2018年11月25日

砂川平和ひろばから見る花火

仕事を終えた後、
11/23は砂川平和ひろばへ。


砂川平和ひろばから見る花火を撮影に
伺わせていただきました。


46646608_2013782252038397_6284911423323635712_n.jpg


花火が始まると大勢の方々が
砂川平和ひろば周辺に集まっていました。


砂川平和ひろばを主宰されている
福島京子さんのつくるポップコーンをほおばり
ながらの楽しいひと時〜♪


46506124_2013634798719809_2724629713875107840_n.jpg


あったかいコーヒーと
砂川平和ひろばのおうどんも大人気!!


46520557_2013635918719697_7924546584782569472_n.jpg


46513381_2013635642053058_2711513635372400640_n.jpg
▲稲橋ゆみこさん&しげ兄さん&たからプロデューサー(わんちゃん)



「砂川なら時間が合えば、いつでも遊びにいくから誘ってよ〜♪」 
と言って撮影に全面協力してくださっている映画「アオギリにたくして」撮影監督では大変お世話になった撮影技師の倉本和人さんも、かけつけてくださいました。


46795881_2013744145375541_1852394582738731008_n.jpg



撮影後に、砂川平和ひろばの
おうどんをご馳走になり、
冷えた体がポカポカに〜♪
この日は、撮影を終え、次の仕事で品川へ。



朝・昼・晩、休みなく働いたこの一年。



まだまだ、これからです!



夜空に浮かぶ花火を見ながら
いつもどんな時も変わらずに
あたたかく見守ってくださり
ご支援・ご協力くださっている
皆様のことを思い浮かべ
感謝の気持ちでいっぱいになった
砂川の夜でした。



12/2(日)は13:00〜より
砂川平和ひろばにて、
ギタリストの伊藤茂利さんと一緒に
耐震改修工事完成記念コンサートに
出演させていただきます



13:00〜14:30の90分ライブです。
歌・演奏・朗読etc.をお楽しみください〜♪
Vo.&朗読:中村里美
Gt.&朗読:伊藤茂利



皆様よろしくお願い申しあげます。
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 12:41| 東京 ☁| 砂川の大地から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

砂川秋まつり🎵 音楽演奏、人形劇、つな引き、屋台、フリーマーケットなどなど… 今年の展示企画は「砂川秋まつり・大チラシ展」

DrMzlWDUUAAWRDz.jpg-large.jpeg

11/11(日)は砂川秋まつりが開催されます〜!
午前中、取材に伺わせていただきます〜🎵


音楽演奏、人形劇、つな引き、屋台、フリーマーケットなどなど…
楽しいこととおいしいものが盛りだくさん!


今年の展示企画は「砂川秋まつり・大チラシ展」だそうです〜🎵


★タイムテーブルです★
10:00〜オープニングアクト 
11:00〜元気いいぞう/
11:30〜かけこみ亭人形一座
12:00〜じゅんぺいのミラクル★タイム
12:30〜こどもレク・つなひき
13:00〜キドラット
13:30〜YOSHIE & ムネモシネダンサーズ
14:00〜赤い疑惑
14:30〜KARAMI
15:00閉会

DrihoT1UcAAr25M.jpg-large.jpeg

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 22:20| 東京 ☁| 砂川の大地から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

第4回砂川の大地から とどけ平和の声  取材・撮影に伺わせていただきました〜!

11/4立川市砂川学習館にて
第4回砂川の大地から とどけ平和の声
が開催され取材・撮影で
伺わせていただきました。

「立川基地滑走路 延長計画中止から50年 元拡張予定地は今」

45288719_1987540014662621_8665935030440165376_o-1.jpg
▲砂川平和ひろばを主宰する福島京子さん

45344494_1987430378006918_1121647141895274496_n-1.jpg
▲ジャーナリスト前田哲男さんの基調講演〜はるかなる砂川 いまもつづく「砂川的状況」〜


45288719_1987540014662621_8665935030440165376_o-1.jpg
45407881_1987544661328823_8586637470160912384_n.jpg
45337796_1987544697995486_8119399668930052096_n.jpg


45478356_1987430431340246_6287991035133952000_n.jpg
45358976_1987430468006909_3327626547954712576_n.jpg

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 10:22| 東京 🌁| 砂川の大地から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

9/2「砂川平和ひろば」と「ふらっと実行委員会」主催によるひろば食堂「ふらっと」・無料塾「ふらっと教室」がスタート!

40587526_1902455943171029_6233097186972794880_n.jpg


昨日は、現在製作中のドキュメンタリー映画「砂川の大地から」の取材で砂川平和ひろばへ〜🎵


40516071_1902557153160908_2133178086894600192_n.jpg


9月2日、「砂川平和ひろば」と「ふらっと実行委員会」主催による
ひろば食堂「ふらっと」と「無料塾ふらっと教室」がスタートしました。


40589343_1902556403160983_7210505647597551616_n.jpg


「ふらっと」には
みんなが立ち寄れて
みんなが平等に!
という思いが込められています。



40582123_1902556586494298_7045028142594916352_n.jpg

DSC_0155.JPG

40590228_1902557229827567_3124092316994764800_n.jpg



心の満たされる場をつくり、
次の世代に地域の歴史を伝え、
平和を考えるきっかけをつくっていきたいと願う福島京子さんとひろばに集うみなさんの思いが、一歩ずつ広がっています。


月一回開催
食堂は12:00〜午後14:00
無料塾は14:30〜16:00
子供や子育て中の親、高齢者など
誰でも参加可。
18歳以下無料、大人300円

問合せ:砂川平和ひろば
TEL: 042-536-3167







posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 23:01| 東京 ☀| 砂川の大地から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

ドキュメンタリー映画『砂川の大地から』製作中〜!昨日は改装中の砂川平和ひろばへ。

39869275_1885595231523767_175189224922808320_n.jpg


昨日は、現在製作中の
ドキュメンタリー映画『かけはし』撮影のため砂川へ〜!


只今、砂川平和ひろば
改装中です!

39891266_1885595571523733_1504425021135650816_n.jpg


砂川平和ひろばに
集う人々によって
パテが行われ
昨日は、壁紙貼り。


39700709_1885588978191059_3377955202362507264_n.jpg

39735013_1885596728190284_2234369363224297472_n.jpg

39872779_1885595444857079_3129704421911429120_n.jpg


砂川平和ひろばで
美味しいお昼ごはんも
ご馳走になり、
大変ありがとうございました。


それにしても、
砂川平和ひろばを主宰する
福島京子さんのバイタリティーはすごい!


福島さんと会うたびに
たくさんのエネルギーを
いただいています✨

39876023_1885595504857073_5626705447533674496_n.jpg
▲たからプロデューサーも撮影に参加🎵


砂川秋まつり広場に植樹された
被爆アオギリも
大空に向かって
まっすぐ成長しています!!

39871981_1885611791522111_1539265147300741120_n.jpg


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 07:21| 東京 ☀| 砂川の大地から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

「砂川平和ひろば」の福島京子さんが植樹してくださった被爆アオギリ2世がこんなに大きく育っています〜🎵

35159197_2171652633121897_3314700165272567808_n.jpg


砂川平和ひろばを主宰する福島京子さんが、
砂川闘争から60年を迎えた2015年秋に
植樹してくださった被爆アオギリ2世が、
今ではこんなに大きく成長しています〜!



現在製作中のドキュメンタリー
映画『砂川の大地から(仮)』の取材に
先日伺わせいただき、
アオギリの成長ぶりにびっくりしました。




2016年から撮影をスタートした『砂川の大地から』では、
この2年間、砂川に通いながら、
福島京子さんの姿を追わせていただき、
たくさんの感動をいただいています。



福島京子さんと平和ひろばに集う人々の
まっすぐで純粋な平和への思いは、
大空に向かってスクスク育つ
アオギリのようです。



撮影で砂川を訪れるたびに、
福島京子さんとアオギリから
たくさんの勇気と元気と希望をいただいています✨



まだまだ撮影は続きます。
何卒よろしくお願い申し上げます。




posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 20:41| 東京 ☁| 砂川の大地から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

ドキュメンタリー映画『砂川の大地から』取材&撮影へ〜🎵

昨日は、福島菊次郎が問う「戦後」写真展と
武蔵大学社会学部教授 永田浩三さんの講演の後に
砂川平和ひろばを主宰する福島京子さんが
お話されることになり、取材&撮影のため府中へ〜!

砂4.jpg

27540884_1636083756474917_1558878734654969493_n.jpg

砂5.jpg

そして、本日2/4(日)は、
砂川平和ひろば開き〜🎵

砂3.jpg


砂川のもち米でお餅を作り、
みんなで食べました。

27752029_1637107409705885_5419465945946526802_n.jpg

砂2.jpg


楢崎さんの作品「砂川最後の空襲」が上映され、
その後、今年の平和ひろばについて
懇親会が行われました。

砂1.jpg




posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 19:07| 東京 ☀| 砂川の大地から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

グリーンコリア代表のシン スヨンさんが砂川平和ひろばを訪れました。

DSC_3654.JPG

昨日砂川で開催された、「砂川の大地から とどけ平和の声2017」実行委員会の皆様の主催による米軍立川基地返還40周年記念の16ミリ映画上映と討論会にメッセージを寄せた韓国のグリーンコリア代表のシン スヨンさんが本日砂川平和ひろばを訪れ、主宰の福島京子さんのインタビューが行われました。取材・撮影で同席させていただきました。

DSC_3649.JPG



※ 韓国の首都ソウルのど真ん中にある龍山(ヨンサン)基地は、以前は旧日本軍の軍事基地でしたが、1945年以降はアメリカ軍の基地として今現在も使用されています。ヨンサン基地の返還に際して、基地内の米軍施設は、平沢(ピョンテク:ソウルから南へ65km)への移転が進行中で、その移転が終われば、基地後は公園用地として開発される予定となっているが、アメリカと韓国政府は、ヨンサン基地の分割継続使用を要求しており、グリーンコリアをはじめとする多くの市民団体は、敷地内の深刻な環境汚染問題と合わせて、これに反対・抗議する運動を展開しているそうです。

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 20:33| 東京 ☀| 砂川の大地から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

砂川の大地から とどけ平和の声2017

23621999_2060261420927686_6967551014703235702_n.jpg


現在製作中のドキュメンタリー映画「砂川の大地から(仮)」の取材&撮影で砂川へ〜♪


2017年11月19日、砂川学習館・講堂にて、米軍立川基地返還40周年記念16ミリ映画上映会と討論会「米軍基地の『返還』を問う」が開催され取材と撮影に伺わせていただきました(主催:「砂川の大地から とどけ平和の声2017」実行委員会)。

23621319_2060261574261004_4385981822868755531_n.jpg



第一部の映画会では、東京都映像協会の1972年製作による15分の16ミリフィルムと、映画文化協会により1998年に製作された55分の16ミリフィルム「阿波根昌鴻 伊江島のたたかい」が上映されました。


23622197_2060261350927693_1547699690941969072_n.jpg


第2部では、パネリストにレイクランド大学(日本校)准教授・社会学のA・トンプキンス先生、中央大学講師(社会学)の鈴木鉄忠先生、元航空自衛官で反戦兵士と連帯する会代表の小多基美夫さん、砂川平和ひろば主宰の福島京子さんを交えての自由討論会が開催されました。

23755365_2060261500927678_1766746720272924109_n.jpg



最後に中央大学学生による阿波根昌鴻の言葉の朗読と、レイクランド大学の学生による先日亡くなったデニス・バンクスさんの言葉の朗読が行われました。


23622278_1558825784200715_469314869487664402_n.jpg

23658888_1558825837534043_861177963325644491_n.jpg

砂川平和ひろばを主宰する福島京子さんお父さまの宮岡政雄さんと交流のあった阿波根昌鴻さんは、砂川闘争の拠点であった団結小屋をヒントに、伊江島の米軍演習場の近くに団結道場をつくったそうです。

23622395_2060583560895472_2018758630634442830_n.jpg

殺し合いではなく、助け合う。
奪い合いではなく、譲り合う。
いじめるのではなく教え合う。
それが実行できたとき、真の幸せが生まれてくる。


阿波根昌鴻さん(1901年〜2002年)
沖縄本島の上本部村(現、本部町)に生まれる。敗戦後、米軍占領地の伊江島の土地闘争では常に先頭に立ち、非暴力を貫く。復帰後も、一貫して軍用地契約に応じない反戦地主として闘った。66年、砂川闘争の拠点であった団結小屋をヒントに、伊江島の米軍演習場の近くに団結道場をつくり反基地闘争の拠点とする。84年には、反戦平和資料館「ヌチドゥタカラの家」を建設し、沖縄戦の戦争体験・基地反対闘争の実態を展示や語りを通して広く社会に訴え続けた。



デニス・バンクス.jpg


アメリカ・インディアン運動の指導者で青年時代に砂川闘争を目撃した デニス・バンクスさん。お会いできることを楽しみにしていましたが、11月の来日を前に、10月31日に亡くなられたことが報じられました。


ご冥福を心よりお祈り申し上げます。


4回目のナワカミック・ジャパン・ツアーで来日予定だったデニスさん(ナワカミックはデニスさんのオリジナル名)は、来日を直前に天に召されました。NowaCumig Tokyo Gatheringにおけるメッセージがイベントの最後に紹介されました。

人間達だけではなく、私達を生かしてくれている、この星をも酷く苦しめた出来事がたくさんありました。

7世代先の子ども達が、戦争と憎しみの足跡をたどることがありませんように。

私たちは、築くことができる。
もし、お互いに思いやれるなら、私達は築くことができる。
もし、叫び訴えることができたなら、私達は築くことができる。
もし、コミュ二ケーションを取れたら、私達は築くことができる。
そして、もしも築くことができたら、私達は生きることができる。

複雑そうですが、とてもシンプルなこと。

築くことができたら、私達は歌うことができる。

これらの言葉はただのキャッチフレーズではありません。
今まで、ことあるごとに、違う言い方で、
ずっと、語り継がれてきたことなのです。

憎しみ、戦争と差別への勝利こそ私たちの未来です。
7世代先の未来がそのようでありますように。




※「砂川の大地から とどけ平和の声2017」実行委員会資料より
当時デニス・バンクスは、アメリカ軍の憲兵(MP)として、横田基地に勤務。1956年10月、警備支援のため一時立川基地に派遣されていた。その時、彼はフェンスの向こう側から、警察機動隊の棍棒で殴られ血を流して倒れる人々の姿を見ていた。土地を守るため抵抗する砂川の人々と、インディアンたちとの境遇が重なり、その後デニス・バンクスは人権・平和運動家へと転進していく。先月末(2017年10月31日)に亡くなるまで、彼はアメリカ・インディアン運動の原点といえる砂川に度々足を運んでいた。




デニス・バンクスさんの言葉(著書より)


私たちや、私たちを取り巻く環境は皆、自然の一部である。

すべてが命のつながりの中で生きていて、互いが互いを必要としている。

環境を大事にすることは、自分自身を大事にすることなのだ。




鷲やビーバーは、幾千年間同じ形で生をつないでいる。

七世代先の人々のことを考え、自分たちが受け継いだ生き方を子供たちに伝えよう。 




滝の音や燃える火に心を傾けること。

幼い子供に話しかけること。

草木の生命に思いを馳せること。




それらは偉大な精霊と交わることである。




私たちを含めて、すべてが地球の住人なのだ。

空気、太陽、火、水、土 ------- すべては所有することができない。




偉大な精霊を、どうやって所有できるというのだろう。




火は、私たちが生きていくうえで欠かせないものである。

火は暖かさを与えてくれるだけでなく、生きる指針も与えてくれる。

火と対話しよう。




水や雨を大切にしよう。

水は私たちの考えを浄化してくれる。

雨は空気を浄化して、地の渇きをいやしてくれる。

私たちは水や雨なしでは生きられない。




地球にあるものは皆、それぞれ存在する意味と役割をもつ。

自然の音に耳を澄ませば、自然は私たちに色々なことを教えてくれる。




鳥の鳴き声に耳を澄ませば、自分の心がわかってくる。

魚の泳ぎに目を向ければ、自分自身の答えが見つかる。




花には生命を絶やさないようにするという役割がある。

花の美しさや色にもそれぞれの役割がある。




目標に向かう私たちに力を与えてくれ、未来への夢を広げてくれるのである。




目がないから見えないとは限らない。

耳がないから聞こえないとは限らない。

鳥、魚、花、木、すべてが私たちの話を聞いている。

彼らに向かって心を込めて話すこと。




寒い冬の日に、木々が話をするのが聞こえてくる。

私たちや、私たちの未来について話している。

いつでも木々を敬うこと。




木の枝がなければ花は咲かない。

木があってこそ森になり、その美しさも生まれるのだ。

なぜ木を倒したり、森を破壊したりするのだろう。




木は私たちに生命の息吹を与えてくれる。




鷲、鹿、ビーバー、すべてが自分たちの流儀で生きている。

それぞれがビジョンを持っている。

肝心なのは、他人をまねることなく自分自身のビジョンを持つことだ。




夢は私たちにストーリーを語り、ビジョンの源を与えてくれる。

私たちが得たビジョンは、また他の人の夢となる。

人々に良い夢を見せてあげることだ。




ひとりひとりの画家は夢をもっている。

一枚の絵には、何かが隠されている。

画家の語りかけに耳を傾け、自分たちと結びつきのある話を聞こう。




太鼓の音や人々の歌は、私たちの心臓の音だ。

私たちの心臓の音は、いつでも宇宙の鼓動を映している。

歌を歌いたくなくなったり、太鼓を打ちたくなくなれば、

誰も私たちの鼓動に耳を澄まさなくなるだろう。




知恵の種は、私たちの中心にある。

自分自身の中心に、汚れのない思考とよい水を与えること。

そうすれば、閉じた中心が開いてきて、知恵の実を結ぶことだろう。




私たちの未来は過去にある。

時は流れているのだから。




日々くりかえす行いこそが生活であり、文化を伝えることである。

年長者から知恵を学ばなければならない。

そして、それを実行しなければならない。




一日一日を生きていくことが、生きる目的なのだ。

日が暮れてしまったら生きる目的を失う、というわけではない。




年を重ねてから、幼いころのことや仲間のことを思い返す。

眼にも胸にも涙が浮かんでくる。




そんな時、人は幸せを感じ、その尊さを知る。





「風の知恵」 黒田征太郎/デニスバンクス著 毎日新聞社より引用



posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 18:56| 東京 ☁| 砂川の大地から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

デニス・バンクスさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

今日はとてもショックでした。


現在製作中のドキュメンタリー映画『砂川の大地から』で、
来年、必ず撮影に伺いたいと思っていた米先住民運動の指導者で
砂川闘争の時に米軍基地におられたデニス・バンクス(80歳)さんが
亡くなられたという知らせを、本日いただきました。


29日、米中西部ミネソタ州ロチェスターの病院 で
肺炎のため亡くなられたそうです(米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)


お会いしたかったです…。


デニスさんの魂を少しでも現在製作中の
ドキュメンタリー映画『砂川の大地から』の中でも描けたら・・・
と思っています。


◎砂川の大地から
➡︎http://musevoice.com/sunagawa/

デニスさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。





posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 19:10| 東京 ☀| 砂川の大地から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする