2019年07月17日

七夕に大阪・十三の映画館「シアターセブン」屋上に植樹された広島の被爆アオギリ2世と再会〜!

67087061_2384143318335620_450625460435419136_n.jpg

あれは2年前の2017年。

第二作目の上映に向けて大阪・十三の映画館「シアターセブン」を訪れた後、喫茶店でシアターセブンの松田昭男代表とお話ししながら、「十三でアオギリの植樹が出来る場所ないでしょうか?」と聞いてみると、「シアターセブンのビルの屋上はどうだろう?」とびっくりするような嬉しい反応〜🎵


その夏の8月6日、
映画館「シアターセブン」の屋上に、
広島平和記念公園の
被爆アオギリの種から育った
2世が苗が植樹されることになりました。


「大河の一滴なれど、
大河は一滴からしか始まらない。
戦争のない平和な世の中も
そうであると思う」

シアターセブンの松田昭男代表の
お言葉に感動しました。


この年の初め、映画『アオギリにたくして』の製作・プロデューサーで音楽監督をつとめたしげ兄(伊藤茂利)さんが数日間の七転八倒の苦しみの中で緊急入院となり、癌のステージ3が告知されました。


それまで、映画完成以来、毎年シアータセブンでの上映会に伺っていた伊藤さんを思いながら、1日も早く元気になってまた大阪にこれるようにとも願いながら植樹した日のことが思い出されます。


2010年よりカメラを回し始めた「アオギリにたくして」は、ドキュメンタリー映画としてスタートしましたが、2011年に沼田鈴子さんが亡くなり、その後に劇映画として再スタート〜!初の映画製作で大変な日々を経て駆けずり回り、ようやく2012年8月6日クランクインし、翌年2013年夏にクランクアップ〜!製作の大変さも並大抵ではありませんでしたが、2013年夏に完成した後の不眠不休の日本全国上映行脚は凄まじいほど日々でした。


映画の製作&上映を進める上で、一番の要となるハードな部分を共に背負い、共に乗り越えてきた同志のしげ兄(伊藤茂利)さんが、過酷な日々の中で倒れ、死ぬか生きるかわからず大変だった2年前の当時を思う度に、見事にそこから復活して今元気になっている姿は、まるでアオギリの木のようです。


先日7/7、弊社の第二作目となるドキュメンタリー映画「かけはし」の上映でシアターセブンに伺わせていただいた際、松田代表と福住さんが2年前に被爆アオギリ2世を植樹したビルの屋上へとご案内くださいました。上映会に駆けつけてくださった、Storytelling for Tomorrow代表の榊原恵美子さん、西宮市原爆被害者の会の武居会長、石川県からご来場くださった皆様と共にみんなで屋上へ〜!✨七夕の日の嬉しい再会でした。


今年の8月6日は、大阪の豊中市主催による上映&ライブで、しげ兄さんと一緒に大阪入りします〜!翌日は埼玉での上映会のため日帰りとなりますが、もしどこかで少しでも時間がつくれたなら、シアターセブンのアオギリさんに会いに顔を出せたらと思っています。


平和を願い、
映画館の屋上に
被爆アオギリ2世を植樹してくださった
松田昭男代表と福住さまはじめ、
シアターセブンの皆さまに
改めて心より感謝申し上げます。


楠瀬かおりさんが
アオギリを見守る会を
毎夏開催してくださっています。
アオギリを見守ってくださっている皆さまに
心より感謝申し上げます。


いつか、シアターセブンで
アオギリ映画祭を実現できるように、がんばります〜!✨



posted by ぷらっとハッピー日記 at 10:58| 東京 ☁| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする