2019年03月27日

北岡和義「がんと共生する平和学」へのご案内

北岡先生.jpg


ジャーナリスト北岡和義さんによる「がんと共生する平和学」Vol.2が、4月18日(木)新宿御苑前「PAPERA」にて開催されます。2017年12月に肝臓がん(ステージ4)の診断を受け、3〜6ヶ月の余命宣告を受けながら、がんと共に生きるご自身の姿をブログ「ガンと生きる〜北岡和義残命録〜」で発信。治験治療を続けながら、がんと共に平和を考える北岡さんと湘南東部総合病院の医師・市田隆文院長、自らがんを克服した環境と食のアドバイザーとしてご活躍中の山口雅子さん(静岡県浜松在住)がゲストとしてご登壇くださます。


〜北岡和義さんからのメッセージ〜
ガンは自己細胞の異常増殖です。放置するとガン腫瘍が大きくなって死に到ります。現在のぼくの症状は治験治療の効果でしょうか、腫瘍マーカーの数値が大きく下がり、当面、「死」を脱することができたと言えるようです。ぼくのガンを見つけてくださった市田先生と一切の抗がん剤を拒否して玄米やその他食事療法で自らガンを乗り越えてこられた山口さんの体験を語っていただき「ガンと生き、平和を語る」集いとしたい。音楽もあり食事もある楽しい会です。


2019年4月18日(木)17:00開場/17:30スタート


◆17:30〜18:30:お食事・交流・Music(出演:中村里美・伊藤茂利)
18:00よりお食事・交流しながら音楽ライブをお楽しみください〜♪

◆18:30〜20:00 TALK LIVE
トークライブ:北岡和義「がんと共生する平和学」
 ゲスト:市田隆文(湘南東部総合病院院長)
     山口雅子(ライター・環境と食のアドバイザー) 


◎参加費:2,000円(レストランでのご飲食は各自のご負担)
◎会場:レストラン「PAPERA」(パペラ・インドカレー料理)TEL:03-3350-0208
ドリンク500円〜/おつまみ 350円〜/インンドカレーセット 1400円〜
東京都新宿区新宿2-8-1新宿セブンビル2F
http://currypapera.moo.jp/access.html
【東京メトロ丸の内線・新宿御苑前駅】1番出口の階段を上がり、すぐ目の前の横断歩道を渡った目の前

お申込先:がんと共生する平和学の会
E-mail: kitaokakazuyoshi64@gmail.com(北岡)
E-mail: info@musevoice.com(ミューズの里)



北岡和義
1941年岐阜県生まれ。南山大学文学部卒。読売新聞記者、衆院議員秘書を経て渡米、米国ロサンゼルスで「ジャパン・アメリカ・テレビジョン」を設立し報道番組を発信。元日本大学国際関係学部特任教授。著書:『13人目の目撃者』(恒友出版)『海外から1票を!』など多数


市田隆文(湘南東部総合病院院長)
1949年京都市生。新潟大学医学部卒。ブリュッセル自由大学、米国ヘルス財団ネラーダナ癌予防研究所で学ぶ。新潟大学医学部助教授を経て順天堂大学付属静岡病院教授。公益財団法人ウイルス肝炎研究財団理事長。脳死肝移植適応評価委員会委員長 著書:「肝臓よ、甦れ!」


山口雅子(ジャーナリスト)
岩手県宮古市出身。環境と食のアドバイザー。ヒプノセラピスト、中医薬膳指導員。静岡県及び浜松市環境学習指導員。40代で乳がん発症。自然療法を取り入れ、瞑想、心理療法、食事療法など実践。ガンを克服 著書:「そばをもう一枚」(静岡新聞社)等
posted by ぷらっとハッピー日記 at 10:18| 東京 ☀| MUSE SCHOOL  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする