2017年10月06日

ドキュメンタリー映画『かけはし』ご支援のお願い

ドキュメンタリー映画『かけはし』
日本全国自主上映行脚に向けて
皆様の支援・ご協力をよろしくお願い申しあげます〜!



2001年1月26日、JR新大久保駅で線路に転落した人を助けようと、カメラマンの関根史郎さんと韓国からの日本語学校生だったイ・スヒョン(李秀賢)さんがホームから飛び降り救助にあたりましたが、三人とも帰らぬ人となりました。改めてご冥福を心よりお祈り申し上げます。


『かけはし』は、「スヒョンさんが私たちの心に遺したものとは?」をテーマに製作された2部構成によるドキュメンタリー映画です。第1章では、スヒョンさんの人生を関係者インタビューによって浮かび上がらせると共に、全国から寄せられた弔慰金を寄付し、アジアから来日する日本語学校生を支援する奨学会を発足させたスヒョンさんのご両親と関係者や奨学金を受けた留学生の姿を描いています。第二章では、日韓国交正常化から50周年にあたる2015年に釜山から来日した22人の大学生がスヒョンさんゆかりの地を訪れ、日本の若者と交流した1週間の旅に密着し、学生たちの心の変化に迫っています。


今月の10/18には東京・練馬の観蔵寺曼荼羅美術館にて、10/19には埼玉・大牧会館で上映会が行われ、スヒョンさんのご両親である李盛大(イ・ソンデ)さんと辛潤賛(シン・ユンチャン)さんもご来場され、ご挨拶をいただくことになっています。


また、17年目の命日を迎える来年(2018年)1月26日には、韓国からご両親が再び来日され、日本各地での自主上映会行脚をご一緒に行っていきます。


今現在、東京・埼玉・大阪・京都・奈良などでの上映がすでに決まりつつありますが、その他の県での上映も呼びかけています。日本全国での自主上映企画を募集中です。是非、皆様のご支援・ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。


top_2016.10.07.jpg


あなたの街で『かけはし』上映会を企画しませんか?

2017年2月に劇場公開されたドキュメンタリー映画『かけはし』は、日本全国での自主上映を呼びかけています。これまで映画を観てくださった方々が、次の映画上映を企画してくださり、感動の輪が広がっています。現在、日本語字幕版も製作をすすめています。日本全国での『かけはし』上映の輪を皆さまと共に広げていきたいと思っています。お気軽にお問合せ・ご相談ください。人々の心と心をつなぎ、日本と世界の架け橋となる留学生を『かけはし』応援しています〜!皆様のご支援・ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。


◉『かけはし』自主上映について ➡︎ http://kakehashi-movie.net/myscreen/


※ドキュメンタリー映画『かけはし』収益金の一部は、スヒョンさんの頭文字をとって名付けられた特定非営利活動法人エルエスエイチアジア奨学会に寄付され、日本と世界の架け橋となる夢を抱いて大学や専門学校に進学を希望する日本語学校生の中から選抜され、ミューズの里「かけはし奨学金」として授与されます。



〜ご支援のお願い〜

ミューズの里『かけはしプロジェクト』では、ドキュメンタリー映画『かけはし』日本全国自主上映行脚にむけて、皆様からの任意の額によるご支援を呼びかけています。ご協力いただいた皆様のお名前を、当サイトのホームページに掲載させていただきます。皆様のご支援・ご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。

〜 郵便振替 〜
【口座名】かけはしプロジェクト
【口座番号】 00110-8-635246

※ 通信欄に「上映支援募金」とご記入ください。
※ 一万円以上のご寄付をいただいた方には、
映画の中で流れている音楽を収録したサントラ盤CDをお送りさせていただきます。


お問合せ・ご連絡先:ミューズの里「かけはしプロジェクト」
E-mail: info@musevoice.com または crosscultureplaza@yahoo.co.jp
TEL:070:5568-8204 または、TEL 070-6511-7275 FAX:042-810-1100
公式ウェブサイト ➡︎ http://kakehashi-movie.net



posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 14:09| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする