2017年10月05日

広島の被爆アオギリ2世が元気に育つ木次小学校で、6年生が映画「アオギリにたくして」鑑賞〜!

雲南アオギリ会の錦織斉子会長より、
「映画『アオギリにたくして』の続編が始まりましたよ。木次小学校で、10/6に『アオギリにたくして』の上映会を授業で取り上げていただくことになりました」と大変嬉しいお知らせをいただきました。


いよいよ明日です〜♪


一昨年前、
錦織斉子さんから一通のメールをいただいたことがきっかけとなり、昨年3月に閉校した永井隆博士の母校の飯石小学校で、閉校前に「アオギリにたくして」が上映されました。


「雲みの里 いいし」飯石交流センター事務局長の若槻会長、錦織事務局長はじめ飯石の皆様に大変お世話になり、交流センターでも上映され、現在撮影中のドキュメンタリー映画「いのちの音色」でも撮影にご協力いただきました。


昨年には、錦織斉子さん、三瓶裕美さんが中心となり、雲南アオギリ会が立ち上がり、大東公園市民体育館で再上映〜!上映後には、中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブを雲南大東駅で開催してくださり、主題歌の手話ダンスをつくってくださった三瓶裕美さんはじめ手話に親しむ会のみなさんが一緒に踊ってくださいました。


そして、一昨年、昨年に続き、
明日、木次小学校6年生に映画を観ていただけることになりました〜♪



手話ダンスの三瓶裕美さんが、修学旅行でもらった被爆アオギリ2世の苗を校庭の片隅で見つけたことがきっかけとなり明日の上映会が実現し、学習発表会へと繋がっていくようです。


22279548_1886206748373988_7965039560430065837_n.jpg


アオギリにたくされた「いのちの大切さ」、
そして平和を愛する心の大切さを伝えてくださっている
錦織斉子さん、三瓶裕美さんはじめ皆様に心より感謝申し上げます。


木次小学校の子供たちと映画『アオギリにたくして』の
出会いをつくってくださった先生方に
心より感謝申しあげます。



posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 09:29| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする