2016年09月12日

9・11から15年。いのちの音色と共に‥

昨日、9・11から15年目を迎えた。


2001年9月11日に起きたニューヨーク無差別同時多発テロと、その後のアフガニスタンへの報復攻撃。あんなにも戦争やテロへの恐怖と不安を身近に感じことはなかった。そして、憎しみの連鎖がもたらす悲劇が、いずれは人類を滅亡させてしまうのではないかという絶望感と共に、愛や平和や正義の名の下に、人の命を奪うことが正当化され、報復のために罪のない人々の命が犠牲になっても仕方ないことだとされてしまう現実が、悲しくて、苦しくて、涙が止まらなかったあの時‥‥。


改めて、15年前のあの日を思う。


日頃口にする愛や平和という言葉が、とても薄っぺらなものに感じられ、極限状態になった時、自分はどうするのかと、突きつけられる思いだった。


混乱した感情をかかえながら、何かせずにはいられない思いの中で、どうしたらいいかもわからない無力感を感じながら、絶望感に自分が負けてしまわないように、自分自身を支えるために、それまでまったく音楽に関心のなかった自分が‥‥詩を書き、そこから湧き起こる感情をメロディーにのせ曲をつくっていた。


人前に出るのが嫌いで、カラオケさえ未だにいけない私が、音楽をはじめて作るきっかけになったのは、9・11だった。


あれから15年。


愛ってなんだろう?
平和ってなんだろう?
自問自答の中から、泣きながら生まれてきた曲たちは、初プロデュース映画「アオギリにたくして」の挿入曲や挿入歌として流れている。


自分自身の心の平和や愛を確かめていくプロセスの中から生まれてきた楽曲は、そもそもは自分自身の心を癒すためのものだったが、気に入ってくださった方がCD化してくださり、ライヴ活動を企画してくださったことがきっかけとなり、自分の声で歌うようになった。



そして、15年。



今、世界は‥?
そして、自分は‥?


絶え間なく続く流れの中で
ふと、時をとめて、自問自答しながら、
これからも命の音色と共に歩んでいこうと思う。




戦争やテロによって失われ、傷付いたすべての命に
心から哀悼の意を捧げます。



Seeds of Peace!
“Let a chain of the love start from yourself!"


LOVE&PEACE!

Happyおりづる缶バッジ.png
posted by ぷらっとハッピー日記 at 11:49| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

9/25 日本の国連加盟60周年記念事業「核兵器廃絶国際デー記念イベント」〜変化する今、できること〜

080908.jpg

日本の国連加盟60周年(2016年)記念事業として9月25日に開催される「核兵器廃絶国際デー記念イベント」〜変化する今、できること〜の第一部の基調講演でお話しさせていただきます。
皆様よろしくお願い申しあげます。


==============================
日本の国連加盟60周年(2016年)記念事業
核兵器廃絶国際デー記念イベント「変化する今、できること」

==============================

2013年9月26日に国連総会で、「核軍縮ハイレベル会合」が初めて開催されたことにちなんで、国連は9月26日を「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」と定めました。日本の国連加盟60周年の今年、その国際デーを記念し、核兵器問題に対する社会的な関心を高める機会を提供するために、昨年に引き続き国連広報センターのご協力を得て開催させていただきます。

ゲストによる基調講演、岸田文雄外務大臣のメッセージに続き、政府や市民、被爆者、若者などさまざまなアクターがそれぞれの役割を示しながら対話を深めるパネル討論を行います。核兵器の廃絶による真のメリットと、核兵器の保有を続ける社会的・ 経済的コストについても考えます。イベントの詳細と事前申し込み方法は、下記の通りです。会場の都合上、事前申し込みが必須となります。

◎お申し込みURL (90人先着順)➡︎ http://kokucheese.com/event/index/424785/

◉日 時:2016年9月25日(日)午後2時−午後5時 (開場午後1時30分)
◉会 場:国連大学ビル 2階レセプションホール
*地図・住所はこちら http://jp.unu.edu/about/contact-us#location
 渋谷駅から徒歩10分、表参道駅から徒歩5分
◉主 催:核兵器廃絶日本NGO連絡会
◉共 催:国連広報センター
◉参加費:無料



〜第1部 〜
◎開会挨拶 :田 中 煕 巳(日本原水爆被害者団体協議会事務局長)

◎ゲスト基調講演:中 村 里 美
(シンガー・ソングライター・映画「アオギリにたくして」統括プロデューサー)
「核兵器のない世界のために、私にできること」

・岸田文雄外務大臣の文書メッセージ披露(予定)


〜第2部〜核兵器廃絶への道 - 変化する今、できること -
◎冒頭発言:根本かおる(国連広報センター所長)      
◎問題提起:太田昌克(共同通信社編集委員・論説委員)  
    
登 壇 者
◎川 崎 方 啓(まさひろ)(外務省 軍縮不拡散・科学部 審議官)
◎小 溝 泰 義(広島平和文化センター理事長・平和首長会議)
◎林 田 光 弘(明治学院大学院生•ヒバクシャ国際署名キャンペーンリーダー)  
◎楪 望(ゆずりは のぞみ)(フリーアナウンサー(元広島ホームテレビ)・広島県観光特使)
◎川 崎 哲(核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員)

◎閉会のあいさつ 内藤雅義(日本反核法律家協会理事・弁護士)


◉会 場:国連大学ビル 2階レセプションホール
地図・住所はこちら http://jp.unu.edu/about/contact-us#location
  渋谷駅から徒歩10分、表参道駅から徒歩5分

1.jpg

map.gif


◎取材・問い合わせ 核兵器廃絶日本NGO連絡会
nuclear.abolition.japan@gmail.com
電話03-3363-7561(ピースボート 担当:渡辺里香)
posted by ぷらっとハッピー日記 at 08:36| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

島根県雲南での上映&ライヴの前に、広島に立ち寄らせていただきました〜♪

shige&kuramoto.jpg
▲八丁座の蔵本支配人としげ兄。ギタリスト同士のツーショット〜♪

島根県雲南での上映会&ライヴに向かう途中、広島に立ち寄らせていただきました。


毎年、広島での上映をしていただき大変お世話になっている序破急の皆様にご挨拶のため、広島の映画館「八丁座」に伺わせていただきました。

大分県でのライヴ公演と重なり広島上映に伺えなかったのですが、ギタリストでもある蔵本支配人、フルート奏者でもある桑原さんが、「ひろしまアオギリ合唱団」の皆様と共に演奏してくださり、閉館前の「シネツイン」にて「アオギリにたくして」上映後に合唱と演奏が行われました〜♪

14045947_1089568657793099_8844050605649070936_n.jpg
▲八丁座の蔵本支配人(左)桑原さん(右)、しげ兄(中央)



「ひろしまアオギリ合唱団」を結成し、広島での上映を呼びかけてくださっている「アオギリ広島サポーター」代表の河村あゆみさんにご挨拶に伺いました〜!

2014年夏の広島「八丁座」での劇場公開で結成された「ひろしまアオギリ合唱団」は、昨年「サロンシネマ」にて、そして今年は「シネツイン」での上映後に歌と演奏を披露してくださいました。今年のメンバーは、あやめ幼稚園コーラス部を中心とした親子11組、バイオリニスト中島睦さんを中心とした弦楽四重奏、フルートは序破急の桑原由貴さん、ギターは八丁座支配人の蔵本健太郎さん〜♪♪

広島サポーター会長の梅谷ご夫妻が、「みなさんの歌と演奏に、感動して涙がでました」とご報告くださいました。皆様、本当に本当にありがとうございました〜!!

ayumi2016.jpg
▲「アオギリにたくして」広島サポーター代表の河村あゆみさん



ずっと応援いただいている立花ご夫妻にもご挨拶へ〜!立花ご夫妻は、映画「アオギリにたくして」をつくるきっかけとなった「いのちの音色」全国ライブ行脚の頃からずっとお世話になり、広島に行くたびにホームステイさせていただいていました。

さらに遡ること30年前、アメリカの学校でヒロシマ・ナガサキの被爆者のメッセージを伝える草の根ボランティア活動に参加した頃からずっと応援くださっている立花さんと、パートナーのみっちゃんにご挨拶に伺えて、とってもとっても嬉しかったです〜!!


tachibana.jpg
▲立花ご夫妻 みっちゃん&みっちゃんダーリン



そして、映画「アオギリにたくして」のロケ地のご協力をいただき、エキストラとしてもご参加くださった大前コーポレーションの大前会長にもご挨拶に伺わせていただきました。思ってもみなかったハプニングもあり、撮影資金が底を尽きてしまったため、お支払いを完了するまでに大変時間がかかりましたが、その間ずっとあたたかく見守ってくださり、励ましのお言葉をいただき、心より感謝申し上げます。また、お会いできる日を楽しみにしています〜♪




また、広島では「アオギリ会国東」の松岡照美様のご紹介で、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館の叶館長様にお会いさせていただきました。貴重な史料を見せていただきお話をしていただき、素敵なお人柄に感動し、お会いできて感激でした〜!

14054078_898073476964411_3262072179565873140_n.jpg
▲国立広島原爆死没者追悼平和祈念館の叶館長様と一緒に




原爆資料館にも立ち寄り、広島を訪れた際にオバマ大統領が手渡された折り鶴を見てきました〜♪

obama2.jpg

obama3.jpg

obama1.jpg



そして、大分県「アオギリ会国東」代表の衣笠邦彦さんと広島で合流〜!

衣笠さんと同じ大分県国東出身で「アオギリにたくして」モデルとなった沼田鈴子さんをよく知っておられる社会福祉法人「交響」の阿部倫久常務理事にお会いし、ご自身も左足を原爆で失っていることから障害者支援に力を注がれていた沼田さんとの思い出を聞かせてくださいました。「日本のマザーテレサのような人だったよ」と阿部さん。

阿部さんは、広島平和公園に日本中・世界中から送られてきた折り鶴を再生し、「おりづる再生名刺」として再利用することで障害者の自立を支援するプロジェクトにも力を入れておられます。


⚫︎社会福祉法人「交響」
➡︎ http://koukyou.or.jp/work2.php

Kinugasa.jpg
▲「アオギリ会国東」代表の衣笠邦彦さん



8/20に開催された島根県の「雲南アオギリ会」様の主催による上映&ライヴに「アオギリ会国東」代表の衣笠さんと一緒に行くため、アオギリ広島サポーター会長の梅谷ご夫妻のお家にホームステイさせていただきました〜!


梅谷家2016.jpg
▲「アオギリにたくして」広島サポーター会長の梅谷ご夫妻と一緒に〜♪


エキストラにも参加してくださり、映画製作からずっと応援してくださっているアオギリ広島サポーターの井上さんも仕事の後、梅谷家に〜♪ 全員集合! 梅谷のお父さん&お母さんと一緒に、みんなで楽しい楽しいひと時を過ごしました〜!!


思い起こせば5年前。「映画をつくろう〜!」と思い立ち、「映画をつくる」こと以外は何も決まっておらず、全く映画に関係する人を誰も知らない中で、まずは「映画のモデルとなる沼田鈴子さんのお墓りをしょう!」と夜行バスに乗って広島を訪れたところからから全てが始まりました。

まだ映画をつくろうなどと考えてもいなかった頃、沼田鈴子さんのお誕生日にプレゼントした「アオギリにたくして」という歌がCD化され、地元の中国新聞で知って購入してくださった梅谷さんが、夜行バスから降りた私たちを出迎えてくださいました。どこに沼田さんのお墓があるかもわからないまま、とにかく広島をめざした私達と一緒に、お墓を探しに行ってくださり、家に泊めてくださいました。

その後も、梅谷家にホームステイさせていただきながら、広島でのエキストラや協力者を募り、何日もかけて撮影の手配を行い、途方もないエネルギーを費やしながらの毎日。何度も挫折し、何度も訪れるピンチを乗り越えながらの日々でした。

映画づくりを経験したことがなかったため、見抜けずに陥り、大変な事は山ほどありました。しかし、プロデューサーである以上、愚痴を言ったところで自分に返ってくるだけであり、ただ乗り越えていくしかない。どこにもぶつけることの出来ない苦しさ、辛さ、悔しさ、怒り、孤独、不条理をこれ程味わったことはありませんでした。

しかし、もしこの業界のことをよく知っていたなら、きっと何もやらずに終わっていたのではないかと思います。経験は大切ですが、時に、人は、経験が邪魔をして、出来なくなってしまうこともたくさんあります。経験がなかったからこそ、できた作品、それが「アオギリにたくして」だと思います。


そして、どん底にある時も、どんな時もずっと支えてくださった梅谷のお父さん、お母さんはじめ、たくさんの皆様のお陰で、今があります。

人に傷つき、人に癒されながら‥‥人間について、平和について、命について、生きるということについて、自分自身の生き様について、改めて深く考える機会を「アオギリにたくして」を通していただいたことが、今の自分の財産です。


いつか梅谷のお父さん、お母さんをを雲南と国東にお連れしたいです〜♪♪



島根での上映&ライヴの前に広島に立ち寄ることになり、時間がなかったためご連絡できないままの皆様にも是非またお会いできる機会を楽しみにしています〜♪

島根県雲南市では、この度発足された「雲南アオギリ会」様はじめ雲南の皆様に大変お世話になり、とってもステキな上映会&ライヴが8月20日に行われました。一つ前のHPにて当日の様子をアップさせていただきました。

私が不注意でビデオを広島に置き忘れてしまったため、広島アオギリサポーターの井上さんがわざわざ雲南まで届けてくださり、上映会から最後の夜のライブまでご一緒してくださいました。井上さん、本当にありがとうございました〜!!


皆様に心より深く深く感謝申し上げます。
これからもよろしくお願い申しあげます〜!!



posted by ぷらっとハッピー日記 at 11:49| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「雲南アオギリ会」様はじめ皆様に心より感謝申しあげます〜♪

naoko-kaicho.jpg
▲「雲南アオギリ会」錦織斉子(にしこおりなおこ)会長


『長崎の鐘』や『この子を残して』etc.の著者であり、長崎で被爆しながらも、たくさんの被爆者を治療、救済した永井隆博士の生い立ちの家や母校のある島根県雲南で、映画「アオギリにたくして」上映と中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライヴが開催されました。


この度の上映とライヴを企画してくださったのは、飯石の交流センター「雲見の里いいし」事務局長の錦織斉子(にしこおりなおこ)さんが会長となり発足された「雲南アオギリ会」の皆様です。


unnan-aogiri2016.jpg
▲上映&ライヴでお世話になった「雲南アオギリ会」の皆様。大分県「アオギリ会国東」の衣笠邦彦代表(右上)、広島からアオギリサポーター井上博記さんも参加してくださいました〜♪

unnan-2016-8-2.jpg
▲「雲南アオギリ会」の会長 錦織なおこ様が、「アオギリにたくして」出会い・キセキ・足あと・・・を展示してくださいました。出会いからこれまでを振り返りながら・・・ただただ感動です〜!


ご来場くださった皆様に心より御礼申し上げます〜!


「雲南アオギリ会」様はじめ、「つむぎ」「ルーラル雲南」「雲南せいねんだん」「手話に親しむ会」の皆様、大分県から来てくださった「アオギリ会国東」の衣笠さん、広島から駆けつけてくださったアオギリサポーターの井上さんに心より感謝申し上げます〜!!本当にありがとうございました〜!!


雲南市の藤井勤副市長様が、「アオギリにたくして」映画会でご挨拶くださり、また、木次線開業100周年ぷれぷれイベント〜雲南の地酒で乾杯〜の中で大東駅にて開催された中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライヴにもお越しくださいました。上映会とライヴを最後まで見守ってくださり、そのあたたかいお人柄に触れ、永井隆博士の生い立ちの地で上映とライヴをさせていただけたことに改めて深く感謝申し上げます。

unnnann-fukushicho.jpg
▲雲南市副市長:藤井勤様

「雲南アオギリ会」事務局の三瓶裕美さんが「手話に親しむ会」の皆様と共に、主題歌「アオギリにたくして」の手話ダンスをつくってくださり、「いのちの音色」ライヴの中で一緒に踊ってくださり、とっても感激でした〜!!

unnan-2016-8-3.jpg
写真撮影:高嶋 敏展


松江での上映の際にお世話になった写真家の高嶋 敏展さんが来てくだっさり、お写真を撮影してくださいました〜♪ ありがとうございました〜♪


unnan-2016-8-5.jpg
写真撮影:高嶋 敏展さん

unnnann2016-8.jpg
写真撮影:高嶋 敏展さん



思い起こせば昨年、飯石交流センター「雲見の里いいし」事務局長の錦織斉子さんからいただいた一通の熱いメールから全てがはじまりました。


永井隆博士の母校である飯石小学校が少子化のため閉校になる前に、被爆アオギリ2世が校庭に植樹されている飯石小学校で是非「アオギリにたくして」を上映したいという錦織事務局長からの熱意のこもった熱いメールに感動し、飯石を訪れ、飯石小学校の平和教育への取り組みの素晴らしさに深く感動致しました。


今年3月20日に行われた、飯石小学校の閉校式にご招待いただいた際、子供たちと地域の皆様の姿に感動してつくった輪唱の歌「平和を」を、この度の「いのちの音色」ライヴの中で、皆さんと一緒に歌わせていただきました〜♪♪


出会い、繋がることで生まれ育まれていく絆から平和が広がっていくのだと改めて強く感じる雲南での上映&ライヴでした。想いを形にしていく雲南の皆さんの素晴らしさに、感動と希望をいただきました〜!!


〜出会い・感動・発見・出発〜「出会うことで感動が生まれ、感動する中で新たな発見をし、知らないことに気づかされ、また新たに出発していく!」これは、今は亡き沼田鈴子さんが平和の種まきをする上で、指針とされていた言葉です。この度の雲南での上映&ライヴを通して、沼田さんの言葉の意味の深さを感じています。


ご自身の生き様を通して「いのちの尊さ」「平和の大切さ」を教えてくださった永井隆博士と沼田鈴子さん、世界の平和を願い、本当は忘れてしまいたい体験を語り継いでくださった被爆者の方々、戦争体験者の方々が蒔いてこられた平和の種を、皆さんと共に育てていくことの出来るよう、精一杯力を注いでいきたいと思います。

Seeds of Peace!! 平和の種を世界へ〜♪♪♪


unnan-2016-8-1.jpg
写真撮影:高嶋 敏展



『 平 和 を 』(作詞・作曲・歌:中村里美/編曲・ギター:伊藤茂利)

平和を 心に
平和を 描こう
平和を この空に
平和を あなたに


平和を この町に 
平和を 学舎に
平和を 子供らに 
平和を 未来に


平和を 歌おう 
平和を 奏でよう
平和を つくろう 
平和を 世界に


平和を 私から 
平和を 伝えよう
平和を 地球に 
平和を ここから


「平和を」は、現在製作中のドキュメンタリー「いのちの音色」の挿入歌となる予定です〜♪♪♪
posted by ぷらっとハッピー日記 at 00:17| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

8/20 雲南アオギリ会「アオギリにたくして」上映&「いのちの音色」ライブ

13903293_1082903351792963_2301361544543169135_n.jpg

明日早朝(8/17)、車で広島に向かいます〜♪

広島では、映画製作のスタートの段階からずっと見守ってくださっている梅谷ご夫妻のところにホームステイさせていただき、来年度に向けての広島での上映&ライヴに向けて打ち合わせをさせていただき、大分県のアオギリ会国東の衣笠邦彦さんと合流し、8月20日に開催される島根県の雲南アオギリ会様の主催してくださっている「アオギリにたくして」上映&「いのちの音色」ライヴに向かいます〜!!


8月20日、皆様とお会いできることを心より楽しみにしています〜♪
何卒よろしくお願い申し上げます〜!!



***「アオギリにたくして」上映***
【 日時 】8月20日(土)
   @10:00〜 (9:30開場)
   A16:00〜 (15:30開場)
【 会場 】大東公園市民体育館 大研修室
     (雲南市大東町大東1094)
【 料金 】前売り (一般) 1000円 / (中学生以下) 500円
     ☆当日は各500円増


*** 歌と語りで伝える「いのちの音色」ライブ ***
中村里美さんと伊藤茂利さんのデュオがお届けする、「アオギリにたくして」制作の原点。6月に行われた、アメリカ上映のお話しもあります!
【 日時 】8月20日(土)18:30〜19:30
【 会場 】出雲大東駅 ( UNNAN MUSIC STATION )
【 料金 】無料
出雲大東駅にて開かれる、木次線開業100周年記念の50日前「ぷれぷれイベント」の「雲南地酒で乾杯!」との共催です。水灯籠も飾られる大東駅でのひとときをご一緒しましょう☆


*** ご予約・お問合せ ***
E-mail: unnan.aogiri@gmail.com
◎主催:雲南アオギリ会
◎共催:つむぎ、ルーラル雲南
posted by ぷらっとハッピー日記 at 22:19| 東京 ☁| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

宮城県石巻「中村里美・伊藤茂利トーク&ライブ」

宮城県石巻での「中村里美・伊藤茂利トーク&ライブ」のお写真を送っていただき、大変ありがとうございます〜!

1470188901864.jpg

みやぎ生協の皆様にご馳走していただき、石巻では、海藻嫌いの音楽監督でギタリストのしげ兄(伊藤茂利)が、初のメカブに挑戦!新鮮なメカブは美味しい!ということを知り感動していました〜!!

1470188886127.jpg

とっても楽しかった石巻での上映&ライヴ!ステキな皆様との出会いに、疲れも吹き飛び、楽しい楽しい時を過ごさせていただきました〜!

また、皆様と出会える日を楽しみにしています〜♪♪

posted by ぷらっとハッピー日記 at 09:30| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8/5再び国東へ〜!「アオギリ会国東」様の主催による「アオギリにたくして」上映会

13876269_1308247539202562_1721927595911268312_n-1.jpg


昨年、大分県国見の伊美小学校に植樹された被爆アオギリ2世がスクスク育っています〜!

「アオギリ会国東」の衣笠邦彦さん、松岡照美さんがアオギリにたくして呼びかけてくださっている平和への思いが広がり、今年も8月5日に上映会が国東で行われます〜!私たちも、5日の午前中に大阪の中学校で「いのちの音色」ライヴを行った後、大分県国東市に移動し、「アオギリにたくして」上映後のご挨拶をさせていただく予定です〜!

13626532_1297373586956624_2551142626873023831_n.jpg


【大分県・国東市】「アオギリにたくして」上映〜!
◎日時:2016年8月5日(金)
◎場所:アストくにさきアグリホール
一回目:午後4時開場・4時30分上映開始
二回目:午後6時40分開場・7時上映開始
◎当日券のみ販売:大人1300円/学生:無料
◎主催:アオギリ会国東(代表:衣笠邦彦 090-4516-4113)
国見町伊美:0978-82-0285
後援:大分合同新聞・NOAS FM・国東市商工会
協力:大分県教職員組合国東支部/大分県教職員組合別府支部
⭐︎プロデューサー&音楽の中村里美と伊藤茂利が伺わせていただきます〜!


13606713_1297373610289955_4563135071331065584_n.jpg


そして、8月6日は午前9時から伊美小学校の平和集会に参加したあと、10:00から国見中学校の平和集会に参加させていただきます〜!


夜は、18:00より武蔵セントラルホールにて、中村里美・伊藤茂利「いのちの音色」公演〜ヒロシマ・ナガサキを語り継ぐ〜が行なわれます。皆様にお会いできることを心より楽しみにしています〜!!

【大分県・国東市】中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」
◎日時:2016年8月6日
18:00〜18:20 「平和の歌声」(国東小PTAコーラス)
18:20〜18:25 開会行事
18:25〜20:00 講演:中村里美・伊藤茂利
「いのちの音色」ヒロシマ・ナガサキを語り継ぐ
20:00〜20:05 閉会行事
◎会場:武蔵セントラルホール(定員400名)
◎主催:大分県教職員組合国東支部
※ プロデューサーの中村里美と伊藤茂利による「いのちの音色」ライブ公演です。今回は、映画の上映はありません。
posted by ぷらっとハッピー日記 at 08:27| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

満員御礼〜!「みやぎ生協」様の主催による宮城県仙台「アオギリにたくして」上映&ライブ

sendai1.jpg

「みやぎ生協」様の主催による仙台での「アオギリにたくして」上映が8月3日に行われ、たくさんの皆様にご来場いただき、満員御礼となりました〜!!


上映後には、中村里美・伊藤茂利トーク&ライブ〜♪

映画「アオギリにたくして」の中で、タイトルが映し出される時と田中節子が被爆体験を語り始める時に流れる曲「Never Again」。映画の中では使われていませんが、みんなで声を出して輪唱する「平和を」。映画の中で妹の田中良重のテーマソングとして流れる曲「愛が流れている」に歌詞をつけて歌わせていただきました〜♪


この夏、宮城県の大崎・石巻・仙台の3箇所で「みやぎ生協」様の主催による映画「アオギリにたくして」が上映されました。本当にありがとうございました〜!

「もっともっとこの映画をたくさんの人に見ていただきたいです!」「中村さんと伊藤さんから勇気をもらいました」「心があたたかく優しい気持ちになりました」等、たくさんのお声をかけていただき嬉しかったです。私たちこそ皆様から勇気と希望をたくさんいただきました。本当にありがとうございました。


sendai2.jpg


ご来場くださった皆様、スタッフの皆様に心より感謝申し上げます〜!



posted by ぷらっとハッピー日記 at 23:49| 東京 ☁| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歌と語りで伝える「いのちの音色」in 臼杵 皆様ありがとうございました〜!

7/31大分県臼杵市観光交流プラザにて、歌と語りで伝える「いのちの音色」公演が行われました〜!

13903359_866051646833261_2578497730592544316_n.jpg

主催してくださったのは「9条の会・うすき」の皆様です。事務局長の奥田富美子さんは、映画「アオギリにたくして」で不良少年役で出演してくださった俳優の奥田一平さんのお母様でもあります。

昨年天国へ召された首藤代表のことが思い出され、胸が熱くなりました。人間味溢れ、知性と抜群のユーモアのセンス、画家としても素晴らしい作品を残されています。初めて「いのちの音色」ライブで臼杵に来させていただいた時、ご自宅にホームステイさせていただき、大変お世話になりました。「ステキな大人!」という言葉がぴったりの首藤代表でした。改めて、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

朗読と歌・語りによる「いのちの音色」ライブを聴いて感動してくださった方から「これまでこうした催しに参加してきた中で、今日初めて美しい気持ちを心の底から感じることが出来ました」とコメントをいただき、大変嬉しかったです。

皆様に心より感謝申し上げます〜!!


posted by ぷらっとハッピー日記 at 23:05| 東京 ☁| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

別府での歌と語りで伝える「いのちの音色」公演ライブ&上映を経て、今日は臼杵へ〜♪

inochi-live2016-beppu.jpg


inochi-live2016-beppu2.jpg


昨日は、大分県別府での歌と語りで伝える「いのちの音色」ライブ公演が午前中に開催され、午後からは別府ブルーバード劇場3Fにて映画「アオギリにたくして」上映会が行われました。夜は、なんと劇場内での打ち上げ飲み会をMikiマネージャーが企画してくださり、日頃別府でのライブや上映でお世話になっている皆様との楽しいひと時を過ごさせていただきました。8月5日に大分県国東市での上映会を企画してくださっている衣笠さんが映画作りにもチャレンジした作品も最後に見せていただき、充実した1日となりました〜!


本日は別府から臼杵へ〜♪
臼杵での歌と語りで伝える「いのちの音色」公演ライブです〜♪


posted by ぷらっとハッピー日記 at 09:35| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

7/30別府・7/31臼杵にて中村里美&伊藤茂利ライブ公演〜♪ 7/30ブルーバード劇場3Fで「アオギリにたくして]上映!

7/30(土)別府市社会教育総合センターにて、歌と語りで伝える中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブ公演(90分)が行われます(10:10〜11:40)。また、午後からは別府ブルーバード劇場3Fで「アオギリにたくして」午後2時と午後5時からのの2回上映です〜!!今回は、アメリカで上映された英語字幕版100分による上映です〜!夜は、別府ブルーバード劇場のMikiマネージャー様が企画してくださり、「アオギリにたくして、アメリカ上映おめでとうパーティー」を開催してくださることになりました〜!照ママ、Mikiマネージャー様に心より感謝申し上げます〜!!

7/31(日)は臼杵にて、歌と語りで伝える中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」公演ライブを奥田富美子さんが企画してくださいました〜〜♪♪心より感謝申し上げます〜!!


秩父ユネスコ・ライブ写真.jpeg


【大分県・別府市】中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」
◎日時:2016年7月30日(土)
10:00〜10:05 開会行事
10:10〜11:40 中村里美&伊藤茂利『いのちの音色』
11:40〜11:50 閉会行事
◎場所:大分県別府市 社会教育総合センター
(ニューライフプラザ)多目的ホール
※参加者:教職員と各学校の保護者、一般の方々(定員150人)
※ プロデューサーの中村里美と伊藤茂利による「いのちの音色」ライブ公演です。今回は、映画の上映はありません。


【大分県・別府ブルーバード会館】「アオギリにたくして」英語字幕版上映〜!
◎日時:2016年7月30日(土)14:00〜/17:00〜(2回上映)
◎会場:ブルーバード会館3F フレックスホール(定員:186席)
◎料金:前売り・当日共に1000円
◎主催:「アオギリにたくして」上映実行委員会・別府
◎お問合せ TEL: 0977-73-2985(担当:荒金三佳(あらかね みか))
⭐︎プロデューサー・音楽の中村里美と伊藤茂利が伺わせていただきます。


【大分県・臼杵】中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」LIVE
◎日時:2016年7月31日(日)15:00〜
◎会場:臼杵市観光交流プラザ
◎お申し込み:TEL:090-5725-6187(奥田)
※プロデューサー・音楽の中村里美&伊藤茂利による「いのちの音色」ライブのみの企画です。映画の上映は行われません。
posted by ぷらっとハッピー日記 at 00:06| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

宮城県大崎と石巻での「アオギリにたくして」上映を終えて、大分県へ〜!

昨日、宮城県の大崎での上映を終えて石巻に移動!今日は、石巻での上映会の前にトーク&ライブをさせていただきました〜!主催してくださった「みやぎ生協」の皆様に心より感謝申し上げます〜!

13887057_864711970300562_7042385092547603677_n.jpg

13882454_864712030300556_5308430568735471914_n.jpg

13886936_864711986967227_7691096600692086305_n.jpg


この夏の宮城県での3つ目の上映会は、8/3(水)仙台のシルバーセンター交流ホールにて、開催されます〜!!(お申し込み:みやぎ生協TEL::022-218-3880)


石巻でのトーク&ライブを行わせていただき、宮城県から大分県に移動〜!

13886493_864770823628010_4517104701850444187_n.jpg
▲仙台空港から伊丹空港を経由して大分空港へ


大分空港に着くと、明日午前中に開催される「いのちの音色」ライブ公演を主催してくださっている大分県教職員組合の竹内様と午後からの上映会を企画してくださっている荒金さんがお迎えに来てくださっていました。そして、なんとそこに、国東アオギリ会代表の衣笠さんの姿が!!!昨年に引き続き、今年も国東での上映会を8/5に企画してくださっている衣笠さんが大分空港まで来てくださいました〜!!



13886229_1309850395708943_656560177730015599_n.jpg




明日7/30の午前中は、大分県別府での「いのちの音色」ライブ公演、午後は別府ブルーバード会館にて「アオギリにたくして」上映会〜!夜は、別府ブルーバード劇場の岡村Mikiマネージャー様が「アオギリにたくして、アメリカ上映おめでとうパーティー」を企画してくださっています〜!大分の皆様に心より感謝申し上げます〜!!




【大分県・別府市】中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」
◎日時:2016年7月30日(土)
10:00〜10:05 開会行事
10:10〜11:40 中村里美&伊藤茂利『いのちの音色』
11:40〜11:50 閉会行事
◎場所:大分県別府市 社会教育総合センター
(ニューライフプラザ)多目的ホール
※参加者:教職員と各学校の保護者、一般の方々(定員150人)
※ プロデューサーの中村里美と伊藤茂利による「いのちの音色」ライブ公演です。今回は、映画の上映はありません。



【大分県・別府ブルーバード会館】「アオギリにたくして」英語字幕版上映〜!
◎日時:2016年7月30日(土)14:00〜/17:00〜(2回上映)
◎会場:ブルーバード会館3F フレックスホール(定員:186席)
◎料金:前売り・当日共に1000円
◎主催:「アオギリにたくして」上映実行委員会・別府
◎お問合せ TEL: 0977-73-2985(担当:荒金三佳(あらかね みか))
⭐︎プロデューサー・音楽の中村里美と伊藤茂利が伺わせていただきます。
posted by ぷらっとハッピー日記 at 23:14| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

7/30(土)10:00〜大分県別府『いのちの音色』ライブ(歌・語り:中村里美・ギター・語り:伊藤茂利)社会教育総合センター/午後『アオギリにたくして』2回上映(別府ブルーバード会館3Fフレックスホール)

7月30日(土)大分県別府市社会教育総合センターにて、歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブが行われます。毎年夏は、大分県での公演に伺わせていただいておりますが、今年は7月30日に別府にて、8月6日に国東で「いのちの音色」公演が行われます。皆様とお会い出来きることを心より楽しみにしています〜!

10313035_623164947766808_1985531903694336664_n.jpg


【大分県・別府市】中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」
◎日時:2016年7月30日(土) 
 10:00〜10:05 開会行事
 10:10〜11:40 中村里美&伊藤茂利『いのちの音色 〜ヒロシマ・ナガサキを語り継ぐ〜』
 11:40〜11:50 閉会行事
◎場所:大分県別府市 社会教育総合センター
(ニューライフプラザ)多目的ホール
◎主催:大分県教職員組合別府支部
◎お問合せ TEL: 0977-72-2439
※参加者:教職員と各学校の保護者、一般の方々


また、この度の別府「いのちの音色」公演の機会に、是非映画の上映もとお声をかけていただき、「アオギリにたくして」上映実行委員会・別府の皆様が、別府ブルーバード劇場3Fのフレックスホールにて、同日の午後14:00〜と17:00〜の2回上映していただけることになりました〜♪♪♪皆様に心より感謝もうしあげます〜!


〜映画「アオギリにたくして」上映〜
◎日時:2016年7月30日(土)14:00〜/17:00〜(2回上映)
◎会場:ブルーバード会館3F フレックスホール(定員:186席)
◎料金:前売り・当日共に1000円
◎主催:「アオギリにたくして」上映実行委員会・別府
◎お問合せ TEL: 0977-73-2985(担当:荒金三佳(あらかね みか))


「別府ブルバード劇場」様では、九州で初の「アオギリにたくして」劇場公開をしていただき、その後も毎年、館主の岡村照様と実紀マネージャー様がライブや上映を企画してくださり大変お世話になっています〜!!この度の「上映実行委員会・別府」の皆様による上映も、別府ブルーバード劇場様の3Fでしていただけることになり、とっても嬉しいです〜♪♪♪


別府の皆様とまたお会いできることを楽しみしています〜!!
皆様よろしくお願い申し上げます〜!!
posted by ぷらっとハッピー日記 at 21:46| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

この夏 再び!大分県国東市:中村里美・伊藤茂利「いのちの音色」 &『アオギリにたくして』上映

ここ何年か毎年8月6日は、歌と語りで伝える「いのちの音色」公演で大分県に伺っています。


今年の8月6日のライブ公演は、大分県国東市の武蔵セントラルホールで予定されていますが、公演の前に国東市のママさんコーラス「ソレイユ」の皆様が一緒に主題歌「アオギリにたくして」歌ってくださいます〜!心より楽しみにしています〜♪♪♪


国東といえば、「アオギリ会国東」を立ち上げ、昨年夏は「アオギリにたくして」を上映してくださった衣笠邦彦さんと松岡照美さん。このお二人の情熱と純粋な魂にどれ程力をいただいたことでしょう。


お二人の熱い思いが広がり、伊美小学校での被爆アオギリ2世植樹が行われ、伊美小学校の7月の朝の歌には主題歌「アオギリにたくして」を選んでいただき、子供達がみんなで歌ってくれました。その後、武蔵中学校、国見中学校にも広がり、寒い冬を超えて昨年植樹された被爆アオギリ2世は元気に育っています。


13428011_1280458628648120_1333812132289607092_n.jpg
▲広島市から送られた小さな苗がたった一年でこんなに大きく成長しました〜!!


そして、今年、8月6日に国東市での「いのちの音色」公演が行われることになったことを受けて、前日の8月5日に今年も再び!アオギリ会国東主催の映画「アオギリにたくして」上映が行われることになりました〜!「アストくにさきマルチホール」にて、午後4時〜と7時〜の二回開催されます。我々は、5日の日の午前中は大阪で中学校ライブを行っていますが、ライブ終了後に大分に入り、上映の後のご挨拶に間に合うように伺いたいと思っています。



また、今回の国東市でのライブ&上映には、 長崎で被爆しながらも救護活動をされた永井隆博士の生い立ちの家や母校の(旧)飯石小学校のある島根県「雲見の里いいし」事務局長の錦織斉子さんも駆けつけてくださることになりました〜!!昨年、錦織斉子さんからいただいた一本のメールがきっかけとなり、飯石の皆様とのご縁をいただきました。昨年は「アオギリにたくして」上映をさせていただき、この春には、永井隆博士の母校である飯石小学校の閉校式に伺わせていただきました。先日行われたアメリカ上映でも永井隆博士を知る方々から大変歓迎していただき、国を超えて平和を願う人と人の絆の素晴らしさ感動しています。


アオギリのご縁で、ステキな人と人のネットワークがどんどん広がっていくことが、ライブ&上映活動を通して何よりも一番嬉しいことです。皆様との出会いに改めて感謝申し上げます。




今回の大分県国東での、ライブと上映は、大分県教職員組合国東支部の皆様とアオギリ会国東の皆様の協力の元開催されます〜!皆様とお会いできる日を心より楽しみにしております〜!!



P.S. 今年の大分県での「いのちの音色」ライブ公演は、7月30日に別府でも行われることになりました。別府でも、ライブ後に「アオギリにたくして」上映が行われることになり、その他でも現在ご検討をいただいています。詳細等、決まり次第告知させていただきます〜♪



13435998_1276511035709546_886097198_n.jpg
▲「アオギリ会国東」の衣笠さんが作ってくださったチラシ♪



〜6/21現在、確定している大分県での上映&ライブ情報〜

【大分県・別府市】中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」
◎日時:2016年7月30日(土) 
 10:00〜10:05 開会行事
 10:10〜11:40 中村里美&伊藤茂利『いのちの音色 〜ヒロシマ・ナガサキを語り継ぐ〜』
11:40〜11:50 閉会行事
◎場所:大分県別府市 社会教育総合センター
(ニューライフプラザ)多目的ホール
※参加者:教職員と各学校の保護者、一般の方々(定員150人)
※ プロデューサーの中村里美と伊藤茂利による「いのちの音色」ライブ公演です。今回は、映画の上映はありません。



【大分県・国東市】
◎日時:2016年8月5日(金)
◎場所:アストくにさきマルチホール
一回目:午後4時開場・4時30分上映開始
二回目:午後7時開場・7時30分上映開始
◎当日券のみ販売:大人1300円/学生(中学生・高校生)600円/小学生以下:無料
◎主催:アオギリ会国東(代表:衣笠邦彦 090-4516-4113)
国見町伊美:0978-82-0285
後援:大分合同新聞・NOAS FM・国東市商工会
協力:大分県教職員組合国東支部/大分県教職員組合別府支部
⭐︎プロデューサー&音楽の中村里美と伊藤茂利が伺います。



【大分県・国東市】中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」
◎日時:2016年8月6日
18:00〜18:20 「平和の歌声」(ママさんコーラス「ソレイユ」)
18:20〜18:25 開会行事
18:25〜20:00 講演:中村里美・伊藤茂利
「いのちの音色」ヒロシマ・ナガサキを語り継ぐ
20:00〜20:05 閉会行事
◎会場:武蔵セントラルホール(定員400名)
◎主催:大分県教職員組合国東支部
参加者:教職員と各学校の保護者、一般の方々
※ プロデューサーの中村里美と伊藤茂利による「いのちの音色」ライブ公演です。今回は、映画の上映はありません。

posted by ぷらっとハッピー日記 at 16:05| 東京 ☔| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

感動の上映会&ライブ「アオギリにたくして」House of Peace

6月6日、映画「アオギリにたくして」の第5回目となるアメリカでの上映会がマサチューセッツのHouse of Peaceで開催され、物凄い反響をいただきました。


今回は、主題歌だけではなく、中村里美&伊藤茂利ミニライブを映画の前にさせていただき、映画の後もリクエストをいただき、心を込めて歌い演奏させていただきまいした。


13413143_837330546372038_8502501610132796411_n-1.jpg


皆様からたくさんの感想をいただきました。


「この作品は、とにかく映画祭に出すべきです!たくさんの人に伝えるべきです。私たちがそのために動くので、もっともっと広めていきましょう〜!」


「音楽の力に圧倒されました。歌とギターのライブの音色がダイレクトに胸を打ち、気持ちをかきたてられました。この音楽と映画をもっともっと広めていきたいです!!」


13332946_837407536364339_8908457521507004211_n.jpg


「原爆投下後も、心と体にずっと苦しみを与え続ける原爆の恐ろしさを知りました。原爆は、ナチスのホロコーストと同じです!」


13394070_837330583038701_9150906970221339011_n-1.jpg



「日本の憲法9条は、奴隷解放と同じほどの価値ある素晴らしいものです! 私も日本に住みたいです。」


13339523_837407519697674_2646857473840085383_n.jpg



「出演者のリアリティー溢れる演技は、まるでドキュメンタリーを見ているかのようでした」



「日本はアメリカの傘の下にあると幻想を持っている人がいますが、それはまったく間違いです。核兵器の存在自体が最も危険なのです。目を覚まして、そのことに気づくべきです」




「なんと悲しく、しかしなんと美しい映画でしょう。この感動をどうやって伝えたらいいのでしょう」


「オバマ大統領に、この映画を見てもらい、アオギリの苗を送りましょう!」


13312655_837407569697669_5610293261997668108_n.jpg


「私の国は何というひどい事をしてしまったのでしょう。何といってお詫びしたらいいのでしょう」と言った後、何も喋れなくなり泣き出してしまった方や、この映画やライブを広めるためのミーティングの提案をしてくださる方、映画上映が終わった後もずっと残って感動を分かち合い、熱い思いを伝え合っているみなさんの姿に胸が熱くなりました。


13393993_837237053048054_8342828701117885616_n-1.jpg


本当に大切な普遍的なメッセージは、国籍・民族・文化・宗教・性別・世代など様々な違いを超えて伝わっていくことを確信しながら、今日も素晴らしいみなさんとの出会いをたくさんいただき、心より感謝申し上げます。


LOVE & PEACE!!

13325458_837237039714722_197035117262276638_n.jpg


SEEDS OF PEACE!!

posted by ぷらっとハッピー日記 at 01:29| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

今年の8月6日夜は国東市でのライブ公演〜♪♪♪

里しげ♪プロフィール写真 (小).jpg

ここ数年、8月6日の夜のライブ公演は、毎年九州に伺っています。

2012年8月6日に日田パトリアで、2013年には津久見市民会館大ホール、2014年は福岡県コスメイト行橋文化ホール、2015年は佐伯文化会館大ホールで歌と語りで伝える「いのちの音色」公演をさせていただきました。

そして、今年の8月6日(土)、国東市の武蔵セントラルホールにて教職員・保護者の皆様を対象にライブ公演させていただくことになりました(詳細は決まり次第また告知させていただきます)。前日の5日午前中は、大阪の中学校での公演予定で、その後に大分県に入る予定です。

国東市といえば!!昨年、国東半島で初の映画「アオギリにたくして」上映と植樹をしてくださり、その後も学校等での上映活動を広めてくださっているアオギリ会の衣笠邦彦さん、松岡照美さん!平和の種を蒔き続けてくださっているこのお二人から、たくさんの勇気と希望をいただきました〜!!伊美小学校に植樹してくださった被爆アオギリ2世もスクスク育っているそうです〜!

今年も国東市に伺わせていただけることに心より感謝申し上げます〜!!
8月6日、皆様にお会い出来ることを心より楽しみにしています〜♪♪♪
posted by ぷらっとハッピー日記 at 17:10| 東京 ☁| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

歌と語りで伝える「いのちの音色」公演ライブについて

2008年8月6日、ミューズの里という会社を設立した日の夜、自分の原点を忘れずに生きていこうと心に誓い、東京新宿にある友人のお店で、歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝えるライブを行いました。ヒロシマ・ナガサキの被爆者のメッセージをアメリカで伝える活動の中から生まれた詩と曲を歌い、これまでお世話になった被爆者の方々の体験の朗読をする手作りのライブでした。

そもそも引っ込み思案で人前に出ることがとても嫌いで、未だにカラオケに行くことも出来ない私が、歌を歌ったり人前で話をするという一番苦手なことをするというのは、とても勇気のいることで、今でも気持ちをそこに持っていくことが大変な時もあります。でも、これまでお世話になり、生きることの素晴らしさを教えてくださった被爆者の方々が亡くなられていく中で、自分に出来ることを何かをしたいという気持ちが、引っ込み思案な自分を乗り越えていきました。

そして、このライブ活動を通して一つの映画が生まれました。2013年に完成した映画「アオギリにたくして」には、これまで歌と語りでつたえるピースライブの中で歌ってきた楽曲がたくさん流れています。あまりに大変だった映画製作と上映会の日々がようやく少しだけ落ち着いてきた今、映画が生まれるきっかけともなったライブ活動ににも力をいれていきたいと思います。これまでライブ活動を応援してくださった皆様に心より感謝申し上げます〜!!今後とも何卒よろしくお願い申し上げます〜!!


〜歌と語りで伝える 〜
中村里美&伊藤茂利 『いのちの音色』公演

関内ホール♪ライブ2015.8.4.jpg

音楽・朗読・トークで「いのちの大切さ」と「平和を愛する心」を伝える「いのちの音色」公演は、第一回JASRAC音楽文化賞を授賞した映画『アオギリにたくして』の統括プロデューサーで主題歌と挿入歌を担当するシンガーソングライター中村里美がヒロシマ・ナガサキの被爆者のメッセージを海外で伝えた体験をもとに構成されています。

2010年、米国ワシントンの(財)カーネギー地球物理学研究所にて海外初ライブが開催され、広島市長のメッセージと共に、被爆アオギリ2世の植樹が行われました。小・中・高・大学での学校ライブから、自治体・公共施設や、企業・NPO団体・サークル、ライブハウスなど全国各地での公演活動を行っています。

〜出 演〜 ◉ 歌 & 語り:中村里美 / ギター & 語り:伊藤茂利


⚫︎公演時間:通常 100分〜120分
・ご都合にあわせて、公演時間のアレンジはいかようにも可能です。
・歌のみ、朗読のみ、講演のみの出演も可能です。

※ 音響設備などが会場に備わっていない場合は、こちらからの機材持ち込みも可能です。
少人数のサロンコンサートから大きなコンサートまで、人数に関係なくご依頼していただけます。ご予算に合わせた対応が可能ですので、お気軽にご相談ください。


⚫︎公演内容
いのち・人権・平和をテーマに、音楽・語り・朗読により構成され、対象の年齢やテーマ、により公演内容の打ち合わせをさせていただきます。


⚫︎演題(例)
・「生きてるだけで100点満点」   
・「歌と語りで伝える『いのちの音色』」
・「中村里美 × 伊藤茂利トーク&ライブ」
・「平和への願いを歌に込めて」
・「映画製作に込めた思い」
・「アオギリにたくして映画製作&音楽製作秘話」
・「ヒロシマ・ナガサキの被爆者のメッセージを伝えて」
・「平和の種を世界へ〜アオギリに託された想い〜」
・「ヒロシマ・ナガサキを次世代に語り継ぐ」etc.



◉【音 楽】
広島で被爆したアオギリの種や苗に「平和の尊さ」と「いのちの大切さ」への思いをたくして植樹活動を行った被爆者の女性をモデルに、語り部となるまでの半生を描き、第一回JASRAC音楽文化賞を授賞した映画「アオギリにたくして」の主題歌や挿入歌をはじめ、アメリカでヒロシマ・ナガサキを伝える中で生まれた歌や曲の演奏。その他、スタンダードJAZZ等。 

           
◉【トーク】
ヒロシマ・ナガサキを世界に伝えた体験やエピソード等。映画「アオギリにたくして」製作秘話や映画作りから上映までの体験等。その他、「異文化交流」と「表現の場づくり」をテーマとした内容。


◉【朗 読】
これまでお世話になったヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々の体験の朗読。
その他「いのち」をテーマとした朗読や語り。


お問合せ & お申し込み : ミューズの里
中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」係(担当:伊藤)
〒195-0062東京都町田市大蔵町2929-6
TEL: 070-6511-7275/070-5568-8204 FAX: 042-734-3758
E-mail: info@musevoice.com または、E-mail: crosscultureplaza@yahoo.co.jp



◉中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」めざせ!1000回ライブ公演履歴
➡︎ http://satochan-peacelive.seesaa.net

◉「いのちの音色」メディア履歴
➡︎ http://musevoice.com/newsrelease/?p=52

◉〜みんなの感想 &メッセージ
➡︎ http://satochan-peacelive.seesaa.net/article/224788347.html

◉「いのちの音色」お問合せ&公演依頼
➡︎http://satochan-peacelive.seesaa.net/article/224703336.html

◉「いのちの音色」facebook頁
➡︎ https://www.facebook.com/musesatoshige/
posted by ぷらっとハッピー日記 at 23:06| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

めざせ!1000回「いのちの音色」ライブ公演履歴ブログを更新しました〜♪♪♪

2008年8月6日の夜、歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝えるのライブを初めて行ってから今年で8年目の夏を迎えようとしています。千羽鶴を折るように、一つ一つのライブに平和への願いを込めてこれからもがんばります〜!皆様に心より感謝申し上げます。


◉中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」めざせ!1000回ライブ公演履歴
➡︎ http://satochan-peacelive.seesaa.net

朝日新聞ライブ記事.jpg

中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブ
〜みんなの感想&メッセージ〜


◎私は将来小学校の教師をめざしている。小さい頃からなりたいと思っていたが、正直自分がなっていいのかよくわからなかった。しかし、中村さんのお話を聞いて、改めて教師になりたいと思った。「体験し経験する事が原動力になる」。何かしなきゃと思うけど、日々の生活に追われ、出来ていないのが自分である。動かなきゃ何も始まらないと思う。動ける自分でいたい。アラスカでの体験のお話の中にあった「戦争で勝つ人はいない」という言葉が印象に残った。子供達に伝えなければならない。それがこれから社会に出て行く私たちの宿題だと思う(大学生/女性)



◎これまで、核や原爆について話を聞いたことはありますが、「私たちができることは何だろう」という視点の今回のお話は、新鮮で身近に感じました。 私は今まで、どうしたら説得力のある意見を言えるかという事ばかり考えていたように思います。賛否両論あっても敵味方と隔てるのではなく、 自分と異なる考え方の人たちに対して自ら入っていくという中村さんの考え方を知って、危険性がどうだとかメリットがあるとかそういうことではなく、 「平和とは何か?」と素朴に問いながら、国籍が違っても大前提として同じ人間であることを互いに確認し合う事の大切さを感じました。 「伝えたい」という思いの純粋さや情熱や意志を感じ、「原点」に立ち返ることが目的を見失わない根拠だと思いました。 私自信も高校で長崎に行ったことがきっかけで、「発信したい」「もっと勉強したい」と思うようになったことを思い出させてくれました(大学生/女性)



三重ライブ.bmp



◎被爆体験の朗読と歌を聞いた時は涙がこぼれそうになった。本気で何かしたい、何かしなければと思った。お話の内容は、岩手での復興支援活動とかぶる部分がたくさんあり、忘れないこと、伝え続けることの大切さを改めて感じた。 今日聞いたお話、思ったこと、考えたことをこれからの生き方につなげていきたい(大学生/女子)



◎このテーマの芸術的表現への執念に感服(70代/男性)



◎朗読に続く歌を聴きながら、胸にこみあげてくるものがあって涙があふれました。原子爆弾は、人類の歴史において、二度と繰り返してはいけません。原爆は人間が人間として生きられなくする最悪の兵器です。どうして世界は変わらないのでしょう。はがゆい気持ちでいっぱいです(大学生/女子)


まんまる.JPG


◎伝えていきます。つむいでいきます。本当に大切なものをちゃんと見つめて、大事だと声を上げていきます。
すばらしいライブでした。ありがとうございました(30代/男性)



◎私が一番印象に残ったのは最初の曲の「生きている ただそれだけで百点満点」という歌詞です。それに「私の15か条」も良い言葉がたくさんあり、最期の「愛が流れている」という歌詞がある曲では、「愛」ってとても大切なものなんだなと思いました。今日のお話を聞いて、3年生での修学旅行がもっと楽しみになりました(中学2年生/女子)



◎お二人の人柄のステキさがあふれたステージでした!!(女性/60代)



◎とても素敵でした。お話も、歌も、朗読も、大変良かったです。
映画もぜひ見てみたいと思っています。(50代/女性)



◎歌声を聴きながら嬉しさと感動が心の底から湧いてきました。そして、何より心に響いたのは被爆者の方のお話です。 1)自分が今生きていられる幸せ。2)世界にたった一つのいのちの大切さを改めて考えさせられました。 3)平和の大切さを学びました。そして、私は、この3つを世界中のたくさんの人々に理解してもらいたいと思いました。 最後に、「アオギリにたくして」を一緒に歌えてよかったです。 今日はいろんなことを学びました。本当にありがとうございました。 千回ライブ達成を心から応援しています。がんばってください(中学1年生/女子)



◎中村さんの朗読と伊藤さんのギターによる沼田鈴子さんの被爆体験の朗読に心打たれました。この朗読を聞いた多くの人の心に残ると思います。被爆者の気持ちを我々世代がしっかり受け止め、私たちから次の世代へと伝えていけなければいけないと思いました。(大学生/女性)


2010.9.12E5B2A1E5B1B1E383A9E382A4E3839620045[1].jpg



◎感動の一言です。涙が出ました。
朗読も、歌も、お話も、生き方も、すべてが最高でした(80代/男性)



◎素晴らしい体験と意志を貫く姿勢に敬服です。勇気ある活動を感じ、私も勇気をいただきました。少し遅い年齢ですが、出来ることを始めます。 今もできるだけ人のために、また自分のためにもなるので心がけています。ありがとう(80代/女性)




酒田(01).jpg



◎美しい歌声とすばらしいギター演奏、そしてお二人の話を聞いて、とても癒されました。 また、歌詞の内容にとても感動しました。 一瞬にして尊い命が奪われた戦争を二度としてはいけないと思いました。 1000回ライブ達成してください!!僕も、勉強や部活にがんばっていきたいです!(中学2年生/男子)



◎歌詞の一つ一つに思いが込められていて、とても深く考えさせられました(中学2年生/女子)



◎ギター演奏と共に朗読に感情がすごくこもっていてすごいなって思いました。戦争の痛々しさや苦しみを身にしみるほど感じました。演奏も歌もすごかったです。同じ地球にいる同じ人間として生まれてきたのに、なぜ殺し合いの戦争なんてするのでしょう。 戦争が一つ一つ無くなってほしいです。またどこかで演奏を聴きたいです(中学3年生/男子)



◎積極的に行動し、さまざまなことを経験する必要があると気がつきました。 そして、お話を伺いながら「しなきゃ」という義務的な考えから「したい」という能動的な考えを持つことが出来たら良いと思いました。 原爆について様々な人の視点で考えてみることの大切さを知りました。(大学生/女子)



◎いろいろと具体例が山盛りでわかりやすく、歌も力強い(70代/女性)



◎歌とお話に感動しました。戦争はやってはいけないと強く思いました。 私は小学校のころから、学校などで戦争にまつわる写真をみたりお話を聞いたりしてきたけれど、全然行動に移せてないと今日改めて思いました。 これからは、今自分が出来ることを精一杯やって、命を大事にしたいです(中学3年生/男子)


日田人権ライブ.jpg



◎「平和」への熱い想いがひしひし伝わってきました。それは、進むにつれてどんどん大きくなってきました。私はここ広島に生まれ、ずっと広島で育って来ました。 そのため、小中学生の時の平和教育はもちろん、8月6日にある平和式典の様子をテレビで見たり、 朝に黙祷したりと、小さい頃から「平和」という文字がより身近にあったのではないかと思います。 しかし、言葉は身近にあっても、具体的な事は何も分かっていませんでした。平和について積極的に関わっていくべきだと考えます。広島で育った人間として、教師として、その想いを伝えていけたらなと思います(大学生・初等教育学科/女性)



◎気持ちよく晴れ晴れとしました(50代/女性)


13762_643294969108931_3675068616387943582_n.jpg



◎今日の平和コンサートを聴いて、改めて平和の大切さに気付くことができました。歌や演奏、朗読を聴いて、何があっても人間同士が争い合うことはいけないと思いました。 私のおじいちゃんやおばあちゃんも戦争をしていた時代に生きていた人なので、戦争のことについて聞いてみたいと思いました(中学生/女子)



◎歌や語りや朗読の入った、こういうコンサートは初めてで、すごく楽しかったです!そして歌声と演奏に感動しました。被爆体験の朗読を聞いて胸が熱くなりました(中学1年生/女子)



◎「ひな鳥へ」が好きな曲です。涙があふれました。
日本の、そして世界の人々に、素晴らしいライブだと思います。この夜眠れませんでした。涙があふれて、今真夜中ながら、感動の中にいます。このまま朝を迎えるでしょう(60代/女性)



◎私は今日のコンサートを聴いて、戦争はどんなことがあっても絶対にしてはいけないことだと、 改めて思いました。朗読もその場面を思い浮かべながら聴くことができました。 今どんなことをすれば平和な時代が続いて行くのか分からないけれど、戦争のことを少しでも多く理解しようと思います。 そして平和な時代を続けていくために、たくさんの問題に向き合っていきたいです(中学3年生/女子)



学校ライブ.jpg



◎「アオギリにたくして」の歌を歌って聞いているだけで、悲しくなったり、嬉しくなったりするので歌ってすごいと改めて思いました。「アオギリ」の苗がいろんなところに広がってほしいと思います(中学生/女子)



◎「アオギリにたくして」を一緒に歌う事が出来て良かったです。練習の時は声を全然出す事が出来なかったけれど、本番では大きな声で楽しく歌う事が出来たので良かったです(中学2年生/女子)


九州2012.7−1 390.jpg


◎私は小学校の頃から学校で戦争にまつわる写真やお話を聞いたり見てきたけれど、まだ行動に移せていないと今日改めて思いました。これからは、今自分が出来る事を精一杯やって、命を大切にしたいです(中学3年生/女子)



◎私は今日のコンサートを聴いて、戦争はどんなことがあっても絶対にしてはいけないことだと改めて思いました。今どのような事をすれば平和な時代が続いていくかは分からないけど、戦争のことをよく知らない私たちだけど、平和な時代を続けていくために、感謝をしたり、たくさんの問題に向き合っていきたいです(中学2年生/女子)



◎歌詞一つ一つに意味があって、歌声一つ一つに思いが込められていて、平和に対する思いがいっきに強まりました。原爆を語る人が少なくなっている今、自分も将来、自分の子供や、いろいろな人に語り継いでいきたいと思いました(中学2年生/女子)



◎今回の公演を通して私は、自分自身の考えを持ち、それを自己表現して、みんなに伝える事が大切なんだなと思いました。平和というものはとても大きなもので難しいけれど、一人一人が平和への思いを伝えていけば、きっと世界に平和が訪れると思いました(中学2年生/女子)



◎愛の連鎖をつくり続けていきたい。そして戦争は二度としてはいけないと地球上のすべての人が思える日が来る事を願いたい(中学1年生/男子)


ライブ00.jpg


◎「戦争で勝つ人などいない」という言葉が、一番印象に残りました。歌の歌詞をしっかり聞いていると、自分の胸に大切な言葉が次々ととどまり、自分の考えを改め直す必要があると感じました(中学2年生/男子)


◎身体で感じる事が出来ました。どう考えたとしても、原子爆弾は人間の歴史において二度と使用してはいけないのだと強く考えます。こんなに苦しくて辛いことは二度と繰り返してはいけません。 原爆は人間が人間として生きられなくする最悪の兵器です。 朗読の後の歌に、胸に込み上げてくるものがあって、涙が出ました。 どうしてこんなにも強く思っているのに、世界は変わらないのでしょうか。 みんなが捨てればそれでいいのに、ものすごく歯がゆい気持ちです。(大学生/女性)


井口小学校[1].jpg


◎戦争、原爆、その後。 一つ一つに歌がついていて、とても感動しました。最期の「愛が流れている」はもちろん、「私の15か条」や少年院で出会った子供たちからの手紙をもとにした曲がとても印象的でした。これからは、私たちが、戦争のない世界をつくっていきたいです(中学2年生/女子)



◎平和のことを歌を交えて語ることで、より一層平和への思いが深まったと思いました。最期の歌の「愛が流れている」はとても熱いものを感じました(中学3年生/男子)



◎ギターに合わせて、歌にのせて「思い」が伝わって来ました。印象に残った被爆体験の話の中で、核が「命をもぎとった」というとこに衝撃を受けました。今では考えられない事が多かったです。私も憎しみの連鎖より愛の連鎖にしなければいけないと強く思いました(中学2年生/女子)



◎これから平和にするために、小さい子供や僕たちが戦争について考え、またそれを子供達に伝えていく事が、当たり前のように大切な事だと思いました(中学3年生/男子)



◎平和な世の中にするのは、難しいことだと思います。でも、戦争の被害にあった人の声を、より多くの人に伝えていくことで、平和へと近づいていくのではないかと思いました。その声を伝えるための一つの方法が歌で、歌を歌うことで普通に言葉で言うよりも忘れずに心の中にとどめておくことができるんだと思いました(中学3年生/男子)


◎自分も部活で先生に「変われ」って言われてて、どぉ変わるのか分からなかったけど、あるきっかけで変わる事ができました。今回、この講演会でも「何かのきっかけで人は変われる」と聞いて、またいつか部活で大きな壁に打ち当たった時、この言葉を思い出したいと思います(中学2年生/男子)



◎歌の歌詞は、前向きなものが多くて、辛いことを、これからに伝える大切さ、辛いことから学んで2度と辛い事を起こさせないようにする姿勢すばらしいと思いました。私達にはまだ未来があります。戦争は紛争としてまだ残っています。唯一の被爆国です。戦争が風化していく中で、繰り返してしまわぬ様、次の世代に伝えていきたいです。(中学3年生/女子)



石川ライブ.jpeg


◎被爆体験の朗読で、当時の事が目に浮かび上がってきました。今、自分たちは平和を願い、愛を生み出していく事が大切だという思いが強くなりました(中学3年/女子)


◎受験が始まる前、平和についての事をたくさん学んだ事を改めて思い出しました。戦争はいけない。みんなそれは分かっていますが、なぜダメなのかを分からないと今後もしてしまうかもしれません。中村さんの活動は、本当に今後の人々達に役立つと思います。私は、音楽がすごく好きです。歌は、国境を越えて伝えられるものだと思います。なので、日本だけではなく、外国での活動もがんばってください。私達は、中学を卒業し、高校生になりますが、今回教えてもらった事を忘れずに今後も生活していきたいと思います。これからも頑張ってください!(中学3年生/女子)



幟町小学校[2].jpg


 私は今まで何回も折りづる集会を見てきましたが、今回のように平和を「言葉」ではなく、「歌」で表現するのを見たのは初めてでした。この日のために、東京から中村さんとへんりさんが来て下さり、原爆について歌と言葉で語ってくれました。原爆の被害者から聞いた思いを歌を通して今の私達に教えて下さるその姿は、本当に平和を愛しているのだという姿そのものだったと思います。
 歌は言葉と違い表現する方法も限られていると思いますが、どれだけ気持ちと思いが込められているかは、その人の歌を聞いたら分かると思います。聞かせてくださった歌には、深い意味が込められており、平和と幸せをうったえているように私は聞こえました。
 これまで何度も平和学習を通して原爆の恐ろしさを学んできた私たちですが、何度聞いてもこれで終わりということはありません。平和は私たち人間にとって永遠の課題であり、守り続けていかなければならない大変なことだと思います。中村さんを見て、その思いがしっかりと伝わってくるのを感じました。
 どの国も共通で、みんな幸せになる権利はあるのだから、絶対平和をこわすようなことはしてはいけません。二人の平和に対する思いは果てしなく深いものだと思いました。
 今回、何曲か聞かせて頂きましたが、どれもとても素敵で素晴らしかったです。特に「おりづるにのって」は、みんなで練習したせいもあり、いつまでも心に残る一曲となったと思います。今回の折づる集会は、歌で平和を表現してくれたとても素敵なものでした。歌で平和の意味を教えてもらうことはめったにないことです。今日のことは私達にとって又、違った意味での平和学習となりました。(絵美里さん/小学校6年生/広島)


1404satomi_b5tirasi_omote_outline.jpg
                  

たくさんの感想をお寄せいただき、心より感謝いたします〜♪♪♪

◉中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」連絡先:ミューズの里 http://musevoice.com
E-mail: info@musevoice.com
E-mail: crosscultureplaza@yahoo.co.jp

◉中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」めざせ!1000回ライブ公演履歴
➡︎ http://satochan-peacelive.seesaa.net

◉「いのちの音色」facebook頁
➡︎https://www.facebook.com/musesatoshige/

◉「いのちの音色」メディア履歴
➡︎ http://musevoice.com/newsrelease/?p=52

◉「いのちの音色」お問合せ&公演依頼
➡︎http://satochan-peacelive.seesaa.net/article/224703336.html
posted by ぷらっとハッピー日記 at 13:54| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

3/14(月)「アオギリにたくして」支援映画鑑賞会

B5チラシ(足直し済み)表 JPG のコピー.jpg

30年前、アメリカの学校や教会で原爆映画「にんげんをかえせ」上映を行っていた当時の様子をドキュメンタリー撮影をしてくださったジャーナリストの北岡和義さんが、3月14日(月)に「アオギリにたくして」支援映画鑑賞会&ライブを企画してくださいました〜! 専修大学神田校舎(5号館542教室)にて入場無料で上映されます〜!!上映の後は、近くの学士会館に場所を移動して、懇親会〜北岡和義激励パーティ〜!主題歌「アオギリにたくして」を歌わせていただきます〜!

※アオギリにたくして」は、今年も日本全国上映行脚を行っていきます。5月末より米国へ!アメリカでの初の上映が行われる予定です〜!皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申しげます〜!!

〜呼びかけ人〜
芥川麻美子・味岡修・天田俊明・綾尾愼治・安斎洋治・石川好・石坂芳男・岩崎貞明・植村隆・内田忠男・江田五月・大谷昭宏・大西文一郎・大森徹・鎌田慧・北修嗣・小中陽太郎・後藤正治・須藤甚一郎・高野孟・竹中征夫・田原総一朗・千谷基雄・土屋直也・西原賢太郎・福田誠之郎・保阪正康・二木啓孝・前田哲男・牧久・元木昌彦・横路孝弘・吉田正紀・若尾龍彦・渡辺武達 (あいうえお順)

〜「アオギリにたくして」支援映画鑑賞会〜
◎日時:2016年3月14日(月)(14:00-17:00)
☆第一部:映画「アオギリにたくして」鑑賞会
 専修大学神田校舎(5号館542教室)入場無料
・お申し込み先:ミューズの里♪ E-mail: info@musevoice.com

☆第二部 〜北岡和義激励パーティー〜懇親会(18:00〜20:30)
会場:神田神保町・学士会館
会費:7,000円(会場受付で徴収)
◎事務局:東宮哲哉・渡辺勉
◎申し込み先:〒101-0048東京都千代田区神田司町2-15、田中ビル 平原社
◎TEL(03)3219-5861
◎E−mail:東宮GFE01330@nifty.com 
posted by ぷらっとハッピー日記 at 00:17| 東京 ☁| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

5年目の3.11イベント in 騎西高校にて「アオギリにたくして」上映&「いのちの音色」LIVE

Event_0305-06.jpg

3月11日で東日本大震災から5年を迎えます。

埼玉県加須市に避難されてきた双葉町の方々を中心に支援活動を続けているNPO法人加須ふれあいセンター様の主催により、避難先であった(旧)騎西高校にてイベントが開催されます。

既に閉鎖されている騎西高校ですが、3月5(土)・6(日)日限定で解放されることになり、避難された方々も、支援された方々も、みなさんが一同に会し交流イベントが開催されます。

昨年、保寧寺での「アオギリにたくして」の上映会を企画してくださった安部素子さんより、下記メッセージが届いています〜!お世話になった皆様からご連絡いただき、 3月5日に「アオギリにたくして」が上映され、6日は中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブで我々も参加することに急遽なりました〜♪♪♪

〜安部素子さんからのメッセージ〜

去年の保寧寺での「アオギリにたくして」の上映会開催の折に大変お世話になったNPO加須ふれあいセンターと加須に住んでいる双葉町の方々、地域の方々が イベントを準備中です。全国からのボランティアと心を寄せ・励ましあっての避難生活をされた 旧騎西 高校。もう一度あの場所で交流し、次に繋げたい・・・

添付チラシの内容の他にも・上映会「アオギリにたくして」・篠笛 琵琶と 語り「敦盛」・埼玉合唱団・「命の音色」中村里美&伊藤茂利・島唄バンド 等 沢山のパ フォーマンスも予定されています。被災地を繋ぐ「絆コーナー」など 次々参加が増えています。

また、あらゆるボランティア・募金が不足です。是非、足をお運びください。そして貴方もつながって頂けたら嬉しいです。


================
〜連絡先:加須ふれあいセンター〜
================
☎ 0480−31−9511
E-mail: fureai.kazo@gmail.com
ホームページ http://kazofureai.com/


posted by ぷらっとハッピー日記 at 13:18| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

金森俊朗先生のお言葉の一つ一つが刺激的でした〜!

石川冬の集会3.jpg
石川冬の集会1.jpg

20数年前に、金森俊朗先生の授業でお話しさせていただいた時の子供たちのキラキラした瞳が今も忘れられません〜♪

その時のご縁で、「教師の学校」と金森先生が呼ばれている「石川冬の集会」にてお話しさせていただく機会をいただき心より感謝申し上げます。

石川冬の集会.jpg

講演の中で、映画「アオギリにたくして」のモデルとなった沼田鈴子さんの体験の朗読と主題歌「アオギリにたくして」の歌を歌わせていただきました〜!

石川冬の集会2.jpg

金森先生にとって授業は「未知との遭遇」なのだと言います!

子供たちが心豊かに成長し可能性を伸ばしていく学校がより素敵な場であるようにと願う時、金森先生の一言一言に刺激をいただき、たくさんの学びをいただいています〜!!

石川冬の集会4.jpg

年始年末も、いつもながらに仕事に追われていますが、今年は金森先生のご著書を全部読みたいです。まずは、「いのちの教科書」(角川書店)「太陽の学校」(教育史料出版会)から読み始めたいと思います〜!!
posted by ぷらっとハッピー日記 at 01:28| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

第51回石川冬の集会(講演:中村里美)

次回作「かけはし」撮影のため、12月24日より明日香で撮影に入り、その後、石川県の加賀での講演に伺います〜♪

12月26日(土)には、湖畔の宿「森本」で開催される、日本生活教育連盟「石川サークル」の第51回石川冬の集会(テーマ:子どもと地域に根ざした教育の追求)13:30〜15:30でお話しさせていただきます。皆様何卒よろしくお願い申しあげます〜!

石川冬の会1.jpg

石川の会2.jpg

==================
日本生活教育連盟 石川サークル2015
第51回石川冬の集会
==================
◎日時:12月26日(土)
◎場所:湖畔の宿「森本」(加賀片山津温泉)
◎講演:中村里美(13:30〜15:30)
「平和を創る我が人生!‥‥海外で被爆証言を語り、シンガーソングライターとして歌に、映画「アオギリにたくして」を創る」

〜石川サークル金森俊朗氏との出会い〜
1988年1月 平和サークル「むぎわらぼうし」がサークル例会に里美さんを招く。その機会を生かし当時、石川県原水爆被災者友の会会長だった岩佐幹三氏と西村多美子事務局長と共に金森学級6年生を訪問。
訪問前から金森学級では、社会科学習として、岩佐さんを招いて、誕生から今日までの被爆者としての人生体験、戦いに立ち上がる被爆者像を2日間、約4時限かけて聞き取りを済ませていた。一被爆者の歴史をリアリティーに物語として描くと同時に、被爆者を軸にした戦後史像をも明らかにしたいという欲張った狙いを持っていた。その上、それを紙芝居として表現し、市民にも広げたいと考えていた。
その大きな学習への意欲と方向を外側から感動的につき動かした人が、中村里美さんだった。生き方の先導者と言ってもいい、自分たちのすぐ前を歩く、すごっく明るく、気軽に被爆証言を語り、核廃絶に立ち向かう20歳過ぎの乙女・お姉さんが学級にやってきた。すごく身近に感じる共感的共存的他者として立ち現れたのである。希望を感動的に生み出してくれた出会いだった。

◎分科会 26日(16:00〜18:00)/7日( 9:00〜14:30)
・第一分科会「子どもにとっての学校」
・第二分科会「子どもと共に学ぶ」
・第三分科会「この教材で育てたもの」

◎私の実践報告:松村一成さん(金沢 押野小学校教諭)
「私と生活教育」=私の実践を支えてきたもの

〜冬の集会 申し込み方法〜
・教職員‥‥3000円
・一 般‥‥‥2000円
・学生・講演のみ‥‥1000円
・宿泊費‥‥‥12300円(一泊2食税込)

※学生のみ「素泊まり」あり(3300円)‥‥相談してください。
※加賀温泉駅からホテル森本までホテルのバスが出ます。
ご利用の方はお問い合わせください。

◎お申し込み先
E-mail: pine.kazu-1955.418@asahinet.jp(松村)


⬛︎金森俊朗先生(Wikipedeiaより)
日本の教育者。石川県七尾市(旧中島町)出身。北陸学院大学人間総合学部教授。元小学校教諭。金沢大学教育学部卒。80年代より人と自然の繋がりを模索しながら様々な実践教育に取り組み、1989年に妊婦を招いて行った性の授業を皮切りに本格的にいのちの授業を開始するようになる。1990年には末期癌患者を招いた「デスエデュケーション」を行う。 その教育思想と実践は、教育界のみならず医療・福祉関係者からも大きな注目を集め、「情操教育の最高峰」と高い評価を受けている。 NHKスペシャル「涙と笑いのハッピークラス 四年一組命の授業」で金森学級が取り上げられ、大きな反響を呼んだ。同番組は、2003年日本賞グランプリ、2004年バンフテレビ祭「グローバルテレビジョン・グランドプライズ」を受賞した。

◎受賞[編集]
1989年 教育科学研究会賞
1997年 中日教育賞
2010年 ペスタロッチー教育賞

◎著書[編集]
『太陽の学校』(教育史料出版会 1988)
『町にとびだせ探偵団――おコメと水をさぐる』(ゆい書房 1994)
『いのちの教科書 学校と家庭で育てたい生きる基礎力』(角川書店 2003)
『いのちの教科書 生きる希望を育てる』文庫
『希望の教室 金森学級からのメッセージ』(角川書店)2003 
『子どもの力は学び合ってこそ育つ 金森学級38年の教え』角川oneテーマ21 2007年
『金森俊朗の子ども・授業・教師・教育論』子どもの未来社 2009
『子どもたちは作家になる 大人を超える「生きる力」と「学力」』角川書店 2009
『「子どものために」は正しいのか』学研新書 2010

共著[編集]
『性の授業 死の授業性の授業 輝く命との出会いが子どもを変えた』(村井淳志共著 教育史料出版会 1996)
『子どもが見えない』NHKスペシャル「子どもが見えない」取材班,義家弘介共著 ポプラ社 2005
『いのちってなんだろう』中村桂子,沼野尚美,高橋卓志,鷲田清一共著 佼成出版社 2007 子どもだって哲学
『実践を語る 西條昭男・金森俊朗・竹沢清 子どもの心に寄りそう教育実践』田中耕治編著 日本標準 2010
posted by ぷらっとハッピー日記 at 22:42| 東京 ☁| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

大商学園高等学校のみんなの「アオギリにたくして」感想文

DSC_1088.JPG

先日、大阪の大商学園高等学校の芸術鑑賞として吹田市メイシアター大ホールにて、千人を超える全校生徒の皆様が映画「アオギリにたくして」を鑑賞してくださいました。上映後には、プロデューサーで音楽監督の伊藤茂利と共に〜歌と語りで伝える〜「いのちの音色」ライブを行わせていただきました〜!

そして、大阪映画センターの楠瀬さんが、先生からいただいた生徒の皆さんの「アオギリにたくして」感想文を送ってくださいました〜!!

それぞれが感じた事を、自分の言葉でしっかりと語っている作文の一つ一つが素晴らしく、下記にご紹介させていただきます〜!


◎高校一年生(男子)
「アオギリにたくして」は、とても悲惨な戦争の事実、人々の苦しむ姿が鮮明に描かれていました。この映画を見ていると今の時代を生きる現代人は、戦争を知っている様な顔をしているような気になってしまいました。僕もその一人だったのかもしれません。しかし、もし戦争の事実、悲惨さを知らないのであれば、私達は同じ失敗を繰り返さないためにも知らなければならないでしょう。戦争は人類史上最も悲惨な過ちではないでしょうか。現代人は戦争を知らないわけではなく、知ろうとしていないだけではないだろうか。


◎高校一年生(男子)
私達が普段歴史の授業で習う戦争は、その時代に起こった事として覚えているだけで、戦争に行った人々やその家族の気持ちなど私は今まで考えた事がありませんでしたが、この映画を見て先人達がどんな思いで戦争に行ったのかを考えると、普段何の苦労も無く生活できていることがすごく幸せなことなんだなと感じました。なので、これからの人生で嫌な事や苦しい事があっても、そこから逃げるのではなく、自信を持って前に進んで、戦争で亡くなった方々の思いをつないでいかなくてはと思いました。


◎高校三年生(女子)
「アオギリにたくして」を観て、まず感じたことは、やはり戦争のむごさや悲惨さです。戦争というものをする時点で、家族や恋人と離れ戦場に行き、生命を失ってしまうかもしれない。そして、原爆ではたくさんの命が犠牲となり、生き残った人も苦しめられることになる。そんな犠牲となった沼田さんの人生をたどり、すごく心が痛くなりました。健康だったはずなのに、一瞬の出来事で足を失うことになった。人の幸せを奪うような戦争を二度と起こらない平和な世界で生きていきたいと強く感じました。


◎高校一年生(男子)
とても感動する話でした。主人公の女性は原爆で片足をなくしてしまっても、くじけずに頑張って生きている姿を見ていて涙が出てきました。広島や長崎に原爆が落とされた話を聞くといつも、戦争は絶対に良くない、戦争なんて何の意味もない、平和な世界がどんどん壊れて死人が増えていくだけだと強く思います。アオギリを植えるということが全国そしてアメリカに広まったということはすごい事だと感じました。私もアオギリのように、くじけずに頑張って生きていこうと思います。


◎高校一年生(女子)
私はこの映画を見て、改めて戦争は決してしてはいけない残酷なものだと気づかされました。一番印象に残っているのは、主人公の足が原爆のせいでなくなってしまったことです。戦争というものは、一瞬で多くの人が亡くなってしまい、その原因は国民には関係ない国と国の争いなので、こんな大ごとにしないでほしいです。
そして、私のおばあちゃんは戦争を経験した一人なので、もっと話を聞いて知って大きくなっても戦争の悲惨さを伝えていけるようにしたいです。


◎高校一年生(男子)
「アオギリにたくして」の映画を見る前はすごく眠たかったのですが、始まってみると眠気を忘れて夢中になって見ていました。当時の時代では、戦争で命を簡単に失うこと、それと反対に生き残っていることが辛くて自分から死を迎えるということがとても残酷でした。戦争のせいで差別が生まれてしまうのも残念な気持ちでいっぱいでした。そんな悲しい過去から現在まで、命や文化をつないでくれた先人たちのお陰で自分が生まれてきたので感謝したいです。当たり前の事が、どれほど幸せかわかりました。


◎高校一年生(男子)
初めての芸術鑑賞の映画「アオギリにたくして」を見て、戦争がもたらず影響と 人の生きる力と 生きていく事の大切さを感じました。あの映画を見て、戦争を知らない自分が本当に幸せなんだと深く思いました。もうすぐで、戦争を知っている世代がいなくなってしまいます。戦争のことを知っている世代がいなくなれば、戦争のことを話し伝えてくれる人がいなくなってしまいます。伝えることがなくなれば、戦争に対して誤解や間違いがうまれてしまいます。ちゃんと戦争のことを知り、それをしっかり次の世代に伝えなければいけないと思いました。


◎高校一年生(女子)
終戦から70年がたち広島でおきた原爆によることがどんなことをおこしたのか、ごく一部だと思うけど知れてよかったです。もし私が節子さんだったら、死ぬことを選んでいたと思うのに、あんなに強く生きておられたのがすごいと思います。アオギリの木のエピソードには驚きました。あんなことになっても新しい芽を出して他のところで頑張って成長しているのをきき、私も元気をもらいました。私も実際にそのアオギリの木を見てみたいと思いました。このような機会で映画を見れてよかったです。


◎高校一年生(女子)
「アオギリにたくして」は戦争のむごさ、辛さ、悲惨さなどを改めて学ぶことができる作品であった。主人公は戦争によって人生を壊されたと言っても過言ではない。一度目に愛した人は戦争で亡くなり、そして自分は片足を無くした。二度目に愛した人とはピカをあびたせいで結ばれることはなかった。父までもがピカをあび、血を吐いて亡くなった。本当に壮絶な人生だが、前向きに胸を張り生きている姿に胸を動かされた。本当に素晴らしい作品だった。


◎高校二年生(男子)
あの戦争から何年もたつのに今の私たちが戦争のことを知っているのは、それだけでかい出来事だったと思います。僕が一番心に残っているのは、戦争に勝ち負けはないということ。その言葉はすごく深いなぁ〜と思いました。この映画を見て改めて戦争について考えることができました。「アオギリにたくして」は、本も出ているのでまた、機会あれば読んでみたいなと思います。歌で元気をもらい、またがんばろうと思いました。これからも全国の方々にあのすばらしい歌を届けてください。


◎高校二年生(男子)
「この映画を見て、原子爆弾の恐ろしさと共に、今自分が普通に過ごせている事が幸せなんだと強く感じました。ある日、突然、家族の命が亡くなったり、大きな怪我をすれば、自分は立ち直れないかも分かりません。あの広島の場に生きていた人たちは忍耐強く前向きに生きていて、本当に尊敬します。普段歩いたり、自分がサッカーを出来ているのは、本当はとても幸せな事なんだと改めて思いました。あの時の人たちに、今の自分たちが見られたら怒られると思います。もっと1日1日を大切に必死に生きようと思いました」


◎高校2年生(女子)
広島に投下された原子爆弾は、罪のない多くの人々の命を奪ったんだと、改めて思いました。この映画を見るまで、被爆アオギリの存在を知らなかったのですが、これからは被爆アオギリ二世の植樹がもっと広がればいいのにな、と思いました。また、この映画を見て、生きることについて深く考えさせられました。今までは、あまり命の大切さなんて考えたことがなかったのですが、今私がやりたいことをして生きているのは、とても幸せなことなのだと思いました。


◎高校二年生(男子)
「アオギリにたくして」を見て感じたことは、登場人物の中で一番建気なのは節子母であるということです。なぜなら、娘は病んでさらに、旦那も病んでしまった。それなのに腐らずにいた節子母に感動を覚えました。いつの時代においても、女性はやはり精神的に強い生き物なんだと再確認しました。
私は、この世から戦争をなくすことはできないと思いました。主人公でさえ人を傷つけていたからです。でも人の痛みを知ることで、少しでも緩和できると思います。


◎高校二年生(男子)
衝撃的な映像などはショートカットされていたけど、それでも原爆のピカの健康問題などがすごく生々しく、グロいシーンは少なかったけど目をそむけたくなる作品でした。原爆を受けた人が受けた人を差別して悪いのは原子爆弾なのに足がないから?ピカを受けたから?少し見ためなどが違うだけで冷たい目で見られてしまう世の中にしてしまう。人を殺してしまうだけじゃなく、人を人じゃなくしてしまうのがとてもむごいと思いました。


◎高校2年生(男子)
僕には夢があります。それは、人の心の病気を歌でいやす事です。世の中には心の悩みを持った人がたくさんいます。学校へ行きたくない、死にたい、会社に行きたくないなど、そういう人に自分の歌で生きたい前を向くんだという気持ちを持ってもらえるように頑張ってほしいです。僕はもう一つ夢があって、このテロや紛争が絶えないこの世の中がいつか平和になればいいなと思いました。イスラム国のテロなどもあるけど、僕は人なのだから感情があると思うし、笑顔があれば必ず世界は平和になると思います。これから僕達世代の人間がこの先の未来を、これまでの時代の人々がつくり上げてきた過去を受けついで、二度と戦争やテロの無い、明るい、人と人が助け合う未来になればいいと思いました。


◎高校三年生(男子)
私はこの映画を見て、非日常的な出来事に対して改めて考えさせられました。例えば、第三次世界大戦が勃発したとして、今住んでいる場所が空爆の被害を受け、自分の身に障害が残ったり家族や友人が死んだりしたら思うと、この映画の主人公である田中節子は本当に強い人なんだなと思いました。今ある当たり前の日常を大切に生きるべきだと考えさせられた作品でした。


◎高校三年生(男子)
「一九四五年八月六日、広島原爆」と考えると、焼けた弁当、影、はだしのゲン、火垂るの墓を思い出しますが、死者・負傷者20万人分の思いや物語があるんだと改めて感じました。沼田鈴子さんの生涯を通じて家族・生命がどれ程大切か、歩けない辛さを自分に置き換えて、涙を流しながら観てました。故沼田鈴子さんへのご冥福の御祈りを申し上げます。


大商学園高等学校の皆様、本当にありがとうございました〜! 大阪で「アオギリにたくして」上映を行ってくださっている大阪映画センターの皆様にも心より感謝申し上げます。

これからの未来を担う皆さんをを受け入れていく社会が、より心豊かなものとなるように、私たち大人もがんばります!かけがえのない今この時を大切に、青春を謳歌してください〜!!


posted by ぷらっとハッピー日記 at 08:48| 東京 ☁| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

「れんこん座」の皆様による「父母(ちちはは)の証言」に感動〜!!

12294625_744848255620268_6871178286880982702_n.jpg

さいたま芸術劇場・映像ホ―ルにて「戦後70年平和への祈り」が11/28(土)に開催されました!1部では主宰の「れんこん座」様による記念すべき第1回朗読劇「父母(ちちはは)の証言」。2部では歌と語りで伝える「いのちの音色」Liveで、ギタリストの伊藤茂利と共に出演させて頂きました。

「れんこん座」の皆さんによる語り伝えていくべき感動的な朗読劇が誕生する瞬間に立ち合わせていただき、感動の一日でした〜!皆様との出会いに心より感謝申し上げます!!「父母(ちちはは)の証言」の公演がこれからも行われていくよう願っています〜!!

れんこん座の皆様、関係者の皆様、会場に来て下さったたくさんのお客様に心より感謝申し上げます!!
本当にありがとうございました!今後ともよろしくお願いいたします。

12295389_744848332286927_1668801979958846482_n.jpg
posted by ぷらっとハッピー日記 at 10:34| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大商学園高等学校【芸術鑑賞】映画『アオギリにたくして』& 中村里美×伊藤茂利「いのちの音色」ライブ

吹田市メイシアター大ホールにて大商学園高等学校の芸術鑑賞として、千人を超える全校生徒の皆様に映画「アオギリにたくして」を観ていただき、上映後にギタリストの伊藤茂利さんと共に〜歌と語りで伝える〜「いのちの音色」ライブ公演をさせていただきました (2015.11.16)。

12241666_640513212753037_216779271006627051_n.jpg
🔼「いのちの音色」ライブのリハーサル風景

会場いっぱいの学生のみなさんの拍手に胸が熱くなりました!!みんな、ありがとう〜!!
先程、大商学園高等学校のHPに、感想文が下記のように掲載されているのを見て、またもや感動です〜!!

◎「広島に投下された原子爆弾は、罪のない多くの人の命を一瞬のうちに奪ったのだと、改めて思いました。この映画を見るまで、被爆アオギリの存在を知らなかったのですが、これからは被爆アオギリ二世の植樹がもっと広まれば良いのにと思いました。また、この映画を見て、生きる事について深く考えさせられました。今までは、あまり命の大切さについて考えた事がなかったのですが、今私がやりたい事をして生きているのは、とても幸せな事なのだと改めて思いました」(2年生女子)

◎「この映画を見て、原子爆弾の恐ろしさと共に、今自分が普通に過ごせている事が幸せなんだと強く感じました。ある日、突然、家族の命が亡くなったり、大きな怪我をすれば、自分は立ち直れないかも分かりません。あの広島の場に生きていた人たちは忍耐強く、前向きに生きていて、本当に尊敬します。普段歩いたり、自分がサッカーを出来ているのは、本当はとても幸せな事なんだと改めて思いました。あの時の人たちに、今の自分たちが見られたら怒られると思います。もっと1日1日を大切に必死に生きようと思いました」(2年生男子)


大商学園高等学校の皆様に心より感謝申しあげます〜!!
大阪での「アオギリにたくして」上映を広めてくださっている大阪映画センターの楠瀬様はじめ皆様に、改めて心より感謝申しあげます〜!!
posted by ぷらっとハッピー日記 at 00:07| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

福岡「母と女性教師の会」の皆様に心より感謝申しあげます〜!

12115465_739853259453101_6223322109409249659_n.jpg

2015年11月14日、福岡県「岡垣サンリーアイ」にて、歌と語りで伝える中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」90分公演を行わせていただきました〜♪

ご来場された800人近くの女性教師の皆様やお母様方との出会いをいただき、心より感謝申し上げます〜♪♪♪

12243128_739853212786439_5835969322820521370_n.jpg


魅力的でステキな先生方との出会いに感動しました〜!!

12208820_739853272786433_8843877249781354287_n.jpg

また、お会いできる日を楽しみにしています〜⭐️
本当にありがとうございました〜!!心より感謝申しあげます〜!!

posted by ぷらっとハッピー日記 at 23:33| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

平和の種まき実行委員会の貴戸先生との再会〜♪

DSC_0829.JPG

11/13福岡での学校ライブの後、平和の種をまこう実行委員の貴戸英樹先生と再会できてホントに嬉しかったです〜!!大変お世話になり、心より感謝申し上げます〜!

車の中でサントラ盤CD「アオギリにたくして」をずっと聴いてくださっているそうで、お嬢様からもうそろそろ他の曲を聞きたいと言われたとのこと(><)。この夏完成した「いのちの音色」CDアルバムが来週には入荷されますので、お届けしたいと思います〜!!

人の素晴らしさ、平和の種をまき続けることの大切さを教えてくださっている貴戸先生との出会いに心より感謝申し上げます〜!!

またお会い出来る日を楽しみに、みんなで力を合わせてがんばりま〜す⭐️

posted by ぷらっとハッピー日記 at 19:24| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊津中学校にて歌と語りで伝える「いのちの音色」LIVE公演

12249966_739540912817669_2030534694874707123_n.jpg

歌と語りで伝える「いのちの音色」ライブを、11/13豊津中学校にて開催させていただきました〜!
豊津中学校では、音楽でギターの授業もあるとのこと!しげ兄さん(伊藤茂利氏)の生ギター演奏と共に、歌と語りによるライブをお届けできて、みんなに会えて嬉しかったです〜!!お世話になった先生方に心より感謝申し上げます〜!

12249576_739540956150998_7615505633736586111_n.jpg

いつも、どんな時も、みんなが幸せでありますように〜♪
またどこかで、皆さんとお会いできる日を楽しみにしながら、私たちもがんばります〜!!



posted by ぷらっとハッピー日記 at 10:30| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

11/28劇団れんこん座主催「戦後70年 平和への祈り」◎第一部:朗読劇「戦後70年 父母(ちちはは)の証言」◎第二部:中村里美&伊藤茂利ライブ〜歌と語りで伝える「いのちの音色」〜(会場:さいたま芸術劇場 映像ホール)

劇団「れんこん座」様の主催による「戦後70年 平和への祈り」が、さいたま芸術劇場映像ホールにて11月28日(土)に開催されます。一部では、劇団れんこん座の皆様による朗読劇「戦後70年 父母(ちちはは)の証言」が行われ、第2部にて伊藤茂利と共に歌と語りで伝える「いのちの音色」ライブをさせていただきます。皆様、よろしくお願いいたします〜!!

れんこん座表.jpg

れんこん座裏.jpg

〜劇団れんこん座「戦後70年 平和への祈り」〜
◎日時:2015年11月28日(土)13:30開場/14:00開演
◎会場:さいたま芸術劇場 映像ホール
◎入場料:1000円
◎1部:劇団れんこん座:朗読劇「戦後70年 父母(ちちはは)の証言」
 2部:中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブ
◎主催:劇団れんこん座 
◎連絡先:080-6786-1404(嘉成) 090-3311-0713(江野本)


posted by ぷらっとハッピー日記 at 23:50| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

石川県文教会館ホール「アオギリにたくして」感想(主催:石川県原爆被災者友の会)

石川県原爆被災者友の会様の主催による「アオギリにたくして」上映&ライブが、石川県文教会館ホールにて2015年7月26日に開催され、400人の皆様にご来場いただきました。(◎共催:反核・平和おりづる市民のつどい実行委員会・平和サークルむぎわらぼうし◎後援:石川県/金沢市/石川県教職員組合金沢支部/北國新聞社)。実行委員会の加藤様が、映画への感想を送ってくださいましたので、ご紹介させていただきます〜!

B5チラシ(足直し済み)表 JPG のコピー.jpg

〜「アオギリにたくして」の感想〜
・あっという間の2時間でした。「こんな現実が実際にあったのか、わずか70年前の日本で?!」ということを改めて実感し、身震いがしました。あの時の過ちを二度と繰り返してはいけない。若い私たちは経験していない分、伝えていかなければいけない責任を負っていると思います。多くの人々に是非観ていただきたいと思った映画でした。

・たった70年前のことを私はちゃんと知らない。人にもっと伝えていけるように一人ひとりが原爆のこと、戦争のこと、平和を守るために何を守っていけばよいのか、考えていけるように、もっとたくさんの人に観てほしいと思いました。

・試写会と合わせて2回観て、改めてこの映画の訴える声の大切さに気付かされました。同じ被爆者の間でも差別し差別されてしまう現実、悲しさ、そんな大変な目に合いながらもいくつもの障害を乗り越え、語り部として生き抜いた主人公の生き方に心を動かされました。

・小学生の時「ヒロシマ」の映画を観て大変ショックを得ました。その後、何度もヒロシマに関する映画を観てきましたが、今回の映画「アオギリにたくして」は、戦後ずっと被爆者の方が人生の歴史を背負って伝える、語り部の熱く、苦しく、辛い思いを世界の全ての人々に伝えるべく映画として本当に感動しました! 最近出なかった涙が一杯溢れ出るものでした。

・「被爆者が被爆者を差別する」現実があったことは大きな衝撃であり、心に残った言葉でした。原爆の悲惨さを伝えて余りある内容ですね。製作された方々に感謝しなければなりません。

・素晴らしかった。広島の人々の苦しみは私たち被爆していない者の想像を絶するものだった。

・田中節子さん、まさに芽吹いた被爆アオギリのように強く生き抜いてこられた人生だったのだとよくわかりました。小5の娘にも理解できたようでした。娘は学校の図書委員会で「すみれ島」の朗読をするそうで、8/6も平和集会でアオギリの歌(今日の歌とは違う)を合唱するそうです。今日の映画を観れたことで、娘の中に平和への想いや願いの層が少し増えたかな。「この子たちの夏」の朗読劇は、まだ娘は知らないけれど、いつか出会いたいな。今日の映画、被爆後の苦難の人生を生き抜いてきた一人の女性の物語を無名のライターである一人の女性が取材し、形にしていくという「つなげていく」ことの大切さをメッセージとして受け取りました。ありがとうございました。

・語り部の存在を伝え続けることの大切さ、辛い体験を証言した語り部の声を聞くことができて感謝。

・人は誰も皆幸せに生きる権利を持つ、何者にもそれを阻むことは許されない・・・節子と隆志はなぜ幸せになることができなかったのかと考えるなら戦争や原爆がない社会にまで戻らなければならない・・・。声高にではなく静かに、然し心の深くまで届いたメッセージです。観てよかった、みせてもらってありがとうございました。

・もう2度と戦争起こしたらいかんね。70年たった今も辛い人がいるんだもんね。これからも戦争の悲惨さを伝えていかんなんね。

・主人公の心情を中心に描かれていたのが良かった。

・被爆した女性の被爆後の苦悩、心の葛藤、偏見、差別、悲しみ、ささやかな喜び、色々なことを映画を通して知ることができました。アオギリ二世も見に行こう。広島のアオギリも見に行こうと思います。

・原爆体験者は、原爆時の体験はもとより、それ以後が壮絶な戦いであったことがよくわかった。被爆者が被爆者を差別する、そんな状況を作りあげる、それが戦争だ。

・大変感動的な映画でした。原爆の理不尽さとそれに立ち向かう被爆者の思いが伝わってきます。

・本日は被爆者の方の新たなメッセージとして「アオギリのように生きていかなければならない」という言葉が心に残りました。

・静かであたたかく、力強い映画でした。観てよかったです。

・罪のない人たちが犠牲になる戦争は絶対に許せない。二度と繰り返してはいけないことと改めて思いました。風見しんごさんのファンなので見れて嬉しかったです。



ご来場くださった皆様、主催、共催、後援してくださった皆様、関係者の皆様に改めて心より感謝申し上げます〜!!
posted by ぷらっとハッピー日記 at 22:35| 東京 ☔| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする