2017年11月04日

海外在住の竹波洋子さんより「アオギリワンピース」のステキなお写真と大切なメッセージ

image001.jpg
▲竹波洋子さんとお母様


昨年の夏、映画「アオギリにたくして」の応援グッズとして上映会場で販売している「アオギリ・ロングワンピース」をご購入してくださった海外在住の竹波洋子さんよりとても嬉しいメールをいただきました。

お母様もアオギリワンピースが大のお気に入り!ということで、もう一枚ご購入くださり、その後、お母様とのとってもステキなお写真と共に大切なメッセージをいただきました。Yokoさんとお母様が、日本に帰国されている時、是非「アオギリにたくして」を見ていただくために上映したいと思っています〜♪ 再会を楽しみにしています〜!!


〜竹波洋子さんからのお手紙〜

小学校4年生で終戦を迎えた母とのツーショットです。
母は生まれも育ちも岡山です。
原爆の経験はありませんが、岡山大空襲を経験しています。


疎開先で母の母親と祖母と走って逃げる中、ゲタの鼻緒が切れたそうです。
それでも、走り続けていると、祖母(私の曾祖母)は偏平足で長距離が走れず、「もう、疲れた。あなたたちは逃げなさい。私はあそこの小屋で休む」と言ったそうです。


おばあちゃんを一人残して行くわけにはいかず、母、祖母といっしょにその小屋に行くと、目の前100メートルくらいのところに爆弾が落ちたそうです。あのまま走り続けていたら命はなかった、と母から聞きました。身も凍るような体験です。(この曾祖母は長寿の天命の元に生まれていたのだと思います。103歳の天寿を全ういたしました。その生涯でほとんど病気もありませんでした)


B29のぶ〜んという飛行中の音と田んぼの刈り取った稲に焼夷弾が青白くいつまでも燃え続ける様子は、忘れたくても忘れられない、とは母の弁です。


「アオギリにたくして」母と一緒にぜひ拝見したいと思います。
お元気で、ご活躍くださいませ。
絶対に戦争は起こしてはならない。
強くそう思います。

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 09:19| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする