2015年09月28日

YouTubeアップ!『TA KA RA』(作曲&ギター:伊藤茂利)

TAKARAYOUTUBE.JPG


「アオギリにたくして」音楽監督でプロデューサーのしげ兄(伊藤茂利)作曲&ギターによる『TA KA RA』がYouTubeアップされました〜♪是非、ご視聴ください〜♪



しげ兄(伊藤茂利)からのコメントです〜♪
「ある日、オフィスにやってきた小さなチワワは、たからプロデューサーと名付けられ、スタッフやオフィスを訪れる人々に愛されてスクスク成長しています。小さな体で授かった命を一生懸命生きている姿を見て書いた曲です」【作曲&ギター:伊藤茂利/製作&写真コピーライトマーク(株)ミューズの里/編集:倉本和人)】


◎「TA KA RA」はCDアルバム『いのちの音色』にも収録され、ITunes など各配信ストアからリリースされています。
☆CDアルバム「いのちの音色」 ITunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/inochino-yin-se/id1041870330

◎歌と語りで伝える「いのちの音色」公演
http://musevoice.com/peacelive/
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 11:30| 東京 ☁| 動画・YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

レンゲの種蒔き〜♪

れんげ.jpg

小さな頃からずっと、一番好きな花はレンゲ。

お花屋さんでは売ってないので、田園風景の中で見るレンゲ草の絨毯を時々思い浮かべる。

レンゲの種をさがしていたけれど、なかなかこれまで手に入れる機会がなかった。

でも先日、取材の後に入ったお店で、レンゲの種を発見!

さっそく植えてみた〜♪
来年の春が楽しみ〜☆♪♪♪
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 17:06| 東京 ☁| MUSEガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

中村里美×伊藤茂利『いのちの音色』CDアルバム(YouTube無料視聴)



中村里美&伊藤茂利『いのちの音色』CDアルバム(全16曲)の中から「いのちの音色」「ムーンライト」「手をつなごう」の3曲の一部を無料視聴できます。

いのちの音色♪CDアルバムジャケットHP用.jpg

iTunes Store等、各配信ストアから発売されています〜!
16曲入り3000円のCDアルバムが、配信ストアでは2400円で購入できます〜♪

◎iTunes Storeは下記をクリック!
https://itunes.apple.com/jp/album/inochino-yin-se/id1041870330
その他、下記の各配信ストアより購入できます〜!
iTunes Store/ Apple Music/Amazon Music/ music.jp STORE/oricon ME!/Tapnow/Spotify/ Rdio/ Music Unlimited/ KKBOX/うたパス/ ListenRadio/ レコチョク/mora/Media Do/Google Play Music/ e-onkyo music/ LINE MUSIC

よろしくお願い申し上げます〜!
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 10:25| 東京 ☀| 動画・YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

中村里美×伊藤茂利の最新CDアルバム『いのちの音色』各配信ストアよりリリース!

2015年9月21日より、中村里美×伊藤茂利の最新CDアルバム『いのちの音色』(16曲)が各配信ストアより発売スタート!

いのちの音色♪CDアルバムジャケットHP用.jpg

◎iTunes Storeは下記をクリック!
https://itunes.apple.com/jp/album/inochino-yin-se/id1041870330

下記の各配信ストアより購入できます〜!
iTunes Store/ Apple Music/Amazon Music/ music.jp STORE/oricon ME!/Tapnow/Spotify/ Rdio/ Music Unlimited/ KKBOX/うたパス/ ListenRadio/ レコチョク/mora/Media Do/Google Play Music/ e-onkyo music/ LINE MUSIC

この度のCDアルバムには、中村里美×伊藤茂利「いのちの音色」全国ライブの中で歌ってきた曲の一部(16曲)が収録されています〜!!第一回JASRAC音楽文化賞を授賞した映画『アオギリにたくして』挿入歌の「ひな鳥へ」や挿入曲の「いのちの音色」「愛が流れている」etc.や学校ライブで一番人気の「私の15か条」も収録されています〜♪

◉CDアルバム〜『いのちの音色』曲目〜
1 いのちの音色(挿入曲)
2 おりづるにのって
3 愛しています
4 Moon Light
5 手をつなごう
6 どうして
7 今ここから
8 愛が流れている(挿入曲)
9 私の15ヵ条
10 ハラハラと涙
11 桜の花びら
12 本当の声を聞かせて
13 願い
14 ひな鳥へ(挿入歌)
15 大切に思う事
16 たから(Instrumental)

※2009年から1000回ライブを目指してスタートした中村里美&伊藤茂利による歌と語りで伝える「いのちの音色」ライブは、これまでお世話になったヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々の体験の朗読、世界にヒロシマ・ナガサキを伝えた時の様々な反応やエピソード、その中から生まれた歌により構成されています。


◎中村里美(Vocal)/伊藤茂利(A.Guitar E.Guitar Syn.Guitar Vo.)/坂井千浪(Piano)/花輪春比古(A. Bass)/栗山豊二(Percussion)/田中航(Drum)/高木祥太(E.Bass)

◎音楽プロデューサー & 全編曲:伊藤茂利/レコーディングエンジニア:岡部晃久/録音スタジオ:スタジオペンタ横浜店/ジャケットデザイン:吉田しんこ

◎製作&発行元:(株)ミューズの里♪ E-mail: info@musevoice.com
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 14:46| 東京 ☀| CD・本・応援グッズ・楽譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/21〜9/25風見しんごさんゲスト出演!(文化放送「サロンdeくにまる」)

文化放送(ラジオ)くにまるジャパンの「サロンdeくにまる」に、映画「アオギリにたくして」で父親役を熱演してくださった俳優の風見しんごさんが、9/21(月)〜9/25(金)(10:43〜10:53毎日)ゲスト出演!!

戦後70年、そして「アオギリにたくして」へのご出演への想いについてもお話くださいます〜!!「アオギリにたくして」については9/25です!!皆様、お見逃しなく〜!!

プレス用♪風見さん正面.JPG

文化放送(ラジオ)「サロンdeくにまる」
9/21〜9/25 の5日間、風見しんごさんゲスト出演!
☆トークテーマは下記となっています。「アオギリにたくして」については9月25日です〜♪

◎9月21日(月)「星野仙一に砂を投げつけた男」
◎9月22日(火)「哀川翔さんとの出会い」
◎9月23日(水)「欽ちゃんの週刊欽曜日」
◎9月24日(木)「家族について」
◎9月25日(金)「広島を想う」

☆詳細は下記URLをクリック!
http://www.joqr.co.jp/japan/2015/09/post-3555.html
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 09:29| 東京 ☁| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

永井隆博士の故郷・母校で『アオギリにたくして』上映会!

島根県雲南市三刀屋町飯石にて、雲見の里いいし様の主催により映画「アオギリにたくして」が上映されます。

飯石地区は、『長崎の鐘』や『この子を残して』etc.の著者であり、長崎で被爆しながらも救護活動をされた永井隆博士の生い立ちの家があり、10/23(金)飯石小学校にて、10/24(土)飯石交流センターにて「アオギリにたくして」上映会が開催されます。

飯石小学校は、永井博士が通った母校でもあります(児童数23名)。
被爆アオギリ2世の植樹もされているそうです。

アオギリの木.jpg


「飯石小学校では、長崎の山里小学校と姉妹校の調印をかわし、2年に一度長崎訪問し、平和学習も学校あげて積極的に行われ、特に永井博士の「平和を」「如己愛人」の精神の継承に力を入れています。

そして、そんな小学校の子どもに負けまいと地域も動きだし、平成22年度からは地域の平和学習として、「知ることから考える」をコンセプトに永井博士や平和をテーマにした映画鑑賞を開催して6年目となります。

今年度で小学校閉校が決まった今、この平和の精神の継承をやめてはならないと強く願っております」


という、この度の主催をしてくださる「雲見の里いいし」の錦織斉子事務局長からの熱いメールに感動し、音楽監督でプロデューサーの伊藤茂利、撮影技師の倉本和人さんと共に上映会に伺わせていただくことになりました。来年の秋完成予定のドキュメンタリー「いのちの音色」の撮影もさせていただくことになりました!!


皆様との出会いを心より楽しみにしています〜!
よろしくお願い申し上げます〜!!


【島根県】雲南市三刀屋町飯石にて上映会
◎日時:2015年10月23日(13:30〜15:30)
◎会場:飯石小学校

◎日時:2015年10月24日(14:00〜16:00)
◎会場:飯石交流センター

☆企画・統括プロデューサーの中村里美と音楽監督でプロデューサーの伊藤茂利
撮影技師の倉本和人の3名で伺います〜!


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 14:21| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドキュメンタリー映画『かけはし』公式HP

ミューズの里は、「表現の場づくり」と「異文化交流」をテーマに、国籍・世代・ジャンルを超えて、映像・音楽・出版etc.さまざまな媒体を創造し、国際社会の平和の実現に貢献する事業を目指しています。第一回JASRAC音楽文化賞を授賞した初プロデュース劇映画『アオギリにたくして』は、劇場公開後も日本全国での自主上映がロングランで続いています。

そして、この度、ミューズの里がお届けする第2弾の映像作品としてドキュメンタリー映画「かけはし」の企画が本格的にスタート致しました。2014年より撮影をスタートし、2016年1月26日の完成披露試写会を目指しています。皆様のご支援・ご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。

☆ドキュメンタリー映画『かけはし』公式HP
http://kakehashi-movie.net

イメージイラスト.jpg

〜ドキュメンタリー映画『かけはし』〜
<主旨・内容>

空前の韓流ブームから、反韓・嫌韓のヘイトスピーチへ。
愛と憎悪のはざまで激しく揺れ動く、日韓、日中関係だが、そんな喧噪とは距離をおいたところで、ひっそりと、しかし確実に受け継がれている国際交流の絆がある。

新大久保駅で、線路に転落した日本人を助けようとして帰らぬ人となった韓国からの日本語学校生 李秀賢さんが亡くなって来年(2016年)の1月26日で15年となる。

当時、日本全国から寄せられた弔慰金を元に、日本語学校生に対する奨学会が発足した。「日本と母国のかけはしとなる留学生を支援してほしい」という、秀賢さんのご両親の熱い思いを受けて始まったこの制度は、今までに六百名を超える留学生に奨学金を手渡してきた。

また、そこから派生した幾多の活動――東日本大震災時のボランティア活動、秀賢さんが愛した富士山へのピース登山、その他留学生への奨学金を集めるための様々な取り組みetc.――。最近では、日本の道徳の教科書に李秀賢のことが載るようになり、2015年6月にはご両親に対しその活動を顕彰して日本政府より「旭日双光章」が授与された。

本作品では、関係者インタビューによって秀賢さんの人生を浮かび上がらせると共に、彼の死後、ご両親と奨学会が行った留学生支援活動の数々、さらに奨学金を受けた留学生たちの過去と現在を描くことで、秀賢さんの遺志が多くの人の心に受け継がれている様子を表現する。

また、学者や専門家の方のインタビュー等を通して、人口減少社会の日本における留学生の存在、グローバル時代における国際交流の必要性と重要性、今我々にどのような意識変革が必要か、専門的、現実的な見地からホスト国日本に求められているものを探りながら、日本と世界の「かけはし」となる留学生の姿を追う中で、国籍・民族・世代etc.さまざまな違いを超えた人と人との絆を描いていく。



企画・製作・配給:(株)ミューズの里♪
◆ 企画・製作・統括プロデューサー:中村里美
◆ プロデューサー&音楽監督:伊藤茂利
◆ Supervisor 撮影&編集:石川均
◆ Supervisor 長谷川直樹

◆ 監 督:中村柊斗
◆ 制作スタッフ:渡川修一・伊藤良重・石塚佐和子 他 
◆ 撮影協力:中根克・伊藤茂利・中村哲也
◆ 制作協力:飯田加菜
◎音楽制作:(株)ミューズの里
◎主題歌「かけはし」作詞・作曲・歌:中村里美
 挿入曲:ギター 伊藤茂利

■ 撮影形態:ビデオデータ撮影
■ 公開形態:DLP Blue Ray公開
■ 完成目標:2016年12月
■ 完成披露試写会:2016年1月26日
■ 公開予定:日本全国各地での上映を目指します。


〜映画製作と上映に向けて〜
皆様のご支援・ご協力を何卒宜しくお願い申し上げます!

■任意の額によるご寄付のご協力
ドキュメンタリー映画『かけはし』製作に向けて、任意の額による皆様からのご寄付のご協力を呼びかけています。ご寄付をいただいた皆様のお名前を、当サイトのホームページと映画のエンドロールにSpecial Thanksとして掲載させていただきます。皆様のご支援・ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

〜ドキュメンタリー映画「かけはし」寄付金のお願い〜
◎寄付の申込方法

ご寄付をいただいた皆様のお名前を、当サイトのホームページと映画のエンドロールに「Special Thanks」として掲載させていただきます。 1) お名前 2) ご住所 3) お電話・ファックス・メールアドレスetc.ご連絡先を下記の連絡先「ミューズの里」までお送りいただき、下記の指定口座にお振込みください。(※匿名を希望される方は、その旨明記してください)

連絡先:ミューズの里「映画『かけはし』」係
E-mail: info@musevoice.com
FAX: 046-283-5161


◎お振込先
◉三菱東京UFJ銀行【鶴川支店】

【口座名】株式会社ミューズの里
【口座番号】(普)0043442

◉ゆうちょ銀行
【記 号】10130
【番 号】71945281
【口座名】株式会社ミューズの里
( カ)ミューズノサト )

〜郵便局以外の金融機関から「ゆうちょ銀行」にお振込みをされる場合の口座情報は下記となります〜
【銀行名】ゆうちょ銀行
【店 名】〇一八(読み ゼロイチハチ)
【店 番】018
【預金種目】普通預金
【口座番号】7194528
【カナ氏名】(受取人名)上記と同じ


〜お問合せ先〜(株)ミューズの里 「かけはし」係
E-mail:info@musevoic.com
E-mail:crosscultureplaza@yahoo.co.jp
TEL: 070-6511-7275/070-5568-8204
FAX:046-283-5161 FAX:042-734-3758

☆〜ドキュメンタリー映画「かけはし」は、日本と世界の架け橋となる留学生を応援しています〜♪☆
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 13:17| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風見しんごさん文化放送(ラジオ)くにまるジャパン「サロンdeくにまる」にゲスト出演!!(9/21〜25 10:43〜10:53)

映画「アオギリにたくして」で父親役を熱演してくださった俳優の風見しんごさんが、文化放送(ラジオ)くにまるジャパンの「サロンdeくにまる」にゲスト出演されます〜!戦後70年、そして「アオギリにたくして」へのご出演についてもお話くださいます〜!!(9月21日(月)〜25日(金)10:43〜10:53)。皆様、お見逃しなく〜!!文化放送(ラジオ)です〜!!

風見しんごさん写真.jpg

◎風見しんごさんゲスト出演!!
★ 文化放送(ラジオ)「くにまるジャパン」毎月曜〜金曜 9:00〜12:53 ON-Airですが、
※ 9/21(月)〜25(金) 10:43〜10:53 のコーナー “サロンdeくにまる ”に風見しんごさんが ゲスト出演します。

日々のトークテーマは下記でご確認ください〜!
http://www.joqr.co.jp/programsheet.php
http://www.joqr.co.jp/japan/2015/09/post-3539.html
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 10:24| 東京 ☁| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

山形県酒田市「アオギリにたくして」上映&ライブの感想

酒田市総合文化センターにて、酒田市の平和推進事業として上映された「アオギリにたくして」&ライブでの皆様からの感想文を送ってくださいました。その一部をご紹介させていただきます。酒田市の皆様に心から感謝申し上げます。これからも、よろしくお願い申し上げます。

DSC_0008.JPG


◎伝える事の必要性を深く感じた。認知症の老親と共に生活する中で、生きる力を頂いた。大切な時間をありがとう!!心が折れそうな時に、この映画を思い出し頑張れそうです。本当にありがとう。(50代〜60代/女性)


◎戦争を知らない、戦争に負けたことを知らない、原子爆弾の恐ろしさを知らない若者に。今後もこれからも、繰り返し伝えていきたい。(70代〜/女性)


◎違う視線から平和を教えてくれたと思います。ステキな映画でした。(50代〜60代/女性)


◎戦争は最悪の人間の業(70代〜/女性)


◎テレビなどで見るよりも、昔の話を聞くよりも、すごく自分の身にしみてよく考えさせられました。(50代〜60代/女性)


◎50代になって、感じる事、思う事、考える事があります。戦争についても、その中のひとつです。実際の真実を知る事が出来て、とても良かったと思います。中村さんの歌とお話も感銘を受けました。沼田さんのような戦後を歩んで来た方々に、これからも心を寄せていこうと思います。ありがとうございました。(50代〜60代/女性)


◎毎年参加しております。酒田市でこのような取り組みをされており、大変有意義で素晴らしい活動だと思います。今日の事をたくさん話して伝えていこうと思います。ぜひ今後もずーっと続けてください。本当にありがとうございます。(30代〜40代/女性)


◎戦後70年だけでなく、平和が100年、200年続く様、私はこれらを伝えていかなくてはならないと改めて思いました。(50代〜60代/女性)


◎先日、広島の8月6日、長崎の8月9日、終戦日の8月15日を知らないと応えた%の多さにびっくり。しかも広島や長崎県民が やはり伝えていかないと…!(70代〜/女性)


◎高校の時、広島の原爆ドームを見て来て、本当にすごい衝撃を実感しました。そして、原爆を体験した人たちの話を聞いて、二度と戦争や原爆はしてはいけないと思います。アオギリの木の生命力は、すごいと実感しました。涙が止まりませんでした。本当に、今日、この「アオギリにたくして」映画は、感動しました。有難うございました。(30〜40代/女性)


◎被爆を受けたことを避けてきたことを隠している事を初めて知った。(70代〜/女性)


◎映画のみじゃなく講話、歌があるのは良いと思います。ギターがとても良かった!!(30代〜40代/女性)


◎恥ずかしながらアオギリの木も知らずにいました。紙面で地元の小学校の児童が植樹をしたと知りました。それで今日はここに来ています。(50代〜60代/女性)


◎中村さんの体験した話が良かった。(70代〜/男性)


◎人間のハメツにつながる戦争、絶対にあってはならない事である。その時だけの苦しみではない。エイエンの人間の苦しみになるから、今を生きる子供たちのためにも、人を殺し合う戦争は絶対にあってはならないことなのです。(50代〜60代/女性)


◎映画みて良かった。歌も良かった。声が澄んで綺麗な美しい声。(50代〜60代/女性)


◎戦争を知らない人々が多くなってきています。これからもどんどん、世界の幸せのため伝えていってもらいたいと思います。(70代〜/女性)


◎とても素晴らしい映画でした。もっと広めて学校などでも上映するべきだと思いました。(50代〜60代/女性)
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 09:17| 東京 🌁| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

「アオギリにたくして」中学生の感想文

「アオギリにたくして」の上映を企画してくだっさっている大分県国東市の衣笠邦彦さんより、この夏8月6日に中学校で上映された「アオギリにたくして」の感想文が送られてきました。中学生の皆様からの感想文の一部を下記に紹介させていただきます。

アオギリの木.jpg


◎「アオギリにたくして」を観て、戦争の恐怖だけではなく、人々の思いと命について重く受け取らざるをえなくなりました。一日で何もかもが変わってしまった一人の女性。生きることに苦しみを感じながらも被爆者として表に出て、あの日のことを語っていました。それがどんなに辛いことか実感することはできないけれど、とても強い人なのだと思いました。戦後に芽をふき返したアオギリの木。「この木のように」という言葉をきいて、どんなことがあっても力強く諦めずに生きることを選び、自ら命を投げ出してはいけないと強く心に誓いました。そして、アオギリの木をいつか自分の手でうえてみたいです。


◎「アオギリにたくして」という映画を観て原爆や戦争がもたらした影響は一生続いていくんだなと思いました。ずっと忘れることのできない光景だったと思います。田中節子さんは本当に強い人だと思いました。左足を失いさまざまな困難にぶつかっても立ち向かって懸命に生きていたんだと思います。田中さんの言うとおり、最高の幸せは平和だなと感じました。
広島平和記念式典のラジオでは、現在も核兵器が世界中に存在していることを知りました。たった一つの原子爆弾で、どれだけの人が苦しみ傷ついたか。唯一の被爆国である日本を中心に核兵器を廃絶し、平和な世界を築き上げていかなければならないと思いました。
戦争を経験した人が少なくなっていきます。この事実を知らない人が戦争や原爆のことを知るためには、私たちが映画や本などでしっかりと学び、語り継いでいく必要があると思います。何十年も何百年も永遠に語り継いでいき、二度とあのような過ちを繰り返してはならないと思います。戦争や原爆の悲惨さ、恐怖など、そして平和の大切さを改めて感じることができた良い学習となりました。


◎一番印象が強かったのは、原子爆弾の強さと戦争によって差別や偏見が生まれることです。たった一つの爆弾が数十万人もの命を奪っていくことが信じられないと思います。絶対に使ってはいけないものだと思いました。また、ピカを受けた人への差別が昔はひどかったことを知りました。そんなふうに見られて亡くなってしまう人はどんな気持ちだったか、考えたことがあったのかなと思いました。そういう肉体的以外にも、精神的にも原子爆弾は追い込んだことは一番の短所だと思いました。


◎「アオギリにたくして」を観て、戦争ははじまった時、途中。終わった後と、長い年月をかけても、町や建物はまた直っても、人の体や心についた傷は、大きく残ります。この映画で改めて知っただけではなく、原爆の被害を受けたというだけで結婚できなかったりという原爆差別やいじめを受けた人たちがたくさんいたことに驚きました。やっぱり一番すごいなと思ったのは田中節子さんだと思います。原爆により左足を切断しなければならなくなり、右足だけになってしまっても、子供たちにからかわれたり、同僚からいろいろいわれても、いつも笑顔でプラス思考なところがすごいなと思いました。一番印象的だったせりふは、「私たちは、アオギリのように生きていかなければいけない」という部分で、被爆しても一生懸命生きていくことが大切なんだという強いメッセージだと感じました。
戦後70年ということで、こんな素晴らしいメッセージがこめられた映画を観ることができてよかったと思います。戦争と平和について、しっかり考え、学ぶことができたので、それをいろんな事に生かせるようにしたいと思いました。


◎決してあきらめずに、しっかり前を向いている姿がかっこ良いなと思いました。
戦争は絶対にあってはいけないと思います。今、戦争をいつでも出来るようにする考えが問題になっているけれど、戦争しても良いことはないし、平和に貢献したいなら他の形ですればできると思います。
被爆から70年がたち、被爆者の平均年齢は80才を超えているので、二度と戦争が起こらないように、若い人たちが体験談などを広めていくことが大切だと思いました。




posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 23:48| 東京 ☁| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする