2007年07月01日

もし、猫と犬が笑ったら…

私は、猫のモモちゃんと犬のハッピーちゃんと一緒に暮らしています。
かわいくて大好きで何も言う事はありませんが、一つだけもし言わせてもらえるなら、もし二匹とも笑ったらもっと楽しいなぁ〜といつも思います。

人間の赤ちゃんは、まだ一人でご飯が食べれなかったり、歩けなったり、しゃべれなかったりする頃から、まだ自分でも何がおかしいのかを認識できる前から笑ったりするけれど、猫や犬はなんで笑わないんだろう…笑ったらいいのになぁ〜といつも思います。

犬は3歳から4歳児ぐらいまでの頭脳を持っているとも言われ、しゃべれないけれど、かなり人間の言葉を理解する能力もあります。なのに何で笑わないんだろう〜と昔からずっと不思議でした。

私が帰ってくるとクルクル回りながらうれしがる犬のハッピーちゃん。でも、笑顔はありません。時々怒ったり、悲しそうにしたり…喜怒哀楽はあるけれど、笑うことだけはありません。(例外的に!?小さな頃、飼っていた犬のメリーちゃんは、ちょっと引きつり気味でしたが、時々幼心に「笑ってる笑ってる〜!」と感じた記憶があります。笑顔!?というより歯を出してキキキキキ〜という感じでしたが、あれはきっと笑っていたと今も思っています・笑)


でも、逆に考えると、人間だけが赤ちゃんの頃から喜びや嬉しさや楽しさを表す笑顔があるんだなぁ〜と思うと、何だか笑顔が貴重に思えてきたりもします。

笑わないハッピーちゃんとモモちゃんですが、それでも私がニコニコしているとみんなも嬉しそうです。
posted by ぷらっとハッピー日記 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | たからプロデューサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

今週のハッピ〜&モモ

200706231516000.jpg200706231516000.jpg200706231517002.jpg

暑くて食欲のない猫のモモちゃんと、自分のご飯よりモモちゃんの残したご飯を食べるのが大大好きな犬のハッピ〜ちゃん。
posted by ぷらっとハッピー日記 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | たからプロデューサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

指圧する猫

200705202324000.jpg200705202323001.jpg200705202318001.jpg200705202318000.jpg200705202317002.jpg200705202317001.jpg

見よ!白衣のような毛皮に包まれた指圧師モモちゃんの姿を!モモちゃんの趣味は、寝ている人の上で指圧をすることです〜☆
posted by ぷらっとハッピー日記 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | たからプロデューサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

サマーカットのハッピ〜ちゃん

200705202110004.jpg200705201939001.jpg

先週モモちゃんがライオンカットになったので、今週はハッピーちゃんがサマーカットしにモリヤ動物病院まで行ってきました。
二人ともかわいくなりましたぁ〜! ☆ありがとうございました〜☆

momo.jpg200705202050000.jpg
posted by ぷらっとハッピー日記 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | たからプロデューサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

ネコと犬

200705131218002-1.jpg200705131327000.jpg

あなたはネコ派? それとも犬派?
ネコの好きな人の中には、あんまり犬が好きじゃなくい人もいて、
犬の好きな人の中には、あんまりネコが好きじゃない人もいる。

でもなせか、我が家にはいつもネコと犬が一緒にいる。
今は、ネコのモモと犬のハッピ〜。
子供の頃からずっと一緒に育ったのは、ネコのミーコと犬のメリー。二匹ともすでに他界してしまったけれど、楽しい思い出がいっぱいある。

ペットを買ったことは一度もなくて、
いつも出会ってしまう。

一番最初にいたのは、ネコのミーコちゃん。
確かミーコちゃんは、私がまだ幼稚園か小学校一年生の時。学校の近くの家の飼いネコの子供を、下校時の子供になんとか持ち帰ってもらえないかと声をかけていたらしい。そこに通りかかったのが私の兄。断りきれず家に持ち帰ったものの、両親は最初激怒していた。何度も何度も頼み込んで、ようやくOKとなった記憶がある。そういえば、特に母はネコが最初大嫌いだったかな?でも、一緒に暮らしてみると情がうつって誰よりも一番かわいがっていたかな〜。
ミーコと仲良しだった、犬のメリーは、もともとたくさんの兄弟たちと一緒に買われていたようだが、メリーだけどこかにもらわれていったらしい。でも、引取先の飼い主から何かの理由で連れ戻されてしまった。犬同士の掟があるのか、出戻りとなったメリーは、ご飯を食べるときも他の犬が食べ終わった後のお皿をさらえにいくというあり様。気の毒に思った飼い主が母に授けてくれたのがメリーだった。

そして、今一緒に住んでいるハッピ〜は、幣紙プラザプラザの配布中にボランティアスタッフに救出されたワンちゃんで、ももちゃんは、ペットショップで病気だったネコをもらってきました〜。どうもこの二人はあまり仲良くはならないのですが、それでもお互い同じ家の住人であることはわかっているようで、それなりにやっています。

まぁ〜そんな感じで、なぜかいつもネコと犬が我が家には一緒に住んでいます〜☆
posted by ぷらっとハッピー日記 at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | たからプロデューサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

さて、答えは?

momoface

答えは、
トリミングでライオンカットになった、猫のモモちゃんのしっぽでした〜☆


posted by ぷらっとハッピー日記 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | たからプロデューサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

やんちゃなHappyとリラックスMomo

20070512happy.jpg20070512momo2.jpg

人の動きが気になってしかたないハッピ〜ちゃん
昨日は、カットでMomoちゃんだけが外出したので、ハッピ〜ちゃんはすねて大変でしたぁ〜☆

いつも我関せずのMomoちゃんは、いつもリラックス。気持ちよさそうに今日も寝ています〜☆
posted by ぷらっとハッピー日記 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | たからプロデューサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

眉間にシワのモモちゃん

20070512momo.jpg

チンチラのモモちゃんは、毛が長いのですぐ毛玉ができてしまいます。
しばらく、そのままにしていたら、体中毛玉だらけ!
今日は、モリヤ動物病院に行ってきました〜☆

なかなかモモのトリミングを快くしてくれる所はありません。
今までに何度も断られたり、あるいは全身麻酔をかけないとカットしてもらえなかったり。
だから、バスに乗って、電車に乗って、ずいぶん歩いて…
少々時間はかかりますが、モモちゃんを受け入れてもらえる病院へ。
いつも一日かかります。
行くのに一時間、カットに5時間はかかります。

2ミリカットになったモモちゃんは、いつものりっぱなお髭も少々下がり気味。
ちょっと眉間にシワがよってる感じです。
爪も切られてご機嫌ナナメ。

そういえば、モモちゃんは何歳だったかな?
たぶん、もう15歳ぐらい!? 人間の年で考えるともうかなりのご高齢!ということになります。

でも、いつまでも、とってもかわいいモモちゃんです〜☆

posted by ぷらっとハッピー日記 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | たからプロデューサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

こちらは我らがハッピーちゃん

nbs[J[.jpg>

9年前に誕生した我らがハッピーちゃん。
実物もまだ健在ですよぉ〜!
今度、スリランカにも進出しま〜すよぉ〜☆よろしくねぇ
posted by ぷらっとハッピー日記 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | たからプロデューサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

ハッピーちゃん

03[1].04 Happy (B&W).jpg

うちのハッピーちゃんです。
posted by ぷらっとハッピー日記 at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | たからプロデューサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

Momoちゃんがんばりました〜☆

今日は雨ふる寒い朝から、ネコのモモちゃんとトリミングに町田まで。
送り届けた後、いったんオフィスに戻って仕事をして、夕方またお迎えに-------チンチラのモモちゃんのなが〜い髪は1mm刈りとなり、1/3ぐらいの大きさになっていました。
爪が伸びすぎて自分の手の中に刺さったまま伸びていたたようで(痛そう……)、前足はテーピングされ、イナバの白ウサギのようになっていました。

寒そうなので毛糸のトックリの洋服を着て、今はグウグウこたつで眠っています。
よかった!よかった!

さて〜〜編集は大詰め!がんばりま〜す☆
posted by ぷらっとハッピー日記 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | たからプロデューサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

「ハッピ〜ちゃんに似てきたねぇ〜」と言われるように!?

花屋の店先にパンジーがたくさん並んでいるのを見ると、営業中で次のアポが入っているにも関わらず、ついつい欲しくなってしまう。家に帰って植木鉢に植えかえながら、そうして土をいじっていると幸せな気分になる。今日は、これまで鉢に植えていたシバザクラを土手のところに植えかえて、買って来たパンジーを玄関に飾った。庭の雪やなぎが咲き、レンギョが咲くと春が来たなぁ〜と感じる。

今日は、プラザプラザのマスコット犬として、各イベントや誌面にもイラストで登場しているハッピ〜ちゃんの予防注射の日だった。ハッピ〜ちゃんは、中野のマンションの前に捨てられ、警察に連れて行かれたものの引き取り手がなく、保健所に送られる直前にプラプラのボランティアスタッフのアニーちゃんによって救出されたワンちゃんだ。引き取ったものの家の人から反対され、めぐりめぐってプラプラオフィスにやってきたハッピ〜ちゃん。
栄養失調と言われていたが、今では丸大ハムのようになり健康のためにダイエットを始めている今日この頃だ。お金がなくて、一日一食も食べれなかった時も、ハッピ〜ちゃんは毎日3食しっかり食べて元気いっぱいだった。それならば、少しは働いてもらおうかなぁ〜ということになり(笑)、ハッピ〜ちゃんはプラプラが主宰する雑誌やイベントのキャンペーンドッグとしてイラストで登場し始めた。そのうち、Tシャツのデザインに起用されたりなどハッピ〜ちゃんグッズにも貢献し、時には営業先に一緒に出かけたりしているうちに……かれこれ7年。今ではハッピ〜ちゃんは、プラプラの重要な存在となり大活躍している。

人間も十人十色だが、犬もそれぞれに性格が違っていてユニークである。よくペットは飼い主に似ると言われているが、ぞくぞくと集まってくる犬とペットの会話を聞きながら、そうだなぁ〜とうなずけたりもした。でも、ということは、私とハッピ〜ちゃんもどこか似ているのかな!? そういえば、そうかもねぇ〜。猪突猛進で好きな事には無我夢中。周りの迷惑をかえりみず、七転び八起。何があっても絶対あきらめない頑固さは特によく似ている。おまけに強いようで弱く、弱いようで強いところも瓜二つだ。

ハッピ〜ちゃんは、ボールが大好きなのだが、もし彼女が人間だったら絶対にサッカーの一流プレーヤーになっていただろうなぁ〜と本気で思う。両足で実に巧みにボールを操る。一人遊びでは物足りないので、誰かが一緒に遊んでくれないかと常にボールをくわえて待ち構えている。ご飯を食べる時も寝る時も、必ずボールを持ち運び、そばに置いている。ハッピ〜ちゃんは、ボール命なのだ。床の上でごろんとなって新聞などを呼んでいると、必ず目線の先にボールをス〜っと転がしてアピールしてくる。自主練習にも気合いが入っているが、一緒にボール遊びをしてくれる相手には真剣に立ち向かい、やってくれやってくれとしつこく何度も頼みにくる。その真剣さは遊びを超え、スポーツ根性物語の主人公のような眼差しだ。最初はうるさいと言われ、無視され続けているのだが、あまりの真剣さに結局誰もがハッピ〜の根気に負けて、最後はボール遊びにつきあうハメとなる。この粘りに関しては、私ももっと見習いたいと思うところだ。ハッピ〜に似て来たねぇ〜と言われるように!? がんばろ〜と思う。犬
posted by ぷらっとハッピー日記 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | たからプロデューサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

モモちゃん脱走する!

体のあちこちに毛玉が出来てしまったので、思い切ってバリカンでバッサリと長い毛を切り落とし、1mm刈りになってしまったチンチラのモモちゃん。ついでにツメも切られて気も弱くなっていたモモちゃんは、家族から外出禁止令を出されていました。でも、今朝の春を予感させる日差しにどうしても外に出たくなったモモちゃんは、ひそかに脱走をたくらんでいました。新聞をとりにドアを開けたその瞬間、消える魔球のような猛スピードでドアをすり抜け外へと消えて行きました。仲の悪い他の猫と喧嘩にでもなったなら、傷だらけになるだろうなぁと皆とても心配しているようでした。つい先日の雪の日は、抱っこして外に出る事さえも嫌がってブルブル震えていたのに、春の日差しに誘われて、そんなにも外に出たくてウズウズしていたなんて、なんだかとてもいじらしいモモちゃんでした。ぷらりぷらりと、そのうちにきっと帰ってくることでしょう。
posted by ぷらっとハッピー日記 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | たからプロデューサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする