2017年09月25日

【YouTube】 中村里美・Every Day is Earth Day



もぉ〜 一昔前?!
無邪気に作詞・作曲をしながら
歌を歌い始めた頃。

2004年12月3日に東京FMホールで開催された
中村里美1st.アルバムリリースコンサートより。

私のつくる歌をずっと応援してくれた
西村朋恵さんに改めて感謝を込めて〜♪♪


「Every Day is Earth Day」(作詞・作曲・歌:中村里美)


この地球に生まれて
この地球で育った
世界中の命のふるさと
すべては 関わり合ってる


ステキに生きていこう 
世界中の誰もが幸せであるように
素晴らしい このイマジネーション
ステキな明日のために


Every Day is Earth Day!
Every Day is Earth Day!


素晴らしい贈り物 イマジネーション
すべては繋がっている


この地球に生まれて
この地球で育った
かけがえのない命のふるさと
すべては関わり合ってる


ステキに生きてゆこう 
あるがままに自然と共に
生かされてるこの命
素晴らしい このイマジネーション
ステキな 未来のために

Every Day is Earth Day!
Every Day is Earth Day!
Every Day is Earth Day!
Every Day is Earth Day!




posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 17:12| 東京 ☀| 中村里美(作詞・作曲・歌) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

What really matters「大切に思う事」歌詞の英訳を小池崇子さん & Russさんがつくってくださいました〜♪♪

我々のライブ活動や映画の制作&上映をずっと応援してくださっている小池崇子さんがご友人のRussさんと一緒に「大切に思う事」歌詞の英訳をつくってくださいました。今後の渡米にむけて英語でも歌えるようにがんばりたいと思います。心より感謝申しあげます。



大切に思うこと What Really Matters 
(作詞:中村里美/英訳:小池崇子・Russ)


1.
Even though the language we speak and the color of our skin are different,
we all have families, friends and loved ones.
We all feel happiness, sadness, depression and worry.
We are all human beings after all.

Because of our differences, we see things reflected from different angles.
In the name of justice, conflicts arise.
Differences cause friction, which make us uncomfortable

Spitting out words without love
We wound and are wounded
Enough hurting one another 
Let us overcome national and racial differences
The sacredness and wonder of life
Are what really matter now

2.
Let us not be defeated by the weakness hidden in our words
Carried away by emotional speech
Pointing fingers at others,
Such hatred and anger will only create another conflict

Let’s make sure of love
Let’s make sure of peace
We are living in a moment which never comes again
Don’t close your eyes to what really matters
Don’t close your heart to tender feelings

Surely you know in the depths of your heart
Beyond our different standpoints
The miracle of our meeting in the same generation
And living together now
Are what really matters


3
Don’t forget Hiroshima , Nagasaki
Don’t forget all the wars
That happened all over the world
And are still happening now
This earth is not only for humanity
Flowers, birds, insects and other animals are all living their lives

The earth is home for every creature’s life
We are all connected
Don’t destroy now what really matters
What really matters





「大切に思うこと」
◎作詞・歌:中村里美
◎サウンドプロデューサー・編曲・ギター:伊藤茂利
◎曲:へんり未来 
◎ウッドベース:花輪春比古
◎パーカッション:栗山豊二
◎ゴンザレスブラスアンサンブル
◎製作:cミューズの里 2015年収録
「いのちの音色」ライブより〜♪


喋る言葉や 髪の毛の色や
肌の色が 違っていても
同じように 家族がいたり 
友達がいたり 恋人がいたり
嬉しかったり 悲しかったり
落ち込んだり 悩んだりしながら
生きている 同じ人間なんだ


違いがゆえにそれぞれの 
瞳に映る形が変わる
正義の名のもと争い生まれ 
摩擦ある違い認められずに
愛のない言葉 飛び交わしながら
傷つけながら 傷ついてゆく
もうこれ以上 傷つけないために


国や人種 違いを超えて  
いのちの尊さ 生きることの素晴らしさは
今 、大切に思うこと


言葉の中に 見え隠れする 
自分の弱さに 負けないように
ある様であって形のない 
声にただ流されないで
人に向ける人差し指 
憎しみや怒りだけからは
もう一つの争い生み出すだけさ


愛をもう一度確かめ合おう
心の平和を確かめ合おう
二度とおとずれる事のない
今この瞬間を生きてる
大切なものは いつも見えない 
感じる心を 閉ざさないで
心の奥で きっと気づいているはずさ


立場やいろんな違いを超えて 
同じ時代に出会えた奇蹟
共に生きている
今、大切に思うこと


忘れないで ヒロシマ・ナガサキ 
忘れないで すべてのの戦争
世界中のいたるところで起きた
そして今も起こりつつある
人間だけの地球じゃない  
花も鳥も虫も動物たちも
いろんな命が 生きている


地球はみんなの 命のふるさと
すべて一つに つながっている
壊さないで
今、大切に思うこと



おりづる里♪.jpg
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 10:44| 東京 ☁| 中村里美(作詞・作曲・歌) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

YouTube 中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」

いつか自分がこの世を去る時、
聞こえてくる音をイメージして作った
「いのちの音色」

かれこれ、17〜18年前、
作詞・作曲を始めた初期の頃の歌です。


映画『アオギリにたくして』の中では、
父親役を演じる俳優の風見しんごさんのテーマ曲として
娘を思う気持ちに寄り添って流れている楽曲です。


この曲のサビで歌われている詩は、
アラスカでヒロシマ・ナガサキを伝えていた31年前、
1986年に、北極圏の入り口といわれている
アラスカ第二の都市フェアバンクスにある
青少年更生施設で「にんげんをかえせ」という
10フィート運動でつくられた原爆映画の
上映会を行った後、その映画を観た一人の少年
ジェリー・ヤンがプレゼントしてくれた英文俳句です。

The Beauty You Holde
Like the Rising of the Sun
Has Entered My Heart

あなたが手にする
昇る太陽のような美しさが
僕の心に入ってきた



この映像の最後に、ジェリー・ヤンが
日本語で書かれたメッセージが映し出されます。


しげ兄の心に響くギターの音色と共に、
最後までご覧ください〜♪


いのちの音色
◎作詞・作曲・歌:中村里美
◎編曲・ギター:伊藤茂利
◎PHOTO:伊藤茂利・中村里美


▲歌と語りで伝える中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」2015年収録版より
➡︎ http://musevoice.com/peacelive/



いのちの音色 (歌詞・作曲・歌:中村里美)

いのちの音色に導かれ
ゆるやかな眠りに誘われる
遠い昔のかなたの記憶が
歌となり穏やかに甦る

The beauty you hold
Like the rising of the sun
Has entered my heart
Fuuu…

心の汗が涙となって
頬を伝わり流れていく
あるがままに 感じるままに
解き放たれて 愛に満ちてゆく

The beauty you hold
Like the rising of the sun
Has entered my heart
Fuuu…

過去と未来と今この時が
一筋の光となりきらめく
すべてを許し すべてに許され 
やわらかな 光に包まれる

The beauty you hold
Like the rising of the sun
Has entered my heart
Fuuu…

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 04:01| 東京 ☀| 中村里美(作詞・作曲・歌) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

YouTube 中村里美&伊藤茂利「私の15ヵ条」

1986年10月、アラスカに向かう飛行機の中で、
胸いっぱいに広がる不安な気持ちを抑えるために、
「私の15ヵ条」を唱えていました。
渡米にむけて、お世話になったヒロシマ・ナガサキの
被爆者の方々からのアドバイスを
ノートに書き留めたものです。


22歳の時、アメリカの家庭にホームステイしながら
学校や教会などで、日本文化の紹介と
ヒロシマ・ナガサキの原爆映画の上映を行い
被爆者のメッセージを伝える日米協力草の根プロジェクト
「ネバー・アゲイン・キャンペーン」第一期民間大使として
一年間、単身渡米することになりました。


平和について深く考えてみたこともなく、
最初は恥ずかしいことながら、
ただ人生で何かチャレンジしたい
という思いから応募したボランティアに
参加することになりました。


渡米前の事前学習で広島・長崎を訪れ、
持参する原爆フィルム「にんげんをかえせ」の中に登場する
被爆者の方々をはじめ、たくさんの被爆者のお話を聞く機会をいただきました。


しかし、知れば知るほど、
「戦争体験も原爆の体験もない自分に、
一体何が伝えられるのだろう?」
という不安な気持ちばかりが募りました。


ヒロシマ・ナガサキが、
教科書の中の過去の出来事ではないことを
知りました。


英語も下手くそで、知識もなく、
まして体験のない自分が、
原爆を落とした国の人に
一体何を伝えられるのだろうか?
だんだん不安になりました。


とうとう行くのをやめようと思い悩んでいた時、
被爆者の方々が被爆体験以外にも伝えてくださった、
人生を生きる上で心に残るたくさんの言葉が思い出され
ノートにまとめてみました。


その言葉に曲をつけた歌が「私の15カ条」です。



私が最初に訪れた場所は、アラスカでした。
1986年10月、アラスカに向かうサデナベルギー航空の中で、
気持ちが落ち着かず、ノートに書きとめた手書きの
文字に目を通しながら、ドキドキしていた
あの日を思い出すたびに、原点を忘れずに生きていきたいと心に誓います。


ヒロシマ・ナガサキをアメリカで伝える中で
感じ、考え、体験した事は、
その後の自分の人生の生き方を大きく変えていきました。


もし、あの時、被爆者の方々との出会いがなかったら、
自分の命への感謝さえ感じずに生きていたと思います。


微力であっても、自分たちに出来る平和の種まきを
これからも続けていきたいと思います。


生きることの素晴らしさを教えてくださった、
お世話になった被爆者の皆様に改めて心から感謝申し上げます。




◎歌:中村里美&伊藤茂利
◎作詞:中村里美
◎作曲:へんり未来
◎編曲・サウンドプロデューサー:伊藤茂利
◎ギター:伊藤茂利
◎ウッドベース:花輪春比古

〜 私の15カ条 〜

1) あせるな! あわてるな! あきらめるな!
2) 何があっても3食たべろ!
3) 正直に言え!
4) NOをNOと言え!
5) 度胸と愛嬌と根性を持て!
6) 何でも楽しめ!
7) 何をしたいのか、何をするべきなのかを区別しろ!
8) 人に頼るな!道は自分で切り開け!
9) 時と金を有効に使え!
10) 疲れた時こそファイトを持て!
11) 分かるまで聞き返せ!
12) 笑顔を忘れるな!
13) 心で接しろ!
14) 愛される事より 愛することを!
15) 理解されることより 理解することを!





歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」の学校ライブでは、子供たちに一番人気の曲ですが、きっと誰もが自分が大切にしたい言葉があると思います。そんな言葉を曲にのせて、子供たちに自分の歌をつくって表現してもらえたら嬉しいなぁと思います〜♪♪
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 15:24| 東京 ☀| 中村里美(作詞・作曲・歌) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

YouTube 中村里美&伊藤茂利「ハラハラと涙」

「ハラハラと涙」
◎作詞・作曲・歌:中村里美
◎ギター・シンセ:伊藤茂利
◎ドラム:田中航
◎ベース:高木祥太
◎製作:cミューズの里 2015年収録



▲YouTube「ハラハラと涙」


「ハラハラと涙」
作詞&作曲:中村里美(2001.11.27)


オタマジャクシ探しに
一人で出かけるの
あぜ道歩きながら考えてた
どこからやって来て
どこへ行くのだろう私… 
とても不思議よね


小さな時のあの頃の夢を見た 
今ならもっと素直になれるのに


ハラハラと涙が こぼれ落ちてゆく 
すべての思い出が蘇る


飛べなくなってた 
チョウチョを見つけたの
急いで走って
手のひらで支えながら
あのチューリップの
花びらの中へと早く 
蜜を探し求めて


蜘蛛の巣にかかった 
トンボを助けてお願い


でも今は思うの 
あの蜘蛛はどうしてたかな
きっと私のこと嫌いだったろうな


月日が 流れてく  
今ならあなたと話せる気がするわ


現実の中から 生まれてくる 
夢の偉大さを 信じて
幸せ感じながらステキに生きるわ


ハラハラと涙が こぼれ落ちてゆく 
すべての思い出が蘇る


ステキな 大人になるわ〜♪



posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 22:42| 東京 ☁| 中村里美(作詞・作曲・歌) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

YouTube 中村里美&「ひな鳥へ」アオギリにたくして挿入曲 〜生きている ただそれだけで100点満点!〜

映画『アオギリにたくして』挿入歌:「ひな鳥へ」(2013年収録版)
☆作詞・作曲・歌:中村里美
☆編曲・ギター・サウンドプロデューサー:伊藤茂利
☆ピアノ:坂井千浪
☆ベース:花輪春比古
☆ドラム:岩瀬立衛




「ひな鳥へ」(作詞・作曲・歌:中村里美)

宇宙のゆりかごの中で
目覚めたひな鳥が
巡りゆく季節の中で
時が満ちて巣立ちゆく


自然のリズムに合わせて
翼を広げ
太陽の光を浴びて
自由に大きく羽ばたけ


生きている
ただそれだけで100点満点の
いのちを受け継いで
今を生きて
明日へと伝える


自然が届けるメッセージ
受け取りながら生きてゆく
森の木々が夜風に揺られ
子守唄を歌う


生きている
ただそれだけで100点満点の
いのちを受け継いで
今を生きて
明日へと伝える




※JASRAC音楽文化賞「アオギリにたくして」
JASRAC=日本音楽著作権協会の創立75周年を機に、音楽文化の発展に貢献した人や団体を表彰する「JASRAC音楽文化賞」が新たに設けられ、第一回 JASRAC音楽文化賞を映画「アオギリにたくして」制作委員会が受賞し、帝国ホテルにて授賞式が開催されました(2014.11.18)

〜受賞理由〜:本映画では、主題歌や挿入歌など、音楽が被爆者の方の想いを効果的に伝える役割を果たしている。平和の尊さや命の大切さを訴えかけていく取り組みとして、原爆投下から70年になろうとしている今、顕彰する。
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 16:53| 東京 ☀| 中村里美(作詞・作曲・歌) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

YouTube中村里美&伊藤茂利「本当の声を聞かせて」

学生時代、授業中に手をあげたこともなく、いつも先生と目が合わない様に目を伏せていた。引っ込み思案で何事にも興味を持てず、友達もほとんどいなかった。学校に行きたくなくて、なんで学校に行かなきゃいけないのかもよくわからなかった。そんな頃の自分に書いた歌「本当の声を聞かせて」(2015年収録『いのちの音色』ライブより〜♪)

9月1日は、日本の子供の自殺が一番多い日だという。過去42年間で自殺した子供は1万8048人。最多は9月1日の131人(2015年の内閣府の発表)。いじめの問題は子供の問題だけではなく、大人たちが作り出している今の社会全体の問題の現れだと思います。今を生きる大人の一人として責任を感じます。

今自分がいる世界だけがすべてじゃない。そして必ず扉は開くから、生きて欲しい。救いをを求めることさえできず、手を差し伸べられても摑まることすらできない、そんな時も、必ず道は開けるから、生きて欲しい。死なないで。 生きて欲しい。


「本当の声を聞かせて」
◎作詞・作曲・歌:中村里美
◎サウンドプロデューサー・編曲・ギター:伊藤茂利
◎ピアノ:坂井千浪
◎製作:cミューズの里(2015年度収録版)
「いのちの音色」ライブ楽曲より〜♪




本当の声を聞かせて【作詞:中村里美】2003.2.28


本当の声を聞かせて
君のために 君の歌を
本当の声で歌って
僕のために 君の歌を


いつの間にか
つくり声で生きてることに
気づかないまま
周りに合わせて生きているのはなぜ
自己満足さえ出来ないままに


誰にも分かるはずのない
涙のわけをそっと 聞かせてほしい
叶わない思いを胸に眠る君の心打ち明けて


本当の声を聞かせて
君のために 君の歌を
本当の声で歌って
僕のために 君の歌を


伝わらない 本当の事
誰にも言えない 自分の気持ち
感じる心を 閉ざしてるのはなぜ
本当の声 取り戻して


わけもなく幸せ感じている
君の笑顔が輝いてる
生きてるこの瞬間を 感じ尽くして
この歌を あなたへ


本当の声を聞かせて
君のために 君の歌を
本当の声で歌って
僕のために 君の歌を


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 03:31| 東京 ☀| 中村里美(作詞・作曲・歌) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

YouTube「手をつなごう!」作詞・作曲・歌:中村里美 / 編曲・ギター:伊藤茂利/ドラム:田中 航 /ベース:高木祥太

「手をつなごう」

作詞・作曲・歌:中村里美
編曲・ギター・サウンドプロデューサー:伊藤茂利
ドラム:田中 航
ベース:高木祥太
サックス:ゴンザレス伊藤

製作:cミューズの里 (2015年収録)




「手をつなごう!」 作詞・作曲・歌:中村里美


どれくらいの夢と愛を持って 生きてるの?
どれくらいの勇気を出して 生きてるの?


もしも生まれてくる時代が
100年前だったなら
どんな服を着てただろう?
どんな歌を歌ってただろ?


分かってるつもりになってるだけで
いつも何かに惑わされながら生きてる
ホントは何も分かってない


いろいろ違って いろいろ同じで
それぞれに生きてるね
君が見てる現実と 僕の現実は
時々違ってる 時々同じになる


許し合って 譲り合って 分かち合って
手をつなごう
いつだって どこでだって
忘れないで その笑顔


手をつなごう!
手をつなごう!
手をつなごう!


どれくらいの 偏見に気づけないまま 生きてるの?
どれくらいの 自分をごまかしながら 生きてるの?


もしもどこか違う国に生まれて育っていたなら
どんな恋をしてただろう?
どんな私になってただろう?


僕が君を信じてる程
君は僕を信じてない
でもいいさ
僕はいつも変わらない
いつまでも
いつまでも
いつまでも


いろいろ違って いろいろ同じで
それぞれに生きてるね
君が見てる現実と 僕の現実は
時々違ってる 時々同じになる


許し合って 譲り合って 分かち合って
手をつなごう
いつだって どこでだって
忘れないで その笑顔!


手をつなごう!
手をつなごう!
手をつなごう!

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 16:53| 東京 ☔| 中村里美(作詞・作曲・歌) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

YouTube 「大切に思う事」作詞・歌:中村里美/作曲:へんり未来/編曲・ギター:伊藤茂利/パーカッション:栗山豊二 /ウッドベース:花輪春比古

8月9日、72年前の今日、
長崎に原爆が投下されました。


昨年、アメリカでの「アオギリにたくして」上映では、隠れキリシタンの歴史を学ぶ中で、広島だけではなく、長崎にも原爆が投下されたことを知り、はじめて原爆の問題を深く考えるようになり、今では核なき世界の実現に向けて取り組んでいるというアメリカの方にお会いしました。


ヒロシマ・ナガサキの実情を
伝えていくことの大切さを改めて強く感じます。
作品づくりを通して、
これからも被爆者の方々のメッセージを
世界に伝え続け,
大切に思う事、感じることを、
発信していきたいと思います。


2017年8月6日、弊社ミューズの里は、
設立9年目を迎えました。


皆さまに応援いただき、成長させていただきながら、今日まで来ることが出来ました。心より感謝申し上げます。これからも、何卒宜しくお願い申し上げます〜♪




「大切に思うこと」
◎作詞・歌:中村里美
◎サウンドプロデューサー・編曲・ギター:伊藤茂利
◎曲:へんり未来 
◎ウッドベース:花輪春比古
◎パーカッション:栗山豊二
◎ゴンザレスブラスアンサンブル
◎製作:cミューズの里 2015年収録
「いのちの音色」ライブより〜♪


喋る言葉や 髪の毛の色や
肌の色が 違っていても
同じように 家族がいたり 
友達がいたり 恋人がいたり
嬉しかったり 悲しかったり
落ち込んだり 悩んだりしながら
生きている 同じ人間なんだ


違いがゆえにそれぞれの 
瞳に映る形が変わる
正義の名のもと争い生まれ 
摩擦ある違い認められずに
愛のない言葉 飛び交わしながら
傷つけながら 傷ついてゆく
もうこれ以上 傷つけないために


国や人種 違いを超えて  
いのちの尊さ 生きることの素晴らしさは
今 、大切に思うこと


言葉の中に 見え隠れする 
自分の弱さに 負けないように
ある様であって形のない 
声にただ流されないで
人に向ける人差し指 
憎しみや怒りだけからは
もう一つの争い生み出すだけさ


愛をもう一度確かめ合おう
心の平和を確かめ合おう
二度とおとずれる事のない
今この瞬間を生きてる
大切なものは いつも見えない 
感じる心を 閉ざさないで
心の奥で きっと気づいているはずさ


立場やいろんな違いを超えて 
同じ時代に出会えた奇蹟
共に生きている
今、大切に思うこと


忘れないで ヒロシマ・ナガサキ 
忘れないで すべてのの戦争
世界中のいたるところで起きた
そして今も起こりつつある
人間だけの地球じゃない  
花も鳥も虫も動物たちも
いろんな命が 生きている


地球はみんなの 命のふるさと
すべて一つに つながっている
壊さないで
今、大切に思うこと

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 16:34| 東京 ☀| 中村里美(作詞・作曲・歌) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする