。


ミューズの里は、突風で地震かと思うぐらいオフィスが何度か揺れて、どうなるかと心配されましたがお陰様で無事でした。管理している庭の木々は倒れ、スタッフができる限りの応急処置はしたものの、道具を買いに行く余裕もまだなく、崩壊したままのバラのオベリスクがそのままで可哀想な状況でありますが、仕事がひと段落次第、何とかしたいと思います。


これまでにない大きな台風や大雨等の被害が毎年必ず起こるようになり、さらに地震国でもある日本は、災害に備えてより一層の配慮が必要であることを痛感する台風でした。


友人の実家のある千葉の屋根が飛ばされるなど、さらに電気も通らず、水も出ない状態のままの地域もまだある中、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。



posted by ぷらっとハッピー日記 at 14:04| 東京 ☀| ぷらっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山形県映画センターの宮沢啓さんが亡くなって一年が過ぎる中で……


🔼Youtube 山形西高等学校合唱部「アオギリにたくして」


昨年9月9日にご逝去された山形県映画センターの故 宮沢啓さんを思い起こしながら…山形県で初の「アオギリにたくして」上映で主題歌を合唱してくださった山形西高等学校合唱部の皆様のあの時の歌声をYoutubeで聴いて…心癒されました。


宮沢さんにもワンカットご出演いただき、製作中だった第3作目となるドキュメンタリー映画「いのちの音色」は、この夏公開予定でしたが、今も作り続けています。

資金難もあってなかなか前に進みませんが、来年夏の公開目指して必ず形にしていきます!


宮沢さんに喜んでいただける作品になるようがんばります。これからもずっと天国から見守っていてください


41524020_1915213641895259_5981401675246600192_n.jpg
⬆️宮沢様はじめ、お世話になった山形の皆様に改めて心より感謝申し上げます。
posted by ぷらっとハッピー日記 at 12:10| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

カトリック藤沢教会『かけはし』上映会にご来場くだっさった皆様に心より感謝申しあげます。

69654092_2488154494601168_430401799468351488_n.jpg


9月8日、カトリック藤沢教会にて『かけはし』上映会が開催されました。


たくさんの皆様がご来場くださり、心より感謝申し上げます✨


「もっともっとたくさんの人にこの映画を届けてください!」
という皆様のお言葉が心に深く深く沁みました。


全力で挑みます!!


この度の上映会に向けて、曽根和子様、大川須美様はじめ皆様に大変お世話になりました。心より深く感謝申しあげます。


かけはし公式HP
➡️ http://kakehashi-movie.net


日本全国での上映会に向けて皆様のご支援・ご協力を何卒宜しくお願い申しあげます。

posted by ぷらっとハッピー日記 at 01:04| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カトリック藤沢教会の被爆アオギリ2世と再会!そして、第2作目となるドキュメンタリー映画『かけはし』上映!

2009年8月、カトリック藤沢教会での歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」ライブで、広島の被爆アオギリ2世をお届けしました。そのアオギリがこ〜んなに大きく育っていてびっくりしました〜!✨


69906866_2488154447934506_3015084354805170176_n.jpg


1000回ライブを目指して日本全国ライブ活動を行う私たちをずっと応援してくださっていた被爆者の沼田鈴子さんが、2011年7月にご逝去されました。深い悲しみの中…沼田さんがアオギリにたくされた思いを、より深く届けていくにはどうしたらいいか…と考える日々の中で、それまでドキュメンタリーとしてカメラを回していた映画づくりの企画を劇映画に変更し、映画づくりを続行しました。


その後カトリック藤沢教会で上映会をさせていただいた時には、30cm程だった小さな苗が、我々の身長ぐらいの高さにまで成長していました。


そして、一昨日の9/8、弊社ミューズの里の第2作目となる映画『かけはし』上映がカトリック藤沢教会で開催され、大空に向かって大きく育っているアオギリとも再会!✨!さらに大空に向かってグングンと大きく成長していました💌


70171156_2488154614601156_7356711436774539264_n.jpg
🔼大川須美さまと一緒に〜🎵



前日、長野から戻り、数日間あまり睡眠の取れない中での上映会で少しふらふらしていましたが、皆さまに見守っていただき、アオギリからもたくさんの元気をいただき、無事に「かけはし」上映会を終えることができました。


ドキュメンタリー映画「かけはし」に込めたメッセージが、皆さまの心に届いていることを実感する、ステキな上映会でした。ご来場くださった皆様に改めて心より感謝申しあげます✨本当にありがとうございました。


「かけはし」日本全国上映にむけて、自主上映を呼びかけています。皆様のご支援・ご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。


かけはし公式HP
➡️ http://kakehashi-movie.net


「いのちの音色」ライブ、「アオギリにたくして」「かけはし」と、いつも応援くださっているカトリック藤沢教会の皆様と、このご縁を繋いでくださり、我々を見守り続けてくださっている曽根和子さま、大川須美さまに心より感謝申しあげます。




posted by ぷらっとハッピー日記 at 00:47| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

映画のモデルとなった沼田鈴子さんも訪れた高森町にて「いのちの音色」ライブ公演&『アオギリにたくして』上映!

69871651_2484707471612537_4453210585722519552_n.jpg

2019年9月7日(土)早朝3時集合!『いのちの音色』ライブ & 映画『アオギリにたくして』上映のため長野県・高森町へ出発〜!


高森町は、映画「アオギリにたくして」のモデルとなった被爆者の沼田鈴子さんも訪れた町で、被爆アオギリ2世が元気に育っています。


会場のロビーには、写真家の唐木孝治さんによる写真展が同時開催され、広島の写真や沼田鈴子さんが平和公園で被爆アオギリを指差す姿を捉えた写真、そして、高森町に育つ被爆アオギリ2世の写真などが展示されていました。


69641407_2485851928164758_5183795844305911808_n.jpg



長野県・高森町の歴史ある平和事業「平和へのかけはし使節団」。30年以上に渡り毎年広島での平和学習を行っています。生前、沼田鈴子さんが何度も語り部として高森町の皆様にお話をされたことがあるそうです。


69942681_2485851998164751_584590992250765312_n.jpg



この夏、広島を訪れた高森町の皆様が大人も子供も一緒に一つとなって、みんなでつくる平和を、自分に出来ることを考えながら生み出していこうという強い思いを感じました。


心の目で視て、心の耳で聞いて、心の奥から感じたことを、心からの自分の言葉でお話しされていることが、ものすごく伝わりました。
感動することはあっても、心が揺り動かされる体験は少ない中で、本当に素晴らしい会でした。


そして、最後にお話しくださった団長様のお話しに歴史ある高松町の平和へのかけはし使節団に高森の皆様が込めている魂を感じながら、平和を築く上での大切な原点を見つめさせていただく思いでした。




69970993_1331799250331855_7671820654567489536_n.jpg



沼田鈴子さんも訪れた高森で、そして、被爆アオギリの子供たちが元気に育つ高森で、共に映画プロデュースをしてくれたギタリストの伊藤茂利さんと共に、歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」ライブ公演をさせていただき、感謝の気持ちでいっぱいです✨


当初、ライブだけの予定でしたが、皆様のお力添えで映画「アオギリにたくして」も上映していただけることになり、時間のない中であったにもかかわらず、たくさんの皆様にご来場いただきました。町長の壬生照玄様もご来場くださり心より感謝申し上げます。高森町役場 教育委員会事務局の寺沢浩之様、市議会議員の林まゆみ様はじめ実行委員会の皆様に大変お世話になり、本当にありがとうございました。



70006698_170096247372914_6246001175695458304_n.jpg


このご縁を繋いでくださった南木曽の小椋シガ子様が島根県のお友達と一緒にご来場くださいました。ステキな花束をいただき感激です!✨本当にありがとうございました。心より深く感謝申し上げます✨


69519167_2485851824831435_6501825168900358144_n.jpg
posted by ぷらっとハッピー日記 at 23:01| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

9/14(土)宮城県で初!ドキュメンタリー映画『かけはし』上映〜!

「かけはし」ご両親宣材用写真(2).jpg


宮城県で初となるドキュメンタリー映画『かけはし』上映が、9/14(土)に仙台にて開催されます〜!宮城県の皆様、宜しくお願い申し上げます✨


ドキュメンタリー映画『かけはし』
日時:2019年9月14日(土)10:30〜
会場:韓国会館6F
お問合せ:TEL 022-263-6961
主催:在日本大韓民国民団「宮城県地方本部」
posted by ぷらっとハッピー日記 at 19:37| 東京 🌁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/6(日)第2回太宰府市民映画祭:ドキュメンタリー映画『かけはし』上映〜!

かけはしチラシ最終.jpg

第2回太宰府市民映画祭にて、福岡県で初となるドキュメンタリー映画『かけはし』が上映されます✨皆様のご来場を心よりお待ちしています!

第2回太宰府市民映画祭

🔵日時:2019年10月6日(日)午後13:00〜/16:00〜(2回上映)
🔵会場:太宰府館3Fまほろばホール
🔵料金:1000円
🔵主催:太宰府市民映画祭実行委員会


✨福岡では、11月下旬にも福岡市での自主上映が企画されています。
また、北九州でも上映会が検討されています。詳細が決まり次第、告知させていただきます。

69333464_2530597486962640_1603130155646058496_n.jpg
posted by ぷらっとハッピー日記 at 19:15| 東京 🌁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/8(日)カトリック藤沢教会にてドキュメンタリー映画『かけはし』上映!

top_2016.10.07.jpg


カトリック藤沢教会にて、ドキュメンタリー映画『かけはし』上映会が開催されます。


弊社ミューズの里が設立された翌年の2009年、カトリック藤沢教会にて歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」ライブを開催していただき、その後2013年に完成した初プロデュース映画『アオギリにたくして』も上映していただきました。教会のお庭には広島市役所から届けられた被爆アオギリ2世が育っています。

そして、今回は、弊社ミューズの里の第2作目となるドキュメンタリー映画『かけはし』上映会をしていただけることになりました✨


カトリック藤沢教会の皆様に心より感謝申し上げます。


我々のライブ活動や作品をいつもご紹介くださり応援してくださっている曽根和子様、大川須美様はじめ皆様に改めて心より感謝申し上げます✨


次の日曜日(9月8日)11時より、カトリック藤沢教会のセンターホールにて上映がスタートします。
皆様よろしくお願い申し上げます✨


カトリック藤沢教会『かけはし』上映会
日程:2019年9月8日(日)
時間:10:30〜/上映:11:00スタート
料金:1000円(中学生・高校生:500円/小学生:無料)
会場:カトリック藤沢教会(センターホール)
〒251藤沢市鵠沼石上1-1-17
TEL. 0466-27-2787
http://fcath.starfree.jp/index.html
※JR東海道線、小田急江ノ島線の藤沢駅より徒歩3分ほどの所にあります。
藤沢駅より南口広場をわたり小田急デパート沿いに江ノ電の線路に沿ってきて下さい。


✨企画・製作・統括プロデューサーの中村里美と製作・プロデューサー・音楽監督の伊藤茂利がご挨拶に伺わせていただきます。
皆様よろしくお願い申し上げます〜🎵



ドキュメンタリー映画『かけはし』公式HP
➡️ http://kakehashi-movie.net

posted by ぷらっとハッピー日記 at 17:05| 東京 🌁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月31日

10/26(土)喫茶たんぽぽ『アオギリにたくして』上映会&ライブ

69431642_647291255680917_4159312270079295488_n.jpg

映画『アオギリにたくして』の美術スタッフとしても大変お世話になり、ミューズの里のライブでもお世話になっているミュージシャンのjijiさんと、表現空間ミューズの里にご出演くださっていたmomokoさんが、「喫茶たんぽぽ」での上映会を企画してくださいました。心より感謝申し上げます✨


上映&ライブの会場となる「喫茶たんぽぽ」は、障がいのある方々の社会参加と訓練の一環として喫茶店の運営や手作り品の制作などを行なっている「NPO法人たんぽぽ」が運営する喫茶店です。お食事もデザートも美味しくてアットホームな素敵な喫茶店です〜🎵



映画『アオギリにたくして』上映会のお知らせ
開催日:10月26日(土)
    
・12:10 開場
・12:20〜12:30 開演ご挨拶
・12:30〜14:30 上映会
・14:30〜14:45 休憩
・14:45〜15:15 ライブコンサート
・15:15〜15:25 お茶会準備
・15:30〜16:00+α お茶会

参加費:1,500円(映画鑑賞+お茶会)
※お茶会はドリンク+ケーキセット

お申し込み:E-mail: aogiritampopo@yahoo.co.jp
まで、メールでお申し込みください。

会場:喫茶たんぽぽTEL: 042-519-3159
立川市富士見町1-18-10 ワコーレ立川1階1号

○喫茶たんぽぽ ➡️ http://cilt.sakura.ne.jp/tanpopo.html
〜立川駅からのアクセス〜
 JR青梅線・西立川駅下車3分 徒歩5分
 立川バス拝島営業所行き・富士見橋バス停 下車10分


✨参加ご希望の方は、aogiritampopo@yahoo.co.jpにメールでお名前とご購入希望枚数を書いてお送りください。
30名様限定ですので、お早目のお申し込みをよろしくお願い申し上げます✨
posted by ぷらっとハッピー日記 at 12:24| 東京 ☁| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

ドキュメンタリー映画『かけはし』第2章にご出演くださったジョン ヨンヒョンんさんが来日✨

69545966_2470623399687611_343194949539332096_n.jpg


ドキュメンタリー映画『かけはし』第2章にご出演くださったジョン ヨンヒョンさんが来日〜!✨


今年6月にソウルで行われた『かけはし』韓国初上映で再会し、今回は日本での再会です✨


「かけはし」第2章でも描かせていただいた日本での旅から帰国後、大学に戻ったヨンヒョンさんは、その後コスタリカへ。


軍隊を持たずに非武装・中立を貫くコスタリカは、社会福祉や教育、環境保全への支援を第一に考えています。GDPは低くても人々が幸せを感じながら誇りを持って生きている姿に感動したと言います。
8ヶ月間コスタリカに滞在して奉仕活動を行いながら、スペイン語も習得したそうです!✨


2017年の冬には、みんなで集めた署名によって、故イ スヒョンさんが通っていた高校への道を「李秀賢さんの道」と名付けたそうです。韓国人と釜山に留学している日本人学生が一緒になって署名集めの活動を行い、若者たちの力で夢を実現しました。


「人の命を救おうとして犠牲となったスヒョンさんが、私たちに次の役割を渡してくれました。未来の日韓関係を良くするためにつくしたいという学生たちの思いが広がれば、きっと日本と韓国の関係は良くなっていくと思います」とヨンヒョンさん。


大学卒業後は、日本語を使う仕事を目指して、現在は韓国の大手企業に就職。仕事で韓国の日本企業を訪れることがよくあるそうです。今後は、働きながら大学院を目指し、「日本語と韓国語の通訳や翻訳者として両国の懸け橋となって活躍したい」と、さらなる夢を語ってくれました。


これからも、ドキュメンタリー映画「かけはし」では、ヨンヒョンの取材を続けていきたいと思います〜🎵✨



posted by ぷらっとハッピー日記 at 23:09| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

被害と加害‥‥そのどちらも深く考えてみることなく大人になった私

IMG_20190829_113033_672.jpg
▲1986年 アラスカの学校にて


たとえ個人的な体験であったとしても、加害と被害を乗り越え和解することは難しい。もし、自分の愛する大切な人たちが誰かに殺された時、相手を赦す事が出来るだろうか。暴力、暴言、差別、いじめ、誹謗中傷をした者を赦し、不信感を拭い去ることが出来るだろうか。そう自分に問いかけた時、複雑な気持ちになる。


まして戦時下において、自分ではどうすることもできない渦の中に巻き込まれ、忘れたくても忘れられない辛く悲しく苦しい体験を強いられた人々の心の痛みはいかばかりであろう。

今でこそ、PTSDなど精神的ケアへの理解も多少あるが…戦時中に苛烈な体験をされてきた方々は、いかにして悲しみを乗り越え、その後を生きてこられたのだろう…。

日中戦争、太平洋戦争による過酷な体験で心に傷を負って精神疾患になり、戦傷病者特別援護法に基づく療養費を受給しながら入院生活を送っていた旧日本軍の軍人・軍属がゼロになったことが今年4月末の平成の終わりに報じられ、そのニュースがとても気になった。

他にも、ぬぐい去ることのできない精神的苦痛と共に戦後を生きてきた方々がたくさんおられたことを思うと、胸が締め付けられるような思いになる。


アメリカでは、心身の負傷と後遺症によって、社会生活を営むことが困難になった帰還兵の医療や福祉が深刻な社会問題になっている。イラク・アフガン戦争での戦死者より、帰還兵の自殺者の方がすでに上回ったといわれている。日本でもイラク等に派遣された自衛官の自殺者が54人と報道されていたが、一人の自殺者の後ろに、精神を病んでいるたくさんの方々いることだろう。そして、イラク・アフガンで犠牲となった方々やそのご家族、同じように辛い思いをしている兵士の方々は今、どのような状況にあるのだろう…。


学生時代の私にとって、歴史で学ぶ戦争における被害も加害も、すべて過去の出来事でしかなかった。グローバル社会、国際人の育成など、聞こえのいいキャッチフレーズをよく見かけるが、そのために一番学び考えなければならないことがすっぽりと抜けたままだった。


高校生の時、初めてアメリカでホームステイ体験をした時のこと。受け入れ家庭のアメリカ人ご夫婦は日本がとても大好きで、祖父母の家に行った時にしか見たことのない木製のおひつに白いごはんを炊いて私を迎えてくれた。ある日、私と同じ年の17歳の女子高生の家に招かれ、一泊だけしたことがある。彼女の夢は女優になることで、両親は馬鹿げた夢だと言って大反対していたが、彼女は本気だった。庭に一頭の馬を飼っていてた。毎朝、朝食に使う卵を取りに馬にのって近くの鶏の小屋へと向かうのが日課だという。雨の中、さっそうと馬にまたがり、卵を取りに行く彼女の姿を窓越しに見ていた時のことだ。

突然、「あなたは、日本とアメリカが戦争をしていたことを学んだの?」と彼女のお母さんが話しかけてきた。私が「はい、昔、日本とアメリカは…」とつたない英語で答えかけた時、その言葉を遮るように、「昔じゃありません」と厳しい口調が戻ってきた。怒りと悲しみに満ちたお母さんの表情に、私は何も返す言葉がなかった。

ちょうどその時、卵をたくさん手に抱えて彼女が戻ってきた。私とお母さんの間に流れる気まずい空気を察して消し去るように、彼女は明るく演じてくれた。「日本が嫌いで、日本製品を絶対買わない人たちもアメリカにはいるのよ。でも、気にしないで、私はあなたが好きだから」そう言いながら私を抱きしめてくれた。


大人になり、異文化コミュニケーション雑誌の編集長をしていた20年程前、まるでその時の自分を思い起こすような投書をもらうことが度々あった。

修学旅行で韓国を訪れていた高校生が、お土産を買いに立ち寄ったお店で、日本語を流暢に話す韓国のおじいさんに、「おじいさん、日本語上手いね。なんでそんなに日本語上手いの?」と無邪気に聞いた。その途端、おじさんがホウキを振り上げて、ものすごい形相で追っかけてきたという。高校生たちはびっくりして一目散に逃げたが、なぜおじさんが怒ったのかについてわからなかった。


教科書の上だけでの歴史の知識だけではなく、過去を非難するためだけでもなく、目の前にいる隣国の人々とより深く相互理解し、よりよい未来を築くために、相手の心の痛みに寄り添った生きた学びの場があればと感じる。


学生時代には、日本の被害についても加害についても深く考えてみたことのなかった私は、30年以上前の22才の時、アメリカの学校の授業の中で日本文化の紹介と共に広島・長崎を伝える草の根ボランティアにたまたま参加したことで、戦争と平和について考えはじめた。
広島・長崎の被爆者の方々から直接お話を伺わせていただき、海外でヒロシマ・ナガサキを伝えた体験は、振り返ると今の自分の原点となっている。


当時、パールハーバーが返ってくるだけではなく、日本のアジアにおける加害責任を指摘されることも多かった。日本人に平和について語る資格はないとまで言われたこともある。
しかし、それでも伝えるべきヒロシマ・ナガサキの被爆者のメッセージを、しっかりと受け止めてくれるたくさんの人々がいて、一年間で280回ものプレゼンテーションをさせていただいた。


憎しみの連鎖をたちきり、「自分と同じ苦しみや悲しみを世界中の誰にもさせたくない」と願うヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々のメッセージが国を超え、人々の心に届いたのだと思う。そして、戦争体験のない私自身も、お世話になった被爆者の方々が被害を超えて世界の人々の幸せを願う愛に溢れたメッセージを託してくださったことで、心から伝えたいと思えたのだと思う。


理屈を超えて「戦争は絶対ダメだよ!」と全身全霊で伝えてくれた痛みを知る体験者の方々が年々亡くなっていく中‥‥今の世の中の流れと物の言い方には不安を感じる。


今、戦後最悪といわれる日韓関係についても連日報道されているが、両国の主張や理屈をどれだけ解説しても答えは見つからず、相手国への不信感が双方共につのっていく。政治利用の側面やそれぞれの考えや理屈があろうとも、日韓関係悪化の裏に歴史認識が絡んでいることも否定できない。

それにしても私自身は、これまで韓国の被害者の方々の気持ちに本当に深く寄り添って考えてきたのだろうか。そう改めて自分に問いかけた時、それが充分に出来ていない自分自身を再確認する。


より一層深く知り学びたいと思う。両国と世界の友好を願いながら。



posted by ぷらっとハッピー日記 at 10:51| 東京 ☀| ぷらっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

前川喜平さん企画による映画『子どもたちを よろしく』

こどもたちをよろしく.jpg


ライブ&上映会にご来場くださった石塚聡様が発行されているジャーナリストと市民を結ぶ情報誌「マスコミ市民」主催による前川喜平さんの講演会に伺わせていただきました。講演の内容はもちろん素晴らしかったですが、何よりその型破りな存在感!前川さんのような方が文部科学省事務次官として存在していたんだということに、何だかちょっと希望もいただいたような気持ちになりました。


講演の最後に、「子どもたちを よろしく」という映画のお話がありました。
前川喜平さんが企画をされた映画です。

「はっきり言ってとても暗い映画です」と前川さん。「この作品は、中学生のいじめと自殺、その裏にある家庭の問題をリアルに描いている。とても重い映画。しかしこれは現実だ。この現実に一人でも多くの人が気づくことが大事なのだ」と前川喜平さんはコメントを寄せています。

2020年初春、ユーロスペース他、全国順次公開される予定です✨




帰りの電車の中で、いただいたチラシに目を通していると、30数年前のことが蘇りました。

オレゴン大学の女学生たちとネバダ核実験場前で行われたピースキャンプの取材に行った時のことです。核実験による近隣住民の子どもたちの白血病などの因果関係が取り沙汰される中、子どもたちを心配する母親たち約3000人が母の日にネバダの核実験場前に集まり、核実験反対を訴えていました。

砂漠にテントを張り、取材をしていた時、そこに集う人たちの中で、ちょっとした小競り合いが始まりました。徹底した非暴力を貫く人々の中で、少しだけ過激に思える言動をとる女性たちがいました。ある日、気持ちを分かち合い、みんなで話あう事になりました。広大なネバダの砂漠の中で、輪になって座り、それぞれが自分が感じた事を話しはじめました。しばらくすると、問題視されていた女性が一人、また一人、自分の生い立ちを話しはじめました。親や周囲の大人たちからの虐待、レイプ、暴力、貧困の中で、どうやって自分を守り今にいたったかを…。その日の夜、未だに癒される事のない心の傷が、どうしていいか分からない彼女たちの叫び声となって、ネバダの砂漠中に響き渡りました。それまでの人生の中でも、その後の人生の中でも、あの時をおいて聞いた事のない、それは地球が落っこちてしまいそうな叫びでした。私は、自分の体を両手で抱きしめながら一人、月の光だけを頼りに、その夜ずっとネバダの砂漠をさまよい歩いていました。

帰国後、音楽に全く興味もなかった私が、ある時ひどく絶望を感じることがあった時、歌詞とメロディーとなって蘇ってきたのが、この時に見たネバダのお月さまの歌でした。あの時の体験からずいぶん時間を経ていたにもかかわらず、突然歌となってその時の感情が蘇った時、自分が抱えきれない程にあの時に体中で浴びたものが、まだ自分の中でも消化しきれず、そのまま残っていたことに驚きました。


児童虐待、貧困、アルコールやギャンブル依存、対人依存などの大人のありようが、子どもたちを追い詰め、居場所を奪い、心の闇をつくっていく…。私は日本の実情にこれまで目を向けてこなかったけれど…30年前にアメリカで感じたことが、今日本で 起きているのかもしれない…。


劇場公開されたら、必ず見に行きたいと思います✨

posted by ぷらっとハッピー日記 at 18:54| 東京 ☁| ぷらっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

いよいよ!ドキュメンタリー映画『かけはし』沖縄初上映〜!

8/30、31に、沖縄で第二作目の『かけはし』が初上映されます〜!

沖縄の皆様、何卒よろしくお願い申し上げます✨

沖縄裏.jpg


【沖縄・那覇】ゆかるひ
◎日時:2019年8月30日(金)18:30〜/31日(土)10:30〜・13:30〜
◎場所:ゆかるひ
◎料金:全席自由1000円
◎問い合わせ:TEL 090-6197-5354(上田)
※上映後、上田さんのオカリナ演奏と懇親会(自由参加)
◎後援:(財)東アジア共同体研究所 琉球・沖縄センター
◎協力:赤嶺和伸 TEL:090-4470-6801
posted by ぷらっとハッピー日記 at 18:43| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Peace Buildingのカレンさんはじめ皆様に改めて心より感謝申し上げます〜🎵

9月20日〜23日、スヒョンさんとお父様のイ ソンデさんのお墓参りに釜山に伺わせていただき製作中の『かけはし』第3章の取材も行う予定です。

先日、6月に開催された『かけはし』韓国初上映会への旅では、第1作目の映画『アオギリにたくして』上映会を開催してくださった広島のワールド・フレンドシップ・センター様と2003年から交流を深めておられるという韓国のPeace Buildingを訪れました。


65013484_2351142321635720_7439725496679530496_n.jpg

あれから2ヶ月、あっという間に時間が過ぎてしまい、その時のご報告も出来ていないままでしたが、改めてブログアップさせていただきました〜🎵 とってもピースフルでステキなひと時を過ごさせていただき、ご紹介くださった立花ご夫妻に改めて心より感謝申し上げます✨


65110116_2351142501635702_6856400811111481344_n.jpg


ソウル中心から鉄道で東に約1時間、南楊州市(ソウルの近郊)にあるPeace Buildingの一番の活動は、韓国社会に、修復的正義を普及させることだそうです。修復的正義は平たく言うと、加害者と被害者の間の関係を修復していくということなのだそうです。政府に認可された修復的正義のワークショップを国内で展開し、教育関係者、保護者、警察、裁判関係者、病院関係者などが参加されているそうです。また、北東アジア地域にその活動を広げ、中国、日本などとも協力して、毎年夏には、ワークショップが開催されています。


65294953_2351142598302359_5496340958033215488_n.jpg


かわいい3人の子どもたちとスタッフの皆さまがPeace Buildingを案内してくださいました。
そして、とっても美味しい韓国の家庭料理をカレンさんの旦那様のお母様が作ってくださり、みんなで一緒に食べるご飯は最高でした〜!✨感激〜🎵


65201003_2351142551635697_7693209986838560768_n.jpg


Peace Buildingでの『かけはし』や第1作目の『アオギリにたくして』上映にむけても快くご検討いただき、またお会いできる日を心より楽しみにしています。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


65465095_2351142628302356_6853906809502040064_n.jpg

65141755_2351148504968435_3355094611864322048_n.jpg


韓国初上映に向けて、ご支援いただいた埼玉応援団の皆様に改めて心より感謝申し上げます✨


65605491_1814617822017827_8096455545612926976_n.jpg

posted by ぷらっとハッピー日記 at 18:18| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国ソウルでの映画『かけはし』初上映から2ヶ月、今思うこと。

65073843_2351142364969049_4866536909481967616_n.jpg

2001年1月26日、JR新大久保駅でホームから転落した男性を助けようと、日本人カメラマンと共に亡くなった韓国からの日本語学校生だったイスヒョン(李秀賢)さんの夢や足跡、そして彼が人々の心に遺したものなどをテーマに描いたドキュメンタリー映画『かけはし』が、2ヶ月前の6月25日に韓国で初上映され、埼玉で上映会を企画してくださった埼玉応援団の皆様のご支援で共に伺わせていただきました。


映画にご出演くださったスヒョンさんのお父様の李盛大さんが今年3月にご逝去され、日本国内では追悼上映会が5月からスタートする中、韓国上映に行く直前まで仕事に追われ、帰国後も日本全国上映に向けて慌ただしい日々を送っているうちに、あっという間に2ヶ月が過ぎました。

日韓関係は戦後最悪と連日マスコミが報じる中ではありますが、改めて思います。政治がどうあれ、これまで築いた心の絆が変わることはありません。そして今、このような状況の時だからこそ、より一層、「日韓関係が厳しい時こそ、民間交流による心の繋がりが大切です」という李盛大さんの最後のメッセージが身にしみます。


韓国ソウルの在韓日本国大使館 公報文化院3階ニューセンチュリーホールで開催された韓国初のドキュメンタリー映画『かけはし』上映会は、国際交流基金ソウル日本文化センター様の主催で行われました。


李秀賢さん、李盛大さんへの黙祷の後、駐韓日本国大使の長嶺安政様と釜山韓日文化交流協会理事長ソン・ドンジュ様、スヒョンさんのお母様のシン・ユンチャン様のご挨拶に続き、歌手のチュ・ガヨルさんのミニコンサートが行われた後、韓国初の上映会にむけてご挨拶をさせていただき、『かけはし』の上映会が開催されました。

2019062700244_0.jpg


来場してくださった韓国の若者にインタビューすると「日韓の懸け橋になりたい」と熱く夢を語ってくれました。韓国での『かけはし』再上映に向けて熱い思いを伝えてくださる皆様の姿に、たくさんの感動をいただきました。


日韓が対立している今だからこそ、今一度 過去の歴史と謙虚に向き合い、世代を超えた憎しみの連鎖をくい止めるために、互いの意見を率直に語り合いながら、何ができるかを考えていくべき時なのだと思います。


平和は誰かに委ねたり、誰かから与えられるものではなく、私たち一人一人がつくっていくものなのだとつくづく感じます。


日韓関係が良い時も悪い時も変わることなく、これまで培われてきた両国の交流を絶やすことなく、心と心の絆を大切に深めていけるよう、『かけはし』上映を通して、我々自身もより一層の努力をしながら、引き続きスヒョンさんが私たちの心に遺したものは何か?をテーマに、第3章の製作に挑んでいきたいと思います。


来月9月20日〜23日、『かけはし』第1章で描かせていただいたスヒョンさんの頭文字をとって名付けられたLSHアジア奨学会の皆様と共に、スヒョンさんとお父様の李盛大様のお墓参りに韓国・釜山に伺わせていただき、製作中の第3章の取材もさせていただく予定でおります。


お力添えくださっている、スヒョンさんの母校の赤門会日本語学校の新井時賛様に心より感謝申し上げます。お母様の辛潤賛さんはじめ、釜山の皆様にお会いできることを心より楽しみにしています✨


posted by ぷらっとハッピー日記 at 17:23| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

Asahi Shimbun GLOBEより「新大久保駅事故から18年 寒風が吹く日韓、それでも架け橋は育っていく」

Asahi Shimbun Globe➕
『World Now』
新大久保駅事故から18年 
寒風が吹く日韓、それでも架け橋は育っていく


掲載記事 ➡️ https://globe.asahi.com/article/12143434


c2d788dd839d5ace8c04887c8654a888.jpg

posted by ぷらっとハッピー日記 at 15:09| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする