2019年03月27日

北岡和義「がんと共生する平和学」へのご案内

北岡先生.jpg


ジャーナリスト北岡和義さんによる「がんと共生する平和学」Vol.2が、4月18日(木)新宿御苑前「PAPERA」にて開催されます。2017年12月に肝臓がん(ステージ4)の診断を受け、3〜6ヶ月の余命宣告を受けながら、がんと共に生きるご自身の姿をブログ「ガンと生きる〜北岡和義残命録〜」で発信。治験治療を続けながら、がんと共に平和を考える北岡さんと湘南東部総合病院の医師・市田隆文院長、自らがんを克服した環境と食のアドバイザーとしてご活躍中の山口雅子さん(静岡県浜松在住)がゲストとしてご登壇くださます。


〜北岡和義さんからのメッセージ〜
ガンは自己細胞の異常増殖です。放置するとガン腫瘍が大きくなって死に到ります。現在のぼくの症状は治験治療の効果でしょうか、腫瘍マーカーの数値が大きく下がり、当面、「死」を脱することができたと言えるようです。ぼくのガンを見つけてくださった市田先生と一切の抗がん剤を拒否して玄米やその他食事療法で自らガンを乗り越えてこられた山口さんの体験を語っていただき「ガンと生き、平和を語る」集いとしたい。音楽もあり食事もある楽しい会です。


2019年4月18日(木)17:00開場/17:30スタート


◆17:30〜18:30:お食事・交流・Music(出演:中村里美・伊藤茂利)
18:00よりお食事・交流しながら音楽ライブをお楽しみください〜♪

◆18:30〜20:00 TALK LIVE
トークライブ:北岡和義「がんと共生する平和学」
 ゲスト:市田隆文(湘南東部総合病院院長)
     山口雅子(ライター・環境と食のアドバイザー) 


◎参加費:2,000円(レストランでのご飲食は各自のご負担)
◎会場:レストラン「PAPERA」(パペラ・インドカレー料理)TEL:03-3350-0208
ドリンク500円〜/おつまみ 350円〜/インンドカレーセット 1400円〜
東京都新宿区新宿2-8-1新宿セブンビル2F
http://currypapera.moo.jp/access.html
【東京メトロ丸の内線・新宿御苑前駅】1番出口の階段を上がり、すぐ目の前の横断歩道を渡った目の前

お申込先:がんと共生する平和学の会
E-mail: kitaokakazuyoshi64@gmail.com(北岡)
E-mail: info@musevoice.com(ミューズの里)



北岡和義
1941年岐阜県生まれ。南山大学文学部卒。読売新聞記者、衆院議員秘書を経て渡米、米国ロサンゼルスで「ジャパン・アメリカ・テレビジョン」を設立し報道番組を発信。元日本大学国際関係学部特任教授。著書:『13人目の目撃者』(恒友出版)『海外から1票を!』など多数


市田隆文(湘南東部総合病院院長)
1949年京都市生。新潟大学医学部卒。ブリュッセル自由大学、米国ヘルス財団ネラーダナ癌予防研究所で学ぶ。新潟大学医学部助教授を経て順天堂大学付属静岡病院教授。公益財団法人ウイルス肝炎研究財団理事長。脳死肝移植適応評価委員会委員長 著書:「肝臓よ、甦れ!」


山口雅子(ジャーナリスト)
岩手県宮古市出身。環境と食のアドバイザー。ヒプノセラピスト、中医薬膳指導員。静岡県及び浜松市環境学習指導員。40代で乳がん発症。自然療法を取り入れ、瞑想、心理療法、食事療法など実践。ガンを克服 著書:「そばをもう一枚」(静岡新聞社)等
posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 10:18| 東京 ☀| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

ミューズの里「手話合唱」八王子(鎗水)レッスン

手話チラシ .jpg


ミューズの里「手話合唱MuseVoice」八王子(鎗水)でのレッスン会場へ〜🎵
ミューズの里の第2作目となるドキュメンタリー映画『かけはし』主題歌や「赤トンボ」にチャレンジ!


52602810_2152637128152908_5779430915461611520_n.jpg


ギタリストのしげ兄さんのギターで贅沢なひと時!
レッスンの後には、オカリナとギターのミニライブ♪

53279000_2152637181486236_4966145030801588224_n.jpg


次回レッスン日は、3月31日(日)です。
参加費は、500円です。
ご希望の方は、上田さんまで(TEL: 090-6197-5354)


是非、お気軽にご参加ください〜♪



posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 08:30| 東京 ☁| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

でも、オレは生きる!

ミューズの里「MUSE SCHOOL」
2019年の初イベントとなる
ジャーナリスト北岡和義先生の
「がんと共生する平和学」が
12/18に開催されました。



現在、北岡先生は、
抗がん剤と免疫阻害剤による
治療を続けています。



がんと共に生き、
そして今なお
ジャーナリストとして
活動されています。



50023905_2095109597238995_9137005248169115648_n.jpg



「がんと共に生きることは、
複雑な人間社会の英知としての平和学なのだ」
と北岡先生。



共感と感動の輪が広がる
とても素敵で楽くて、
みんなの心が通い合う
場となりました。



50692513_2095109653905656_8160516516136091648_n.jpg




「ガン」とは、衝撃力があるねえ。
「あいつ間も無く死ぬんだ」という戸惑い。
でもオレは生きる!



50230633_2095109547239000_5095465735874936832_n.jpg



北岡さんのお話を聞きながら、
参加してくださった皆様一人一人が、
自分のこれからの生き様を
改めて考える時間となったのではないでしょうか。



里しげ2019.1.18.jpg



音楽ライブでは、
JAZZのスタンダードナンバーから
北岡さんを思い浮かべる度に聞こえてくる
「What a wonderful world」や「It's only a paper moon」を、
そして、映画「アオギリにたくして」の挿入歌の「ひな鳥へ」と
主題歌を音楽監督のしげ兄さんのギターで歌わせていただきました。



「楽しくやろう!」
北岡さんの言葉通りの
本当に楽しい集いとなり
たくさんの感動をいただきました。



いつもミューズの里のイベントをお手伝いくださっている
みさ姉さんに心より感謝申しあげます



里しげ2019.1.18 .jpg




次回「北岡和義トーク&ライブ」開催は、もう少し暖かくなった頃、
3月の終わりか4月ごろ、春に開催したいと思います〜🎵
また皆様とお会いできる日を楽しみにしています❤️


50253079_2095399377210017_3369369077406498816_n.jpg



posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 23:34| 東京 ☀| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

1/18 国際派ジャーナリスト北岡和義の「がんと共生する平和学」

北岡さん.jpg
▲静岡新聞に掲載された、ジャーナリスト北岡和義さんのインタビュー記事「がんと共存 克明に記録」


『いのちの音色』ライブや初プロデュース映画『アオギリにたくして』を応援してくださっている元日大国際関係学部特任教授の国際派ジャーナリスト北岡和義さんと初めて出会ったのは、30年以上前のアラスカでのことでした。


米国ロサンゼルスでテレビ制作会社を立ち上げ、自らディレクターとキャスターもされながら、撮影スタッフの皆さんと一緒にアラスカ州都のジュノーに現れた北岡さん。当時私は、アラスカ各地の学校や教会で日本文化の紹介と共にヒロシマ・ナガサキの被爆者のメッセージを伝え、原爆映画を上映する日米協力により草の根ボランティア活動「ネバー・アゲイン・キャンペーン」の第1期民間大使として単身渡米していました。


「こんなに面白くてステキに生きる大人が世の中にいるんだ!」というのが、当時22歳だった私が最初に北岡さんに会った時の印象でした。北岡さんが撮影されたヒロシマ・ナガサキをアラスカ等で伝えた当時の映像は、その後2本のドキュメンタリー作品となり、ロサンゼルスで放映されました。今、その映像の一部を、現在製作中のミューズの里の第三作目となるドキュメンタリー映画『いのちの音色』で編集させていただいています。


そんな中、 昨年(2017年)突然、北岡さんからステージ4の肝臓がんと診断され、3〜6ヶ月の余命宣告を受けたとご連絡を受けた時、あまりのショックで私は言葉を失いました。そんな私に、北岡さんは「がんは人間社会そのもの。なかなか面白いよ」といつもと全く変わることなく穏やかに平然と語り始めました。


すでに北岡さんは「ガンと生きる〜北岡和義残名録」というブログを立ち上げ、治療経過やがんと共に生きる覚悟が克明に記録されていました。新聞記者、衆院議員秘書を経て1979年に渡米し、約27年間に渡りアメリカで活躍され、国際派ジャーナリストとして様々な経験を経てこられた北岡さんの飽くなき探究心、ジャーナリスト魂が刻まれていました。


「がんと共に生きることは、複雑な人間社会の英知としての平和学なのだ」と北岡さんは言います。「がん患者になれば戦争を考えない。死に対するリアリティーが人類にあれば、世界は平和に向かうと思うよ」と微笑みながら語る北岡さんの言葉に、なんだか私の方がいつの間にか励まされて、がんと共に生きる北岡和義さんの姿は、私にとっての希望となりました。

 
現在、北岡さんは、抗がん剤と免疫阻害剤による治療を続けています。がんと共に生き、そして今なおジャーナリストとして活動されています。


2019年1月18日(金)、今年最初のミューズの里「MUSE SCHOOL」では、北岡和義さんをお迎えして「がんと共生する平和学 Vol.1」トークライブを開催いたします。北岡和義さんからの貴重なメッセージを皆様にお届けする機会を、これからも共につくっていきたいと思っております



======================
MUSE SCHOOL「音楽&交流&トーク」
がんと共生する平和学 Vol.1

======================

2019年1月18日(金)17:00〜開場

◆17:15〜:お食事・交流スタート

◆17:45〜:音楽LIVE(お食事・交流しながらお楽しみください)
      Vo.中村里美/Gt.伊藤茂利

◆18:30〜20:00 北岡和義トーク LIVE
 20:00以降もお店はオープンしているのでご飲食されながら、自由に交流してください。


◎参加費:2,000円 ※レストランでのご飲食は、各自のご負担となります
22時まで貸切りとなっていますので、お時間ある方はイベントの後もゆっくりとご自由にご歓談・ご飲食ください〜♪

◎会場:レストランPAPERA(パペラ・インドカレー料理)TEL:03-3350-0208
ドリンク500円〜/おつまみ 350円〜/インンドカレーセット 1400円〜
東京都新宿区新宿2-8-1新宿セブンビル2F http://currypapera.moo.jp/access.html
【東京メトロ丸の内線・新宿御苑前駅】1番出口の階段を上がり、すぐ目の前の横断歩道を渡った目の前。


お問合せ&お申し込み:主催:ミューズの里「MUSE SCHOOL 」
FAX:042-810-1100 E-mail: info@musevoice.com

※ご予約をお願い申し上げます。

がんと共生する平和学.jpg


posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 12:46| 東京 ☀| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

八王子で「手話合唱MUSE VOICE」出張レッスンスタート!上田ご夫妻に心より感謝申しあげます。

手話チラシ .jpg


手話合唱MUSE VOICEの出張レッスンが
八王子でスタートしました〜🎵


いつも応援くださっている被爆者の上田紘治さんが奥様と共に
開催してくださることになりました。


上田ご夫妻に心より感謝申しあげます。
私も初日なので、最初にご挨拶に伺わせていただきました。


夕方から出張のため、
先に帰らせていただきましたが、
皆様にお会いできて嬉しかったです〜!
心より感謝申し仕上げます✨


DSC_6906.JPG



月一開催で、
次回は、来年の1月13日❤️


皆様よろしくお願い申し上げます〜🎵
posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 15:28| 東京 ☁| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

ドイツの作曲家パッヘルベル「カノン」のギターソロを弾く しげ兄さんのギター教室の生徒さん演奏に感動!

47571384_2029952720421350_3015339518812225536_n.jpg


しげ兄さんのギター教室に通う加藤さんが、
先日の第102回ミューズの里「オープンマイク」にご出演くださり、
ドイツの作曲家パッヘルベルのカノンのギターソロをご披露くださいました。


クラシックギターをずっと学んでこられたという加藤さん。
美しい音色がとっても素敵でした〜🎵


私も、もう少し余裕があったら
いつか楽器を何か習って勉強したいなぁ〜と
思いながら、聞き惚れていました。


また聴かせていただける日を
楽しみにしています〜!


posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 18:30| 東京 ☁| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

MUSE SCHOOLトーク&ライブ: 「がんと共生する平和学 Vol.1 」北岡和義(国際派ジャーナリスト)/音楽ライブ:Vo.中村里美 & Gt.伊藤茂利

ヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」ライブや「アオギリにたくして」映画上映を応援してくださった国際派ジャーナリスト北岡和義さんによる「がんと共生する平和学Vol.1」を、新春1月18日に開催いたします。

新聞記者、衆院議員秘書を経て渡米し、米国ロサンゼルスでジャパン・アメリカ・テレビジョンを設立。 自らプロデューサーとキャスターも務め、ロスの日系人社会に向けて報道番組を発信。帰国後は、日本大学国際関係学部特任教授として教壇に立つ。今なおジャーナリスト魂を持ってご活躍中の北岡和義さん。2017年12月に肝臓がん(ステージ4)が見つかり、3〜6か月と余命宣告を受けながら、がんと共に生きるご自身の姿をブログ「ガンと生きる〜北岡和義残命録〜」で発信。人間にとって「生きる」ことと「死ぬこと」にどんな境界があるのか。「がんと共に生きることは、複雑な人間社会の英知としての平和学なのだ」と語る北岡さん。抗がん剤と免疫阻害剤による治療を続けながら、今なおジャーナリスト魂を持ってご活躍中の北岡和義さんによる「がんと共生する平和学」です。

「みんなで、楽しくやろう〜♪」と北岡さん! 北岡さんのトークの前に、ギタリストのしげ兄(伊藤茂利)さんと共に音楽ライブで出演させていただきます。皆様よろしくお願い申し上げます。



MUSE SCHOOL「音楽&交流&トーク」
がんと共生する平和学 Vol.1

2019年1月18日(金)17:00〜開場

◆17:15〜:お食事・交流スタート
◆17:45〜:音楽LIVE(お食事・交流しながらお楽しみください)
      Vo.中村里美/Gt.伊藤茂利
◆18:30〜20:00 TALK LIVE
北岡和義先生.jpg


◎参加費:2,000円 ※レストランでのご飲食は、各自のご負担となります
22時まで貸切りとなっていますので、お時間ある方はイベントの後もゆっくりとご自由にご歓談・ご飲食ください〜♪

◎会場:レストランPAPERA(パペラ・インドカレー料理)TEL:03-3350-0208
ドリンク500円〜/おつまみ 350円〜/インンドカレーセット 1400円〜
東京都新宿区新宿2-8-1新宿セブンビル2F http://currypapera.moo.jp/access.html
【東京メトロ丸の内線・新宿御苑前駅】1番出口の階段を上がり、すぐ目の前の横断歩道を渡った目の前。

お問合せ&お申し込み:ミューズの里「MUSE SCHOOL 」
FAX:042-810-1100 E-mail: info@musevoice.com
※お席に限りがございますので必ずご予約をお願い申し上げます。


kitaokashizuoka20180914.jpg
▲2018年9月14日静岡新聞に掲載された北岡和義さんの記事
posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 17:49| 東京 ☁| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

MUSE SCHOOL: 伊藤茂利ギター教室 & 手話合唱

ミューズの里「MUSE SCHOOL」では、ギター教室と手話合唱のクラスを開講しています。


第1回JASRAC音楽文化賞を受賞した映画『アオギリにたくして』や『かけはし』の音楽監督で、映画『愛人/LAST LOVE』では、俳優の火野正平氏の演じるギタリストのギター音楽を奏でている伊藤茂利によるギター教室です。


🔵伊藤茂利ギター教室
ギターチラシ .jpg

講師: 伊藤茂利
【 内 容 】 初級コース/中級コース/上級コース
【 日 程 】 アポイント制でご相談の上。
【 登録料 】 1.000円 (一度登録すると何クールでも受講可能)
【 受講料 】
◆グループレッスン
⇒1クール「一回3,000円(60分)×4回分」
◆個人レッスン
⇒1クール「一回5,000円(60分)×4回分」
※1クール月4回 or 月2回で2カ月以内有効。
【レッスン場】ミューズの里(最寄駅:町田駅(小田急線 or 横浜線)
【ご相談・お申込み先】ミューズの里「MUSE SCHOOL」
E-mail: info@musevoice.com または、E-mail:crosscultureplaza@yahoo.co.jp
※お気軽にご相談ください。



🔴手話合唱「MuseVoice」
手話チラシ .jpg

講師:石塚佐和子
【レッスン日】月1回
【時 間】1回60分
【受講料】500(1回)お茶&お菓子付
※集まったメンバーで毎回みんなの都合良い日を決めていきます〜🎵
みんなで一緒に無理なく楽しくやっていきましょう!✨



お問合せ・ご予約:ミューズの里「MUSE SCHOOL」
E-mail: info@musevoice.com
E-mail: crosscultureplaza@yahoo.co.jp
FAX: 042-810-1100
TEL: 070-6511-7275
担当:石塚・伊藤



posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 13:21| 東京 ☁| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

しげ兄さんのギター教室 生徒さんはワンちゃん?!

「ミューズの里」東京・町田オフィスでは、
「伊藤茂利のギター教室」と「手話合唱教室MuseVoice」を開講しています。



今月から新たに
ギター教室のグループレッスンも始まりました〜🎵



おやっ?!
犬にはモテるしげ兄さん!
生徒さんもワンちゃん?!


DSC_5625.JPG



いえいえ、
ワンちゃんの飼い主さんが生徒さんですので
ご安心ください(笑)



ミューズの里のたからプロデューサーも
講師のしげ兄と共にお待ちしています〜🎵


IMG_20180723_155002_235.jpg
🔼ミューズの里のたからプロデューサーと申します。皆さまよろしくお願い申し上げます✨



伊藤茂利ギター教室
公式HP➡️http://musevoice.com/muse-school/shigetoshi_ito_guitar_lesson




そして、9月よりSAWA先生による
手話合唱「MuseVoice」がスタートします!
ミューズの里の映画音楽を中心に
手話合唱を通してみなさんに
手話に親しんでいただく機会をつくっていきます。
映画上映の後に出演いただく機会も
みんなで一緒につくっていきましょう〜🎵

手話合唱「MuseVoice」
◎講師:SAWA先生
◎レッスン日:月1回
◎時間:1回60分
◎受講料:500円(1回)お茶&お菓子付
※集まったメンバーで毎回みんなの都合良い日を決めていきます〜🎵
みんなで一緒に無理なく楽しくやっていきましょう✨



お問合せ・ご予約:ミューズの里
E-mail: info@musevoice.com
E-mail: crosscultureplaza@yahoo.co.jp
FAX: 042-810-1100
担当:伊藤・SAWA

posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 19:31| 東京 ☀| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

ミューズの里「MUSE SCHOOL」伊藤茂利のギター教室

1807shige_katanori.jpg

映画音楽プロデューサー・作曲家として活躍するギタリストの伊藤茂利によるギター教室です。最初にカウンセリングを行い、生徒の皆さんの目標にそった指導を行っていきます。

※希望される方は、ただ学ぶだけではなく、ミューズの里が主催する音楽イベントに出演しながら、演奏する場数を踏む中で、より演奏力を高めていく指導をしていきます。

伊藤茂利のギター教室
公式HP ➡︎ http://musevoice.com/muse-school/shigetoshi_ito_guitar_lesson


posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 21:17| 東京 ☁| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

ミューズの里「伊藤茂利のギター教室」あやこさんのレッスンにお邪魔しました〜♪♪

しげ兄ギター教室.jpg

ミューズの里「伊藤茂利のギター教室」の
あよこさんのレッスンに先日お邪魔させていただきました〜♪

おやっ?!よく見るとたからプロデューサのお姿も?!

12/8(金)に新宿ライブカフェ「パペラ」で
開催されるミューズの里のオープンマイクに
あよこさんもしげ兄さんと一緒に出演されます!
楽しみです〜♪♪


◎ミュース里「オープンマイク」
➡︎ http://nakamurasatomi.seesaa.net/article/451708616.html


◎ミューズの里「伊藤茂利のギター教室」
➡︎ http://musevoice.com/muse-school/shigetoshi_ito_guitar_lesson

伊藤茂利ギター教室チラシ.jpg






posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 20:12| 東京 ☔| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

「ミューズの里」軽音楽部ボランティアメンバー募集中〜!!

イラスト(クロスカルチャー).jpg


ミューズの里では、軽音楽部のボランティアメンバーを募集しています〜♪


映画『アオギリにたくして』、ドキュメンタリー映画『かけはし』etc.の
上映会の後に、主題歌をみんなで歌い演奏します。


『アオギリにたくして』公式ウェブサイト
➡︎ http://aogiri-movie.net

『かけはし』公式ウェブサイト
➡︎ http://kakehashi-movie.net


国籍・民族・年齢・学歴・経験を問わず、
映画上映を応援し、音楽を愛するみなさんを募集中〜♪
楽器は自分でご持参ください〜♪
お気軽にお問い合わせください〜♪


✨応募先「ミューズの里」軽音楽部
E-mail: info@musevoice.com
または、E-mail: crosscultureplaza@yahoo.co.jp
担当:伊藤・中村


「ミューズの里」軽音楽部:応募用紙
「ミューズの里」軽音楽部♪応募用紙.jpg


お名前、連絡先、自己紹介を書いて、
メールにてご応募ください〜♪♪♪

posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 20:30| 東京 ☀| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

ミューズの里 MUSE SCHOOL「伊藤茂利ギター教室」

下北沢で開校していたミューズの里 MUSE SCHOOL「伊藤茂利ギター教室」が、町田で再開致します。今後とも宜しくお願い申しあげます。

ミューズの里「MUSE SCHOOL」
〜伊藤茂利ギター教室〜

映画音楽プロデューサー・作曲家でギタリストの伊藤茂利によるギター教室です。最初にカウンセリングを行い、生徒の皆さんの目標にそった指導を行っていきます。
※希望される方は、ただ学ぶだけではなく、ミューズの里が主催する音楽イベントに出演しながら、演奏する場数を踏む中で、より演奏力を高めていく指導をしていきます。

◎講 師: 伊藤茂利
【 内 容 】 初級コース/中級コース/上級コース
【 日 程 】 アポイント制でご相談の上。
【 登録料 】 1.000円 (一度登録すると何クールでも受講可能)
【 受講料 】
◆グループレッスン⇒1クール「1レッスン3,500円(60分)×4回分」
◆個人レッスン⇒1クール「1レッスン5,000円(40分)×4回分」
※1クール:月4回 or 月2回で2カ月以内有効。
【レッスン場】ミューズの里「MUSE SCHOOL」
※ 最寄駅:町田駅(小田急線 or 横浜線)
【ご相談・お申込み先】ミューズの里「MUSE SCHOOL」
E-mail: info@musevoice.com
または、E-mail:crosscultureplaza@yahoo.co.jp
⭐︎お気軽にご相談ください。

伊藤茂利プロフィール(!).jpg


☆伊藤茂利プロフィール☆
東京大井町生まれ。高校三年の時、来日中のジャズピアニスト、マル・ウォルドロン氏に、電話ごしにギターを聞いてもらったことがきっかけとなり、本格的にギタリストへの道を歩み始める。1980年代後半に、キングレコードから『マグネチックストーム/井上 博&RASA』でアルバムデビュー。ジャズスクール『メーザーハウス』の講師を勤めながらライブ活動を行う。2006年1月に『Natural Vibration』を結成。オリジナル曲を中心にライブ活動を展開。2010年より、音楽プロデューサーとして、表現者に開かれた様々な表現の場づくりを企画。シンガーソングライター中村里美と共に行っている歌と語りで伝える「いのちの音色」公演では、ギターと朗読で日本全国・海外での1000回公演を目指している。プロデューサー・音楽監督を務めた映画「アオギリにたくして」制作委員会は、第一回JASRAC音楽文化賞受賞。映画「LAST LOVE/愛人」(石川均監督作品)では、火野正平演じるギタリスト役のギター音楽を担当。ドキュメンタリー映画「かけはし」プロデューサー・音楽監督。現在、ドキュメンタリー映画「いのちの音色」「砂川〜大地の記憶〜」撮影中。映画音楽プロデュサー・ギタリストとして活躍中。

posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 15:01| 東京 ☀| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

ミューズの里合唱団「Muse Voice」メンバー募集中!

多国籍コーラス’11−2.JPG

ミューズの里合唱団「Muse Voice」メンバー募集中!
毎月新宿で開催されているチャリティーライブ「アオギリにたくして」&「がんばれ!留学生」のライブの前に三部合唱の練習をしています!時間のある方は、その後のライブ本番でもステージへ!!
他の様々なイベントでも、みんなで歌っていきたいと思います!是非お気軽にご参加ください!

◎連絡先:ミューズの里合唱団「Muse Voice」
 担当:伊藤&石塚
 E-mail: info@musevoice.com
posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 23:11| 東京 ☀| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

多国籍コーラス「MuseVoice」メンバー募集中!

☆多国籍コーラス「Muse Voice」メンバー募集中!

多国籍コーラス’11.JPG

国籍・世代を超えて、みんなで一緒に歌いましょう〜!
歌を通して日本語や他の言語を学び、一緒に歌うことで世界の仲間と交流を深めていきましょう〜!!

☆毎月第一金曜日に開催されている「がんばれ!留学生」や、毎年秋に開催予定の日本語学校生の祭り等で、みんなでステージで歌います!是非、お気軽にご参加ください〜☆

◎練習日:毎月第一週目の金曜日「がんばれ!留学生」のイベントの前にみんなで集まって練習していきます〜☆!(練習場所:丸の内線の新宿御苑前レストランPAPERAにて)

■お問合わせ:ミューズの里「クロスカルチャープラザ」
多国籍コーラス「Muse Voice」
⇒ E-mail: crosscultureplaza@yahoo.co.jp
 
posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 21:27| 東京 ☀| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

合唱団ミューズの里☆メンバー募集中!!

表現空間ミューズの里の統括ディレクター伊藤茂利率いる合唱団ミューズの里のメンバー募集中です〜☆!1月27日のがんばれ!留学生スペシャルでは、3部合唱で「忘れないよ いつまでも」を歌います!
また、今撮影中の映画「アオギリにたくして」のテーマ曲「アオギリにたくして」も非劇場公開での上映の際に、3部合唱を舞台で行います!合唱団メンバーに参加されたい方は、ミューズの里までE−mailにてご連絡ください⇒crosscultureplaza@yahoo.co.jp(担当:石塚)
posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 11:21| 東京 ☀| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

「忘れないよいつまでも」3部合唱コーラスメンバー募集中!!

2013年の「がんばれ!留学生スペシャル」では、イベントの最後に「忘れないよいつまでも」の3部合唱を行う予定です!!

尊敬するヴォイストレーナーの古川友子先生がこの3部合唱の楽譜を作ってくださいました〜☆!!

みんなで思いを込めて歌えればと思います〜☆!

一緒に歌いたい人も募集中!!
問い合わせはミューズの里のE−mailまで
⇒ info@musevoice.com

是非皆様ご参加ください〜☆!

里♪
posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 20:55| 東京 ☔| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

広島市立井口小学校合唱団「アオギリにたくして」

レコーディングエンジニアの岡晃久さんのご協力を得て、映画「アギリにたくして」のエンディングに流れる歌「アオギリにたくして」を歌う広島市立井口小学校合唱団のレコーディングが先日行われました。

井口小学校集合写真.JPG

子供たちの笑顔にたくさんの元気をいただきました!!そして、この映画の主旨にご賛同いただき、心からのご協力をくださった岡晃久さんの超ナイスなハートとプロとしての自覚ある対応に心打たれました。何かをつくりあげる過程には様々なことがあり、資金作りも含めて乗り越えなければならないたくさんの課題があります。そんな中で、理解しあえる素敵な仲間たちとの出会いが何よりの心の宝物です!!ハートフルなレコーディングが出来たことに心より感謝申し上げます。

井口1.JPG

みんなみんな本当にホントにありがとうございます!!

井口3.JPG

井口小学校録音.JPG

映画「アオギリにたくして」のモデルとなる故・沼田鈴子さんが亡くなる一か月前、「元気なったら子供たちと一緒にアオギリの木の下で歌いましょう!」とお約束したのが最後となってしまいました。膝の上に握りこぶしを立てて「死ぬのは簡単だけれど、生きて伝えなくちゃ・・・」とおっしゃっられた沼田さんの言葉が今も忘れられません。そして、何か私たちに出来ることはないか・・・と考える日々の中で、今回の映画の企画がスタートしました。

井口2.JPG

沼田さんに子供たちの歌声が届きますように…♪


posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 15:17| 東京 ☁| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

朗読劇・李秀賢頌歌「忘れないよいつまでも」

今年の1月26日で、JR新大久保駅のホームから落下した日本人の方を救おうとして、日本人カメラマンの関根史郎さんと韓国人留学生の李秀賢さんが線路に飛び降り共に帰らぬ人となった事故から、11年目となります。亡くなられた3人の方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

朗読劇・全体.png

「がんばれ!留学生スペシャル」イスヒョンNIGHT FEVER〜11年目の絆〜で、朗読劇「李秀賢頌歌」〜忘れないよ、いつまでも〜(企画&制作)が上演されました。

故李秀賢さんが通っていた赤門会日本語学校の学生の皆さまや、昨年度のミューズの里奨学生となった千駄ヶ谷日本語研究所付属日本語学校のキム スジンさんにもご出演いただきました。

李秀賢さんが私たちの心に残したものは何だったのか?
この朗読劇づくりを通して、「いのち」を改めて深く見つめ直す機会を与えていただいたことに、心より感謝申し上げます。

朗読劇・里しげ.png


当日の詳細は、ブログ「がんばれ!留学生」に掲載されています!(取材&記事:菊地敏明)
◎がんばれ!留学生⇒http://charitylive.seesaa.net/article/248891983.html

2012朗読劇.png

今後もこの朗読劇を通して、李秀賢が私たちの心に残したものを掘り下げ、伝えていきたいと思います。
李秀賢さんご両親.png

韓国から来日されたご両親も来てくださいました。
本当にありがとうございました!


ご来場、ご出演、ご協力くださった皆様本当にありがとうございました〜☆



〜出 演〜

◎伊藤茂利&中村里美

◎寺井宣子
(特定非営利活動法人エルエスエイチアジア奨学会)

◎キム スジン
(千駄ヶ谷日本語研究所付属日本語学校・韓国・女性)

◎テイ ケンコウ
(赤門会日本語学校生/中国・男性)

◎レイ トゥアン アン
(赤門会日本語学校生/ベトナム・男性)

◎ブ ギョンギュ
(赤門会日本語学校生/韓国・男性)

◎キム ジョヒュン
(赤門会日本語学校生/韓国・女性)

◎チョン ガヘ
(赤門会日本語学校生/韓国・女性)

◎カク ジュコウ
(赤門会日本語学校生/中国・男性)

◎ツン リュウヒ
(赤門会日本語学校生/中国・男性)

◎グエン ミン ルアン
(赤門会日本語学校生/ベトナム・男性)

◎パク スジョン
(赤門会日本語学校生/韓国・女性)

◎チェ ソンギ
(赤門会日本語学校生/韓国・男性)


〜企画・プロデューサー〜
中村里美


〜演出&舞台監督〜

◎黒田雄治


〜音 楽〜

◎黒田雄治

◎伊藤茂利

posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 12:49| 東京 ☀| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

イスヒョンNIGHT「がんばれ!留学生スペシャル」

昨日(2012年1月27日)、がんばれ!留学生スペシャル「イスヒョンNIGHT FEVER」〜11年目の絆〜が開催されました!当日の様子を菊地敏明さんが記事にまとめてくださいました!
是非ご覧ください〜☆!

◎がんばれ!留学生スペシャル「イスヒョンNIGHT〜11年目の絆〜」
http://charitylive.seesaa.net/article/248891983.html

posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 23:57| 東京 ☁| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

今日は、李秀賢さんの命日

2012.1.26新大久保駅.jpg

今日は、11年前に、新大久保駅の線路に落下した日本人を救おうとして共に帰らぬ人となった韓国からの留学生だった李秀賢さんの命日です。韓国からご両親が来日され、新大久保駅での献花に同席させていただきました。

明日は、ご両親にもご参加いただき、チャリティーライブ「がんばれ!留学生スペシャル」として「イスヒョンNIGHT」が開催されます。李秀賢さんに捧ぐ朗読劇「李秀賢頌歌」〜忘れないよいつまでも〜を上演します。


李秀賢さんの通っていた日本語学校の後輩たちや李秀賢さんの頭文字をとってなずけられたNPO法人エルエスエイチアジア奨学会の奨学生も出演します!

是非皆さまのご来場をお待ちしています〜☆!
posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 00:05| 東京 ☀| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

李秀賢NIGHT☆第23回がんばれ!留学生スペシャル

27日開催予定の「がんばれ!留学生」は、スペシャル企画「イスヒョンNIGHT」として行われます!

◎第23回チャリティーLIVE
「がんばれ!留学生」スペシャル☆
イスヒョンNight Fever!〜11年目の絆〜

日本と韓国の架け橋になることを夢見て、日本語学校に通っていた李秀賢さんが、JR山手線新大久保駅のホームから転落した日本人を助けようと線路に飛び降り、共に帰らぬ人となったのは2001年1月26日のことでした。

10周忌を迎えた昨年で、毎年継続していた偲ぶ会は終わりとなりましたが、これからも李秀賢さんを忘れることなく語り継いでいくために、李秀賢さんが通っていた日本語学校の留学生にもご出演いただきながら、朗読劇「李秀賢頌歌」〜忘れないよ、いつまでも〜の公演を、1月27日(金)に予定しています。

朗読劇の後の音楽ライブでは、スペシャルゲストの池永憲彦さんとVagueの音楽ライブをお楽しみください。池永憲彦さんは、2007年1月に公開された「あなたを忘れない」にギタリスト「カズ役」で出演され、「がんばれ!留学生」にもミュージシャンとしてご出演くださり、大変ご協力いただいております。

ミューズの里では、毎年夏に、李秀賢さんを顕彰した富士登山「ピース登山隊」を開催しています。李秀賢さんのご両親に名誉登山隊長になっていただき、韓国のハルラ山、クムジョン山でも登山を行ってまいりました。

また、李秀賢さんと同じように、大きな夢をいだいて日本語学校に通う留学生を応援する「がんばれ!留学生」を毎月開催し、国籍・世代、ジャンルを超えて、李秀賢さんも大好きだった音楽を中心に、表現の場づくりを行ってまいりました。今回の「がんばれ!留学生スペシャル」で、第23回目を迎えます。集まった募金は、NPO法人エルエスエイチアジア奨学会に寄付させていただき、同奨学会授与式にて、芸術方面に進学を希望している日本語学校生に「ミューズの里奨学金」として授与されます。

1月27日(金)に開催予定となっている朗読劇「李秀賢頌歌」〜忘れないよ、いつまでも〜は、今回を機に、今後、公演活動を継続して続けていく予定です。

当日は、韓国から、故李秀賢さんのご両親も来日され、メッセージをいただく予定となっています。※詳細は、下記ブログをご覧ください。

◎お問合せ&お申込み:ミューズの里♪ 
E-mail: info@musevoice.com
ブログ☆チャリティーLIVE「がんばれ!留学生」⇒ http://charitylive.seesaa.net/article/244653590.html
posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 17:03| 東京 ☀| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

朗読劇「李秀賢頌歌」(企画&制作:ミューズの里)

2012年1月27日(金曜日)、朗読劇「李秀賢頌歌」〜忘れないよ、いつまでも〜(企画&制作:ミューズの里)の公演を行います。

新大久保駅で、転落した日本人を救おうとして韓国の留学生だった李秀賢さんが線路に飛び降り、共に帰らぬ人となってから、11年の歳月が流れました。李秀賢の死が我々の心に残してくれたものを、この朗読劇を通して掘り下げていきたいと思っています。

伊藤茂利さんと共に私も出演させていただきます。
「李秀賢頌歌」〜忘れないよ、いつまでも〜は、今回を第一回目として、今後も継続的に公演を全国で行っていく予定です。

1月27日の公演には、韓国より李秀賢さんのご両親も来てくださいます。

また今回は、李秀賢さんが通っていた赤門会日本語学校の留学生や「ミューズの里奨学生」も出演してくださいます。また、李秀賢さんの頭文字をとって設立されたNPO法人LSHアジア奨学会の寺井宣子事務局長にもご出演いただきます。

また、 朗読劇の後には、池永憲彦さん、Vagueによるステキなライブも開催されます!

この朗読劇を通して、李秀賢さんのことをいつまでも忘れることなく、命の尊さと、素晴らしさを伝えていきたいと思っています。是非皆さまのご参加をお待ちしております。

詳細は、 http://charitylive.seesaa.net/article/244653590.html






posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 18:45| 東京 ☁| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

「がんばれ!留学生」スペシャル☆イスヒョンNight Fever!〜11年目の絆〜

第23回チャリティーLIVE「がんばれ!留学生」スペシャル☆
イスヒョンNight Fever!〜11年目の絆〜 

    
◎Date: 2012年1月 27日 (金)
◎TIME: 18:00〜OPEN/18:30〜START
 

日本と韓国の架け橋になることを夢見て、日本語学校に通っていた李秀賢さんが、JR山手線新大久保駅のホームから転落した日本人を助けようと線路に飛び降り、共に帰らぬ人となったのは2001年1月26日のことでした。いつまでも李秀賢さんを忘れることなく語り継いでいきたいという思いから、ミューズの里では、2008年に朗読劇「李秀賢頌歌〜忘れないよ いつまでも〜」 の初公演を行いました。今回は3回目の公演となります。

あれから、11年の歳月が流れました・・・。彼の死が我々の心に残してくれたものを、この朗読劇を通して皆様にお伝えしていくことで、李秀賢さんのことをいつまでも忘れる事なく、語り継いでいきたいと改めて心に誓っています。

ミューズの里では、李秀賢さんと同じように、大きな夢をいだいて日本語学校に通う留学生を応援する「がんばれ!留学生」を毎月開催しています。国籍・世代、ジャンルを超えて、李秀賢さんも大好きだった音楽を中心に、表現の場づくりを行ってまいりました。今回の「がんばれ!留学生スペシャル」で、第23回目を迎えます。集まった募金は、NPO法人LSHアジア奨学会に寄付させていただき、同奨学会授与式にて、芸術方面に進学を希望している日本語学校生に「ミューズの里奨学金」として授与されます。第一部で開催される朗読劇「李秀賢頌歌」では、奨学生にもご出演いただく予定です。

また、二部の音楽ライブでは、スペシャルゲストの池永憲彦さんとVagueの音楽ライブをお楽しみください。池永憲彦さんは、2007年1月に公開された「あなたを忘れない」にギタリスト「カズ役」で出演され、「がんばれ!留学生」にもミュージシャンとしてご出演くださり、大変ご協力いただいております。ステキな歌声と演奏を是非お楽しみください。
当日は、韓国から、故李秀賢さんのご両親も来日され、メッセージをいただく予定となっています。
皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げています。


◎チラシを印刷されたい方は、下記のPDFをご利用くださいませ。
⇒ イスヒョンNight2012PDF.pdf


【第一部】朗読劇 「李秀賢頌歌〜忘れないよ いつまでも〜」
     李秀賢さんのお母様からのご挨拶

☆交流会 & ビュッフェタイム(本場インドカレーetc.食べ放題&呑み放題)

【第二部】 池永憲彦LIVE / Vague LIVE
      李秀賢さんのお父様からのご挨拶


◎会費: ¥5,000 (※交流会でのご飲食代も上記に含まれています)
※ビュッフェのお料理:本場インドカレー食べ放題 !!(辛くないマイルドなカレーもあります)、サフランライス、ナン、その他お料理etc. サラダ/デザートの食べ放題!ソフトドリンク&アルコール呑み放題!

◎場所:レストランPAPERA TEL / FAX 03-3350-0208
東京都新宿区新宿2-8-1新宿セブンビル2F【東京メトロ丸の内線・新宿御苑前駅】1番出口の階段を上がり、すぐ目の前の横断歩道を渡った目の前のビル2F(B1は和民、1Fはコンビニ「ファミリーマート」)
☆イベント会場「レストランPAPERA地図」⇒ http://musevoice.com/map.html

◎お問合せ&お申込み:ミューズの里♪
ブログ☆チャリティーLIVE「がんばれ!留学生」⇒ http://charitylive.seesaa.net/
TEL:
070-6511-7275(担当:伊藤)
 
●主催:ミューズの里♪http://musevoice.com
●後援:NPO法人LSHアジア奨学会/日本語学校ネットワーク

posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 17:24| 東京 ☀| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

李秀賢さんを偲んで

李秀賢さんが新大久保の駅で線路に落ちた日本人を救おうとして共に帰らぬ人となったのは、10年前の昨日のことでした。

昨日、四谷の主婦会館プラザエフで、李秀賢さんを偲ぶ会の10周忌が行われました。毎年1月26日の命日に行われてきた偲ぶ会は、今回で最後となります。今年も韓国からご両親が来日され、公演会が開催されました。


image-20110127135545.png


会場のキャパシティーをはるかに超える皆さまにお集まりいただき、公演の内容はお聞きすることができないまま交流会の準備をしておりましたが、後ほどテープでご両親のお言葉をしっかり聞かせていただきたく思っております。


image-20110127135622.png


image-20110127140216.png

▲来賓の方々とご挨拶されるご両親。



交流会は、ご来賓の岡田幹事長のご挨拶からはじまり、内山理事による歌も披露されました。ミューズの里からも、チャリティーライブ「がんばれ!留学生」を代表して、スパニッシュギタリストの菊地敏明さんが、心にしみるお話と歌を披露してくれました。


image-20110127135705.png

ギタリストとして活躍中だった菊地敏明さんは、手の指の怪我をされ、一時はギタ―を辞めようかと考えた日々もあったと言います。絶望的な日々を送る中で、死を考える程までに落ち込んでいた時、線路に飛び込んでしまおうと思ったこともあった…そんな日々の中で…、李秀賢さんの事が何度も思い浮かばれ、「生きなければ」と思ったそうです。

LSHアジア奨学会の奨学生への寄付金を募るミューズの里♪チャリティーライブ「がんばれ!留学生」に初めて菊地さんからメールをいただいた時、どうしてもこのイベントに出演したい!という菊地敏明さんの熱い思いが書かれた文面を見て、胸が熱くなったことを思い出しながら、昨日の菊地さんのライブを聴かせていただき、涙がこみ上げてきました。

菊地敏明さん!本当にありがとうございました!
言葉の一つ一つが胸に響きました。そして、ステキなギターと歌をありがとうございます!
苦しみを乗り越えてきた菊地さんだからこそ伝えられる言葉、歌、ギターがあると思います。
これからもがんばって!(でも、がんばりすぎないでね!)そして、音楽の楽しさを皆に伝えてください!!

また、今回は、李秀賢さんが亡くなった事故現場にいて、その一部始終を見ていた目撃者でもある歌手のLIMさんも交流会にかけつけてくださいました。その時のショック…、そして、「なぜ自分はその時一緒に助けようとしなかったのか…」と自問自答する中で、10年たった今思うことを正直に語ってくださいました。偽りのない自分の正直な思いを、一つ一つの言葉をかみしめながら話すLIMさんの言葉を聞きながら涙が…。LIMさんは、毎月第一週目に開催されている「がんばれ!留学生」(次回来週2月4日)のスペシャルゲストとして登場くださる予定です!スパニッシュギターの菊地敏明さんもご出演されます!
※詳細は ⇒ http://charitylive.seesaa.net/ 


image-20110127135745.png


そして、最後にギタリストの伊藤茂利さんの伴奏で、故李秀賢さんの母校の後輩たちが「李秀賢頌歌」〜忘れないよ いつまでも〜をハングル語で歌ってくれました。
3年前に初公演され、一昨年の1月26日の命日にミューズの里で再演された朗読劇「李秀賢頌歌」〜忘れないよいつまでも〜のテーマソングを歌ってくれた赤門会日本語学校の学生の皆さまの歌声! ホントに素晴らしかったです!! みんなありがとう!!秀賢さんと同じように、たくさんの夢や希望をもって来日している留学生の皆さん!祖国と日本の懸け橋になっていく留学生の皆さんを皆で応援していきたい!そんな気持ちが会場に広がっていきました。


image-20110127135824.png


偲ぶ会は今年で終わりとなりますが、来年から故李秀賢さん命日にあたる1月26日に、朗読劇「李秀賢頌歌」〜忘れないよいつまでも〜を毎年公演していく予定です。故李秀賢さんが私たちの心に残してくれたものは何だったのか?それを掘り下げながら、朗読劇「李秀賢頌歌」を通して、これからも李秀賢さんの事を語り継いでいきたいと思います。

昨日はたくさんの感動をありがとうございました。




posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 12:59| 東京 ☀| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

あれから10年…故李秀賢君を偲ぶ会10周忌

韓国からの日本語学校生だった李秀賢(イ・ス・ヒョン)君が、新大久保駅で日本人を救おうとして、共に帰らぬ人となってから、10年がたとうとしてます…。

当時私は、「ひらがなタイムズ」という雑誌の編集長を辞めて独立し、異文化コミュニケーションをテーマに雑誌を立ち上げ、日本語学校のイベントの企画運営をしていました。

李秀賢さんは、お世話になっている学校の学生の一人でした。李君の死を悲しみながら…李君の母校の日本語学校の新井理事長とお話させていただいている中で、ある一つの企画が持ち上がりました。
そして、李さんが亡くなられた翌年に、留学生や日本で暮らす様々な国の外国人と日本人が一緒になって、李君が友人と一緒に登り夢を語ったという日本の富士山へ!
初の「ピース登山」が開催されました。

その後、毎年、国籍や世代を超えて、自然に触れながら、日本人と外国人の交流を深めることを主旨に、ピース登山隊は今も続いています。

また、日本国内だけではなく、李秀賢さんのご両親に登山隊長になっていただき、李君の母校である赤門会日本語学校とLSHアジア奨学会の皆様のご協力により、韓国ピース登山も企画させていただき、済州島のハルラ山と釜山のクムジョン山に、韓国ピース登山にも皆様と行かせていただきました。

あの事故から10年…。

職業柄、外国人向けの雑誌を出版していたので世界の人々と交流する機会は多かったのですが、特別な思いを持って韓国との交流をしたのは、この時が初めての事でした。

一昨年のの1月26日には、李秀賢さんを偲び、李さんの母校の赤門会日本語学校の学生の皆さまと共に朗読劇・李秀賢頌歌「忘れないよ いつまでも」の公演を「ミューズの里」で主催させていただきました。

その台本の中に入れたセリフが、今も時々頭をよぎります…。

「あれから歳月が流れました。
私たちの日本語学校では、毎年新しい学生を迎え、慌しい毎日を送っています。
正直言えば、彼の事を忘れている瞬間もけっこうあります。
もっと正直に言えば、彼を思い出すことは最近ではほとんどない。
そでも、ふいに彼があらわれる時がある。
例えば、街中で喧嘩を目撃したときなど、黙って通り過ぎようとして、誰かの視線を感じギクリとする。
この間も、朝の通勤時に、お年寄りが階段の下で急にうずくまったんですが、急いでいた私は他の誰かが助けようと考え、行き過ぎようとした。その時、背後から強烈な視線を感じた。
『彼の目だ』。
こんな時、彼ならどうしただろう。
とっさにそう考えている自分に気がついた。
そう感じているのは、私だけではないようです…(つづく)」
〜朗読劇「李秀賢頌歌(忘れないよ いつまでも)」より〜

私は、李秀賢君と会ったことは一度もありません。
にもかかわらず、一つのご縁をいただき、
たくさんの素晴しい出会いをいただき、
たくさん学びをさせていただき、
そして様々なことを考えるきっかけを与えていただきました。

昨年、毎年行っているピース登山以外に、チャリティーライブ「がんばれ!留学生」という企画をミューズの里で始めました。

李秀賢君は、登山や音楽が大好きで、バンドを組んだりギターの弾き語りもしていました。若者らしい大志を抱き、日韓のかけ橋となることは李君の夢でもありました。チャリティーライブ「がんばれ!留学生」では、月に一度、オープンマイク形式のチャリティーライブを行い、国籍や世代を超えて、誰にでも開かれた表現の場づくり行っています。

そこで集まった一円からの募金は、李秀賢君と同じ様に、日本と祖国のかけ橋になることを夢見て来日した留学生の奨学金として寄付しています。李秀賢君を顕彰してつくられた特定非営利活動法人LSHアジア奨学会より、昨年は、一名の学生に「ミューズの里」奨学金が授与され、バンド「はわいあんず」のヴォーカリストの松岡誠さんに授与式に参加していただきました。表現の場をみんなで一緒につくりながら、いつまでも李秀賢君の事を忘れずに伝えていきたいと思っています。

第11回目を迎えるミューズの里♪チャリティーライブ「がんばれ!留学生」は、1月15日(土曜日)に開催されます。2007年1月に公開された李秀賢君の事を描いた映画「あなたを忘れない」にギタリスト「カズ役」で出演された池永憲彦さんがスペシャルで参加してくださいます。
※詳細は、ブログ「がんばれ!留学生」
http://charitylive.seesaa.net/

また李君の命日にあたる1月26日(水曜日)には、JR四ツ谷駅の主婦会館プラザエフにて、「故李秀賢君を偲ぶ会10周忌」が行われます。韓国からご両親も来日され、お父様の李盛大氏による講演会が開催されます。父から見た息子、李秀賢さんについて、この10年の思いをお話しいただけることになっています。
(※毎年命日に行われていた「故李秀賢さんを偲ぶ会」は、今回の10周忌が最後となり、2012年以降は、毎月10月に開催される「LSHアジア奨学会授与式」の際に、ご両親をお迎えしての懇親会が継続されます)。

この「故李秀賢君を偲ぶ会10周忌」の交流会では、ミューズの里・チャリティーライブ「がんばれ!留学生」を代表して、ミュージシャンの菊地敏明さんにご出演いただき、一曲入魂の歌&ギターでソロ出演していただく予定です。またミューズ合唱団も「忘れないよいつまでも」を歌う予定です。その他、李秀賢さんに関係するミュージシャンの方々が登場されます。

是非、皆さまのご来場をお待ちしています。
☆特定非営利活動法人LSHアジア奨学会
http://www.lsh-asia.org/

==========================

◎故李秀賢君を偲ぶ会10周忌
・日時:2011年1月26日(水曜日)
    16:00〜17:50 「李盛大氏公演会」
    18:00〜20:00 「交流会」軽食をご用意します
※ご両親は、事故の時間19:15に新大久保駅に献花へ行かれるため中座される予定です。

・会場:主婦会館プラザエフ(JR四ツ谷駅1分)
・参加費:5000円

〜お問合せ〜
 故李秀賢君を偲ぶ会実行委員会
 特定非営利活動法人LSHアジア奨学会内
 tel.03-5295-0252

==========================



posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 21:11| 東京 ☀| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

ミューズ合唱団

ミューズの里のイベントで利用させていただいているレストランパペラで、ミューズ合唱団が結成され、毎週木曜日の4時半〜5時半に集まって練習することになりました。

リーダーはなんと!店長のネパール人の釈迦さん♪
インド人コックのスンドラさんによるヨガの呼吸法を少し手ほどき受けてから、歌の練習に入ります。最初の課題曲は、「アオギリにたくして」と「忘れないよいつまでも」。毎月パペラで企画させていただいているチャリティーライブでも歌っていく予定です!また、秋にサンシャインシティー文化会館で開催予定の50カ国4000人が集う「日本語学校語学留学生の祭典」でも歌っていく予定です!

昨日は、絵本の発売に向けて、広島の中国新聞の取材を受けた後、
私もこのミューズ合唱団の練習に顔を少しださせていただきました!

メンバーの一人の83歳のおじさまが元気に歌っておられる姿に感動!
また、ネパールの釈迦さんとインド人のアッタルさんが、すでに日本語の歌詞を丸暗記して歌っている姿に感動でした!

私もがんばって練習しなくちゃ〜♪
と、元気をいっぱいいただきました!

疲れすぎて…昨夜は結局一睡もできないまま朝を迎えましたが、
お世話になっているギタリストの伊藤茂利さんから以前いただいていた音源を横になりながら一晩中、何度も繰り返し聴くうちに、伊藤茂利さんが作曲されたHUMAN TEACHAERの歌詞が明け方に完成して、ようやく仕上がりました。まだ少し寝かせて読み返しながら整理していきますが…、その曲にたくした思いは流れていると思います。前回作詞させていただいたMOTHERとはまた違った感情の流れを体験させていただきました。

さぁ〜今日も一日元気に過ごせますように〜♪
posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 07:10| 東京 ☀| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

一緒に歌おう! muse voiceメンバー募集中!

muse voiceでは、毎秋開催される50カ国4000人が集う「日本語学校生の祭典」国際交流フェアで、国籍や世代を超えた多国籍コーラスで歌っています。毎年みんなで一緒に歌って記念CDを作っていますので、ご興味ある方は是非「ミューズの里」までご連絡ください.
E-mail:info@musevoice.com

そして、3月から毎週二週目の土曜日に開催予定の「チャリティーライブmuse voice」でも、李秀賢頌歌「忘れないよ いつまでも」と「Birth」の二曲を最後にみんなで歌っていきます.
http://charitylive.seesaa.net/article/140247864.html

プロも、初めて歌う方も、国籍も世代も問わず、どなたでも参加できます!「一人で何か表現するのはちょっと恥ずかしいけど…でも、みんなで一緒に歌ってみた〜い!」と思っている方がいたら、是非一緒に参加してくださいネ!事前に音源をお送りしますので、各自練習していただき、チャリティーライブの前に少し早目にみんなで集まって練習します! 会場の皆さんとも一緒に歌っていただきますので、人前で歌ったことがないという方でも大丈夫! 是非気軽にご参加くださいるんるん(里♪)ぴかぴか(新しい)
posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 19:04| 東京 ☀| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

第2回朗読劇「忘れないよ いつまでも」の写真をアップしました!

2009年1月26日に、新宿文化センターで開催させていただいた、音楽朗読劇「忘れないよ いつまでも」のお写真をアップしました。

http://musevoice.com/crossculture/

上記をクリックしてください!
各お写真をクリックすると、大きくなります。
posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 23:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

第2回 音楽朗読劇「忘れないよ いつまでも』

あの事故から8年・・・

音楽朗読劇「忘れないよ いつまでも」

彼が私たちの心に残してくれたものとは・・・


 日本と韓国の架け橋になることを夢見て、日本語学校に通っていた李秀賢さんが、JR山手線新大久保駅のホームから転落した日本人を助けようと線路に飛び降り、共に帰らぬ人となったのは2001年1月26日のことでした。
 李秀賢さんの後輩にあたる日本語学校生と共に、音楽朗読劇「李秀賢頌歌・忘れないよ いつまでも」の公演を今年も行います。李秀賢さんの死が我々の心に残してくれたものを、この朗読劇を通して皆様にお伝えしてくことで、李秀賢さんのことをいつまでも忘れる事なく語り継いでいきたいと思っています。

● 開催日: 2009年1月26日(月)
       PM6:30開場 / PM7:00開演


※ この日は李秀賢さんの8周忌となります。朗読劇終了後、韓国の李秀賢さんのご両  親からのメッセージをお伝えした後、献花を予定しています。
 
 ●会 場 : 新宿文化センター B1展示室
        東京都新宿区新宿6-14-1 
        TEL:03-3350-1141 http://www.shinjukubunka.or.jp

 ●会 費 : 前売り:1000円 当日:1500円 
 
●お問い合せ&お申し込み:ミューズの里 
E-mail: info@musevoice.com
http://musevoice.com/crossculture/


主催;ミューズの里 
後援:特定非営利活動法人エルエスエイチアジア奨学会
日本語学校ネットワーク

◎ 企画・制作:ミューズの里  
◎プロデューサー:中村里美 
◎演出:黒田雄治
◎ テーマソングCD「李秀賢頌歌〜忘れないよいつまでも〜」
  音楽プロデュース:へんり未来

◎出演:チョン ボンソク
ユ ゴンス
    ショウ ブン
    リョウ スウ ギョク
     ウ ジヨン    
パク ジェボム
    ユウ ヤン
    ファン ソンブ
     キム ヒョンジョン
寺井宣子
   
posted by 中村里美 ぷらっとハッピー日記 at 22:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする