2018年07月19日

10/27 広島「ワールド・フレンドシップ・センター」主催による映画「アオギリにたくして」上映会!

西日本豪雨災害の被災者の方々にお悔みとお見舞い申し上げます。一日も早い復興を心より祈っています。


tachibana.jpg
▲広島の立花ご夫妻としげ兄さん


我々をずっと見守ってくださっている広島の立花志端雄・美智子ご夫妻から、NPO法人ワールド・フレンドシップ・センター様の主催による映画『アオギリにたくして』広島上映のご連絡をいただきました。とっても嬉しく、心より感謝申し上げます。


【広島】英語字幕版による上映です〜!
◎日時:2018年10月27日(土曜日)【13:30〜15:10】
◎主催:NPO法人ワールド・フレンドシップ・センター
◎お問合せ先: TEL:082−503−3191



昨年、しげ兄さんが突然倒れ、
その後の抗がん剤治療中も、
ずっと見守り支えくださった立花ご夫妻。



しげ兄さんやみんなが一番大変な時を、
ずっと支え続けてくださった
お二人に改めて心より感謝申し上げます。



2011年7月12日、映画「アオギリにたくして」のモデルとなった沼田鈴子さんが亡くなられた時、ライブと記者会見のため広島入りしていた我々は、病院から葬儀場に運ばれた沼田鈴子さんと最後のお別れをさせていただきました。




誰もいないお部屋の畳の上に横たわる沼田さんと、立花ご夫妻としげ兄さん、そして私。5人でしばらくの間、過ごす時間を与えていただきました。




溢れる涙で自分が溺れてしまいそうな気持ちの中で、沼田さんの思いを伝えていこうと誓ったあの日…。約束した1000回ライブ目指して、今もしげ兄さんと共にがんばっています。そして、そのライブ活動の中から生まれた映画『アオギリにたくして』が生まれました。ライブや映画では、ほんの一部さえ伝えられないかもしれないけれど、それでも、自分たちに出来ることを少しでも形にして、伝えていこうという思いで今日までやってきました。



映画製作中も上映行脚中も、そして今も、
もうダメだ!と思う時がこれまで何度あったことでしょう。
ギリギリの状態を何度も乗り越え、
ここまでやってくることが出来たのは、
立花ご夫妻をはじめ、これまで見守ってくださった皆様のおかげです。




沼田さんがまだお元気だった頃、1000回ライブ目指してスタートしたばかりの2009年7月、ワールド・フレンドシップ・センターでライブさせていただき、立花ご夫妻の家にホームステイさせていただきながら、広島でのライブ活動をスタートさせていただいたことが今につながっています。



改めて心より深く、立花ご夫妻に感謝申し上げます。これからも、一つ一つのライブや上映会に思いを込めて、沼田さんはじめ、これまでお世話になった被爆者の方々のメッセージを伝えていきたいと思います。



Seeds of Peace!



アオギリ苗 (小).jpg



posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 18:39| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする