2018年06月23日

6月23日、沖縄はきょう「慰霊の日」。不戦と恒久平和を希求する沖縄の思いを世界へ。

E6B296E7B884E5B9B3E5928CE7A588E5B9B4E9A4A8.jpg


沖縄は、今日23日 「慰霊の日」。

地上戦で多くの住民が巻き込まれ
県民の4人に1人が亡くなり、
20万人以上が犠牲となった
沖縄戦が終わって73年…。


不戦と恒久平和を希求する沖縄の思いが
日本全国に、世界に届きますように。


私たち一人一人が平和づくりを。
どんなに小さな一歩でも必ず出来る事がある。
微力であっても命ある限り、
自分に出来る事を続けていこうと改めて心に誓います。



今年2018年3月には、完成5年目にして初めて
念願の映画「アオギリにたくして」沖縄上映を
「ゆかるひ」にて行わせていただきました。


映画のモデルとなった沼田鈴子さんは、
お元気の頃は、何度も沖縄を訪れ、
「オキナワを知ることにより、
戦争がみえ、ヒロシマがみえてくる」
語っておられました。


今年、第一回目の沖縄上映を終えて、
素敵な出会いをたくさんいただき、
今後も、沖縄での「アオギリにたくして」上映を
続けていきたいと思っています。


ヒロシマ・ナガサキ・オキナワの心を伝えていくために、
私たち出来ることを
模索しながら前に向かって
歩んでいきたいと思います。





映画上映にむけて2014年に訪れた
平和記念公園の平和の礎には
国籍や人種を問わず
沖縄戦で犠牲になった人々の名前が
刻まれていました。


平和祈念資料館の展示の
むすびの言葉が深く深く胸に刻まれています。


戦争というものは
これほど残忍で
これほど汚辱にまみれたものはないと思うのです


この なまなましい体験の前では
いかなる人でも
戦争を肯定し美化することは できないはずです


戦争をおこすのは たしかに 人間です
しかし それ以上に
戦争を許さない努力のできるのも
私たち 人間 ではないでしょうか


戦後このかた 私たちは
あらゆる戦争を憎み
平和な島を建設せねば
と思いつづけてきました


これが
あまりにも大きすぎた代償を払って得た
ゆずることのできない
私たちの信条なのです



〜展示むすびのことば〜


Seeds of Peace!
平和の種を世界へ!
アオギリ苗(最小) .jpg
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 12:29| 東京 🌁| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする