2013年11月11日

中国新聞(芸能欄)に映画「アオギリにたくして」が掲載されました!

映画「アオギリにたくして」の初の映画館上映が広島「シネツイン本通り」からスタートし、11月2日〜8日まで上映されました。皆様に心より御礼申し上げます!

この夏完成した「アオギリにたくして」は、すでに30回以上の試写会や特別上映を行ってきましたが、映画館での本格的な上映は、今回の広島での「シネツイン本通り」がスタートとなります!!

そもそも当初は、映画上映は宣伝力のない中で難しいだろうと言われていました。
「それなら仕方ない!自分たちで上映していこう!」と決意し、広島では区民センター等での試写会を何度か行ってきました。

「でも、やっぱり映画館で上映したい!」

そんな皆の思いを何とか叶えるため、広島の方にご相談したところ、「『サロンシネマ』に相談してみたら?」とホームステイ先の立花ご夫妻よりアドバイスをいただきました。サロンシネマは今回我々が上映させていただいた「シネツイン本通り」と同じ劇場運営会社「序破急」が運営されている映画館です!
我々は、すぐにサロンシネマの劇場に向かいました!あいにくその日はご担当者様がおられなかったので東京に戻り、後日改めてお電話でお話させていただきました。そして、なんと、我々が作った映画をまずは観ていただけることになったのです!!

映画のデーターをお送りして、結果を待ちながら、一日一日と過ぎていく中で「やっぱり難しいかな…」と思いかけていた時、上映していただけるとのご報告をいただきました!!その時のみんなの喜んだ顔が今でも忘れられません。そして、2013年11月2日〜8日まで、広島から初の映画館での本格的な公開となりました!!

上映に先駆けて、ハ丁座映画図書館で共同記者会見をすることになり、夜行バスで広島へ。
その時の記事が、11月2日の映画館上映初日に中国新聞に掲載されました。

中国新聞☆シネツイン本通り上映.jpg
▲中国新聞(芸能)2013.11.2 (映画「アオギリにたくして」掲載記事)


「たくさんの映画がある中で、こんなに大きく取り合えげていただけて良かったですね〜!!」
と関係者の方々が飛び跳ねて喜んでくださっている姿に嬉し涙。皆様に応援していただき、「シネツイン本通り」での上映がはじまりました。

映画館は当たり前のことですが連日の上映なので…自主上映とは違う緊張があります。
特に広島では、関係者の方々に向けての特別試写会が何度か行われた後だったので、あまり人が集まらないのでは…と不安でたまりませんでした。

広島に入る直前まで全国での自主上映の上映会や打ち合わせでタイトなスケジュールが続く中、上映初日の早朝に広島入りし、劇場へと向かいました。

一週間の上映でしたが、毎日映画館が空く前の朝早くからお客様が入口で待っていてくださいました。「アオギリにたくして」のモデルとなった故・沼田鈴子さんを知る人々や教え子だったという皆様も来てくださり、映画の完成を楽しみにしておられて、映画を観終わった後で涙ながらに感動を伝えてくださいました。他県から駆けつけてくださった方、この映画の情報を知ったのが数日前だっため、予定を全部キャンセルしてまで駆けつけてくださった方々、試写会で観てくださった方々がたくさんお友達を連れてきてくださいました。

「是非、この映画を全国に広めてください!世界にも必ず!!」と涙ながらに語ってくださる皆様の熱い思いを受け取り、感無量でした。

たくさんのお客様に足を運んでいただき、「これはヒットですよ!」と劇場の方からお言葉をいただきました!!応援し続けてくださる皆様のおかげで、無事映画館上映を終えることができました。心より皆様に感謝申し上げます。

12月には「シネマ尾道」にて、14日と16〜20日まで映画館上映が行われます。
そして来年の夏には、福屋八丁堀本店8F「八丁座」にて上映していただけるチャンスをいただきました!!
皆さま、ありがとうございました!!

ご来場くださったお客様、お世話になっている広島の皆様、序破急の皆様、応援してくださっている全ての皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました!これからもよろしくお願い申し上げます!!
posted by ぷらっとハッピー日記 at 19:34| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする