2017年04月24日

たからプロデュサーの初めてのお友達は、千浪さん家の「ココちゃん」

DSC_0687.JPG


第一回JASRAC音楽文化賞を受賞した映画「アオギリにたくして」の主題歌・挿入曲の音源づくりで大変お世話になったピアニストの坂井千浪さんのご自宅に先日お伺いさせていただきました。


千浪さんが引っ越される時に、これまで使っておられた楽器の一台をミューズの里オフィスに移動し、ご一緒にみんなで練習させていただけることになりました〜♪ 千浪さん、ありがとうございます〜!


たからプロデューサーは、生まれてはじめての犬のお友達「ココちゃん」と初対面。ココちゃんは、とっても心優しく、社交性もあり、誰にでも優しくて、きっとたくさんお友達がいて愛されているんだろうなぁ〜と思います。


一方、たからプロデューサーは・・・。
超多忙で貧乏暇なしの会社のスタッフとして働いてきたため、人間のお友達はたくさんいるのですが、これまで犬のお友達と一緒に遊んだり、楽しんだりした経験がないので、もう大変(><)。ビビリーで経験不足なため、自分を守ることだけで精一杯で楽しく感覚を共有できません。威嚇したり、吠えたりするので、ココちゃんも最初は訳が分からず、びっくりして座り込んでしまいました。でも、心の優しいココちゃんは、そんなたからプロデューサーをじっと見守り、最後は一緒に遊んでくれました。


ココちゃん、いろいろごめんなさいね(><)そして、本当にありがとう〜♪♪
ココちゃんの優しさに救われました。これからも、たからプロデューサーと一緒に遊んであげてくださいねぇ〜♪♪


セカンドオピニオン後に病院を移動し、先週から主治医の勝俣先生に治療していただくことになったしげ兄さんですが、先日の診察では、勝俣先生を追うNHKの取材が入っていたそうです。


しげ兄:「僕は、我がまま患者を目指します!」
勝俣先生:「我がままな患者であれ!これこそが、私のモットーなのです!!」


4/29に東京ジャーミイでライブが入っているため、勝俣先生のアドバイスもあり、本格的な抗がん剤治療はゴールデンウィーク明けからのスタートなりました。


千浪さんも、骨折がずいぶん良くなり、後は8月に手術を控えておられます。今年は、みんなゆっくり体を大切にしながら、来年2018年にむけて、これまで一番やりたかったのにずっと出来ずにいたNewバージョンの「いのちの音色」全国ライブにむけて準備の年としていきたいと思います。


今年は、本当にやりたかった音楽活動への第一歩を踏み出していくための大切な一年となるよう充電しながら、チャレンジしていきます〜!!


新たな第一歩にむけて〜♪♪

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 10:57| 東京 ☁| たからプロデューサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

主題歌「アオギリにたくして」YouTube

映画「アオギリにたくして」上映と共に主題歌の合唱を企画してくださっている皆様からのお問い合せをいただきありがとうございます〜♪ 下記YouTubeより、これまで皆様が合唱してくださった映像の視聴なども可能です。ギター楽譜&ピアノ伴奏楽譜は下記「アオギリにたくして」公式サイトのメニュー「ダウンロード」の一番下よりダウンロードできます〜♪


◼︎映画「アオギリにたくして」主題歌楽譜
➡︎ http://aogiri-movie.net/presskit/


◎山形西高等学校合唱部
https://www.youtube.com/watch?v=n7Dl_iUF77I


◎映画館「八丁座」ひろしまアオギリ合唱団
https://www.youtube.com/watch?v=UQvoHmZiSPk


◎映画館「サロンシネマ」ひろしまアオギリ合唱団
https://www.youtube.com/watch?v=jgL0UwHyArA


◎広島市立猪口小学校合唱部
https://www.youtube.com/watch?v=KzgyW2pVa1c


◎アオギリにたくして手話ダンス
https://www.youtube.com/watch?v=BuJqNv3FHus


◎「アオギリにたくして」主題歌
https://www.youtube.com/watch?v=eB2tUcxHplQ


アオギリの木.jpg


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 21:59| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

やっとお正月〜?!♪♪

年始年末も、土日も祝日もなく、いつも仕事ばかりしてきた人生なので、あまりお正月気分を味わったことはないけれど、今年は特に年末から今日まで、とにかく大変な毎日でした。無事倒れずに今日までやってこれたことに心から感謝です〜♪


年が明けた感覚もないままだったので、先週末は「今日が、2017年の元旦だ!」と勝手に決めこんで、毎年自分の中で恒例の 一人こもって蛹の気分になって体調を整え、今年の計画を図にしてイメージしてみました〜♪♪ お餅がなくて残念ですが、寒い冬を乗り越えて、ますます元気に咲き続けているお花たちを見て元気をいただきながら、今日も元気にがんばります〜!


DSC_0680.JPG


物言わぬ花や草や木ですが、いろんなことを教えてくれます。
ホントに「生命」って素晴らしい〜!!

「花を眺め、木々を眺めて一年を過ごしていると、季節の移り変わりは何と人の一生と重なっているものなのかと思う」という写真家の星野道夫さんの言葉が思い起こされます。


いつも私の体調まで気遣ってくださり、見守っていただき、祈ってくださっている皆様からのメールに心から感謝しています。


これまでまだ上映したことのないミニシアターでの映画「かけはし」上映にむけて動きながら、自主上映に向けても営業活動がスタートしました〜!「アオギリにたくして」も夏の上映にむけて、がんばります〜!!

改めまして、本年もよろしくお願い申し上げます!
今後とも皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます〜!!
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 11:28| 東京 ☀| 花・樹・野菜・MUSEガーデン&Cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

たから散歩・しげ兄スピリット

DSC_0677.JPG

異文化交流事業としてこれまで取り組んできたピース登山・朗読劇などを支えてくださった宮城英陽さんが、ミューズの里「青空オフィス」に来社されています〜♪


これまで、富士登山やクムジョン山などの登山を一緒に企画運営してくれた宮城さんは、現在は昔からの夢だった子供たちに学ぶ喜びを伝えていく事業をしたいという願いを叶え、塾の経営者として、また先生として活躍されています。


ピース登山は、ミューズの里の毎年夏の恒例行事でしたが、初の映画プロデュース作品「アオギリにたくして」が完成して以来、めちゃくちゃハードな上映活動の中で、ここ数年お休みしていました。


振り返ると映画製作中は、地方ロケの後にそのまま2泊3日の富士登山を留学生と一緒に行い、その後すぐにまた撮影現場に戻るなど、考えただけで気の遠くなるような状況下、よく怪我もなくやってこれたなぁ〜と、何年か前のこととはいえ・・・あの頃は若かったなぁ〜と感じます。


宮城さんは、早稲田大学の登山部に所属していたこともあり、登山に関する知識もとっても豊富! 昨年、宮城さんから「ピース登山を再開しましょう!」とご連絡をいただき、なんとか実現させたかったのですが、映画の夏の上映会がすでにたて込んでいて残念ながら出来ないままでした。


富士登山は、かなり気合をいれないと、なんといっても日本一高い山で、なかなか大変です。まずは、「たから散歩」からスタートしよう!と、本日のミーティングでは意気投合!


来年は設立10年目を迎えるミューズの里ならではの異文化交流の場づくりとなるように、今年から宮城さんにミューズの里の異文化交流事業に加わっていただきながら、企画を少しずつ形にしていきたいと思っています。


しげ兄さんが、イベントの素敵なネーミングを考えてくれました〜♪


のしく(楽しく)
んせい(感性豊かに)
くらく(楽々)
散歩(ウォーク)


楽しく、感性豊かに、楽々ウォーク!今日もお宝発見〜!!
「たから散歩」



すでに抗がん剤治療をスタートする予定だったしげ兄さんですが、先日の静岡での上映会を企画してくださった前田智子様からの強いお奨めをいただき、抗がん剤治療の第一人者で腫瘍内科医の勝俣範之先生のセカンドオピニオンを受けさせていただけることになり、信頼する素晴らしい先生との出会いをこの度いただきました。


病気を克服していく上で、先生との信頼関係がどれほど大切かということを、勝俣先生のセカンドオピニオンを聞くしげ兄さんの姿からひしひしと強く感じました。今後の治療は勝俣先生のいらっしゃる病院に移って行われることになりました。


本当は、きっと誰にも言わないけれど、どれほど辛く、苦しく、大変で、不安だったろうと思う時、この度の勝俣先生との出会いをいただけたことに心より感謝の気持ちでいっぱいになります。


来週より6ヶ月間の抗がん剤治療がはじまります。今後のしげ兄さんの動きについては、勝俣先生にご相談・ご指導いただきながらすすめていくことになります。完治させていくためにも、今は一番大切な時なので、先生にご相談しながら、みんなで力を合わせていきたいと思います。


一見そう見えないところがまたいいのですが(笑)しげ兄は誰よりも働き者で、倹約家で、実は真面目であんがい神経質(笑)。そんなしげ兄さんだからこそ、これまでずっとミューズの里を支えてくれました。どんなに大変な時も、深刻さを周りに撒き散らすのではなく、深刻さに負けない勇気とユーモアを持って周りの人をハッピーにしながら乗り越えていく!まだまだ大変さは続きますが、しげ兄スピリットを忘れることなく、心に平和を抱きながら前に進んでいきたいと思います〜!!


静養中のしげ兄さんとの新たな企画「たから散歩」も、宮城さんと皆さんと共に、ステキな時間を過ごしながら交流の場をつくっていきたいと思います。これからも一緒にみんなで楽しくやっていきましょう〜♪♪
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 15:45| 東京 ☀| ピース登山&たから散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

ハカルワカル広場

今日は、東京ジャーミイでの4月29日・30日のライブと上映会の企画をしてくださった広島の被爆者の上田紘治さんのご紹介で、八王子のハカルワカル広場にお伺いさせていただきました。

_20170414_202951.JPG

ハカルワカル広場(八王子市民放射能測定室)は、子供たちを内部被ばくから守るため、気軽に測れる低価格の測定を実現したいという思いから、市民の皆さんが設立された八王子市にある放射能測定室です。


それほど汚染されていないとされている地域でも、土を測れば放射性物質が検出されることが多いのだということがわかりました。核兵器の製造や使用、核実験、原子力発電所などで作り出される人口の放射能物質について、私たち一人一人が認識を深め、これ以上地球を汚染しないためにも、現実をしっかり受け止め、子供たちの未来を守るために、まず知ることから、そのためにも調べていくことの大切さを改めて感じました。

火曜日〜土曜日10時〜15時、1検体につき1000円で放射能の測定をしてくださいます。


詳細は、ハカルワカル広場の公式HPをご参照ください。

◎ハカルワカル広場
➡︎ http://hachisoku.org/blog/






posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 20:41| 東京 ☀| ぷらっとハッピ〜日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

日本全国上映にむけて〜♪

DSC_0602.JPG

ミューズの里「青空オフィス」。今日も電気代節約しながら運営中?!


2017年、映画「アオギリにたくして」、ドキュメンタリー映画「かけはし」の日本全国上映にむけて今年もスタッフ一同全力投球していきます〜!そして、今年は、皆様のお力添えをいただきながらミューズの里の第3作目となるドキュメンタリー映画「いのちの音色」シリーズ製作を本格的にスタートしていきます。今後とも皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

DSC_0599.JPG


第3作目の映画より、これまでの企画・製作・プロデュースに加え、皆様にお力添えいただきながら監督・編集にも挑ませていただくことになりました。今後ともよろしくお願い申し上げます〜!!


DSC_0559.JPG
▲制作部長の渡川修一さん(右)、ミューズの里の映画製作にお力添えいただいている柴田誠監督。しげ兄さん&たからプロデューサー(中央)


2017年は、私が主に開拓営業と共に地方を回らせていただき、しげ兄さんには東京オフィスでの上映事業・映像制作部をまとめていただきながら東京周辺の上映活動に力をいれていただき、新たな体制でより一層充実させていきたいと思っています。


皆様のご支援・ご協力をお願い申し上げます〜!!

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 11:32| 東京 ☀| 花・樹・野菜・MUSEガーデン&Cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

アスファルトに咲くスミレ

仕事に向かう途中に出会ったスミレ。思わず足を止めて、しばらく眺めていると、その道を通りかかった近所の方が、「素敵でしょ!植えかえてあげようと思ったけれど、アスファルトの下に根を張っているので無理なのよね‥‥誰かに踏みつけられないように、祈ることしかできないけれど‥」と話しかけてくれました。


ずっと以前に、どこかで読んだ京都一燈園の石川洋さんの詩が、なぜかふと思い出されました。


辛いことが多いのは、感謝をしないからだ。
苦しいことが多いのは、自分に甘えがあるからだ。
悲しいことが多いのは、自分のことしかわからないからだ。
心配することが多いのは、今をけんめいに生きていないからだ。
行きづまりが多いのは、自分が裸になれないからだ。


DSC_0654.JPG



今日も一日、感謝と共に〜♪
人を愛せる人間になりたい。






posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 09:56| 東京 ☔| 花・樹・野菜・MUSEガーデン&Cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

東京ジャーミイ:英語字幕版「アオギリにたくして」上映 & 歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える中村里美・伊藤茂利「いのちの音色」LIVE

17759818_1324037541012875_604213173731158484_n.jpg

東京ジャーミイにて、昨年アメリカで上映された英語字幕版の映画「アオギリにたくして」が上映されます〜!日本に滞在する外国の方々へのお声がけをよろしくお願い申し上げます。

4/29の上映前には、13:00から中村里美&伊藤茂利による歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」ライブが行われ、その後に英語字幕版上映となります〜!皆様のご来場をお待ちしています。

17457895_1310229595727003_3253950956609224660_n-1.jpg

企画してくださった被爆者の上田紘治さんは、広島で3歳の時に被爆されました。5/6には上田さんの被爆証言が行われます。

17759921_1324037584346204_2265155731641896569_n.jpg
▲被爆者の上田紘治とプロデューサーで音楽監督のしげ兄と一緒に東京ジャーミイに打ち合わせに伺わせていただきました。

17795873_1324037564346206_6009202658222475328_n.jpg

17796009_1324037567679539_4226049235337955179_n.jpg

4月29日の、英語字幕版による映画「アオギリにたくして」上映の前には、13:00よりしげ兄さんと共に「いのちの音色」ライブです〜♪♪

17523162_1324037621012867_8355364319892750473_n.jpg


原爆展〜広島・長崎 今伝えたい被爆の実相〜
パネル展・ピースライブ・映画上映・被爆者の「証言」


◼︎ 中村里美&伊藤茂利ピースライブ:4月29日(土)13:00〜無料
◼︎ 上田紘治(広島・当時3歳)の被爆証言:5月6日(土)13:00〜無料
◼︎ 映画「アオギリにたくして」上映
  4月29日(土)15:30〜
  4月30日(日)15:30〜
  大人1200円(チラシ持参1000円)
  子供 500円
◼︎ パネル展:連日10:00〜18:00 無料
 2017年4月29日(土)〜 5月7日(日)連日開催されています。


◎会場:東京ジャーミイ・トルコ文化センター
渋谷区大山町1-19(小田急線代々木上原駅徒歩5分)
TEL:03-5790-0760
http://www.tokyocamii.org

◼︎主催:東京ジャーミイ・トルコ文化センター
◼︎後援:八王子 平和・原爆資料館
◼︎連絡先:上田(TEL: 090-6197-5354)


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 14:48| 東京 ☔| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

名古屋の映画館シネマスコーレでのドキュメンタリー映画「かけはし」上映に向けて〜♪

かけはしHP用.jpg

第二作目となるドキュメンタリー映画「かけはし」をご支援してくださっている平澤英昭さんのご紹介で、名古屋の映画館シネマスコーレの木全支配人様にサンプルDVDを見ていただき、上映していだだける方向となりました。心より感謝申しあげます。来週月曜日のミーティングで上映日程などが決まるそうです。日程決まり次第、ご報告させていただきます。

名古屋の皆様よろしくお願い申しあげます〜!

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 11:37| 東京 ☔| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

大川須美さんに心からの感謝を込めて〜♪♪

大川須美さんと出会ったのは31年前。大川さんは以前、映画「アオギリにたくして」のモデルとなった広島の被爆者 沼田鈴子さんが出演されている「にんげんをかえせ」のフィルムを様々な国の言語に翻訳して世界に届けるCAN(Cry Against Nuclear Weapon)の活動をされていました。


大川須美さんとはじめて出会ったのは、31年前。草の根のボランティア活動「ネバー・アゲイン・キャンペーン」第1期生として、一年間アメリカの家庭にホームステイしながら学校や教会で日本文化の紹介と共に原爆映画「にんげんをかえせ」を上映するボランティア活動に参加した22歳の時、大川さんはじめCANの皆様と持参する原爆フィルム「にんげんをかえせ」のヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々との出会いをいただきました。


女学生時代は、風船爆弾をつくっていたという大川須美さん。教室で和紙を張り合わせて作ったという大きな紙風船は、太平洋戦争において日本陸軍が開発した気球として、爆弾を搭載し、偏西風に乗せてアメリカに向けて飛ばすための兵器でした。戦時中はほとんど勉強する時間もなかったと言います。大川さんの家は空襲で焼かれてしまいました。


大川須美さんが、我々のライブや映画をずっと応援してくださるのは、あの時代を必死に生きた人々の姿がいつも心のどこかに忘れることなくあるからなのだと言います。


1490765032408.jpg
▲我々のライブ活動や映画製作・上映を応援しつづけてくださっている大川須美さん。大川さんが初めて広島原爆資料館を訪れた時、沼田鈴子さんから大川さんに手渡されたという毎日新聞の広岩近広記者のご著書『青桐の下で』(明石書店)には、沼田さんの直筆で大川さんに向けて「出会いを大切に」と書かかれています。


_20170405_070548.JPG


映画「アオギリにたくして」製作に向けてご挨拶に伺った私たちに、大川さんは、沼田さんからもらったというこの本をたくしてくださいました。広岩記者は、以前まだ映画の構想さえなかった頃、チャリティーライブ「アオギリにたくして」を取材に来てくださいました。取材の後には、広岩さんもライブにも飛び入り参加〜!沼田さんについて書かれたご自身の文を朗読してくださり、表現者としての広岩さんの姿に大変感動しました。


一つの映画が生まれるまでには様々なことが繋がり形となっていきます。映画製作を通して人生とは何かを学ばせていただいています。心より感謝申し上げます。


先日3月23日、ミューズの里オフィスに遊びに来てくださった大川さんにお話を伺わせていただく機会をいただきました。ちょうど大阪から来社されていた「ハダカの城」の柴田監督が撮影してくださったのでお話をじっくり聞くことができました。大川さんの平和への思いは、製作中のドキュメンタリー映画「かけはし」第1章の中で描いていきたいと思っています。


今年は、年始早々第二作目の映画の公開としげ兄の入院なども重なり、例年以上の忙しさで1日1日をこなすのがやっとの状態でした。体がいくつあっても足りない状況の中、退院後にそのままオフィスに駆けつけて急ぎの仕事をかたずけ、翌日から仕事復帰して一番大変な時期を支えつづけてくれたしげ兄さんのことを大変ご心配くださり、大川さんの心あたたまるお言葉に励まされ、大変だった日々を何とか乗り越えることができました。いつも一番大変な時を支えていただき、改めて心より深く感謝申し上げます。


いよいよ4月。まだまだ忙しい日々が加速して続いていきますが、どんなに忙しい中にあっても、己に負けず、志を果たしていきたいと思います。

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 22:46| 東京 ☀| 映画『いのちの音色』シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする