2019年06月22日

バークシャー・コミュニティー・カレッジにPeace Garden「ダンとメリーの平和の庭」誕生!

映画『アオギリにたくして』が生まれる原点となる体験をさせていただき、2016年の米国6箇所での上映会のコーディネートをしてくださったレイスロップ(元)教授ご夫妻。


お二人からの嬉しい知らせが届きました〜!


20190424_CivilRightsMovement_lowres-91-1%20%281%29.jpg



長年に渡るお二人の社会活動が称えられ、Donが長年教鞭をとり、平和学の名誉教授をしてきたBerkshire Community Collegeに、お二人の名を冠したPeace Garden「ダンとメリーの平和の庭」が誕生〜!日本語をはじめ8言語(英語、スペイン語、ドイツ語、日本語、アラビア語、スワヒリ語、中国語)で、世界平和を願う言葉が刻まれた平和のポールも設置されたそうです。


20190424_CivilRightsMovement_lowres-61%20%281%29.jpg



レイスロップご夫妻は、米国でヒロシマ・ナガサキを伝える「ネバー・アゲイン・キャンペーン(通称NAC)」の創始者で、これまで25年間に56人の日本人ボランティアを米国に受け入れてきました。(※NACは、すでに活動を終えています)。


33年前の22歳の時、NACの第1期民間大使としてアラスカ・オハイオ・オレゴン・ネバダ・ニューヨークなどを訪れ、アメリカのご家庭にホームステイしながら各地の学校や教会で日本文化の紹介と共に原爆映画上映を行い、ヒロシマ・ナガサキの被爆者のメッセージを伝え歩く体験をさせていただきました。


人生を振り返ると、あの時の、あの経験は、今の私の原点となっています。


「命と平和の尊さ」「異文化間の相互理解の大切さ」への思いが、その後の人生のテーマとなり、2008年に設立した弊社ミューズの里のテーマとなり、これまでの人生で出会ったたくさんの皆様との心の絆の中から、映画「アオギリにたくして」「かけはし」が生まれました。


どんなに苦しく辛い時も、信じる強さをもって前に進み挑み続けることが出来たのは、本当にステキに生きる素晴らしい方々との出会いを与えていただけたからだと思います。


改めてレイスロップご夫妻に心より感謝申し上げます。
来年以降となりますが、映画『アオギリにたくして』の米国上映も再スタートしていきたいと思います〜!


いつかまた、ダン&メリーの手作りのステキなお家に伺える日を楽しみにしています✨
いつまでも、いつまでも、お元気でいてください💌


posted by ぷらっとハッピー日記 at 11:41| 東京 ☁| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする