2015年11月27日

平和の種まき実行委員会の貴戸先生との再会〜♪

DSC_0829.JPG

11/13福岡での学校ライブの後、平和の種をまこう実行委員の貴戸英樹先生と再会できてホントに嬉しかったです〜!!大変お世話になり、心より感謝申し上げます〜!

車の中でサントラ盤CD「アオギリにたくして」をずっと聴いてくださっているそうで、お嬢様からもうそろそろ他の曲を聞きたいと言われたとのこと(><)。この夏完成した「いのちの音色」CDアルバムが来週には入荷されますので、お届けしたいと思います〜!!

人の素晴らしさ、平和の種をまき続けることの大切さを教えてくださっている貴戸先生との出会いに心より感謝申し上げます〜!!

またお会い出来る日を楽しみに、みんなで力を合わせてがんばりま〜す⭐️

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 19:24| 東京 ☀| 中村里美「いのちの音色」全国公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊津中学校にて歌と語りで伝える「いのちの音色」LIVE公演

12249966_739540912817669_2030534694874707123_n.jpg

歌と語りで伝える「いのちの音色」ライブを、11/13豊津中学校にて開催させていただきました〜!
豊津中学校では、音楽でギターの授業もあるとのこと!しげ兄さん(伊藤茂利氏)の生ギター演奏と共に、歌と語りによるライブをお届けできて、みんなに会えて嬉しかったです〜!!お世話になった先生方に心より感謝申し上げます〜!

12249576_739540956150998_7615505633736586111_n.jpg

いつも、どんな時も、みんなが幸せでありますように〜♪
またどこかで、皆さんとお会いできる日を楽しみにしながら、私たちもがんばります〜!!



posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 10:30| 東京 ☀| 中村里美「いのちの音色」全国公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

You are a bridge! 人は誰しも「かけはし」として心と心をつなぐ存在になれる!

毎年、だいたいこの時期に体調を崩しやすいので気をつけなければ〜と思いながら、今回は数年ぶりの風邪をひきどうなるかと思いましたが、なんとか明日のライブまでに声が戻ってきそうでホッとしています!!
ご報告遅れましたが、先々週より大分→福岡→大阪に行ってまいりました。

大分には、福岡ライブの前に1時間だけの滞在でしたが、湯布院病院に入院されている梶原宜子先生のお見舞いにお伺いさせていただきました。入院された後、ご連絡いただく度にどんどんお元気になられていく梶原先生の前向きなバイタリティーに、お見舞いに伺った我々の方が励まされ元気をたくさんいただきました。

梶原先生(湯布院病院ライブ).jpg


梶原先生は、大分県で初の「いのちの音色」ライブを企画してくださり、その後制作した映画「アオギリにたくして」もずっと応援し続けてくださっています。そして、次回作で今撮影中のドキュメンタリー映画「かけはし」の完成を心から楽しみにしてくださり、我々がお見舞いに伺うと、すでに病院の方々にもお話ししてくださっていて、急遽!食堂にて病院の皆様にライブをすることになり「かけはし」の主題歌を歌わせていただきました〜♪

「『かけはし』を広めていきましょう〜!それまでに、必ず元気になっているから!」と、熱く語る梶原先生の姿にどれ程の励ましをいただいたことでしょう。

英語の先生をされている梶原先生は、昔読んだアメリカの教科書に書かれていた白人と黒人の両親を持つ女の子が、差別を克服し「I am a bridge!」と言った少女の言葉に大変感動した事を語ってくださいました。

「『かけはし』の上映を広げていくことは、今の私の夢です!」と梶原先生。
国と国の架け橋という大きなことではなくても、人は誰しも「かけはし」として心と心をつなぐ存在になれる!そう信じて教員生活をこれまで送っておられたと言います。

現在私たちが製作中のドキュメンタリー映画「かけはし」は、来年1月の公開を目指しています。2001年、新大久保の駅で線路に転落した日本人を救おうとして帰らぬ人となった留学生のご両親が集まったお見舞金を寄付され、息子と同じように母国と日本の架け橋となることを夢見て来日した留学生のための奨学会設立を提案されました。息子さんのお名前、李秀賢(イ・スヒョン)さんの頭文字をとって名付けられ設立されたNPO法人LSHアジア奨学会は、これまでに18の国と地域から700人を超える留学生に奨学金を授与しています。あの事故から15年…、母国と日本の架け橋となることを夢見ていた一人の留学生の思いは、人と人の心に「かけはし」をつくり、国籍を超えた心の絆を生み出しています。

梶原先生は、リハビリをされながら病院の方々に映画「かけはし」のことをお話しくださったそうです。
東京に戻ると、梶原先生からメールが入っていました。

「なぜ15年たっても皆さんがこの事件のこと覚えていたのか、それは、駅のホームにとっさに飛び込み人を助けようとしたその行動に純粋に私たちは感動したのだと思います。さつばつとした今の時代に心を動かされた事件だった。自分にはできないと思ったと思います。その後のご両親の行動は私も含めてみんな知りませんでした。さらなる驚き、感動です。そして、道徳とか、美談とかではなく、特別な人みたいな話ではなく、一人の普通の人間だったからこそ感動したのだと思います」

You are a bridge! 人は誰しも「かけはし」として心と心をつなぐ存在になれる!梶原先生の言葉を胸に、「かけはし」の完成に向けて全力投球していきます〜!!梶原先生!完成を楽しみにしていてください〜!!
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 09:46| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/9(水)第98回ミューズの里「オープンマイク」出演者募集中〜!(ドキュメンタリー映画『かけはし』」の撮影が入ります〜♪

ミューズの里がお届けする第98回オープンマイクが12月9日(水曜日)開催されます!☆来年公開予定のドキュメンタリー映画『かけはし』の撮影がオープンマイクの中で行われますのであらかじめご了承ください〜!

みんなで、歌・演奏・ダンス・落語・パントマイム・スピーチ等、さまざまな表現の場をつくっていきましょう〜!国籍や世代を超えて、みんなに開かれた表現の場であるこのオープンマイクでは、母国と日本の架け橋となる夢を持ってやって来た留学生を応援する「かけはし」募金を呼び掛けています〜♪♪♪

集まった募金は、特定非営利活動法人LSHアジア奨学会に寄付され、「ミューズの里『かけはし』」奨学金として芸術方面に進学を希望する日本語学校の留学生にお渡ししています。また、児童養護施設の子供たちにプレゼントする楽器を集めています!是非、皆様のご協力をお願い致します〜!

2013-3-アオギリ3人.jpg

=====================
表現するって素晴らしい〜♪
〜第98回ミューズの里「オープンマイク」〜
この素晴らしいイマジネージョンをステキな未来のために〜♪
=====================

◉日時:2015年12月9日(水曜日)
◉時間:18:30開場
    19:00スタート♪


◆facebook頁「表現空間ミューズの里」
https://www.facebook.com/musenosato


◎持ち時間:ソロ(5分程度)/ ユニット(10分程度)
◎それ以外のパフォーマンス(5分〜10分程度)
※カラオケ音源は、なるべくCDでお願いします!
(カセットも可。 ミニジャック装備のプレーヤー対応可)
※チューニングを必要とする楽器に関しましては、ステージに上がる前に事前に対応してください。
※飛び入り参加もOKですが、時間の都合上お断りせざるを得ない場合もございますので、なるべく事前のご予約、または早めのご来場をお願いいたします。
※オープンマイクなので出入り時間は自由ですが、演奏が続いていますので騒がしくならないようにご配慮ください。

◎ステージ利用料:¥500
※会場がレストランとなっておりますので、必ず別途ご注文をお願いします。 レストランでのご飲食代は、参加者の皆さま自己負担となります。

◎応募先&お問合せ:ミューズの里 ♪
1)出演者名 2)編成&ジャンル 3)参加人数を明記ください。初参加の方は、参考までにオープンマイク「ミューズの里」を何で知ったかをご明記ください。

◎会場:レストランPAPERA TEL&FAX 03-3350-0208
〒160-0022東京都新宿区新宿2-8-1新宿セブンビル2F

 【東京メトロ丸の内線・新宿御苑前駅】1番出口の階段を上がり、すぐ目の前の横断歩道を渡った目の前のビル2F(B1は和民、1Fはコンビニ「ファミマ」です。)
※ レストランでのオープンマイクのためご飲食にご協力ください。
※ご飲食代は、参加者の皆さま各自の自己負担となります。
ドリンク ¥500〜/おつまみ¥350/本場インドカレーセット¥1,400〜

◎主催&お問い合わせ:(株)ミューズの里「オープンマイク係」
E-mail: info@musevoice.com または crosscultureplaza@yahoo.co.jp
TEL: 070-6511-7275

〜機材etc.〜
メインスピーカー2本/mikeマイク3本/スタンド3本/PA/music stands/譜面たて3本/keyboardキーボード(KORG SP250)/ギターアンプ3台/ベースアンプ1台/guitarアコースティックギター/ ドラムセット/※パーカッションや楽器の持ち込みok!◎ギターアンプ3台、ベースアンプ1台◎Roland CUBE-30 BASS (30W) /Roland CUBE-30X (30W) /Marshall 30FX (30W) /Fender 25R (25W)

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 06:03| 東京 ☁| オープンマイク・表現の場づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

11/28劇団れんこん座主催「戦後70年 平和への祈り」◎第一部:朗読劇「戦後70年 父母(ちちはは)の証言」◎第二部:中村里美&伊藤茂利ライブ〜歌と語りで伝える「いのちの音色」〜(会場:さいたま芸術劇場 映像ホール)

劇団「れんこん座」様の主催による「戦後70年 平和への祈り」が、さいたま芸術劇場映像ホールにて11月28日(土)に開催されます。一部では、劇団れんこん座の皆様による朗読劇「戦後70年 父母(ちちはは)の証言」が行われ、第2部にて伊藤茂利と共に歌と語りで伝える「いのちの音色」ライブをさせていただきます。皆様、よろしくお願いいたします〜!!

れんこん座表.jpg

れんこん座裏.jpg

〜劇団れんこん座「戦後70年 平和への祈り」〜
◎日時:2015年11月28日(土)13:30開場/14:00開演
◎会場:さいたま芸術劇場 映像ホール
◎入場料:1000円
◎1部:劇団れんこん座:朗読劇「戦後70年 父母(ちちはは)の証言」
 2部:中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブ
◎主催:劇団れんこん座 
◎連絡先:080-6786-1404(嘉成) 090-3311-0713(江野本)


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 23:50| 東京 ☀| 中村里美「いのちの音色」全国公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

Youtube『アオギリにたくして』上映&LIVE動画日誌(vol.1)〜金沢編〜<撮影&編集:石川均監督>

石川均監督が同行し撮影&編集してくださっている日本全国「アオギリにたくして」上映&LIVE動画日誌が、ミューズの里のYoutubeチャンネル「MusevoiceFilm」でスタートしました〜!第一回目は、この夏500回を超えて日本全国に広がる「アオギリにたくして」上映&ライブ全国行脚の中から、初の石川県での上映とライブの動画日誌です〜!石川均監督、ありがとうございました〜!!

戦後70年を迎えるこの夏、「今私たちに出来ることは、すべてやろう!」と心に決めて、軽自動車で日本全国を駆け回りました。またある時は夜行バス、ある時は飛行機・・・仮眠をとりながら、いったい今自分がどこにいるのか分からない程の日々でしたが、現地で出会う方々のステキな笑顔に励まされ、皆さんから元気と勇気と希望をいっぱいいただきました。人と人の絆の大切さ!いろんな事があるれど、でも「人間ってやっぱり素晴らしい!」と感じる毎日に心から感謝の日々でした。お世話になった皆様に心より感謝申し上げます。

現在ミューズの里では、2016年秋公開を目指して、全国に広がる被爆アオギリ2世の植樹の様子や全国各地で平和の種を蒔く人々を撮影させていただきながらロードムービー「いのちの音色」の撮影を行っています〜!そんな日々のほんの一部をyoutubeチャンネル「musevoicefilm」でも発信していきます〜!

Seeds of Peace!〜平和の種を世界へ!〜
皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます〜!!


🔼Youtube『アオギリにたくして』上映&LIVE全国行脚日誌(vol.1)
 〜金沢編〜<撮影&編集:石川均監督>

日本全国行脚の動画日誌の第一作目は、石川県原爆被災者友の会様の主催による「アオギリにたくして」上映&ライブです。石川県で初の上映とライブが、金沢の石川県文教会館ホールにて2015年7月26日に開催され、約400人の皆様にご来場いただきました。(主催:石川県原爆被災者友の会/共催:反核・平和おりづる市民のつどい実行委員会・平和サークルむぎわらぼうし◎後援:石川県/金沢市/石川県教職員組合金沢支部/北國新聞社)。皆様に心より感謝申し上げます。

戦後70年となる今年を新たなスタートラインとして、より一層力を注ぎながら日本全国上映&ライブ行脚は続いていきます!そして、来年2016年は、海外上映&ライブもスタートしていく予定です。一つ一つの上映やライブが平和の種まきとなるよう願いながら、今この瞬間を大切に!スタッフ一同より一層気合をいれていきます!!皆様のご支援・ご協力をお願い申し上げます〜!!

◎「アオギリにたくして」&「いのちの音色」全国行脚中!!
・「アオギリにたくして」公式HP→http://aogiri-movie.net/
・ 歌と語りで伝える「いのちの音色」公演→http://musevoice.com/peacelive/

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 15:51| 東京 ☁| 動画・YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

石川県文教会館ホール「アオギリにたくして」感想(主催:石川県原爆被災者友の会)

石川県原爆被災者友の会様の主催による「アオギリにたくして」上映&ライブが、石川県文教会館ホールにて2015年7月26日に開催され、400人の皆様にご来場いただきました。(◎共催:反核・平和おりづる市民のつどい実行委員会・平和サークルむぎわらぼうし◎後援:石川県/金沢市/石川県教職員組合金沢支部/北國新聞社)。実行委員会の加藤様が、映画への感想を送ってくださいましたので、ご紹介させていただきます〜!

B5チラシ(足直し済み)表 JPG のコピー.jpg

〜「アオギリにたくして」の感想〜
・あっという間の2時間でした。「こんな現実が実際にあったのか、わずか70年前の日本で?!」ということを改めて実感し、身震いがしました。あの時の過ちを二度と繰り返してはいけない。若い私たちは経験していない分、伝えていかなければいけない責任を負っていると思います。多くの人々に是非観ていただきたいと思った映画でした。

・たった70年前のことを私はちゃんと知らない。人にもっと伝えていけるように一人ひとりが原爆のこと、戦争のこと、平和を守るために何を守っていけばよいのか、考えていけるように、もっとたくさんの人に観てほしいと思いました。

・試写会と合わせて2回観て、改めてこの映画の訴える声の大切さに気付かされました。同じ被爆者の間でも差別し差別されてしまう現実、悲しさ、そんな大変な目に合いながらもいくつもの障害を乗り越え、語り部として生き抜いた主人公の生き方に心を動かされました。

・小学生の時「ヒロシマ」の映画を観て大変ショックを得ました。その後、何度もヒロシマに関する映画を観てきましたが、今回の映画「アオギリにたくして」は、戦後ずっと被爆者の方が人生の歴史を背負って伝える、語り部の熱く、苦しく、辛い思いを世界の全ての人々に伝えるべく映画として本当に感動しました! 最近出なかった涙が一杯溢れ出るものでした。

・「被爆者が被爆者を差別する」現実があったことは大きな衝撃であり、心に残った言葉でした。原爆の悲惨さを伝えて余りある内容ですね。製作された方々に感謝しなければなりません。

・素晴らしかった。広島の人々の苦しみは私たち被爆していない者の想像を絶するものだった。

・田中節子さん、まさに芽吹いた被爆アオギリのように強く生き抜いてこられた人生だったのだとよくわかりました。小5の娘にも理解できたようでした。娘は学校の図書委員会で「すみれ島」の朗読をするそうで、8/6も平和集会でアオギリの歌(今日の歌とは違う)を合唱するそうです。今日の映画を観れたことで、娘の中に平和への想いや願いの層が少し増えたかな。「この子たちの夏」の朗読劇は、まだ娘は知らないけれど、いつか出会いたいな。今日の映画、被爆後の苦難の人生を生き抜いてきた一人の女性の物語を無名のライターである一人の女性が取材し、形にしていくという「つなげていく」ことの大切さをメッセージとして受け取りました。ありがとうございました。

・語り部の存在を伝え続けることの大切さ、辛い体験を証言した語り部の声を聞くことができて感謝。

・人は誰も皆幸せに生きる権利を持つ、何者にもそれを阻むことは許されない・・・節子と隆志はなぜ幸せになることができなかったのかと考えるなら戦争や原爆がない社会にまで戻らなければならない・・・。声高にではなく静かに、然し心の深くまで届いたメッセージです。観てよかった、みせてもらってありがとうございました。

・もう2度と戦争起こしたらいかんね。70年たった今も辛い人がいるんだもんね。これからも戦争の悲惨さを伝えていかんなんね。

・主人公の心情を中心に描かれていたのが良かった。

・被爆した女性の被爆後の苦悩、心の葛藤、偏見、差別、悲しみ、ささやかな喜び、色々なことを映画を通して知ることができました。アオギリ二世も見に行こう。広島のアオギリも見に行こうと思います。

・原爆体験者は、原爆時の体験はもとより、それ以後が壮絶な戦いであったことがよくわかった。被爆者が被爆者を差別する、そんな状況を作りあげる、それが戦争だ。

・大変感動的な映画でした。原爆の理不尽さとそれに立ち向かう被爆者の思いが伝わってきます。

・本日は被爆者の方の新たなメッセージとして「アオギリのように生きていかなければならない」という言葉が心に残りました。

・静かであたたかく、力強い映画でした。観てよかったです。

・罪のない人たちが犠牲になる戦争は絶対に許せない。二度と繰り返してはいけないことと改めて思いました。風見しんごさんのファンなので見れて嬉しかったです。



ご来場くださった皆様、主催、共催、後援してくださった皆様、関係者の皆様に改めて心より感謝申し上げます〜!!
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 22:35| 東京 ☔| 中村里美「いのちの音色」全国公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

11/14 福岡県 岡垣サンリーアイにて「中村里美&伊藤茂利」ライブ公演

13日の福岡県での学校ライブの後、翌日の11月14日(土)は、岡垣サンリーアイにて、映画「アオギリにたくして」プロデューサーで音楽を担当する中村里美&伊藤茂利による歌と語りで伝える「いのちの音色」公演が開催されます。皆様にお会いできることを心より楽しみにしています〜!よろしくお願い申し上げます〜♪
ウエェ用のライブチラシ.jpg

【福岡県】中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブ公演
「子供たちに平和の未来を」〜戦後70年 今、行動するとき〜
◎日時:2015年11月14日(土)
    9:30開会/9:30〜10:10開会行事
◎公演:中村里美&伊藤茂利ライブ 10:10〜11:40
◎主催:「母と女性教職員の会」第62会福島県集会
◎料金:参加費無料
◎会場:岡垣サンリーアイ

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 12:49| 東京 ☁| 中村里美「いのちの音色」全国公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/14 埼玉県・川越市南文化会館「アオギリにたくして」上映!

2015年11月14日、埼玉県の川越市にて映画「アオギリにたくして」が上映されます〜!川越は、映画のロケ現場ともなった場所です〜!川越の皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます〜!!

私と伊藤は、福岡・大阪への歌と語りで伝える「いのちの音色」ライブ行脚に明日から出てしまうため残念ながら伺えませんが、中村柊斗監督が伺わせていただく予定です〜!皆様よろしくお願いします〜!!

アオギリの木.jpg

【埼玉県・川越市】
◎日時:2015年11月14日 
    12:30開場/13:00スタート
◎会場:川越市南文化会館(ジョイフル)
◎主催:「九条の会」かわごえ連絡会
◎連絡先:牛田様 TEL:049-241-7483
映画の後に原明範さん(埼玉県原爆被害者協議会事務局長)のお話
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 11:57| 東京 ☁| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雲見の里いいし〜「アオギリにたくして」感想・心に残った場面・言葉〜

いいし平和.jpg

雲見の里いいし「いいしふるさと平和学習事業」映画鑑賞会にて「アオギリにたくして」が上映されました(2015年10月24日)。映画の感想と心に残った場面や言葉について書かれたアンケートを送ってくださいましたので、ご紹介させていただきます〜!雲見の里いいしの皆様、本当にありがとうございました!これからもよろしくお願い申し上げます〜!!

いいしの里.jpg

〜映画「アオギリにたくして」について(雲見の里いいし)〜

・心洗われる映画でした。

・心の平和の大切さ、命の大切さが良くわかりました。

・久しぶりにきれいな純粋さを感ずる心に残る映画でした。

・最後にみんなが一つになって生きておられるのが感動しました。

・自分も被爆者なのですごく感動しました。

・ただの反戦、原爆の映画と思っていたが、全く違って感激しました。今日はいろいろな事が重なったが無理矢理でも映画を見に来てよかった。気持ちが活々、勇気ももらった。

・心の中の中を見たようでした。

・身を切られるような思いで見せてもらいました。

・自然な流れの形で映画が作られていてよいと思った。

・ドキュメントで最高、今後もこのような映画をつくって大いに全国へ、世界へ発信してください。

・戦争の場面なくして、ここまで戦争の悲劇を伝えられるとは。

・原爆投下後の広島の人々の様子がよくわかり、大変だったんだと思った。

・原子爆弾の音、初めて聞きました。

・戦争、原爆の恐ろしさを改めて考えた、今の幸せに感謝した。


〜映画「アオギリにたくして」心に残った場面・言葉(雲見の里いいし)〜

・「生きる」 

・放射能 

・体の小さな芽の力はすごい

・アオギリに若葉が出ているシーンに感動しました。語り部というのは、傷口をえぐるような仕事だったんだということ、語り伝えていくことの大切さがわかりました。

・節子を支える家族の愛情(父、母、妹)、アオギリの新鮮でピュアな芽出しのたくましさ、被爆者が被爆者を差別視、見るものへ常に課題をつきつけている作品でした。

・被ばく2世、久しぶりに聞いた言葉、平和な日本はやはり良い。

・心に傷をもったものは人に優しく出来る。

・主人公の女性が強く生きられる姿を見て感動しました。

・苦しい体験をした人は、人の心に感動を与えられる。

・節子さんのお父さんが病気にかかわらず娘を送り出したところが心に残りました。

・生きているだけで100点満点、死に向かって生きるのではなく、生きるに向かって生きる、「やさしいだけではなく、強く言うことも必要」勇気をもらった。



雲見の里いいしの皆様との出会いにスタッフ一同心より感謝いたします〜!!
「大切なものを大切にして生きる!」雲見の里で私たちが再確認し心に誓ったことです。
本当に本当にありがとうございました〜!!

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 10:25| 東京 ☁| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする