2016年11月18日

小田原に広がる被爆アオギリ2世の植樹と平和への想い

14915319_1163949930354971_7885100936642664532_n.jpg


小田原市民会館にて、おだわら・九条の会様の11周年記念イベント(後援:小田原市)として、映画「アオギリにたくして」が上映されました。ご来場くださった皆様、主催・ご協力くださった皆様に心より感謝申しあげます。


14915183_1164028190347145_3095433861157976672_n.jpg
▲上映会で出店されていた「九条まんじゅう」大人気!


昨年(2015年)、小田原市では戦後70年記念行事として中学生が広島を訪れ平和記念式典参列し、語り部のお話を聞き、帰校後には校内や学区での報告会が実施されたそうです。広島の被爆アオギリ2世の苗木は、全中学校の校地にも植えられ、フラワーガーデンにも植樹されたそうです。


次回上映は、来年(2017年)1月28日(土曜日)小田原市市民交流センターUMECOにて、小田原市主催による映画「アオギリにたくして」上映会が開催される予定です。


0%20%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%81%AE%E6%A4%8D%E6%A8%B9%E5%BC%8F.jpg
▲撮影:富田彬道さん


映画を観てくださった皆様からの感想をお送りくださいました。ありがとうございます〜!下記に感想の一部をご紹介させていただきます。


◎すばらしい映画を見させていただきました。予想していたよりはるかに人が描かれ、悲しみと苦しみの人生を生き抜いて来られたヒロシマの人々のことをあらためて想いました。


◎ぜひこれからの日本を背負う若者たちに見てもらいたいです。学校等で積極的に上映できるとよいと思います。

◎感動しました。ただ始まりの警報がびっくりしどきどきしました。挿入歌、どれも素晴らしかったです。

◎すばらしい映画ありがとうございました。二度と原爆は許せません、「核兵器のない世界を」

◎被爆体験を語り継いだ女性の気持ちが良くわかった映画でした。二度とこのようなことを起こしてはならない!感動した。この世の中いつまでも平和であって欲しい。又このような感動する映画を希望します。

◎被爆者の方のいろいろな悲しみ、苦しみが胸にせまってきました。たくさんの方にみて頂きたいと思います。予想以上によい映画でした。

◎一人の方が生きたことを追って、良い映画でした。

◎とてもすばらしい映画でした。被爆者の現実を知り、とてもせつないです。彼女の強い生き方に感動です。

◎原爆の陰の苦しみ、おそろしさ、自分の事しか考えない人間のおぞましさゆえ、人々の心を傷つけ、ふみにじる人間の心、何と悲しい事かと思います。見せて頂きましてありがとうございました。涙がとまりません。

◎原爆で受けた傷だけでなく、その後の人生がいかに原爆によって変えられたかがよく分かりました。見ていて苦しかったですが、希望ももらえました。日本の核禁止条約反対の姿勢、何としても変えねばと思います。

◎20年以上前に宇品港で沼田さんに講演をしていただきました。その時の話はあまりおぼえていませんが、生徒が真剣に聞いていた事を忘れていません。当時の苦労をさらっと語られた事が今日の映画で、そのうら側にあった苦しみを理解できました。

◎最初に浮かんだことは、神奈川県立津久井やまゆり園事件と横浜市神奈川区の大口病院の重度心身障害者の殺人事件のことです。人間の心のうちに巣くう、差別意識や優越意識がなくならない限り、眞の平和の世界は来ないと考えます。

◎前段の大石さんの話とすごくマッチして内容が深められた。核兵器は廃絶以外にないと思う。とてもすばらしい映画でした。多勢の人にみてもらいたい、特に子どもたちに!

◎涙しながらしかし強い意思をもち生きた姿に感動しました。広島には旅しましたがアオギリをみに又行きたいと思います。もっと多くの人々が映画をみて下さるといいと思います。

◎福島の奇跡の一本松を連想した。節子、隆志の悲劇が福島で起こり得る。→ 追跡して下さい。被爆体験を陰そうとする心理は理解する。故に真実の発掘は困難を極める。

◎戦争の被害者で悪い事もしていないのにたくさんの絶望の中、生きつづけて困っている人を励ました節子さんに会ってお話を聞きたいくらい感動しました。そして、市民にはまったく関係のない戦争をなくしてほしいし、節子さんにあやまってほしかったです。


◎福島を訪れた車は海の色でした。やさしいフォルムで新しい希望をみせていると思いました。


◎戦争がいかに人生を狂わせるか、改めて思いました。絶望の中からアオギリに託す希望はすばらしいですが、そんな事が起こらない様にしていかなくてはならないと再確認しました。


◎戦後生まれの私には想像もできない体験をされた方々に、今の平和なくらしをもたらせて頂き、感謝の気持ちで一杯です。

◎先日、核兵器禁止条約の検討が国連で始まった時だけに(しかし、日本政府が反対票を投じただけに)胸にジーンとくる重い映画でした。


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 23:46| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

第一回Beppu凱旋映画祭「アオギリにたくして」上映(会場:別府ブルーバード劇場)

世界で賞賛された映画作家たちの熱き祭典!第一回Beppu凱旋映画祭が別府ブルーバード劇場にて開催されます〜!映画「アオギリにたくして」も上映していただけることになりました(11月20日・日曜日・10:00〜)。中村柊斗監督がご挨拶に伺わせていただきます。館主の照ママとMikiマネージャ様、映画ライターの森田真帆様はじめ皆様に大変お世話になり心より感謝申しあげます〜!

◎第一回Beppu凱旋映画祭(永久名誉顧問:故大島渚監督/特別顧問:塚本晋也監督・阪本順治監督)
詳細は ➡︎ http://www.gaisenfilm.com

アオギリの木の下(緑)アイコン.jpg

〜第一回Beppu凱旋映画祭にて「アオギリにたくして」上映〜
◎日時:11月20日(日曜日)10:00〜
◎場所:別府ブルーバード劇場
〒874-0920 大分県別府市北浜1丁目2-12
電話 & FAX : 0977-21-1192
⭐︎中村柊斗監督がご挨拶に伺わせていただきます〜!

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 21:28| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/23(水・祝)港区・麻布区民センターにて「アオギリにたくして」3回上映!

11月23日、東京都・港区の麻布区民センターにて映画「アオギリにたくして」が上映されます〜!主題歌「アオギリにたくして」を歌わせていただきます〜!皆様のご来場をお待ちしています〜♪

アオギリの木の下(緑)アイコン.jpg

【東京・港区】映画「アオギリにたくして」上映会
◎2016年11月23日(祝)
@10:00〜12:00 A14:00〜16:00 B18:00〜20:00
※ @Aの上映後、Bの上映前に主題歌の演奏と監督挨拶が行われます。
◎会場:麻布区民センター(港区六本木5-16-45)
◎入場料:一般:1000円/中・高生・障害者:500円/小学生以下:無料
◎主催:MINATO〜ゆいまーる〜連絡先:080-9347-1947(中村)/090-9681-8007(山口)
⭐︎中村柊斗監督、プロデューサー・音楽の中村里美&伊藤茂利が伺わせていただきます〜♪
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 20:55| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

「ミューズの里」音楽・映像事業部 のお引越し

DSC_1175.JPG

一本のペンと紙を持って集まり、机もなくて、畳の上でみんなでデコボコした文字を書きながら出発したミューズの里の音楽・映像事業部。今ではダンボール80箱分の資料が山済みで、歩くための床が見えない状態です。仕事の効率化を考えて、とにかく整理して荷物を少なく!


DSC_1193.JPG

たからプロデューサーの指示のもと(!?)、本日は、ミューズの里の神奈川オフィスのお引越し。

本社により近い町田市に移転となります。最寄駅は町田駅。明日(11/5)より、「アオギリにたくして制作員会」直通FAXは、042-810-1100に変更されます。本社のFAXは、今までと同じ (FAX: 042-734-3758)です。

◎「アオギリにたくして制作委員会」直通FAX
➡︎ FAX: 042-810-1100



今後ともよろしくお願い申しあげます。
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 07:14| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

下北沢での上映活動と発信に向けて〜♪

昨日は、ヴォイストレーニングの後、上映会の打ち合わせで下北沢へ〜♪

14718754_1154904514592846_4599458172897809012_n.jpg


映画「アオギリにたくして」制作委員会のメンバーで、下北沢にお店を2店舗出している鎌ちゃんのところに上映会の打ち合わせに伺いました〜!


14713650_1154904634592834_428715324191426660_n.jpg


この日、鎌ちゃんは、自分のお店を閉めた後、この夏からスタートした下北沢の新しい空間の前でお店を出していました〜♪

14610944_1154788324604465_280249839848116374_n.jpg
▲鎌ちゃんです〜♪


14725751_1154954404587857_7976993904539718698_n.jpg
14716162_1154954431254521_7136898502777630459_n.jpg
▲鎌ちゃんの出店でミューズの里オフィス用の栓抜き購入〜♪



かれこれ25年前、洋書売り場を中心に全国流通している月刊「ひらがなタイムズ」の編集長をしていた頃、鎌ちゃんは同じ会社の別部門「外国人スタッフサービス」の運営をしていました。


とにかく忙しい会社でした。日の出ている間は広告営業のため企業をかたっぱしから回り、流通拡大のための書店営業、そして紙面づくりのために取材で駆け回る日々。昼は営業、夜はひたすら執筆と編集作業。編集長といっても、吹けば飛ぶような小さな雑誌を守っていくためには、編集だけしていては成り立ちません。毎月1冊の雑誌を印刷して流通にのせるために、出版するお金が足りなければお金を稼ぎにいく。多国籍読者参加型の雑誌をつくるために、日本で暮らす外国人の皆さんが参加したくなるイベントを企画し、異文化交流シーンをクリエイトしていく。毎日がイベント目白押しの日々でした。


今振り返ると、自分の頭で自分で考え、企画を立て、営業で動き回り、稼いで形を作り、無から有を生み出し、育てていく。この経験を20代でたっぷりする環境に身を置かせていただけたことで、たくさんの大切なことを学ばせていただいていたのだと思います。その時は、ただただ苦しく、辛く、泣きながら必死に歩んできた事の中で、今になって深く意味を知ることがたくさんあります。


鎌ちゃんと会うと、当時のことが思い起こされます。お互いに違う部署だったので深く話すこともなく、きっと全く違う経験だったろうと思いますが、平均年齢のとても若いベンチャー企業で、他がやっていない新しいことを立ち上げていく中で学んだことは、きっと今に生きている。

どんな時も知恵を絞り、切り開いていく。しなやかに強く前に向かって生きていく。深刻さに打ちのめされないために勇気を持ち、楽しむ感覚をどんな時も失うことなく、恐れずにチャレンジし続ける精神は今も変わらず同じだと思います。


映画「アオギリにたくして」を製作していた頃は、事務所が下北沢にあったこともあり、この街に救われました。なので、勝手にこの街に恩を感じています。この街のゆるさがいい。もちろん、厳しい現実はどの街も変わらないのだろうけれど、街を歩いていてエネルギーを奪われるのではなく、エネルギーが入ってくる街! 初の映画製作でボロボロだった時、この街にいたことで救われた気がしています。


そして、そんな我々にとっての大切な街、下北沢から、上映活動も発信していけたらいいなぁ〜と思っています。


昨日は、我らが鎌ちゃんにご紹介いただき、下北沢の京王電鉄ガードレール下にこの夏オープンした超グッとくる いかした空間を作り上げているR不動産株式会社の林厚見社長に、我々の映画製作についてお話しさせていただく機会をいただき、ご関心を寄せていただきました。


14681721_1154884607928170_4004618953132111212_n.jpg

14713513_1154884647928166_4670808646982415952_n.jpg



林厚見社長の視点と感性!とても素敵です〜♪

⚫︎WIRED 「R不動産 林厚見さんインタビュー」
「ここにしかないもの」を考えることから東京の未来は始まる
➡︎ http://wired.jp/2015/09/26/atsumi-hayashi/


来年に向けて、下北沢での企画にも力を入れていきたいと思っています〜♪
皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申しあげます〜!


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 20:05| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

【YouTube】映画「アオギリにたくして」挿入歌:ひな鳥へ




映画「アオギリにたくして」の挿入歌「ひな鳥へ」がYouTubeアップされました〜♪


2014年11月18日、JASRAC=日本音楽著作権協会の創立75周年を機に、音楽文化の発展に貢献した人や団体を表彰する「JASRAC音楽文化賞」が新たに設けられ、第一回 JASRAC音楽文化賞を映画「アオギリにたくして」制作委員会が受賞し、帝国ホテルにて授賞式が開催されました(2014.11.18)

〜受賞理由〜:本映画では、主題歌や挿入歌など、音楽が被爆者の方の想いを効果的に伝える役割を果たしている。平和の尊さや命の大切さを訴えかけていく取り組みとして、原爆投下から70年になろうとしている今、顕彰する。

挿入歌:「ひな鳥へ」
☆作詞・作曲・歌:中村里美
☆編曲&ギター:伊藤茂利
☆ピアノ:坂井千浪
☆ベース:花輪春比古
☆ドラム:岩瀬立衛
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 01:23| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

故沼田鈴子さんからたくされた被爆アオギリ2世が育つカトリック藤沢教会で「アオギリにたくして」上映〜!

本日(10/23)、映画「アオギリにたくして」のモデルとなった被爆者の沼田鈴子さんからたくされ、広島から送られてきた被爆アオギリ2世の苗が育つカトリック藤沢教会で、映画「アオギリにたくして」が上映されました。


今から7年前の夏、沼田鈴子さんがまだご存命でお元気だった頃、カトリック藤沢教会で、歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」ライブをさせていただきました。


このライヴ活動を応援してくださっていた今は亡き沼田鈴子さんは、ライブを企画してくださった方々や、ライブ会場に是非被爆アオギリの種から育った苗をプレゼントして「平和の尊さ」「いのちの大切さ」を伝えてほしいとおっしゃっていました。


カトリック藤沢教会でのライブを企画してくださった大川須美さんに、その年の秋に苗をお渡ししたところ、教会のお庭で育てていただけることになりました。


DSC_1045.JPG
▲歌と語りで伝える「いのちの音色」ライブ、映画「アオギリにたくして」共にずっと応援してくださっている大川須美さん。


20091027164758.jpg

( ↑ あの時の苗!こんなに大きくなりました ↓ )

14690982_1151070398309591_218398778432513329_n.jpg


あれから7年。沼田さんはすでに亡くなられてしまいましたが、被爆アオギリの種から育った苗が今も元気にカトリック藤沢教会のお庭で育っています。


歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」ライブ活動を通して、被爆アオギリ2世・3世の苗を全国に植樹させていただく中で、沼田鈴子さんの被爆アオギリへの思いを深く知ることができました。そして、そのことが、沼田さん亡き後、アオギリにたくされた思いを描く映画をつくろう!と考えるきっかけともなりました。


30年前、沼田鈴子さんにはじめて会った頃の私は、被爆体験を聞いても、その中にある本当に深い意味を捉えることが出来ていなかったように思います。年月をかけて様々な経験をしながら生きていく中で、あの時話してくださった言葉の意味が、今改めて深く心に響きます。


生きることの嬉しさや楽しさ、生きることの悲しさや辛さ、生きることの不思議、生きることの素晴らしさ‥…生きていく中で感じる様々な感情を味わいながら、授かった命に心からの感謝ができる日を迎えるまで、ずいぶん時間がかかったようにも思います。


もしあの時、沼田さんはじめ、ヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々と出会うことがなかったなら、そして被爆者の方々のメッセージを伝える活動の中で、国籍や世代など様々な違いを超えて心に愛をたくさん持ってステキに生きる人たちとの出会いがなかったなら、今の私はなかったでしょう。


本日、沼田さんがモデルとなった映画「アオギリにたくして」をカトリック藤沢教会で上映させていただき、感無量でした。本当にありがとうございました。


DSC_1043.JPG


カトリック藤沢教会の皆様に心より感謝申し上げます。
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 20:20| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

10/23(日)カトリック藤沢教会にて「アオギリにたくして」上映会〜!

公開を前に、ドキュメンタリー映画「かけはし」の特別試写を終え、まだまだやる事は山済みの状態ではありますが、これまでの疲れが少し出て、1日半は体が動かず倒れていましたが、先ほどようやく復活!


歌も、本も、映画も・・・魂を傾けて一つの作品を作り終えるたびに、体力の限界を感じて一度倒れながら・・・また立ち上がって新たな気持ちで人生を生きる機会を何度もいただいているような感覚になります。体に広がる疲れと共にじわじわと感謝の気持ちが生まれています。


今も上映の続く第1作目の「アオギリにたくして」と、これから上映の始まる第2作目の「かけはし」は、共にこれまでの人生のテーマとしていたことを映画にたくして製作した作品でもあります。


お世話になったヒロシマ・ナガサキの被爆者のメッセージを世界に伝えていくこと、異文化間の相互理解を深めていくことは、30年前からの自分自身の人生のライフワークであり、私にとっての一粒の平和の種まきです。


これからも、これまでのテーマをより深く追って作品にしていきたいと思っています。そして、さらに、これまで知っていたのに気にとめず、置き去りにしていた中にある‥‥でも本当はとっても大切だったことに目を向けて描いていきたいと思っています。


明日10/23(日)は、7年前に歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝えるライヴをさせていただいた「カトリック藤沢教会」様にて、映画「アオギリにたくして」上映会が開催されます〜!


カトリック藤沢教会のお庭には、被爆アオギリ2世の苗が育っています。


14690982_1151070398309591_218398778432513329_n.jpg


中村柊斗監督、プロデューサーで音楽監督の伊藤茂利さんと共に伺わせていただきます。皆様にお会いできることを心より楽しみにしています。


【神奈川県・藤沢市】「アオギリにたくして」上映とお話
◎日時:2016年10月23日(日)11:00〜
◎会場:カトリック藤沢教会 (センターホールにて)
    藤沢市鵠沼石上1-1-17 TEL 0466-27-2787
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 22:22| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

NPO法人「国際交流ハーティ港南台」の皆様に心より感謝申しあげます〜!

14633070_674673522692818_1309563443825381091_n-1.jpg


この度の上映会&ライヴは、映画「アオギリにたくして」が生まれるきっかけとなった歌と語りで伝える「いのちの音色」ライヴを企画してくださった88才の大川須美さんとライヴを聴いてくださった国際交流ハーティ港南台の前会長の加藤紀恵さんと小野里さんとのご縁から実現しました。


人と人との繋がりと絆の素晴らしさに感動の一日でした。皆様に心より感謝申し上げます〜♪


DSC_1020.JPG
▲2016年10月10日、NPO法人「国際交流ハーティ港南台」様の25周年記念プロジェクトとして、映画「アオギリにたくして」上映会&ミニライブが、あーすぷらざ(神奈川県立地球市民かながわプラザ)にて行われました。


◎NPO法人国際交流ハーティー港南台 公式HP
➡︎ http://hearty-konandai-npo.jimdo.com


◎多言語医療問診票(NPO法人国際交流ハーティ港南台)
➡︎ http://www.city.hachioji.tokyo.jp/33852/kokusai/gb_tagengomonshinhyo.html



主催してくださったNPO法人「国際交流ハーティ港南台」の皆様が、25年間に渡り行ってこられた活動は、国を超えて人と人の絆を繋ぐ架け橋であり、まさに平和の種まきです〜!


14642494_674673616026142_6524623623569620194_n.jpg


30年前、ヒロシマ・ナガサキをアメリカの学校や教会で伝える草の根ボランティアに参加して帰国後、異文化間コミュニケーションに強く関心を持ち、主に洋書売り場や世界各国に流通されている日英対訳の外国人向け雑誌「ひらがなタイムズ」の編集長をさせていただいておりました。


国籍・民族・文化・宗教・政治体制・生活スタイル・習慣・価値観など、私たちはさまざまな違いの中に生きています。その違いを認め合い、共存していくために、異文化間の交流を通して相互理解を深めていく媒体やプロジェクトをつくっていきたいという思いで、20代後半から30代前半まで全力を注いでいました。それだけに、この度の主催をしてくださったハーティの皆様の国際交流の活動に大変関心をもちながら参加させていただきました。


そして、25年間に渡り継続されてこられた地道な活動の内容を聞かせていただき、どれ程貴重な活動をされてきたかを知り、感銘をうけました。


25周年!本当におめでとうございます〜!


そして、25周年を記念するイベントとして映画上映とライヴを企画してくださったことに、改めて心より御礼申しあげます。ハーティの皆様との出会いに心より感謝申し上げます。今後ともよろしくお願い申しあげます。
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 22:54| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

上田紘治さん&小林ひろえさん対談後に「アオギリにたくして」上映〜!

14494802_1138324112917553_1996998247352500979_n.jpg


2016年10月8日(土)八王子で平和教育に力を入れておられる広島出身で八王子市議会議員をされている˜小林ひろえさんと被爆者の上田紘治さんの対談のあと、「アオギリにたくして」が上映されました。平和教育の大切さを改めて感じるとても素晴らしいトークでした〜!


「日本語学校語学留学生の祭典」で毎年お世話になってきた元(株)さんぽうの渡辺善国さんがご来場くださいました〜!!再会できてとっても嬉しかったです〜!!


八王子にある「平和・原爆史料館」の取材に伺うかがわせていただき、上田さんのインタビューもさせていただきました。皆様、本当にありがとうございました!心より感謝もうしあげます〜!
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 01:09| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする