2019年06月08日

キュメンタリー映画「かけはし」日本全国自主上映企画を募集中〜!

かけはし自主上映募集.jpg


ドキュメンタリー映画「かけはし」
日本全国自主上映企画を募集中〜!


〜あなたの街で「かけはし」を上映しませんか?〜
お気軽にご相談ください💌

自主上映のお問い合わせは、
製作会社ミューズの里「かけはし」上映事業部(中村・伊藤・石塚)
➡️ E-mail: info@musevoice.com


かけはし上映情報
➡️ http://kakehashi-movie.net/screen/


かけはし公式HP
➡️ http://kakehashi-movie.net



posted by ぷらっとハッピー日記 at 19:57| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8/9(金)〜世代を超えて、歌い継ぐ、語り継ぐ〜 ヒロシマ・ナガサキを伝える 中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」&映画『アオギリにたくして』上映!

A3いのち1.jpg

歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」ライブは、2008年8月6日にスタートしました。辛い被爆体験やいのちの尊さを語ってくださった被爆者の方々が年々亡くなられていく中で、何かせずにはいられないという思いで、このライブ活動を始めました。


映画『アオギリにたくして』は、広島平和記念公園の被爆アオギリの木の下で修学旅行生や世界の人々に被爆体験を語り続けた沼田鈴子さんの前半生をモデルにした映画です。沼田鈴子さんに初めてお会いしたのは30年以上前、1986年のことでした。日本文化の紹介と共に「にんげんをかえせ」や「ピカドン」等の原爆映画をアメリカ各地で上映する活動「ネバー・アゲイン・キャンペーン」に参加したことがきっかけでした。渡米前の1年間の事前学習で、多くの被爆者の方々からお話を聞かせていただきました。その中のお一人が、沼田鈴子さんでした。


2009年、ライブ活動で訪れた広島で沼田さんと久しぶりの再会をしました。広島から東京に戻ると、小さなアオギリの苗が届きました。沼田さんが大切に育てている被爆アオギリ3世の苗でした。その苗を見て、思わず口ずさみながらつくった歌が「アオギリにたくして」です。この歌が後に、映画『アオギリにたくして』の主題歌となります。


上映&ライブ活動と共に、被爆アオギリ2世・3世の苗の植樹も呼びかけています。日本国内だけでなく、アメリカやケニアにもアオギリの苗が渡っていきました。


沼田さんは、2011年7月に亡くなられました。お亡くなりになる1ヶ月前にお会いした時、体が弱って力の入らない握りこぶしを膝の上に立て、「生きて伝えなければ…」とおっしゃっていたお姿が、今も忘れられません。沼田さんがアオギリにたくした「いのちの大切さ」「平和の尊さ」への思いを次世代に伝えていきたい気持ちが、映画『アオギリにたくして』の製作を決意させました。


2年間の映画製作と、完成後の日本全国上映活動。この8年間は、未だに言葉にならない程の大変な日々の連続でした。1人だけの上映会もありました。数百人の上映会もありました。たくさんの皆様との素晴らしい出会いをいただきました。心の目で見なければ見えてこない、お金では決して買うことのできない一番大切な宝物を拾い集めていく、そんな日々でした。これまでの日々を振り返り、皆様に改めて心より深く感謝申し上げます。


今年で74回目を迎える長崎原爆の日、8月9日に、神奈川県川崎市の「エポック中原」にて、被爆体験の朗読、歌、トーク、そして映画『アオギリにたくして』上映を行わせていただくことになりました。『世界中の誰にも、自分と同じ苦しみを受けさせたくない』と願い、本当は忘れてしまいたい辛く悲しい体験を語ってくださったヒロシマ・ナガサキの被爆者の皆様の平和への祈りを胸に、このライブと上映会が平和の種まきとなることを願っています。皆様お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。心よりお待ちしております。


これからも、人と人の心の繋がりを大切に、一つ一つのライブや上映に心を込めて、活動を続けて参ります。皆様のご支援・ご協力をよろしく御願いいたします。




被爆体験の朗読・音楽・トーク・映画上映
〜世代を超えて、歌い継ぐ、語り継ぐ〜
ヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」

ライブ公演「いのちの音色」
中村里美(歌・朗読)& 伊藤茂利(ギター・朗読)

※映画『アオギリにたくして』同時上映


✨日時:2019年8月9日(金)
 1回目: 開場10:30/11:00スタート
       11:00〜12:30 「いのちの音色」ライブ公演
       休憩30分
       13:00〜14:40 映画上映

   2回目:16:00開場/16:30スタート
       16:30〜18:00「いのちの音色」公演
       休憩 30分
18:30〜20:10 映画上映


✨料金:前売り3000円/当日3500円


主催・問合せ・申込先:「いのちの音色」実行委員会
ベイシティエンターテイメント

TEL: 090-3497-6273(梅沢)


お申し込み:「チケットぴあ」
http://omni7.pia.jp/ticketInformation.do?eventCd=1927016&rlsCd=001


中村里美プロフィール
シンガーソングライター/映画プロデューサー
民間外交プロジェクト「ネバー・アゲイン・キャンペーン」第1期生として1986年に単身渡米し、アメリカの学校や教会等で約1年間280箇所で日本文化紹介と共に原爆映画の上映を行い、被爆者のメッセージを伝える。帰国後、異文化コミュニケーション誌の編集長を経て独立。2008年8月6日、(株)ミューズの里を設立し、「いのち・平和」「異文化交流」「表現の場づくり」をテーマに、映画・音楽・出版等を通して人々の心が豊かになる媒体を創造し、国際社会の平和づくりに貢献する事業を目指しながら、歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」ライブ公演活動を国内外で行っている。このライブ活動の中から生まれ、第一回JASRAC音楽文化賞を受賞した初プロデュース映画『アオギリにたくして』は、2013年夏に劇場公開され、日本全国自主上映がロングランで続いている。2016年には、アメリカ上映が行われ反響を呼ぶ。主題歌・挿入歌の作詞・作曲・歌も担当し、第2作目となるドキュメンタリー映画『かけはし』と共に、日本全国・海外上映活動を展開している。現在、ドキュメンタリー映画『いのちの音色』『かけはし〜第3章』『砂川の大地から(仮)』製作中。著書に「アメリカにだって伝えちゃえ」(汐文社) 絵本「おりづるにのって」(ほんの木)/CDアルバム『アオギリにたくして』『かけはし』etc.


伊藤茂利プロフィール
ギタリスト・映画プロデューサー・音楽監督・作曲家
来日中のジャズピアニストのマル・ウォルドロン氏に、電話ごしにギターを聞いてもらったことがきっかけとなり、本格的にギタリストへの道を歩み始める。1980年代後半に、キングレコードから『マグネチックストーム/井上 博&RASA』でアルバムデビュー。ジャズスクール『メーザーハウス』の講師を勤めながらライブ活動を行う。2006年1月に『Natural Vibration』を結成。オリジナル曲を中心にライブ活動を展開。音楽プロデューサーとして、表現者に開かれた表現の場をプロデュースしている。シンガーソングライター中村里美と共に1000回ライブを目指して、歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」日本全国・海外ライブを行っている。初プロデュース映画で音楽監督も務めた映画『アオギリにたくして』は、第1回JASRAC音楽文化賞受賞。映画『LAST LOVE/愛人』(石川均監督作品)では、火野正平演じるギタリスト役のギター音楽を担当。ドキュメンタリー映画『かけはし』では、プロデューサー・音楽監督を務める。現在、第3作目となる『いのちの音色』『かけはし〜第3章』『砂川の大地から(仮)』製作中。CDアルバム『アオギリにたくして』『かけはし』etc.



〜中村里美&伊藤茂利ライブ公演に寄せられた感想より〜

正直、僕が何をしても、戦争になることは止められないと思っていたけれど、一人一人が「戦争はいけない」という意志を持つことが大切で、僕もその一人になって平和を守っていこうと今改めて思いました(中学2年生/男子)


私は今まで、どうしたら説得力のある意見を言えるかどうかという事ばかり考えていたように思います。「伝えたい」という思いの純粋さや情熱や意志を感じ、「原点」に立ち返ることが目的を見失わない根拠だと思いました。(20代・女性)


素晴らしい体験と意志を貫く姿勢に敬服です。勇気ある活動を感じ、私も勇気をいただきました。少し遅い年齢ですが、出来ることを始めます。ありがとう(80代/女性)


伝えていきます。つむいでいきます。本当に大切なものをちゃんと見つめて、大事だと声を上げていきます(30代/男性)


このテーマの芸術的表現への執念に感服(70代/男性)


本気で何かしたい、何かしなければと思った。忘れないこと、伝え続けることの大切さを改めて感じた。今日思ったこと、考えたことをこれからの生き方につなげていきたい(大学生/女性)


戦争の痛々しさや苦しみを身にしみるほど感じました。同じ地球にいる同じ人間として生まれてきたのに、なぜ殺し合いの戦争なんてするのでしょう。戦争が一つ一つ無くなってほしいです。またどこかで演奏を聴きたいです(中学3年生/男子)





ライブ「いのちの音色」公式HP ➡公式HP➡ http://musevoice.com/peacelive

映画『アオギリにたくして』公式HPhttp://aogiri-movie.net





posted by ぷらっとハッピー日記 at 16:58| 東京 ☁| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国で初上映!ドキュメンタリー映画『かけはし』の取材で韓国へ〜! 小池崇子さんはじめ、埼玉応援団の皆様に心より感謝申し上げます。

韓国初上映チラシ のコピー.jpg


ドキュメンタリー映画『かけはし』が韓国で初上映され、私たちも伺わせていただけることになりました。


6月25日、国際交流基金日本文化センター様の主催により、在韓日本国大使館 公報文化院3階ニューセンチュリーホールにて19:00より『かけはし』が上映されます。


何と言っても韓国での初上映なので、ご挨拶に行きたいと思いながら…行くならば撮影もしたいのですが…経費が出せる状況になく、どうしたものか‥‥と悩んでいた矢先、『かけはし』上映会をこれまで何ども企画してくださっている小池崇子さんからお電話が…。


「韓国に一緒に行きましょう〜!」
なんと、小池さんと埼玉応援団の皆様がご支援くださることになり、音楽監督・製作・プロデューサーの伊藤茂利さんと撮影・編集の倉本和人さんも一緒にみんなで韓国での初上映に第3章『かけはし』取材を兼ねて伺わせていただけることになりました。



小池崇子さんは、私の人生の原点となる草の根ボランティア活動「ネバー・アゲイン・キャンペーン」の時からずっと33年間に渡り応援し続けてくださっています。アメリカの学校の歴史の授業の中で、原爆映画「にんげんをかえせ」やアニメ「ピカドン」を上映し、日本文化紹介と共にヒロシマ・ナガサキの被爆者のメッセージを伝える(平和学のレイスロップ教授夫妻と北浦葉子さんが始めた)草の根ボランティア活動に参加して渡米した22歳の時、小池さんは民間大使を選出する審査員をしてくださり、その後もずっと応援してくださっています。その時の体験をもとに帰国後にスタートした異文化交流活動やヒロシマ・ナガサキを伝えるライブ活動、映画製作や上映活動等、様々な新しいプロジェクトに挑戦する度に、無理だと反対する人がほとんどな中で、小池さんはいつも「がんばれ!」と背中を押して見守ってくださいます✨


2017年に第2作目となる映画『かけはし』が完成した際には、渋谷アップリンクでの劇場公開に駆けつけてくださり、韓国文化院での上映会を企画してくださり、その後も、ご両親をお招きして埼玉上映会を企画してくださいました。今年3月21日、スヒョンさんのお父様が亡くなり、お母様の辛潤賛さんが来日されて東京で5/24に開催されてた「李盛大様を偲ぶ会」の翌日には、小池崇子さんと埼玉上映実行委員会の皆様と共にお母様とスヒョンさんが通っていた日本語学校の新井理事長をお招きして、埼玉プラザイーストにて追悼上映会が開催されました。


埼玉5.jpg
▲上映後にはスヒョンさんのお母様の辛潤賛さん(左)とスヒョンさんが通っていた日本語学校の新井理事長(右)をお招きしてご挨拶いただきました。通訳の金さん(中央)。


埼玉1.jpg
▲上映後には、小池崇子さんのご自宅で実行委員会の皆様と共にお茶会✨伊藤茂利さんの素敵なギターと坂本景子先生のピアノで心癒されるひと時でした。最後には皆さんで一緒に主題歌『かけはし』を合唱〜🎵


お母様の辛潤賛さんがとっても喜んでくださいました。
小池崇子さまはじめ、上映実行委員会の皆様に改めて心より深く感謝申し上げます💌



振り返ると…、
能力もないのに、思いだけが先走り、ただただいつも必死な私を、どんな時も暖かく見守ってくださる小池崇子さんはじめ皆様に見守られて、今があります。


33年前の若かりし日からずっと、いつもどんな時も、批判や評論ではなく、応援し続けてくださる小池さん。たくさんの体験の場を与えていただくことで成長させていただき、若い頃は引っ込み思案で人前で話すこともできずにいた自分が少しずつ変わっていきました。


何もない小さな私たちには、今すぐに恩返しできるものが何もありませんが、心から大切だと思う普遍的なメッセージを伝えていく作品をつくり、音楽や映画や本などを通して発信し続けていくことで、少しでも皆様に恩返しできるよう、これからも精一杯全力で挑戦していきたいと思います。



現在上映中の映画「かけはし」完成後から撮影が開始されている第3章『かけはし』の製作にむけて、韓国での取材にも力を入れていきたいと思います。



日本全国での上映と共に、韓国での自主上映を広げていけるように、スタッフ一同全力を尽くします。
日本の皆様、韓国の皆様、何卒よろしくお願い申し上げます。



韓国で「かけはし」初上映!
◎開催日程:6/25(火)19時〜
◎会場:在韓日本国大使館 公報文化院3階ニューセンチュリーホール
◎主催:国際交流基金ソウル日本文化センター
住所│ソウル特別市鐘路区栗谷路64 〒03131
代表電話│02−765−3011 〜3(日本語対応可能)
FAX 02−742−4629


✨かけはし上映情報
➡️ http://kakehashi-movie.net/screen/


✨かけはし自主上映情報

➡️ http://kakehashi-movie.net/myscreen/


東京での上映日程は、7月に予定されています。
詳しい日程は、上記の上映情報にて決まり次第告知させていただきます✨


posted by ぷらっとハッピー日記 at 00:49| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【愛知県】刈谷日劇 ドキュメンタリー映画『かけはし』上映期間 6/28〜7/11

6/28(金)〜7/11(木)の2週間、
愛知県の刈谷日劇にて、
ドキュメンタリー映画『かけはし』が上映されます。
皆様よろしくお願い申しあげます。

刈谷日劇表.jpg

□ 日程:6/28(金)〜7/11(木)
※お時間・お申し込みは劇場へ
□ 映画館:刈谷劇場
愛知県刈谷市御幸町4-208 愛三ビル5F 

□ お問い合わせ:info@kariyanichigeki.com
公式HP ➡️ http://kariyanichigeki.com/

〜公共交通機関でお越しの場合〜
名鉄三河線「刈谷市」駅下車徒歩1分
刈谷市公共施設連絡バス小垣江線「刈谷市」駅バス停下車徒歩1分

〜お車でお越しの場合〜
「愛三ビル」に隣接して無料駐車場あり


posted by ぷらっとハッピー日記 at 00:15| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする