2019年08月19日

「アオギリ映画祭り」国東の衣笠邦彦さんよりみんなの心にビックサプライズ❗️✨

DSC_0821.JPG

毎年のことはいえ、お盆休みもなく、ただただ必死な毎日の中で…なんと、第1回アオギリ映画祭りを開催してくださった大分県・国東の衣笠邦彦さんから嬉しいサプライズの贈り物〜🎵


衣笠さんが丹精込めてつくっている田んぼの玄米をいただきながら不眠不休の時も健康を維持させていただき、さらにこんなにたくさん自然の恵みや差し入れをいただき、何とお礼を申し上げていいかわかりません。


何のプライドも持ち合わせていないけれど、信念を持ってやると決めた以上は、「どんなに辛い時も楽しむ感覚失わず、愚痴を言っている暇があったら動く!」という弊社ミューズの里のモットーを胸にがんばっています。それでも時々、やってもやっても大変な日々の中で、疲労で笑顔が消えそうになる時もあります。そんな時、衣笠さんのビッグスマイルが浮かびます。そして「よし!もっともっと突き抜けていこう!」と希望がわきます〜!


自主上映会はとても意義ある活動ではありますが、本当に大変です。人が思う以上に実際はかなり大変で、やってみた人にしかわからない苦労があると思います。しかも、そうでなくても人の集まらない同じ作品を継続して毎年主催していくのは至難の技です。

映画を鑑賞していただければ感動していただけたり、喜んでいただけたりするとしても‥…そもそも大手の名前の通った作品ならいざ知らず、誰も知らない小さな映画をお客様に観に来ていただくまでに、どれ程の労力がかかることでしょう。

努力しても結果が出るとは限らない中で、苦労を苦労と思わず、いつも明るく元気に乗り越えてチャレンジしていく衣笠さんの姿はカッコよくイカしています。「皆さんがあんなにがんばってるのに、製作者である我々がへこたれてちゃダメだよね!」って、これまでも衣笠さんはじめ皆様からたくさんの勇気と元気をいただいて来ました✨


3101.jpg


この夏の、ビックサプライズは、第1回「アオギリ映画祭り」が大分県国東で開催されたこと✨

そして、衣笠さんが映画祭りで弊社の次回作『いのちの音色』への募金を呼びかけてくれました。なんと!サプライズの贈り物で届いた海苔の入れ物の中に、日本の味付け海苔と韓国海苔、そして皆様からの 8,490円の応援募金が入っていました✨衣笠さんと皆さんのあたたかな気持ちが嬉しくて、涙が出ます✨


本当にありがとうございます!!心より感謝申しあげます💌



現在製作中の第3作目となるドキュメンタリー映画『いのちの音色』は、この夏の完成を目指していましたが、より内容を深めていくための撮影をさらに行っていくことになり、これまでの編集してきたものをさらに時間をかけて深めていくことになりました。製作費の営業活動もしながらの製作のため、当初のスケジュールより時間がかかっておりますが、戦後75年を迎える来年の劇場公開を目指して完成を目指していく予定です。スタッフ一同全力をつくして挑みます!!


映画『アオギリにたくして』のモデルとなった被爆者の沼田鈴子さんが亡くなる前のメッセージと共に、「いのちの大切さ」「平和の尊さ」をたくして日本全国に植樹されていく被爆アオギリ2世と共に、平和の種を蒔きながら素敵に生きる人々の姿を描いていきます。


衣笠さんに気合を入れていただき、みんなの心に力が湧いています!
引き続き、皆様のご支援・ご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。


posted by ぷらっとハッピー日記 at 13:59| 東京 🌁| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする