2016年12月31日

YouTube シリーズ:「たからプロデューサーがゆく@自由民権の像」vol.2

今年も一年、たくさんの皆様にお世話になりました〜!改めて心より感謝申し上げます。

2年前に縁あってオフィスに突然やって来た時は栄養失調気味だった たからプロデューサーですが、みんなの愛情でスクスク育ち、今では一番元気で一番体力のある存在となりました〜♪♪

ミューズの里 YouTubeチャンネル「MusevoiceFilm」では、来年度に向けてシリーズ「たからプロデューサーがゆく」もスタートしていきます〜♪ 日本全国上映&ライブ行脚に参加中のたからプロデューサーが日本全国の素敵なスポットを紹介していきます〜♪♪


▼YouTube シリーズ第二弾:「たからプロデューサーがゆく@自由民権の像」


▲たからプロデューサーが、自由民権の像を訪れました〜♪(出演:たからプロデューサー/音楽:伊藤茂利/撮影:渡川修一/企画&ディレクター : 中村里美・伊藤茂利/製作:ミューズの里)


〜自由民権の像 建立記念碑文より〜
「自由や権利という言葉が、人びとに新鮮な感動を与え、人間の精神の内に秘めた活力を呼び起こす、という時代がありました。近代に入ってもまだ憲法もなければ国会もなく、自治も市民的自由もなかった。1870〜1880年代がそういう時代でした。
 当時の町田市域は、神奈川県の行政区にあって、南多摩郡に属しており、自由や権利への実現への願いが、もっとも強く満ち満ちていました。この地域は、武蔵国の辺境でありながら、相模国と接し、武相自由民権運動の中心的な地域となる可能性と、エネルギーを内包していたのです。ちなみに三多摩が東京府に移管されたのは1893年のことでした。
 神奈川県内の自由民権運動を指導した石阪昌孝(野津田)をはじめとして、村野常右衛門(野津田)、青木正太郎(相原)、細野喜代四郎(小川)、若林高之亮(下小山田)など魅力あふれる民権家を生み全国でも有数の豪農民権運動を展開しました。後発の若林美之助(下小山田)や石阪公歴(野津田)ら青年たちも、民権の理想に燃えて活動をくりひろげました。
 この活気に満ちた時代の創造力と、情熱にあふれた青年たちの奮闘と努力をあらためて現代に呼びさまし、そして未来に伝えるために、ここに自由民権の像を建立します。

〜市制40周年を記念して〜 1998年2月1日 町田市長



2017年が皆様にとってステキな一年となりますように〜♪♪♪

DSC_1631.JPG
▲さわちゃん & よっちさん&たからプロデューサー今年もお世話になりありがとうございました〜♪

15823483_1224842464265717_3965495256553731469_n-1.jpg
▲今年から空き地の管理をすることになったので、珍しく30日に仕事納め、31日は空き地の大掃除〜!元旦から仕事初めです〜♪♪♪


2017年が皆様にとってステキな一年となりますように、心よりお祈り申し上げます〜♪♪♪
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 19:16| 東京 ☀| 動画・YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

「たからプロデューサー」初動画!「しげ兄つれて薬師池に行くの巻!」

「たからプロデューサー」の初動画です〜♪


▲YouTube「たからプロデューサー 薬師池に行くの巻」

今日は、「ミューズの里」映像制作部ワークショップの年内最後の日。

15697262_1221300227953274_1378187528730261463_n.jpg

映画工房「カルフのように」主宰のおりちゃん(渡川修一)とミューズの里「青空オフィス」でお弁当を食べながらミーティングの後、おりちゃんの移動カメラでたからプロデューサーのお散歩ムービー撮影に出かけました。


「たからプロデューサー」主演映画に向けて、カメラテストも兼ねて特訓中?!
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 23:39| 東京 ☁| 動画・YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスは、砂川でドキュメンタリー撮影〜♪

DSC_1604.JPG
▲イタリアに一年間暮らしていた福島京子さん手作りのお菓子。クリスマスの日、撮影に伺った私たちにプレゼントしてくださいました〜!


アオギリのご縁で出会いをいただいた福島京子さんのドキュメンタリー映画撮影のため、12月25日砂川へ。



京子さんは昨年、被爆アオギリ2世・3世の植樹を砂川の地にしてくださり、この秋には映画「アオギリにたくして」の上映会を企画してくださいました。勉強不足な私は、京子さんを通じてはじめて砂川闘争について知った。


「土地に杭は打たれても、心に杭は打たれない」


1955年に始まった砂川闘争。地元の人たちが旧米軍立川基地の拡張計画に反対し、米軍基地を撤退させた唯一の住民運動が砂川の地で繰り広げられた。福島京子さんは、反対農家の中心だった故・宮岡政雄さんの次女として生まれた。京子さんが子供の目で見た砂川闘争、そしてずっと両親の生き様を見続けてきた京子さんが語る砂川闘争は、Wikipediaや参考資料からは決して感じることの出来ない温度を心に伝えてくれる。


一人ひとりが尊重される世界を何より大切にしていた父の残した農園の一角に、京子さんは「砂川平和ひろば」を開設。平和・郷土・農業など様々なテーマで交流する場をつくり発信している。


クリスマスの12月25日、「砂川平和ひろば」の大掃除をする福島京子さんの姿を撮影に砂川に伺った。


農園に向かう京子さんの後を追って、いくつかの質問を投げかけた。ご両親のことを語りながら言葉を詰まらせ涙を拭う京子さんの姿に、思わず涙があふれ、カメラをしっかり握り締めた。


この秋から撮影を開始したドキュメンタリー。砂川の大地に宿る魂を追っていきたいと強く思うクリスマスの夜でした。

15727293_1220622728021024_2388027159519105820_n.jpg
▲12/25大掃除の後は、来年に向けて「砂川平和ひろば」のミーティングの様子を撮影させていただきました。
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 23:23| 東京 ☁| 映画「砂川の大地から」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

気がつけばクリスマス・イブ〜♪

christmas-back001.jpg

東京に戻り、ドキュメンタリー映画「かけはし」の公開に向けてあわただしい毎日。

そして、気がつけば今日はもうクリスマス・イブ〜♪

クリスチャンではないけれど、中・高・短大とカトリック系の学校で育ったこともあり、クリスマスが近づくとなんとなく厳かな気持になる。


あと一週間で2016年が終わっていく。本当にあっという間の一年間で、自分が思っていたことの半分も出来なかった。でも振り返ると、たくさんの出会いと感動をいただき、ただただ感謝の気持ちで心がいっぱいになる。


年の終わりに毎年心に浮かぶ言葉は、
「ありがとう」「ごめんね」
この二つの言葉にすべてが集約されている。


一歩、そしてまた一歩、前に進みながら
来年もチャレンジし続けていきたいと思います。


皆様に、
メリークリスマス〜♪♪


明日は、砂川へ撮影に伺わせていただきます〜!


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 23:02| 東京 ☀| ぷらっとハッピ〜日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

ドキュメンタリー映画『いのちの音色』シリーズのBlogスタート〜!

2016年も皆様に大変お世話になり、心より感謝申し上げます。


第一回JASRAC音楽文化賞を受賞した初プロデュース作品の映画「アオギリにたくして」は、2013年夏に劇場公開後も、映画館・自治体・学校・公共施設etc.による日本全国上映がロングランで続いています。2016年6月からはアメリカ試写会も行われ反響を呼び、2016年より本格的に海外上映をスタートさせていく予定です。そして、この度、第2弾の作品としてドキュメンタリー映画『かけはし』が完成し、2017年の劇場公開に向けて準備を進めています。スケジュールが確定次第また告知させていただきます.


来年度はより一層、日本全国・世界各国での「アオギリにたくして」「かけはし」上映や「いのちの音色」LIVE活動等に向けて力を入れていきたいと思っています。


 そして2017年は、日本全国・世界各国でのライヴ&上映活動や被爆アオギリ2世・3世の植樹活動の中で出会った心豊かにステキに生きる人々の姿を通して、いのちの音色を伝えていくドキュメンタリー(シリーズ)の製作に向けて新たに出発していきます。


映画「アオギリにたくして」のモデルともなった沼田鈴子さんが生前、ご自身の活動の中で大事にされていた「出会い」→「感動」→「発見」→「出発」という言葉が何度も思い起こされます。


「出会いによって感動が生まれ、感動することで今まで自分が気が付かなかったことを発見し、そして新たに出発していく!」沼田さんのおっしゃっていた言葉の意味を深く感じる日々を過ごしながら撮影を続けています。


ドキュメンタリー映画『いのちの音色』は、取材&撮影を続けながらシリーズ化されていく予定です。


飯石小学校アオギリはっぱ.jpg


新たにブログもスタートしました!


◎ドキュメンタリー映画「いのちの音色」シリーズのブログ
http://ameblo.jp/muse-documentary/


日々のライヴや上映行脚の映像は、ミューズの里のYouTubeチャンネル「MusevoiceFilm」でも発信していきます〜!


◎YouTubeチャンネル「MusevoiceFilm」
https://www.youtube.com/user/MusevoiceFilm


facebook頁でも発信しています〜!

◎ドキュメンタリー映画『いのちの音色』シリーズ facebook頁
→ https://www.facebook.com/musedocumentary/



「アオギリにたくして」「かけはし」に続く映画製作に向けて、皆様のご支援・ご協力を何卒宜しくお願い申し上げます〜!

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 21:57| 東京 🌁| 映画『いのちの音色』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飯石から大阪へ!

急遽、撮影に入ることになり12/18島根県へ〜♪

当初、我々が行く予定ではなかったので、直前まで仕事の調整をしながら、体調を崩し気味だったこともあり、出発直前まで「たどりつけるだろうか?」と体力が少々心配だったため、早朝3時に起きて出発!

サービスエリアでストレッチしながら12時間かけて島根県雲南市の「飯石地区」へ明るいうちに無事到着しました〜!

そして、到着した時には体調も回復に向かい、現地で皆さんにお会いしたら、いっぱいエネルギーをいただいて元気いっぱい!「やっぱり来て良かった!」と感謝感謝の飯石撮影でした。


15590593_1216246121792018_7624393297690108374_n-1.jpg
▲雲南アオギリ会会長で「雲見の里いいし」飯石交流センターの錦織斉子さんはじめ皆様に大変お世話になりました〜♪


当初は今年の秋に、地域の方々に向けた「いのちの音色」飯石編のドキュメンタリーをまとめる方向で皆様にもすでに告知させていただいていたのですが、全国に向けて発信していく作品にしていくために、さらに撮影を続けながら、より深く描いていきたいと思っています。


今回は、今年3月に閉校した永井隆博士の母校の飯石小学校が今後どうなっていくのかについて、飯石の方たちの第一回目のミーティングが行われる12/19日に飯石での撮影をさせていただきました。


雲南市の美しい自然と共に、飯石の人々の姿を通して、いのちの音色を伝えていける作品となるようスタッフ一同がんばっていきたいと思います!


大阪映画センターのかおりんさんからメールをいただき、東京に戻る途中急遽、映画製作や上映のご相談も兼ねて大阪に立ち寄らせていただきました


まずは、来年公開のドキュメンタリー映画『かけはし』の大阪劇場公開に向けて、シアターセブンの松田社長様にご挨拶したあと、かおりんと皆様に会いに梅田へ〜♪


15542186_1002092436562514_7059005396366423106_n.jpg


12/20ドキュメンタリー映画をこよなく愛するかおりんと柴田監督、年間199本のドキュメンタリーを見る川島さん。山形ドキュメンタリー映画祭での仲間でもある3人の大先輩方と会えて最高の夜でした〜!


そして、お陰様で無事、東京に戻りました。


来年は、「アオギリにたくして」「かけはし」に続く「いのちの音色」ドキュメンタリーシリーズの製作に向けてより一層力をいれていきたいと思います〜!!皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます〜!!




posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 13:48| 東京 ☀| 映画『いのちの音色』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドキュメンタリー映画「かけはし』大阪劇場公開に向けて、淀川文化創造館シアターセブンの松田社長様にご挨拶に伺わせていただきました〜♪

15622237_1001533119951779_715944788554579698_n.jpg


第二作目となるドキュメンタリー映画『かけはし』の大阪劇場公開に向けて、前作の「アオギリにたくして」でも大変お世話になり応援いただいている淀川文化創造館シアターセブンの松田社長様にご挨拶に伺わせていただきました(12月20日)。

松田社長とお話しする度に、勇気をいただき、とっても気合が入ります〜!!お忙しい中お時間をいただき、本当にありがとうございました。来年またお会いできることを心より楽しみにしています〜!!


大阪での上映の詳細が決まり次第また告知させていただきます〜♪

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 12:47| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

島根県雲南市三刀屋町の「飯石」へ撮影に伺わせていただきました〜!

12月18日の早朝、島根県雲南市三刀屋町の飯石地区に向けて出発〜!


車にゆられて12時間。無事到着。

15590388_1214334145316549_3155385171709853525_n.jpg



この夏、歌と語りで伝える「いのちの音色」ライヴと映画「アオギリにたくして」上映会を企画してくださった「雲南アオギリ会」会長で地域自主組織「雲見の里いいし」事務局長の錦織斉子さん宅にて、ステキなご家族の皆様と一緒に夕食をご馳走になりました〜♪

15541561_1724823697845628_7320407699713870785_n.jpg

15622355_1724823687845629_1401628199570432836_n.jpg


あと数日で88歳を迎えるという澄子さんが、家の前の畑でつくったお野菜のたっぷり入ったお鍋。とっても美味しかったです〜♪♪ ご家族の皆様に大変お世話になり、心より感謝申し上げます〜!!

15578864_1215384338544863_6252833971295554526_n.jpg

15621736_1001046716667086_1526754000382700534_n.jpg


今年3月に飯石小学校が閉校となり「子供たちの声が聞こえなくなって寂しい」と澄子さんは言います。澄子さんの畑の両側にのびる道を通って、熊よけの鈴を鳴らしながら子供たちは毎朝登校していました。校庭やプールから聞こえてくる子供たちの楽しそうな声、学校から聞こえてくる子供たちの発表や歌声などにつられ、畑仕事を少し休んで学校まで子供達を応援しにいくことも度々あったと言います。



飯石地区には、『長崎の鐘』や『この子を残して』etc.の著者で、長崎で被爆しながらも救護活動をされた永井隆博士の生い立ちの家があり、この3月に閉校となった飯石小学校は、永井隆博士の母校でした。


12107143_1669861156561283_2255463510457818703_n-1.jpg
▲10月4日の「雲見の里いいし」第46回ふるさと運動会では、被爆アオギリ2世の育つ飯石小学校の校庭で、飯石小学校閉校記念事業実行委員会企画として子供たちと地域の人々が協力して「平和を」という一文字を作り、撮影が行われました。



私たちがはじめて飯石を訪れたのは、昨年の秋のことでした。
錦織斉子さんからいただいた一つのメールから、ご縁をいただきました。


15590593_1216246121792018_7624393297690108374_n.jpg


そこには、「飯石小学校では、長崎の山里小学校と姉妹校の調印をかわし、2年に一度長崎訪問し、平和学習が学校あげて積極的に行われ、特に永井博士の「平和を」「如己愛人」の精神の継承に力を入れています。そして、そんな小学校の子どもに負けまいと地域も動きだし、平成22年度からは地域の平和学習として、「知ることから考える」をコンセプトに永井博士や平和をテーマにした映画鑑賞を開催して6年目となります。今年度で小学校閉校が決まった今、この平和の精神の継承をやめてはならないと強く願っております」という錦織斉子さんの熱い思いと共に、是非閉校前に、映画「アオギリにたくして」を上映したいと書かれていました。飯石小学校と飯石交流センターで映画「アオギリにたくして」上映&ライヴをが行われ、飯石をはじめて訪れた我々は、永井隆博士の「平和を」「如己愛人」の精神を受け継ぎ、飯石小学校で培われてきた平和教育の素晴らしさに感動しました。

142年の歴史を持つ飯石小学校が閉校する前に、この素晴らしい学校を少しでも映像に残しておきたいという思いで、閉校式を前に今年3月には再度飯石入りさせていただき、撮影の機会をいただきました。


そして今回は、閉校後の飯石小学校をどうしていくかについて地域の方々が話し合いをされるとお聞きし、再び取材と撮影のため飯石に来させていただきました。


永井隆博士の故郷である島根の美しい自然と共に、生い立ちの家や母校のある飯石の人々の姿を通して、いのちの音色を伝えていけるドキュメンタリー映画作品となるよう引き続き取材と撮影を続けさせていただきたく思っています。


この度も、「雲見の里いいし」の若槻会長様と錦織事務局長様はじめ皆様に大変お世話になり、心より感謝申しあげます。これからもよろしくお願い申しあげます。

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 14:11| 東京 ☀| 映画『いのちの音色』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

次の映画作品づくりに向けて、島根県雲南市の「飯石」へ〜♪

先日最終MAをようやく終えて、来年2017年の公開に向けて動き始めるドキュメンタリー映画「かけはし」のサンプルデーターが出来たと連絡入り、まずはピックアップした後、3時間ほど仮眠。そして、「アオギリにたくして」「かけはし」に続く作品の一つとして昨年秋より撮影に入っている島根の飯石に向けて出発〜!

15492329_1213972882019342_846726593148173081_n.jpg


元気な時でも島根まで車で行くと、運転してない私でも疲れが出る時があるので、大丈夫かな?!と直前まで今回は自分の体調が少し不安だったのですが、とにかく明日からの撮影と打ち合わせに向けて明るいうちに現地に到着するために午前3時に起きて出発〜!


大事をとって車の後部座席で熟睡させてもらったら、到着するころには体調も良くなり、いつもより元気になりました〜!!睡魔と闘いながら、各サービスエリアでお腹を満たして体力を蓄えて運転し続けてくださったしげ兄さんに心より感謝です〜!!大変ありがとうございました〜!!


15590388_1214334145316549_3155385171709853525_n.jpg



お陰様で、無事到着〜♪
これから打ち合わせも兼ねて、この夏も上映&ライヴでお世話になった「雲南アオギリ会」会長で「雲みの里いいし」飯石交流センター事務局長の錦織斉子さん宅へ伺います〜!

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 18:31| 東京 ☀| 映画『いのちの音色』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

ドキュメンタリー映画『かけはし』の最終MA完了〜!

15590258_1212440148839282_5362314521665118514_n.jpg


先日のゼロ試写会を経て、本日ドキュメンタリー映画『かけはし』の最終MAが完了致しました〜!


第1作目の「アオギリにたくして」に引き続きMAで大変お世話になった山下裕康さまに心より感謝申しあげます。


15542396_1212440152172615_3321625038757340088_n.jpg
▲最終MAを終え、帰路へ〜♪


2014年より企画制作にとりかかった『かけはし』に、これまでご支援・ご協力くださった皆さまに改めて心より感謝申しあげます。


「もし映画をつくるのなら、この二つを作りたい!」と以前から思っていた作品の一つがこの「かけはし」で、もう一つの作品が第1作目の「アオギリにたくして」でした。どちらも、これまでの自分の人生の中でご縁をいただき、長くかかわって来た中から生まれた作品です。


『アオギリにたくして』は劇映画で、『かけはし』はドキュメンタリーとして描かれていますが、どちらの作品も「つくりたい!」そして、「伝えたい!」という強い思いと共に、模索を重ねながらチャレンジし続け、走り続けながら考え、一人また一人と協力してくださる方々に応援いただきながら完成した作品です。



スタッフの皆さま、ご支援・ご協力くださった皆さま、本当にありがとうございました〜!



公開は来年からとなります。第1作目の『アオギリにたくして』同様、日本全国での上映活動を展開していきたいと思っています〜!


◎ドキュメンタリー映画「かけはし」
→ http://kakehashi-movie.net/


公開に向けて、詳細が決まり次第またご報告させていただきます〜!!
皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願い申しあげます!!

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 23:06| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする