2017年09月29日

中村里美&伊藤茂利・Fly me to the moon(出雲大東駅 2016.8.20)

2009年より撮影開始したドキュメンタリー映画『いのちの音色』は、広島平和記念公園の種から育った被爆アオギリ2世・3世の苗の植樹を呼びかけながら、1000回ライブを目指して歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える中村里美・伊藤茂利によるライブ行脚を通して日本全国・世界で出会った平和の種を蒔く人々を撮影しています。


このプロジェクトにご賛同くださる皆様のご支援で、これまで撮りためたものを編集しながら、さらに撮影を続けております。



昨年夏、島根県の出雲大東駅で開催された木次線開業100周年記念「50日前ぷれぷれイベント〜雲南の地酒で乾杯〜」の中で、「雲南アオギリ会」様の主催(共催:つむぎ、ルーラル雲南)による、中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブが開催されました。


これまでの「いのちの音色」ライブ行脚の映像をまとめていただいている中で、本日懐かしく昨年の映像を拝見させていただきました。


当日の様子は、改めてまたお届けしたいと思います。



しげ兄さんも、島根の美味しいお酒をかなり飲んでとっても上機嫌〜♪♪(笑)



▼【YouTube】こちらの映像は、ドキュメンタリーには使わないライブ終了後のアンコールより、ジャズスタンダードの中から「Fly me to the moon」(2016年8月20日)。




企画・主催してくださった雲南アオギリ会の錦織斉子会長、三瓶裕美様、出雲大東駅の南波由美子駅長様はじめ皆様に改めて心より感謝申しあげます。



unnnann2016-8.jpg
▲雲南アオギリ会の錦織斉子会長


またお会いできる日を楽しみにしています〜♪





posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 16:44| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

【YouTube】中村里美・伊藤茂利 トーク&ミニライブ(宮城・仙台)2016.12.13



「みやぎ生協」様の主催による映画『アオギリにたくして』上映会 が昨年2016年夏に大崎・石巻・仙台の3箇所で開催され、上映後には製作者の中村里美・伊藤茂利トーク&ミニライブが行われました。


この映像は、夏の上映&ライブを経て、リクエスト企画として同年の12月13日に開催されたトーク&ミニライブの一部です。


映画『アオギリにたくして』福島ロケの時、被爆アオギリ2世を植樹するシーンにエキストラ出演してくださった当時中学生だった佐々木 果南さんが、当日会場に駆けつけてくださり感動の再会〜!高校生となり成長した果南さんに会えて、果南さんのステキな夢を聞かせていただき、本当に嬉しかったです。果南さん、来てくださって本当にありがとう✨

ご来場くださった皆様、みやぎ生協の皆様、山形県映画センターの皆様に改めて心より感謝申し上げます。
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 08:01| 東京 ☔| ライブ「いのちの音色」公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

しげ兄復帰を祝して〜♪12/10(日)第225回 中村里美&伊藤茂利『いのちの音色』ライブ【会場:東京・四谷「Doppo」】

里しげみやぎ5アップ.jpg


しげ兄復帰を祝して✨
2017年の最初で最期となるオリジナル企画による
歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える
中村里美&伊藤茂利『いのちの音色』ライブ公演を
しげ兄さんのご友人の川崎 裕之さんのライブハウス
東京・四谷「Doppo」にて、12/10に開催させて頂きます✨


1000回ライブ目指してスタートした
「いのちの音色」も今回で
225回目のライブとなります。
1000回ライブまで、あと775回〜♪
がんばります!


中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブ
DATE:2017年12月10日(日)
TIME:12:30 OPEN / START:13:00〜15:00
PLACE:SOUND CREEK「Doppo」
JR中央線・総武線・メトロ丸の内線・南北線「四ッ谷」駅から徒歩3分)
〒160-0008 東京都新宿区三栄町1-2 CSビルB1 TEL:03-6380-4245 
1F塊肉ビストロBlocks地下。スタジオ音楽館正面です。
地図➡︎ http://www.doppodoppo.com/access.html
◎CHARGE:予約¥3,000 当日 \3,500(共に1drink別\600)
◎予約・お問合せ:TEL:03-6380-4245 E-mail: info@doppodoppo.com



心を込めて歌い、奏でます〜♪
皆様のご来場を心よりお待ちしています〜♪

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 21:45| 東京 ☔| ライブ「いのちの音色」公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブ履歴【No.207〜No.224】が更新されました〜♪

中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブ履歴が更新されました。



中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」
ライブ履歴【No.207〜No.224】が更新されました〜♪


➡︎ http://satochan-peacelive.seesaa.net



あっという間に月日が流れ、
気がつくともう2017年の9月。


2008年8月6日、初めての「いのちの音色」ライブから9年。


現在、224回目のライブを終え、
10月半ばに抗がん剤治療をしげ兄が終えたのち、
次回ライブは、12月10日は、四谷のDoppoで行われます。
※詳細は近くまた告知させていただきます。


DSCN8518.jpg


お互い年もとってきましたが、
しげ兄やミュージシャン仲間の皆様と共に
自分たちが生きている間に、
必ず1000回ライブを達成したいと思います。


今後とも皆様のご支援・ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます〜!



posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 22:34| 東京 ☔| ライブ「いのちの音色」公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よりシンプルに〜♪ よりピュアに〜♪

昨年の夏、宮城県のパレットおおさき・石巻アイトピアホール・仙台シルバーセンターの3箇所で「みやぎ生協」様の主催による映画『アオギリにたくして』上映会&中村里美・伊藤茂利ミニライヴが開催され、年末にはリクエスト企画をいただき、再び上映&ライブで宮城へ伺わせていただきました。みなさんとの出会いに感動をたくさんいただいた本当に楽しい上映&ライブ行脚でした。


昨年2016年12月13日、みやぎ生活共同組合の皆様が仙台市市民活動サポートセンターで開始してくださった上映会&ライブの時に、山形県映画センターの宮沢啓さんが撮影して送ってくださったお写真です。

里しげ集合ライブ.jpg
里しげ宮城ライブ.jpg
里しげみやぎライブ6.jpg
里しげみやぎ5アップ.jpg



そして、私は・・・、
あれから9ヶ月もたっていることにさえ気がつけないほど、
気持ちが追われ、混乱したままずっと走り続けていたことに昨日気づきました。


宮城でのライブに一緒に伺わせていただいた
映画・音楽プロデューサーでギタリストの
しげ兄さんが昨年12月より体調を崩し、
年始に緊急入院してから今月で9ヶ月・・・。


オフィスを移転したばかりで整理もできていない中、
第二作目の映画の公開直前に主力メンバーのしげ兄が倒れ、
あまりの状況に、どう乗り越えて今日までやって来たのか
どこかで記憶喪失になっているような感覚です。


今振り返ると、昨年のアメリカ上映行脚の時も
しげ兄が腹痛を起こしていたという報告を
同行していたスタッフから聞いたことが思い出され、
なんで周りでもっと早く気がついてあげられなかったのかと・・・
悔やんでも悔やみきれない気持ちでした。


昨年12月半ばからずっと体調がすぐれず、
お医者様へは何度か行ったそうですが、
問題なく大丈夫と言われていましたが、
やがて七転八倒の苦しみに襲われ、
病院を変えて診察していただいた結果、
その日に緊急入院となりました。


がんによる腸閉塞を起こしていたため、
すぐに手術もできない状況で、
22日間の絶食の末、なんとか手術できる状況となり、
一ヶ月以上の入院生活を経て退院。
その後、セカンドオピニオンを経てさらに病院を変え、
腫瘍内科医の勝俣範之先生のもとで
半年に及ぶ抗がん剤治療がスタートしました。



たくさんの皆様に支えていただき、
今日まで来ることが出来ました。


無事一命をとりとめ、
退院後の半年間に及ぶしげ兄の
抗がん剤治療もあともう少しとなりました。



これからは本当にやりたい事を、
もっともっと大切にしていこうと、改めて心に誓います。
それって、シンプルで当たり前のことなのに、
なぜか、一番やりたい事は、これまでいつも後回しだった。


本当に心から大切に思う事に
皆で取り組めるミューズの里にしていきたいと思います。


よりシンプルに。よりピュアに。
山形県映画センターの宮沢さんが
送ってくださったお写真を見ながら、
そう感じました。


ずいぶん時間がたってしまいましたが、
近く当日の動画などもYouTubeアップさせていただきます。


改めて、大変お世話になったみやぎ生協の皆様に
心より感謝申し上げます。
本当に、ありがとうごさいました〜!

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 21:48| 東京 ☔| ライブ「いのちの音色」公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

再出発!「いのちの音色」ライブ&上映活動

18766086_1388867411196554_7872809672899721667_n.jpg


先日、ミューズの里のオフィスの入口に、雲南アオギリ会の錦織斉子会長が昨年作ってくださった「出会い・キセキ・足あと…」を、先日しげ兄さんが展示してくれました〜♪


今日は、飯石で生まれた歌「平和を」を歌いました。


歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」ライブをスタートして、来年8月6日で10年目となります。これまでお世話になってきた被爆者の方々が年々亡くなられていく中で、何かせずにはいられない思いの中で、このライブ活動をはじめました。それは、私にとってはものすごく大変なことで、未だにカラオケにも行けない、そもそも超引っ込み思案で、人前で話をすることや人との交流が苦手な私にとっては、とても勇気のいるチャレンジでもありました。


その後、被爆アオギリ2世・3世の植樹を呼びかけながらライブ活動をしていく中で、2013年には映画「アオギリにたくして」が生まれ、これまでライブを企画してくださった方々が映画の自主上映を広めてくだり、上映活動も全国に広がり、昨年6月にはアメリカでの上映が行われました。


映画の完成から4年目を迎える今年の夏、改めて「アオギリにたくして」日本全国上映行脚にむけて出発していきたいと思います。そして、「いのちの音色」1000回ライブを目指しながら、世界での上映&ライブ活動にも力を入れて準備をすすめていきたいと思います。


ここまで来ることができたのは、どんな時も変わることなく、いつもあたたかい目で見守ってくださっている皆様のお陰です。


改めて心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございます。


しげ兄さんはじめスタッフの皆様と共に、がんばります!!




posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 23:56| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

2017年6/3,6/4 東京(八王子)「延立寺」にて、映画「アオギリにたくして」上映!

アオギリの木の下(緑)アイコン.jpg

先日、東京ジャーミイでの「いのちの音色」ライブと映画「アオギリにたくして」上映会を企画してくださった被爆者の上田紘治さんが、6月3日と4日に八王子のお寺「延立寺」にて映画「アオギリにたくして」上映会を企画してくださいました。今回で上田さんが企画してくださる上映会は13箇所目となります。改めて心より感謝申し上げます。

皆様のご来場を心よりお待ちしています〜♪

【東京・八王子】
◎日時:2017年6月3日(土)・4日(日)14:00〜(開場13:30)
◎会場:アミダステーション(八王子市東町3-4)八王子駅北口から5分
◎料金:大人1000円/子供500円
◎主催:延立寺 浄土真宗本願寺派(西)
 後援:八王子平和・原爆資料館
◎連絡先:090-6197-5354(上田)
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 15:22| 東京 ☁| ライブ「いのちの音色」公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪「ひなた」での復帰ライブを新たな一歩に〜♪

アオギリ会国東の松岡照美さんが、松岡さんの思いのたっくさんこもったステキなLunchとCakeのお店を大阪にオープンされました〜♪ お店の名前は「ひなた」

17626231_1784716055189725_4090210221521429607_n.jpg


先日は、東京ジャーミイでのライブに撮影しに大阪からやって来てくださった楠瀬かおりさんが、松岡さん手づくりのシフォンケーキをミューズの里まで届けてくださいました。


口の中にファ〜っと広がる上品な甘み。柔らかくて弾力のあるきめ細かな食感。照美さんのケーキを食べた方々の幸せな笑顔が浮かんできます。松岡さんの愛情がしっかりと伝わってきます。私たちも、自分たちのつくる作品やライブに、照美さんと同じように思いをこめて、ひとつひとつ丁寧に積み重ねていきたいと感じました。


お店のオープンまでには、たいへんなことの連続だったと思います。何かをやれば必ずやってくる困難。それに立ち向かい、乗り越えていくしなやかな強さ。深い悲しみを知ることで、生きる喜びをより深く感じ、その中から生まれてくる松岡さんの抜群のユーモアのセンス!アッパレです〜!



「くどいですが(笑)私は、アオギリ…に命を頂きました。 ♪ ひなどりを口ずさめば、これでもかっ!!ってくらい困った事が押しよせて来ても怖い事は何一つありません。ただ、ただ、皆さんと出逢えた事に感謝し、これからも一緒に頑張らせて頂きたいです。♪Matherは、心が硬くなってしまった時に口ずさむと私は心が柔らかくなります」松岡さんからいただいたメールを読ませていただきながら、曲作りをしていた時の私自身の思いとも重なり、心に元気をいただきました。



生きてる、ただそれだけで100点満点の
命を受け継いで、今を生きて、明日へと伝える



カラオケも嫌いで行ったこともなかったような私が、30代後半で音楽と出会い、作詞・作曲をはじめた頃につくった「ひな鳥へ」の中の一節です。


生きているだけでは100点満点ではないと、どこかで思っていた自分が、音楽と出会い、生きることの意味を見つめる中で生まれた歌です。


つくった後も、なかなか歌えずにいた曲「ひな鳥へ」。


「だって、しょうがない」「だって、現実は‥」っと、どこかで自分を正当化しながら生きていたあの頃は、実はホントの現実さえ知らないままの自分にも気づいていなかった‥。


自分の頭が作り出す、恐怖心や不安に、勝手に巻き込まれて、操り・操られる世界の中で、ステレオタイプ化したものの見方や勘違い、偏見にも気付けないまま、つくっては壊れる砂山に一喜一憂しながら、それでも精一杯がんばって右往左往して生きていたあの頃‥‥。体中から愛がこぼれ落ちていることにも気づかずにいた‥。


頭を使っているようで頭に振り回され、お金を使っているようでお金に振り回され‥‥身につけた知識が本当にいかされることなく、理論武装しながら小賢く立ち回って動かされていく世界を一歩抜け出して眺めてみた時、心の音色が音となり、メロディーが生まれ歌と出会いました。


音楽と出会って私は変わった。
あの時、音楽との出会がなければ、今自分がやっていることは何一つ生まれていません。


私の歌は上手くない。
ただ、歌に込めた思いの中から生まれる心の声に責任を持って表現することが私にとっての全てです。



歌が生まれて20年近くたって、50歳を過ぎてようやく「ひな鳥へ」を歌えるようになりました。Motherは、しげ兄さんが作曲した曲に歌詞をつけさせていただいた歌で、歌詞をつけながら、あれほど号泣しながらつくった曲も他にありません。


自分の心との対話の中からしか詩や曲をつくることができませんが、生まれてくる歌を口づさむ中で、私自身がこれまで励まされてきました。大好きな松岡さんにも口づさんでいただけて、ホントに嬉しいです〜♪



昨日から6ヶ月間の抗がん剤治療の始まったしげ兄さんですが、治療を終えて体力が回復した後、松岡さんのお店「ひなた」で、復帰ライブをさせていただくことになりました。


喜びも、悲しみも‥‥今この瞬間に感じる全てを受け止めながら、一瞬一瞬を大切に、新たな「いのちの音色」ライブを「ひなた」から出発していく日を楽しみにしています。


「ひなた」でお会いできる日を楽しみにしています〜♪♪


松岡照美さんに心からの感謝を込めて〜♪♪
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 12:03| 東京 🌁| ライブ「いのちの音色」公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

緊急入院から4ヶ月ぶりのライブ

18193670_1351879724895323_1008990110934783023_n-1.jpg

しげ兄さんの緊急入院から約4ヶ月ぶりとな東京ジャーミイでの4/29の「いのちの音色」ライブの前日、「明日は本当にライブやるのかな?!」としげ兄さん。


副作用で指先がしびれる場合があるため、本来ならスタートする予定だった抗がん剤治療を伸ばしてもらっていたしげ兄さんの様子を見ながら、リハーサルはしないまま当日のぶっつけ本番のみでやろうということになり翌日会場へと向かいました。


18193730_956080017863020_1459340350002103845_n.jpg



会場につくと‥‥ミューズの里の表現の場づくりにミュージシャンとして参加してくださって以来、その後の映画づくりや上映会をずっとずっと応援してくださっている、堀さんと鈴木さんの姿が‥‥。広島ロケでエキストラ出演してくださった藤澤さんの姿も‥‥。そして名古屋から三上さんが駆けつけてくださり、皆さんと出会った瞬間、しげ兄さんの顔がみるみる変わっていくのを感じられました。


18199031_1353097921440170_3073225426122459684_n.jpg


しげ兄さんのギターの音色がいつも以上により深く感じられました。

18198308_956079991196356_3127324095858360976_n.jpg

18156960_1353106228106006_7261690676962324696_n.jpg


ライブの後の映画「アオギリにたくして」上映の前には、昨年のアメリカ上映を企画・コーディネイトしげくださった小池崇子さんがその時の様子をお話くださいました。


18156920_1352101761539786_2836994312829542780_n.jpg


小池さんのお話を聞きながら‥‥これまでの上映行脚のことが思い出されました。


気力と体力の限界に挑みつづけたこれまでの映画づくりと上映活動の中で、命がけだったと言っても過言ではない何年にもわたる状況下の中、しげ兄さんが倒れました。そして、危機一髪の中、生きるチャンスをいただきました。


無理をしすぎたかもしれない。でも、あの時、やっぱり無理をしてでも立ち向かわないと乗り越えられないこともたくさんあった。



「死ぬほどの思いをしたけれど、でもそれ以上の宝物を僕はもらった」としげ兄さん。


18157185_1232336100212591_4853786214682778778_n.jpg


東京ジャーミイ・トルコ文化センター主催(後援:八王子平和・原爆資料館)による原爆展の中で、中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブ、映画「アオギリにたくして」上映、上田紘治さんの被爆証言、手話ダンスの小川先生と上田夫人による主題歌「アオギリにたくして」などがゴールデンウィークに企画され、皆様に大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

18222615_1360011164082179_4315833383698126917_n.jpg
▲上田紘治さんの被爆証言


18199553_1360016374081658_3428357052460381413_n.jpg
▲手話ダンスの小川先生&上田夫人による「アオギリにたくして」



皆様に改めて心より感謝申し上げます。
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 09:53| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

みっちゃんからのメール。沼田鈴子さんとの最後の別れ…

2011.9.11-3.jpg
▲2011.9.11の広島ライブにて。立花ご夫妻としげ兄と共に


先日、広島の大好きなみっちゃんから届いたメールを読みながら、映画「アオギリにたくして」のモデルとなった沼田鈴子さんとの最後の別れを思い出し‥、改めて応援し続けてくださっている皆様への感謝と共に、前に進んでいきたいと思います。


「沼田さんが亡くなった時、里ちゃんもしげさん、短い時間だったけど、だれもいない(ご家族もおられない)あのお部屋で、最期のお別れができたじゃない。だめもとでもいいから、とにかく、行ってみようって、葬祭場にタクシー飛ばして。沼田さんのおでこに、里ちゃん、自分のおでこをあてて、泣いてたの、みっちゃん、忘れられない。あの時間を、沼田さんがくれたんだと思う。あれ、奇跡だと思うよ。」


沼田鈴子さんが亡くなられた日、しげ兄と私は、広島女学院大学でのライブのため広島入りしていました。ライヴを終えて、広島市役所でのCDアルバムの記者会見に伺う途中、沼田鈴子さんが被爆された元広島兵新曲の跡地の前を偶然通りかかり、タクシーを降りて、しばらくそこで時間を過ごしました。その後、記者会見場に向かうと、知り合いの記者の方からその日の朝、沼田さんが亡くなられたことを知らされました。


翌日は仕事で東京に戻らなければならず、みっちゃんと旦那様が一生懸命連絡をとってくださり、しげ兄と4人で、病院から葬儀場に運ばれた沼田さんに最後のお別れをさせていただきました‥‥。



歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」ライブを1000回目指してスタートした時から、みっちゃんと旦那様にずっとずっと応援していただき、ライブ活動の中で沼田鈴子さんの被爆体験の朗読をするご挨拶に一緒にお伺いしました。沼田さんとの再会のあと、東京に戻ると小さな被爆アオギリ3世の苗が沼田さんから届きました。そのかわいい苗を見ながら口ずさみながらつくったのが「アオギリにたくして」という歌でした。ライブ活動と共に日本全国、そして世界での被爆アオギリの植樹を呼びかけていた中で、沼田鈴子さんが亡くなりました。


沼田さんとの最後のお別れの後、しげ兄さんと二人で、私たちに出来ることはなんだろう‥と日々自問自答する中、最初はたった二人で映画づくりをスタートしました。

沼田鈴子さん&立花&山田.jpg
▲立花ご夫妻(みっちゃんと旦那様)と一緒に沼田さんのところへ〜♪(撮影:しげ兄(伊藤茂利))


沼田さんを思う時、いつもマザー・テレサの言葉が一緒に思い出されます。
沼田さんもマザーも人間だから、傷ついて嫌な思いもする。それでも、そういう人たちをも愛して、前に進んでいった。裏切られて、傷ついても、人を信じて、赦して、その人のために祈って、自分が正しいと思う道を精一杯生きた沼田さんやマザー。みっちゃんからのメールには、マザー・テレサが日本に来られた時、おっしゃった言葉もそえられていました。「日本は確かに、清潔で、着ているものもきれいです。でも、貧しい国だ。」と。「カルカッタのスラムに住んで、わずかな食料を分け合うことができる人、心から愛し合う家族の方が豊かです。」と。



あまりに微力な我々ではありますが、沼田鈴子さんの平和の種まきのバトンを少しでも繋いでいきたいという思いで、これまで日本全国ライブ活動と共に上映行脚を行ってまいりました。


体力と気力の限界まで全力投球してきた4年間を振り返る時、お金では決して買うことのできない宝物を心の宝石箱にたくさんたくさんいただいきました。苦しい時をずっと共に支えてくださり、どんな時も応援続けてくださっている皆様に改めて心より感謝申しあげます。


これからも平和への祈りを込めてライブ・上映活動を行っていきたいと思います!


ミューズの里は来年8月6日に設立10年目を迎えます。
振り返れば、設立日の夜行った一つの小さなピースライブが出発点となり、ここまで来ることができました。しげ兄さんの6ヶ月間の抗がん剤治療を終えた後、新たな音楽活動をスタートしていきます。


来年2018年8月6日、第一回目「いのちの音色」ライブから10年目を迎える8月6日、これまでの集大成となる「いのちの音色」公演にむけて、より一層充実した内容をつくっていきたいと思っています。今後ともよろしくお願い申しあげます〜!


Seeds of Peace!
平和の種を世界へ〜♪


みっちゃん、いつもいつもありがとうございます〜♪

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 11:35| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする