2011年12月17日

中国新聞・井口小学校合唱団による「アオギリにたくして」

中国新聞・井口小学校.jpg
▲クリックすると大きくなります。


2011年11月24日、広島市立井口小学校の音楽室にて、井口小学校合唱団の子供たちが歌う「アオギリにたくして」のレコーディングが行われました。

「アオギリにたくして」は、広島平和公園にある被爆アオギリの木の下で被爆体験を語り継いでこられた沼田鈴子さんに捧ぐ曲として、2009年8月6日にミューズの里よりリリースされました。沼田さんは生前、いのちの大切さや平和の尊さを被爆アオギリ2世、3世の種や苗にたくして、世界に広める活動をされていました。井口小学校の校庭にも被爆アオギリ2世の苗が植樹され、大きく育っています。

2011年6月に沼田鈴子さんにお会いした際、3月11日に起きた東日本大震災とその後の福島原発事故に大変心を痛めておられました。広島の子供たちの歌声を被災地の皆さまに届けたいという今回のCD制作の企画を沼田さんは大変喜んでくださり、CDが完成したらアオギリの木の下で一緒に撮影ようと話していました。

以前、井口小学校の平和学習で、歌と語りによるピースライブをさせていたいただいた事がご縁となり、「アオギリにたくして」のCD制作を井口小学校に依頼させていただきました。打ち合わせを予定していた2011年7月12日、沼田さんは亡くなられました。突然のことに大変ショックを受け、泣きながら打ち合わせに伺ったあの日を今でも忘れません。世界中の子供たちの幸せを願い、人々の心に平和の種をまき続けてこられた沼田鈴子さん。微力ではありますが、我々はその思いを受け継ぎ、語り継いでいきたいと思っています。

CDの完成を楽しみにしてくださっていた沼田鈴子さんに、子供たちの歌声が届きますように…。No more Hiroshima!No more Nagasaki! No more Fukushima!
沼田鈴子さんの、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。


◎CDタイトル:アオギリにたくして
◎歌:井口小学校合唱団
◎作詞&作曲:中村里美
◎ギター:伊藤茂利
◎デザイン&撮影:井手聡
◎レコーディングエンジニア:岡部晃久

◎発行元:(株)ミューズの里 http://musevoice.com/
◎定価:500円(税抜き)
◎お問合せ:E-mail:info@musevoice.com または、musenosato@yahoo.co.jp

※このCDの収益金は、子供たちの歌声と共に被爆アオギリ2世・3世の種や苗を被災地に届ける活動に使われるほか、東日本大震災被災者支援として日本赤十字社に寄付されます。

posted by ぷらっとハッピー日記 at 13:04| 東京 ☀| メディア掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする