2018年07月23日

現在製作中のドキュメンタリー映画『いのちの音色』へのご支援をいただき、心より感謝申し上げます!

来年夏の公開に向けて、
現在製作中の第三作目となる
ドキュメンタリー映画
『いのちの音色』へのご支援を、
✨江口裕子様 ✨衣笠邦彦様よりいただきました。


心より感謝申し上げます。
完成にむけて、がんばります!✨
今後ともよろしくお願い申し上げます。


◎2019年夏公開予定
 ドキュメンタリー映画『いのちの音色』製作中!
 公式HP➡︎
http://musevoice.com/inochi/


※ご支援いただいた皆様のお名前を
エンドロール Special Thanks to に
掲載させていただきます。
映画完成後、サントラ盤CDアルバムを
贈呈させていただきます。


✨ドキュメンタリー映画『いのちの音色』制作支援のお願い
➡︎ http://musevoice.com/inochi/support/


皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申しあげます。


いのち支援表 .jpg


いのち支援裏 .jpg
▲画像をクリックすると大きくなります〜♪


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 01:39| 東京 ☀| 映画『いのちの音色』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

ドキュメンタリー映画『いのちの音色』ご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます〜!

来年の完成に向けて
現在製作中のドキュメンタリー映画『いのちの音色』


◎「いのちの音色」公式HP
➡︎ http://musevoice.com/inochi/


2008年よりスタートした、
ヒロシマ・ナガサキを伝える
「いのちの音色」ライブの中で出会った
平和の種を蒔く人々の姿と共に、
広島平和記念公園の被爆アオギリの種から育った
2世の苗が日本全国、世界に植樹されていく様子を描いていきます。


『いのちの音色』の題字が決まりました!
イラストレーターの吉田しんこさんの作品です。


題字いのち.jpg



また、皆様への支援を呼びかける新しいチラシを
DTPデザイナーの川上真理さんが制作してくださいました。
しんこさん、真理さん、ありがとうございました💕


皆様のご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。



いのち支援表 .jpg

いのち支援裏 .jpg

▲画像をクリックすると大きくなります〜!




『いのちの音色』制作支援のお願い
皆様からの任意の額によるご支援のご協力を呼びかけています。ご支援くださった皆様のお名前をエンドロールにSpecial Thanksとして掲載させていただきます。映画完成後、サントラ盤CDを贈呈させていただきます。※『いのちの音色』公式HPにもお名前を掲載させていただきます。

◎郵便振替
【口座名】ミューズの里
【口座番号】 00120-0-635247
※郵便振替用紙の通信欄に「いのちの音色」制作支援とご記入くださいますようお願い致します。


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 15:26| 東京 ☀| 映画『いのちの音色』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

ドキュメンタリー映画『いのちの音色』製作中〜!

35748034_1784873218262636_5816845187325886464_n.jpg


来年夏の公開を目指して製作中の
ドキュメンタリー映画『いのちの音色』


第3作目の映画作品となる今回は、
これまで共に製作・プロデューサーを務め、
映画を一緒に形にしてきた戦友
音楽監督のしげ兄(伊藤茂利)が
皆様にお力添えいただきながら、
編集にも挑みます〜✨


◎ドキュメンタリー映画『いのちの音色』公式HP
➡︎ http://musevoice.com/inochi/


ご支援・ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます〜🎵





posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 14:21| 東京 ☀| 映画『いのちの音色』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

現在制作中のドキュメンタリー映画『いのちの音色』公式HPが完成しました〜!

『砂川の大地から(仮)』と共に
現在、撮影中のドキミュメンタリー
映画『いのちの音色』公式HPを
渡川修一さんがつくってくださいました。
ありがとうございます✨

この度の「いのちの音色」では、
渡川さんに編集でもお力添えいただきます。
何卒よろしくお願い申し上げます!


✨ドキュメンタリー映画「いのちの音色」公式HP
クリック!➡︎ http://musevoice.com/inochi/


『いのちの音色』は、
今後も撮影を続けていきながら、
日本全国・世界各国で出会う
平和の種を蒔く人々の姿や核なき世界に向けて
人々の意識や取り組みを撮影しシリーズ化していきます✨


28783480_2048354725439405_3151796121657025140_n.jpg


皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます〜🎵




posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 15:35| 東京 ☔| 映画『いのちの音色』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

ドキュメンタリー映画『いのちの音色』皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます〜!

ドキュメンタリー映画『いのちの音色』制作に向けて
皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます〜♪

募金いのち表 のコピー.jpg

募金いのち裏 のコピー.jpg



核なき世界を願う 被爆者の祈りを胸に


声なきいのちの叫びを アオギリにたくして…


体験のない世代が 次世代に語り継ぐヒロシマ・ナガサキ


過去と未来をつなぐ 今を生きる私たちに


出来ることは何だろう…






 




ドキュメンタリー映画『いのちの音色』は、1000回ライブを目指して2008年にスタートした歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える日本全国ライブ行脚の中で出会う人々の姿に感動し、カメラを回したことからスタートしました。



アオギリの語り部と呼ばれ、広島平和記念公園の被爆アオギリの木の下で修学旅行生に体験を語り、「いのちの大切さ」「平和の尊さ」を伝え続けた沼田鈴子さんと広島ライブで再会したことがきっかけとなり、沼田さんのドキュメンタリー映画の製作が始まりました。しかし、撮影開始後間もなく、沼田さんは永眠されました。





未来を担う若者に語り継ぐため、沼田さんの前半生を劇映画として描く映画『アオギリにたくして』を企画製作し、2013年夏に完成。87歳の沼田さんの最後のお誕生日に捧げた歌は主題歌となり、第1回JASRAC音楽文化賞を受賞。その後も、日本全国行脚を続ける中で、撮影は続いています。



私が初めて沼田鈴子さんと出会ったのは1986年のことでした。沼田さんが被爆体験を語り始めるきっかけとなった10フィート運動によってつくられた原爆映画『にんげんをかえせ』etc.をアメリカの学校や教会で上映するボランティア活動に参加し、一年間に渡る米国上映行脚の渡米前に、映画に出演されたヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々とお会いする機会をいただきました。その一人が沼田鈴子さんでした。





映画『アオギリにたくして』『かけはし』に続く、『いのちの音色』は、沼田さんが亡くなる4ヶ月前の映像メッセージに込められた思いと共に、日本全国・世界に広がる被爆アオギリ2世・3世の植樹、平和の種を蒔きながらステキに生きる人々の姿を描いていきます。


皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。







◆完成予定:2019年3月
◆劇場公開予定:2019年夏
◆上映時間:90分(予定)


◎監督・製作・撮影・編集:中村里美
◎プロデューサー・撮影・編集チーフ・音楽監督:伊藤茂利
◎撮影:倉本和人・中根克
◎編集:中根克・秀澤アヤコ
◎編集協力:渡川修一・柴田誠
◎制作:中村里美・伊藤茂利・川上真理・石塚佐和子・TAKARA
◎題字:吉田しんこ


製作・著作・配給:ミューズの里♪
E-mail: info@musevoice.com
FAX: 042-810-1100  TEL 070-6511-7275  TEL 070-5568-8204





『いのちの音色』制作支援のお願い
皆様からの任意の額によるご支援のご協力を呼びかけています。ご支援くださった皆様のお名前をエンドロールにSpecial Thanksとして掲載させていただきます。映画完成後、サントラ盤CDを贈呈させていただきます。※『いのちの音色』公式HPにもお名前を掲載させていただきます。

◎郵便振替
【口座名】ミューズの里
【口座番号】 00120-0-635247

※郵便振替用紙の通信欄に「いのちの音色」制作支援とご記入くださいますようお願い致します。

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 21:31| 東京 ☁| Comment(0) | 映画『いのちの音色』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

これまでを振り返りながら…

「いのちの音色」ライブや映画「アオギリにたくして」が生まれる原点となった32年前、はじめてヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々との出会いをいただいてからこれまでを振り返り、来年のドキュメンタリー映画『いのちの音色』完成と共に一冊の本にまとめあげられるようにがんばります〜!✨

アメリカ行脚5.jpg
▲32年前、アラスカにて。
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 23:57| 東京 ☁| 映画『いのちの音色』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

ドキュメンタリー映画『いのちの音色』皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます〜!

ドキュメンタリー映画『いのちの音色』制作に向けて
皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます〜♪

募金いのち表 のコピー.jpg

募金いのち裏 のコピー.jpg



核なき世界を願う 被爆者の祈りを胸に


声なきいのちの叫びを アオギリにたくして…


体験のない世代が 次世代に語り継ぐヒロシマ・ナガサキ


過去と未来をつなぐ 今を生きる私たちに


出来ることは何だろう…






 




ドキュメンタリー映画『いのちの音色』は、1000回ライブを目指して2008年にスタートした歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える日本全国ライブ行脚の中で出会う人々の姿に感動し、カメラを回したことからスタートしました。



アオギリの語り部と呼ばれ、広島平和記念公園の被爆アオギリの木の下で修学旅行生に体験を語り、「いのちの大切さ」「平和の尊さ」を伝え続けた沼田鈴子さんと広島ライブで再会したことがきっかけとなり、沼田さんのドキュメンタリー映画の製作が始まりました。しかし、撮影開始後間もなく、沼田さんは永眠されました。





未来を担う若者に語り継ぐため、沼田さんの前半生を劇映画として描く映画『アオギリにたくして』を企画製作し、2013年夏に完成。87歳の沼田さんの最後のお誕生日に捧げた歌は主題歌となり、第1回JASRAC音楽文化賞を受賞。その後も、日本全国行脚を続ける中で、撮影は続いています。



私が初めて沼田鈴子さんと出会ったのは1986年のことでした。沼田さんが被爆体験を語り始めるきっかけとなった10フィート運動によってつくられた原爆映画『にんげんをかえせ』etc.をアメリカの学校や教会で上映するボランティア活動に参加し、一年間に渡る米国上映行脚の渡米前に、映画に出演されたヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々とお会いする機会をいただきました。その一人が沼田鈴子さんでした。





映画『アオギリにたくして』『かけはし』に続く、『いのちの音色』は、沼田さんが亡くなる4ヶ月前の映像メッセージに込められた思いと共に、日本全国・世界に広がる被爆アオギリ2世・3世の植樹、平和の種を蒔きながらステキに生きる人々の姿を描いていきます。


皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。







◆完成予定:2019年3月
◆劇場公開予定:2019年夏
◆上映時間:90分(予定)


◎監督・製作・撮影・編集:中村里美
◎プロデューサー・撮影・編集チーフ・音楽監督:伊藤茂利
◎撮影・編集協力:倉本和人・中根克
◎編集:伊藤茂利・渡川修一・秀澤アヤコ
◎編集協力:柴田誠
◎制作:中村里美・伊藤茂利「いのちの音色」制作委員会
         川上真理・石塚佐和子・伊藤良重・TAKARA

◎題字:吉田しんこ



製作・著作・配給:ミューズの里♪
E-mail: info@musevoice.com
FAX: 042-810-1100  TEL 070-6511-7275  TEL 070-5568-8204





『いのちの音色』制作支援のお願い
皆様からの任意の額によるご支援のご協力を呼びかけています。ご支援くださった皆様のお名前をエンドロールにSpecial Thanksとして掲載させていただきます。映画完成後、サントラ盤CDを贈呈させていただきます。※『いのちの音色』公式HPにもお名前を掲載させていただきます。

◎郵便振替
【口座名】ミューズの里
【口座番号】 00120-0-635247

※郵便振替用紙の通信欄に「いのちの音色」制作支援とご記入くださいますようお願い致します。


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 02:50| 東京 🌁| 映画『いのちの音色』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

ドキュメンタリー映画『いのちの音色』制作へのご支援・ご協力をお願い申し上げます!

12671772_1709062346035313_3316188003412358653_o.jpg


歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」
ライブのスタートから10年目を迎える2018年夏、
ドキュメンタリー映画『いのちの音色』の完成にむけて本格始動します!


核なき世界を願う被爆者の祈りを胸に、
声なきいのちの叫びをアオギリにたくして…。

体験のない世代が次世代に語り継ぐヒロシマ・ナガサキ。
過去と未来をつなぐ今を生きる私たちに出来ることは何だろう…。

その模索の中から見える希望とは?



ドキュメンタリー映画『いのちの音色』は、1000回ライブを目指して2008年にスタートした歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える日本全国ライブ行脚の中で出会う人々の姿を撮影し始めたことからスタートした。


アオギリの語り部と呼ばれ、広島平和記念公園の被爆アオギリの木の下で修学旅行生に体験を語り継ぎ、「いのちの大切さ」「平和の尊さ」を伝え続けた沼田鈴子さんと広島のライブ行脚で再会したことがきっかけとなり、沼田さんのドキュメンタリー映画の製作を始める。しかし、撮影開始後間もなく、沼田さんは永眠された。


未来を担う若者に語り継ぐため、沼田さんの前半生を劇映画として描く映画『アオギリにたくして』を企画製作し、2013年夏に完成。87歳の沼田さんの最後のお誕生日に捧げた歌は主題歌となり、第1回JASRAC音楽文化賞を受賞する。その後も、日本全国行脚を続ける中で今も撮影し続けている。


沼田鈴子さんに初めて出会ったのは1986年のことだった。沼田さんが被爆体験を語り始めるきっかけとなった10フィート運動でつくられた原爆映画『にんげんをかえせ』etc.をアメリカの学校や教会で上映するボランティア活動に参加し、一年間に渡る米国上映行脚の渡米前に、映画に出演しているヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々と出会う。その一人が沼田鈴子さんだった。



映画『アオギリにたくして』 ドキュメンタリー映画『かけはし』に続き、第3作目となるドキュメンタリー映画『いのちの音色』は、沼田さんが亡くなる4ヶ月前の映像メッセージに込められた思いと共に、日本全国・世界に広がる被爆アオギリ2世・3世の植樹や、平和の種を蒔きながらステキに生きる人々の姿を描いていく。


ドキュメンタリー映画『いのちの音色』製作に向けて
皆様のご支援・ご協力を何卒宜しくお願い申しあげます!


◎ 完成予定:2019年3月
◎ 劇場公開予定:2019年夏
◎ 上映時間:90分(予定)



〜「いのちの音色」製作支援のお願い〜
皆様からの任意の額によるご支援のご協力を呼びかけています。ご支援くださった皆様のお名前をエンドロールにSpecial Thanksとして掲載させていただきます。※『いのちの音色』公式HPにもお名前を掲載させていただきます。

◎郵便振替
【口座名】ミューズの里
【口座番号】 00120-0-635247
※郵便局の郵便振替用紙にご記入の際、通信欄に「いのちの音色」製作支援とご記入くださいますようお願い致します。

お問合せ・ご連絡先:ミューズの里「いのちの音色」
E-mail: info@musevoice.com
E-mail: crosscultureplaza@yahoo.co.jp
TEL:070:5568-8204
TEL 070-6511-7275
FAX:042-810-1100
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 22:44| 東京 ☀| 映画『いのちの音色』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

しげ兄さん、お誕生日おめでとう〜♪

18198585_1357639634319332_4056709734349874322_n.jpg


本日より、しげ兄さんの経口抗がん剤がスタートしました。


先日上映会を企画してくださった公益社団法人静岡県聴覚障害者協会事務局次長の前田智子さんのご紹介で抗がん剤治療のスペシャリストの勝俣範之先生のセカンドオピニオンを受けさせていただき、日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科に病院を変えて勝俣先生の元で抗がん剤治療をすることになりました。


昨日は、勝俣先生による3回目の受診日でした。現在ミューズの里で製作中のドキュメンタリー映画「いのちの音色」の中でも、しげ兄さんが癌と向き合いながら生きていく姿をそのまま撮影していくことになり、同行させていただき、勝俣先生の了解を得て、撮影を行わせていただきました。


抗がん剤の副作用が出た場合に備え、それまでにやっておくべき仕事があまりにも多すぎて‥‥病気ではない私でもヘトヘトになり立ち上がれなくなる程の日々が続いていました。さらに、ゴールデンウィークはライブや上映が入っていたため、体力が以前のように回復していないしげ兄さんにとっては、かなり大変なスケジュールが続き心配な毎日でした。今後6ヶ月は、充分に静養していただきながら無理のない体制をつくっていけるよう精一杯がんばりたいと思います。


しげ兄さんが癌と共に生きながらも、より深いいのちの音色を奏で、これからもたくさんの作品を共に生み出しながら、幸せな時間をみなさんと共に送っていくことができるよう全力をつくしたいと思います。



憲法記念日の5月3日は、しげ兄さんのお誕生日でした。ゴールデンウィーク中は、ライブや上映会、来客がずっと続いていて、さらに抗がん剤治療が始まるまでに対応しておかなければいけない仕事が山済みでした。当日まで我々は、大切なしげ兄さんのお誕生日をすっかり忘れていました(><)その日はちょうど、大阪からドキュメンタリー映画「ハダカの城」の柴田誠監督が来社されていた日だったので、仕事の合間に近くの菜の花畑で乾杯〜♪♪


18195148_1357140537702575_1557577744279279794_n.jpg



「守らなければいけないものがある! 命、そして憲法」。茶目っ気たっぷりに言うしげ兄さんの言葉が、いつも以上に深く心にしみました。



posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 16:18| 東京 ☀| 映画『いのちの音色』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

大川須美さんに心からの感謝を込めて〜♪♪

大川須美さんと出会ったのは31年前。大川さんは以前、映画「アオギリにたくして」のモデルとなった広島の被爆者 沼田鈴子さんが出演されている「にんげんをかえせ」のフィルムを様々な国の言語に翻訳して世界に届けるCAN(Cry Against Nuclear Weapon)の活動をされていました。


大川須美さんとはじめて出会ったのは、31年前。草の根のボランティア活動「ネバー・アゲイン・キャンペーン」第1期生として、一年間アメリカの家庭にホームステイしながら学校や教会で日本文化の紹介と共に原爆映画「にんげんをかえせ」を上映するボランティア活動に参加した22歳の時、大川さんはじめCANの皆様と持参する原爆フィルム「にんげんをかえせ」のヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々との出会いをいただきました。


女学生時代は、風船爆弾をつくっていたという大川須美さん。教室で和紙を張り合わせて作ったという大きな紙風船は、太平洋戦争において日本陸軍が開発した気球として、爆弾を搭載し、偏西風に乗せてアメリカに向けて飛ばすための兵器でした。戦時中はほとんど勉強する時間もなかったと言います。大川さんの家は空襲で焼かれてしまいました。


大川須美さんが、我々のライブや映画をずっと応援してくださるのは、あの時代を必死に生きた人々の姿がいつも心のどこかに忘れることなくあるからなのだと言います。


1490765032408.jpg
▲我々のライブ活動や映画製作・上映を応援しつづけてくださっている大川須美さん。大川さんが初めて広島原爆資料館を訪れた時、沼田鈴子さんから大川さんに手渡されたという毎日新聞の広岩近広記者のご著書『青桐の下で』(明石書店)には、沼田さんの直筆で大川さんに向けて「出会いを大切に」と書かかれています。


_20170405_070548.JPG


映画「アオギリにたくして」製作に向けてご挨拶に伺った私たちに、大川さんは、沼田さんからもらったというこの本をたくしてくださいました。広岩記者は、以前まだ映画の構想さえなかった頃、チャリティーライブ「アオギリにたくして」を取材に来てくださいました。取材の後には、広岩さんもライブにも飛び入り参加〜!沼田さんについて書かれたご自身の文を朗読してくださり、表現者としての広岩さんの姿に大変感動しました。


一つの映画が生まれるまでには様々なことが繋がり形となっていきます。映画製作を通して人生とは何かを学ばせていただいています。心より感謝申し上げます。


先日3月23日、ミューズの里オフィスに遊びに来てくださった大川さんにお話を伺わせていただく機会をいただきました。ちょうど大阪から来社されていた「ハダカの城」の柴田監督が撮影してくださったのでお話をじっくり聞くことができました。大川さんの平和への思いは、製作中のドキュメンタリー映画「かけはし」第1章の中で描いていきたいと思っています。


今年は、年始早々第二作目の映画の公開としげ兄の入院なども重なり、例年以上の忙しさで1日1日をこなすのがやっとの状態でした。体がいくつあっても足りない状況の中、退院後にそのままオフィスに駆けつけて急ぎの仕事をかたずけ、翌日から仕事復帰して一番大変な時期を支えつづけてくれたしげ兄さんのことを大変ご心配くださり、大川さんの心あたたまるお言葉に励まされ、大変だった日々を何とか乗り越えることができました。いつも一番大変な時を支えていただき、改めて心より深く感謝申し上げます。


いよいよ4月。まだまだ忙しい日々が加速して続いていきますが、どんなに忙しい中にあっても、己に負けず、志を果たしていきたいと思います。

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 22:46| 東京 ☀| 映画『いのちの音色』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする