2017年09月10日

みんなが幸せでありますように〜♪♪♪




「元気になったら、広島平和記念公園の被爆アオギリの木の下で、子供たちと一緒に『アオギリにたくして』を歌いましょう。」と車椅子に座って声を絞るように一生懸命お話しくださった一ヶ月後、広島の被爆者 沼田鈴子さんは亡くなられました。2011年7月12日のことでした。


沼田鈴子さんが亡くなられた4ヶ月後、沼田さんを思いながら、子供たちが普段合唱の練習をしている音楽室で井口小学校合唱団による「アオギリにたして」の収録が行われました。2011年11月24日のことでした。


アオギリにたくされた沼田さんの思いを、どうやったらもっと深く伝えらえるだろう‥‥そんな模索の中から、音楽プロデュースをしてくださっていたしげ兄さんと語り合う中う中で、翌年2012年、沼田鈴子さんをモデルとした劇映画『アオギリにたくして』づくりが始まりました。


振り返れば、あれから6年の月日が流れました。


映画づくりは思った以上に大変で、ひたすら必死に駆け抜けた日々。31年前に、原爆フィルム「アオギリにたくして」を持ってアメリカを回った時以上に、学生時代に所属していた体育会系の運動部以上に、精神的にも肉体的にもきつい日々で、この年でチャレンジするには少々無理を感じることも多々ありましたが、たくさんの方々に応援いただき今日までやってくることができました。


これからも大変な日々は続きますが、改めてこの6年前を振り返り、そしてその6年前に繋がるそれまでの日々を振り返る時、過去と未来と今この時が一筋の道として繋がっていることを感じます。



今日まで来ることが出来たのも、応援してくださった皆様のお陰です。
改めて心より感謝申し上げます。



よりシンプルに、
本当に大切に思うことを
ちゃんと大切にしながら、
限りある時間を生きていきたいと思います。


久しぶりにYouTubeで、子供たちの歌う
「アオギリにたくして」を聞きながら、
たくさんの元気と勇気をいただきました。
みんな、元気にしてるかな〜?


子供たちが送り出されていく社会が、
心豊かなものとなっていくようにと願いながら、
自分に出来る精一杯を生きていきます。


いつもいつも、どんな時も
みんなが、幸せでありますように〜♪♪♪


front_pageE381AEE382B3E38394E383BC-thumbnail2.jpg
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 20:06| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする