2018年03月29日

ルーテル東京教会の牧師カフェLIVE〜♪

29570919_1407367509368336_438032003781247375_n.jpg

昨日は、日本福音ル―テル東京教会で
「いのちの音色」ライブをさせて頂きました。

第二作目のドキュメンタリー映画『かけはし』の
新大久保上映会を企画してくださった
あらばき印刷のおばちゃんのご紹介で
ご縁をいただき、牧師カフェでのライブ〜♪


ルーテル東京教会の皆様、
ご来場くださった皆様に
心より感謝申し上げます✨

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 06:58| 東京 ☀| ライブ「いのちの音色」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

4/13(金)ドキュメンタリー映画『かけはし』町田上映会(会場:まちだ中央公民館 6F「視聴覚室」)

かけはし上映案内(表).jpg

ミューズヴォイスでは、手話合唱に親しんでいただくために、映画『かけはし』主題歌の手話合唱レッスンを無料で行っています。 映画鑑賞のみの参加も可(19:15上映スタート)。

映画『かけはし』について
日本中に韓流の波を巻き起こしたドラマ「冬のソナタ」が日本で放送される1年前の2001年1月、JR新大久保駅で、ホームから転落した日本人男性を助けようと居合わせた他の日本人と共に線路に飛び降り、帰らぬ人となってしまった韓国人留学生、イ・スヒョンさん。この痛ましい事故は、当時のニュースで大きく取り上げられ、スヒョンさんの両親のもとには日本全国から弔意金が寄せられた。日韓のかけはしになることを願って勉強に励んでいたスヒョンさんの人生と、失った息子の意志を継いだ両親の姿を追った2部構成のドキュメンタリー(第1章42分+第2章53分)。詳細は、『かけはし』公式HP ➡︎ http://kakehashi-movie.net

◎日程:2018年4月13日(金)

◎時間:18:10〜19:10 手話合唱希望者のレッスン(講師:石塚佐和子)
    19:00〜映画上映の開場
    19:15〜ドキュメンタリー映画『かけはし』上映
※ 映画鑑賞のみの参加も可!
    ※ 製作・プロデューサー・音楽の中村里美と伊藤茂利がお伺いします。

◎映画鑑賞料:1000円 ※『かけはし』手話合唱レッスンは無料です。

◎会場: 生涯学習センター(まちだ中央公民館)
東京都町田市原町田6-8-1 TEL:042-728-0071
町田駅からすぐ(東急ツインズのすぐ裏、109の6階)
町田駅(180m)、町田駅南口(190m)、

ご予約&お問合せ:ミューズの里「ミューズヴォイス」
E-mail: info@musevoice.com
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 21:43| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/16(月)ミューズシアター (Vol.2):映画『アオギリにたくして』新宿上映会 <会場:PAPERA>

これまで地方上映が多く、東京周辺での上映があまりされていなかった映画『アオギリにたくして』ですが、2018年は東京周辺や関東エリアでの自主上映にも力を入れていきたいと思っています。自主上映を希望される方もお気軽にご連絡ください。皆様のご支援・ご協力を何卒よろしくお願い申しあげます(連絡先:ミューズの里 E-mail: info@museovice.com)。

アオギリ案内(表) のコピー.jpg

==================
ミューズシアター (Vol.2)
映画『アオギリにたくして』新宿上映会
==================

Seeds of Peace! 平和の種を世界へ〜♪

アオギリの語り部と呼ばれ、
広島平和記念公園の被爆アオギリの木の下で
修学旅行生や世界の人々に被爆体験を語り継いだ
故沼田鈴子さんをモデルに製作され作品。
日本全国自主上映がロングランで続いている。
第一回JASRAC音楽文化賞受賞作品。

詳細は、映画『アオギリにたくして』公式HP
➡︎ http://aogiri-movie.net/


※ 被爆アオギリ:広島平和記念公園の被爆アオギリの木は、爆心地から1.3kmで被爆し、熱線と爆風を受けた爆心地側の幹半分が、焼けてえぐられていましたが、樹皮が傷口を包むように成長し芽を吹きました。アオギリの小さな芽は、70年は草木も生えないと言われた広島で、たくさんの人々を勇気づけたといいます。1973年に広島平和公記念公園に移植された被爆アオギリは、今も元気に広島を訪れる人々を迎え「平和の尊さ」と「いのちの大切さ」を伝えています。

日程:2018年4月16日( 月 )
18:00〜開場 ご飲食ご注文・交流タイム
19:00〜映画『アオギリにたくして』上映
21:00〜22:00ご飲食・交流タイム
※企画・製作・プロデューサー・音楽の中村里美・伊藤茂利 が伺わせていただきます。

映画料:1000円(ご飲食は各自のご負担となります)

会場:PAPERA(パペラ)新宿御苑駅からすぐ!
〒160-0022東京都新宿区新宿2-8-1新宿セブンビル2F
【東京メトロ丸の内線・新宿御苑前駅】1番出口の階段を上がり、すぐ目の前の横断歩道を渡った目の前のビル2F(1Fはコンビニです)。3番出口を出た方は、右にお進みください。
TEL&FAX 03-3350-0208

ご予約&お問合せ:ミューズの里「ミューズシアター」
E-mail: info@musevoice.com FAX:042-810-1100
TEL: 070-6511-7275/070-5568-8204 FAX:042-810-1100


ミューズシアター
ボランティアスタッフ募集中!

ミューズの里では、映画「アオギリにたくして」、ドキュメンタリー映画「かけはし」の日本全国上映活動を行っています。一緒に自主上映をつくっていくボランティアスタッフを募集しています ➡︎ E-mail: info@musevoice.com(ミューズの里)
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 15:45| 東京 ☔| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

オフィスの桜

沖縄に行く前日から
今ひとつ体調がすぐれず、
東京に戻った後は
体の疲れが取れず
珍しく数日、眠って眠って…
こんなにも眠れるものかと
不思議なぐらいよく眠りました。


春の訪れと共に
草がいっきにのびる気配。


久々にオフィスの庭を見てみたら
桜が咲いていました〜♪


_20180318_163104.JPG


この桜の木、
美味しいサクランボが
いっぱい採れます!
今から楽しみ〜♪


お陰様で、
気力も体力も戻ってきました。


さぁ〜明日からまた
気合いを入れます!

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 16:51| 東京 ☀| ぷらっとハッピ〜日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

【東京・新宿】3/19(月)19:00〜ドキュメンタリー映画『かけはし』上映!(会場:新宿御苑PAPERA)

かけはし上映案内(表).jpg

3/19(月)19:00より
新宿のライブカフェPAPERAにて、
ドキュメンタリー映画『かけはし』
上映会が行われます〜!

企画・製作・プロデューサー・音楽の
中村里美、伊藤茂利がお伺いさせていただきます。
自主上映を希望される方もお気軽にご相談ください。

皆様のご来場をお待ちしています〜💕

===========
ミューズシアター (Vol.1)
===========
ドキュメンタリー映画『かけはし』上映会
〜人は誰もが心と心を繋ぐかけはしとなれる!〜

日本中に韓流の波を巻き起こしたドラマ「冬のソナタ」が日本で放送される1年前の2001年1月、JR新大久保駅で、ホームから転落した日本人男性を助けようと居合わせた他の日本人と共に線路に飛び降り、帰らぬ人となってしまった韓国人留学生、イ・スヒョンさん。この痛ましい事故は、当時のニュースで大きく取り上げられ、スヒョンさんの両親のもとには日本全国から弔意金が寄せられた。日韓のかけはしになることを願って勉強に励んでいたスヒョンさんの人生と、失った息子の意志を継いだ両親の姿を追った2部構成のドキュメンタリー(第1章42分+第2章53分)。詳細は、『かけはし』公式HP ➡︎ http://kakehashi-movie.net

日程:2018年3月19日( 月 )
時間:18:00〜開場 ご飲食ご注文・交流タイム
   19:00〜第1章「かけはし」上映スタート
   20:00〜第2章「かけはし」上映スタート
   21:00〜22:00ご飲食・交流タイム
※ プロデューサーの中村里美・伊藤茂利が伺わせていただきます。


映画料:ご予約1000円/当日1200円
ライブカフェ上映のため、別途ご飲食のご注文をお願いいたします。

会場:「PAPERA」(パペラ)新宿御苑駅からすぐ!
〒160-0022東京都新宿区新宿2-8-1新宿セブンビル2F
【東京メトロ丸の内線・新宿御苑前駅】1番出口の階段を上がり、すぐ目の前の横断歩道を渡った目の前のビル2F(1Fはコンビニです)。3番出口を出た方は、右にお進みください。
TEL&FAX 03-3350-0208

ご予約&お問合せ:ミューズの里「ミューズシアター」係
E-mail: info@musevoice.com

TEL: 070-6511-7275/070-5568-8204 FAX:042-810-1100


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 09:53| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次回の沖縄上映に向けて、より一層がんばります〜♪

映画「アオギリにたくして」の
モデルとなった沼田鈴子さんが、
声なきいのちの叫びを
しっかりと受け止めるため
何度も訪れた沖縄。

会場は国際通りからすぐの
すてきな空間!「BOOK Cafe&hall ゆかるひ」にて
初の上映会が開催されました。


28951660_10215596358799794_8260333346926191529_n.jpg


お会いしたいと思いながら
東京にいる時は、
なかなか伺えずにいた
明治学院大学の高原孝生先生に
なんと沖縄で再会!
沖縄で再会できるなんて!!
こんなことってあるんですね!!
本当に感激でした。


28951343_10215596365559963_7798167028807278280_n.jpg


この度の沖縄上映会にむけて
広島で3歳のときに原爆にあった
被爆者の上田紘治さんが、
東京と沖縄を何度も往復しながら
実現してくださいました。
改めて心より感謝申し上げます。


28698430_1673830856033540_9180852519577365528_o.jpg


沖縄上映会では、
初日に来てくださった
現代型染の平井真人さんとの
ステキな出会いをいただき、意気投合!

28870585_1673991676017458_7271156055630944357_n.jpg


上映会場「ゆかるひ」には2日目の上映会から
3・11と広島をテーマにした平井真人さんによる
型染めの作品を展示〜♪
その作品の前で、
しげ兄さんがソロギター演奏〜♪
いつかやりたいと思っていた
アート作品とのコラボが実現しました!!


28795737_1388006197971134_7116821358079638518_n.jpg


一回目の上映後のミニライブ後、
私の声が出なくなり(><)
さらに、沖縄に持ち込んだしげ兄の楽器の調子が悪く
国際通りの楽器屋さんに持ち込んだのですが
修理不可能ということで、トラブルが続きました。

そんな中、急遽、
地元の皆様が楽器を貸してくださり実現した
しげ兄さんのソロギターによるミニライブ〜♪
最高でした!

翁長さんからお借りした1937年制のギブソン、
しげ兄のお友達の外間さんからお借りしたエレアコ。
ギターのトラブルのおかげで、素晴らしいご縁が生まれ
感謝感謝の沖縄上映&ライブでした❤️

28872536_1389054554532965_561675184885718268_n-1.jpg
▲沖縄のJAZZの歴史とともに存在されている翁長さん

29025415_1389054591199628_973369337670852526_n.jpg
▲初日にギターを持って応援に駆けつけてくださり
最終日にはご夫婦で映画鑑賞してくださった外間さん〜♪
本当にありがとうございました!


「ゆかるひ」での上映会では、
素敵な出会いをたくさんいただきました。
皆様に改めて心より感謝申し上げます。

29101311_1677437742339518_1112075296950506202_n.jpg



那覇での「アオギリにたくして」上映後、
南風原文化センターへ。


アジア太平洋戦争末期の沖縄戦では、
沖縄県民の4人に1人が
本土決戦を引き延ばすための
持久戦により命を失い、
南風原町は、
村民の2人に1人が
犠牲となったといわれている。


また、南風原文化センターの
ハンドブックには、次のように記されている。

 1945年(昭和20年)5月25日、沖縄陸軍病院は糸満方面への撤退を始めた。その際、自分で歩けない重病患者に青酸カリが配布された。
 大本営陸軍部は、4月20日には「国土決戦教令」を発表し、「決戦間傷病者は後送せざるを本旨とす」、つまり戦場で患者を移送しないと決めていた。また、捕虜になるのは恥辱であり、本人だけでなく家族も処罰する、さらに米軍に捕まれば残酷に殺害されると宣伝していた。
 そのため、重症患者が何よりも恐れたのは生きたまま捕虜になることであった。青酸カリ入りと知らずにミルクを飲んだ人だけではなく、知っていて飲んだ人も、死ぬしかないと思わされ、死に追い込まれたのである。
 撤退の際、陸軍病院本部は第一外科、第二外科、第三外科に青酸カリの配布を命じ、さらに残置隊を編成して、各壕の重病患者に青酸カリを配らせた。
 陸軍病院での青酸カリ配布は、命を助ける病院が、軍隊という組織によって命を奪う場にされてしまったことを示している。


1990年、南風原町は、戦争の悲惨さを伝える証として、第一外科壕群、第二外科壕群を町の文化財に指定しています。





沖縄が復帰20周年を迎えた1992年、
南風原文化センターでは6月23日の
慰霊の日に「ヒロシマ原爆展」が
開催された時、沼田鈴子さんは
南風原町内の小・中学校や文化センターの会場で
被爆体験を話されています。


その後、1994年から南風原町内の
4つの小学校の六年生を対象に
南風原町子ども平和学習交流事業が始まりました。


10人前後の子どもたちが毎年広島を訪れ、
沼田鈴子さんの証言を聞いて、
原爆ドームや広島平和記念資料館を見学し、
平和記念公園の碑巡りをする。
沼田さんが亡くなるまで
17年間にわたり続いていた
この平和学習交流事業の引率を
最初からされている学芸員の平良さんに
是非お会いしたいと思って
上映後に南風原文化センターを訪れました。

29196414_1677437645672861_7496516069968317471_n.jpg


残念ながら、
平良さんはご不在で、
お会いすることが出来なかったのですが、
南風原文化センターで育つ
被爆アオギリ2世に会うことができました。

29176799_1677437695672856_9118824073616633971_n.jpg


そして翌朝、東京に向かう空港で、
平良さんからお電話が!!


沼田さんが亡くなられた後も
南風原の子どもたちは
毎年、広島を訪れ、
今年も南風原町子ども平和学習交流事業が
行われることになっているそうです。

2004年には、
沼田さんの話を聞いた子どもたちにより
結成されたOB会「アオギリ.com」
が立ち上がり、今も平和の種まきが続いています。


近くまた、平良さんに会いに
沖縄に伺わせていただくことになりました!!


今後の映画「アオギリにたくして」
沖縄上映に向けても、
皆様からお声をかけていただき
心より感謝申し上げます。


沖縄上映の第一歩を終え、
次に向けてがんばります!!


28701578_1677460622337230_5439102982657139773_o.jpg


沖縄の皆様に、心より感謝申し上げます。
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 00:39| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

3/9〜3/11映画『アオギリにたくして』 初の沖縄上映〜! (会場:ゆかるひ)

明日、映画『アオギリにたくして』上映にむけて
沖縄に向かいます。


沖縄では初の上映となります。


『アオギリにたくして』のモデルとなった沼田鈴子さんは
生前何度も沖縄を訪れ、
「オキナワを知ることにより、
 戦争がみえ、ヒロシマ・ナガサキがみえてくる」
と語っていました。


沖縄の方々と沼田さんとの交流から、
南風原町の小学校6年生が毎年、
平和学習交流事業で広島を訪れることになり、
その交流は、沼田さんが亡くなるまで
17年間にも及んだそうです。


映画『アオギリにたくして』沖縄での上映にむけて、
被爆者の上田紘治さんが何度も沖縄に足を運び
この度の初上映が実現いたしました。
改めて心より感謝申し上げます。


==================
映画「アオギリにたくして」沖縄上映!
==================


日時:2018年3月9日(金)・10日(土)・11日(日)
・会場は各30分前
1回目:10:30上映スタート
2回目:16:00上映スタート
◎会場:ゆかるひ
 那覇市久茂地3-4-10 区茂地YAKAビル(098-860-3270) 
 県庁から国際通りの左歩道を牧志方向に進みローソンを左折
◎料金:1000円(大人)/500円(中学生まで)当日会場で受付
◎主催:「アオギリにたくして」実行委員会
◎後援:普天間居場所づくりプロジェクト
    わんから市民の会
◎連絡先:090-6197-5354(上田紘治)
※上映時間は100分です。
✨上映終了後、製作者の中村里美・伊藤茂利と
被爆者の上田紘治さんとの懇親会が行われます。


〜映画『アオギリにたくして』自主上映募集中!〜
皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます!

アオギリ支援チラシ(表).jpg


アオギリ支援チラシ(裏).jpg


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 22:17| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

祝!満一才✨

先日、54才になった。


若い頃は、50才を過ぎれば、
いろんな経験を経て、
何でも分かっていて
迷いもなく生きている大人で、
別格の存在のような
感じがしていた。


自分が50才を過ぎてみたら
とんでもない。


相変わらずまったく変わらない。
年をとった分、目も見えなくなってくる。
腰も痛いし、徹夜も無理。
なんとかならないことばかりが増えていく。


それでも大切に思うことを
自分なりにちゃんと大切にしながら
長いものに巻かれることなく
志を持って生きてきた。


大変なことずくめだけれど、
それでも、年を重ねるたびに、
前よりも自分が好きになっていく。


そして、気持ち的には、
今年は、この世に生まれて満1才!!
なんだか、そんな気分。


小さな頃から、
イベント事が超苦手。
まわりのみんながウキウキするような事が
なぜかダメな私にとって、
誕生日は特に苦手。
人から祝ってもらうのも苦手だし、
小さい頃は、友達の誕生日に呼ばれた時も
お腹が痛くなっていけなくなってしまう。
なんでそうなのかは、よく分からない。


いつもと変わらない気持ちで
毎日の中の一日として
ただ過ぎていく誕生日が
一番落ち着く。


それにしても
54年も生きてきた!
いろんなものを見て
いろんなことを感じながら
生きてきた。


54年も生きてみて、
ようやく満一才!?
になった気分の2018年。


より一層自分らしく
生きていこうと思う。


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 23:32| 東京 🌁| ぷらっとハッピ〜日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

ドキュメンタリー映画『いのちの音色』制作へのご支援・ご協力をお願い申し上げます!

12671772_1709062346035313_3316188003412358653_o.jpg


歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」ライブのスタートから10年目を迎える2018年夏、ライブ行脚の再開と共に、ドキュメンタリー映画『いのちの音色』の完成にむけて本格始動します!


核なき世界を願う被爆者の祈りを胸に、
声なきいのちの叫びをアオギリにたくして…。
体験のない世代が次世代に語り継ぐヒロシマ・ナガサキ。
過去と未来をつなぐ今を生きる私たちに出来ることは何だろう…。
その模索の中から見える希望とは?



ドキュメンタリー映画『いのちの音色』は、1000回ライブを目指して2008年にスタートした歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える日本全国ライブ行脚の中で出会う人々の姿を撮影し始めたことからスタートした。


アオギリの語り部と呼ばれ、広島平和記念公園の被爆アオギリの木の下で修学旅行生に体験を語り継ぎ、「いのちの大切さ」「平和の尊さ」を伝え続けた沼田鈴子さんと広島のライブ行脚で再会したことがきっかけとなり、沼田さんのドキュメンタリー映画の製作を始める。しかし、撮影開始後間もなく、沼田さんは永眠された。


未来を担う若者に語り継ぐため、沼田さんの前半生を劇映画として描く映画『アオギリにたくして』を企画製作し、2013年夏に完成。87歳の沼田さんの最後のお誕生日に捧げた歌は主題歌となり、第1回JASRAC音楽文化賞を受賞する。その後も、日本全国行脚を続ける中で今も撮影し続けている。


沼田鈴子さんに初めて出会ったのは1986年のことだった。沼田さんが被爆体験を語り始めるきっかけとなった10フィート運動でつくられた原爆映画『にんげんをかえせ』etc.をアメリカの学校や教会で上映するボランティア活動に参加し、一年間に渡る米国上映行脚の渡米前に、映画に出演しているヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々と出会う。その一人が沼田鈴子さんだった。



映画『アオギリにたくして』 ドキュメンタリー映画『かけはし』に続き、第3作目となるドキュメンタリー映画『いのちの音色』は、沼田さんが亡くなる4ヶ月前の映像メッセージに込められた思いと共に、日本全国・世界に広がる被爆アオギリ2世・3世の植樹や、平和の種を蒔きながらステキに生きる人々の姿を描いていく。


ドキュメンタリー映画『いのちの音色』製作に向けて
皆様のご支援・ご協力を何卒宜しくお願い申しあげます!


◎ 完成予定:2019年3月⬛︎
◎ 劇場公開予定:2019年夏
◎ 上映時間: 100分


監督・撮影・編集・プロデューサー:中村里美・伊藤茂利
編集:柴田誠/音楽:伊藤茂利/撮影協力:倉本和人・中根克
製作・配給:ミューズの里♪ E-mail: info@musevoice.com
TEL&FAX: 042-810-1100 TEL 070-6511-7275



〜「いのちの音色」製作支援のお願い〜
皆様からの任意の額によるご支援のご協力を呼びかけています。ご支援くださった皆様のお名前をエンドロールにSpecial Thanksとして掲載させていただきます。※『いのちの音色』公式HPにもお名前を掲載させていただきます。

◎郵便振替
【口座名】ミューズの里
【口座番号】 00120-0-635247
※郵便局の郵便振替用紙にご記入の際、通信欄に「いのちの音色」製作支援とご記入くださいますようお願い致します。

お問合せ・ご連絡先:ミューズの里「いのちの音色」
E-mail: info@musevoice.com
E-mail: crosscultureplaza@yahoo.co.jp
TEL:070:5568-8204
TEL 070-6511-7275
FAX:042-810-1100
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 22:44| 東京 ☀| 映画『いのちの音色』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

いよいよ来週、沖縄初上映〜!映画『アオギリにたくして』

B5チラシ(足直し済み)表 JPG のコピー.jpg

ご支援くださっている
広島の被爆者 上田紘治さんが
何度も沖縄を訪れ実現してくださった
映画『アオギリにたくして』沖縄上映が
来週3/9, 3/10, 3/11に行われます✨

3日連続で、一日2回上映です✨

上田さんと音楽監督の伊藤茂利さんと一緒に
沖縄に伺わせていただきます!
皆様宜しくお願い申し上げます〜🎵

==================
映画「アオギリにたくして」沖縄上映!
==================

◎日時:2018年3月9日(金)・10日(土)・11日(日)
・会場は各30分前
・1回目:10:30上映スタート
・2回目:16:00上映スタート

◎会場:ゆかるひ
 那覇市久茂地3-4-10 区茂地YAKAビル(098-860-3270) 
 県庁から国際通りの左歩道を牧志方向に進みローソンを左折

◎料金:1000円(大人)/500円(中学生まで)当日会場で受付
◎主催:「アオギリにたくして」実行委員会
◎後援:普天間居場所づくりプロジェクト
    わんから市民の会
◎連絡先:090-6197-5354(上田紘治)
※上映時間は100分です。
✨上映終了後、製作者の中村里美・伊藤茂利と
被爆者の上田紘治さんとの懇親会が行われます。

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 21:52| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする