2017年04月24日

たからプロデュサーの初めてのお友達は、千浪さん家の「ココちゃん」

DSC_0687.JPG


第一回JASRAC音楽文化賞を受賞した映画「アオギリにたくして」の主題歌・挿入曲の音源づくりで大変お世話になったピアニストの坂井千浪さんのご自宅に先日お伺いさせていただきました。


千浪さんが引っ越される時に、これまで使っておられた楽器の一台をミューズの里オフィスに移動し、ご一緒にみんなで練習させていただけることになりました〜♪ 千浪さん、ありがとうございます〜!


たからプロデューサーは、生まれてはじめての犬のお友達「ココちゃん」と初対面。ココちゃんは、とっても心優しく、社交性もあり、誰にでも優しくて、きっとたくさんお友達がいて愛されているんだろうなぁ〜と思います。


一方、たからプロデューサーは・・・。
超多忙で貧乏暇なしの会社のスタッフとして働いてきたため、人間のお友達はたくさんいるのですが、これまで犬のお友達と一緒に遊んだり、楽しんだりした経験がないので、もう大変(><)。ビビリーで経験不足なため、自分を守ることだけで精一杯で楽しく感覚を共有できません。威嚇したり、吠えたりするので、ココちゃんも最初は訳が分からず、びっくりして座り込んでしまいました。でも、心の優しいココちゃんは、そんなたからプロデューサーをじっと見守り、最後は一緒に遊んでくれました。


ココちゃん、いろいろごめんなさいね(><)そして、本当にありがとう〜♪♪
ココちゃんの優しさに救われました。これからも、たからプロデューサーと一緒に遊んであげてくださいねぇ〜♪♪


セカンドオピニオン後に病院を移動し、先週から主治医の勝俣先生に治療していただくことになったしげ兄さんですが、先日の診察では、勝俣先生を追うNHKの取材が入っていたそうです。


しげ兄:「僕は、我がまま患者を目指します!」
勝俣先生:「我がままな患者であれ!これこそが、私のモットーなのです!!」


4/29に東京ジャーミイでライブが入っているため、勝俣先生のアドバイスもあり、本格的な抗がん剤治療はゴールデンウィーク明けからのスタートなりました。


千浪さんも、骨折がずいぶん良くなり、後は8月に手術を控えておられます。今年は、みんなゆっくり体を大切にしながら、来年2018年にむけて、これまで一番やりたかったのにずっと出来ずにいたNewバージョンの「いのちの音色」全国ライブにむけて準備の年としていきたいと思います。


今年は、本当にやりたかった音楽活動への第一歩を踏み出していくための大切な一年となるよう充電しながら、チャレンジしていきます〜!!


新たな第一歩にむけて〜♪♪

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 10:57| 東京 ☁| たからプロデューサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

主題歌「アオギリにたくして」YouTube

映画「アオギリにたくして」上映と共に主題歌の合唱を企画してくださっている皆様からのお問い合せをいただきありがとうございます〜♪ 下記YouTubeより、これまで皆様が合唱してくださった映像の視聴なども可能です。ギター楽譜&ピアノ伴奏楽譜は下記「アオギリにたくして」公式サイトのメニュー「ダウンロード」の一番下よりダウンロードできます〜♪


◼︎映画「アオギリにたくして」主題歌楽譜
➡︎ http://aogiri-movie.net/presskit/


◎山形西高等学校合唱部
https://www.youtube.com/watch?v=n7Dl_iUF77I


◎映画館「八丁座」ひろしまアオギリ合唱団
https://www.youtube.com/watch?v=UQvoHmZiSPk


◎映画館「サロンシネマ」ひろしまアオギリ合唱団
https://www.youtube.com/watch?v=jgL0UwHyArA


◎広島市立猪口小学校合唱部
https://www.youtube.com/watch?v=KzgyW2pVa1c


◎アオギリにたくして手話ダンス
https://www.youtube.com/watch?v=BuJqNv3FHus


◎「アオギリにたくして」主題歌
https://www.youtube.com/watch?v=eB2tUcxHplQ


アオギリの木.jpg


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 21:59| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

やっとお正月〜?!♪♪

年始年末も、土日も祝日もなく、いつも仕事ばかりしてきた人生なので、あまりお正月気分を味わったことはないけれど、今年は特に年末から今日まで、とにかく大変な毎日でした。無事倒れずに今日までやってこれたことに心から感謝です〜♪


年が明けた感覚もないままだったので、先週末は「今日が、2017年の元旦だ!」と勝手に決めこんで、毎年自分の中で恒例の 一人こもって蛹の気分になって体調を整え、今年の計画を図にしてイメージしてみました〜♪♪ お餅がなくて残念ですが、寒い冬を乗り越えて、ますます元気に咲き続けているお花たちを見て元気をいただきながら、今日も元気にがんばります〜!


DSC_0680.JPG


物言わぬ花や草や木ですが、いろんなことを教えてくれます。
ホントに「生命」って素晴らしい〜!!

「花を眺め、木々を眺めて一年を過ごしていると、季節の移り変わりは何と人の一生と重なっているものなのかと思う」という写真家の星野道夫さんの言葉が思い起こされます。


いつも私の体調まで気遣ってくださり、見守っていただき、祈ってくださっている皆様からのメールに心から感謝しています。


これまでまだ上映したことのないミニシアターでの映画「かけはし」上映にむけて動きながら、自主上映に向けても営業活動がスタートしました〜!「アオギリにたくして」も夏の上映にむけて、がんばります〜!!

改めまして、本年もよろしくお願い申し上げます!
今後とも皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます〜!!
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 11:28| 東京 ☀| 花・樹・野菜・MUSEガーデン&Cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

たから散歩・しげ兄スピリット

DSC_0677.JPG

異文化交流事業としてこれまで取り組んできたピース登山・朗読劇などを支えてくださった宮城英陽さんが、ミューズの里「青空オフィス」に来社されています〜♪


これまで、富士登山やクムジョン山などの登山を一緒に企画運営してくれた宮城さんは、現在は昔からの夢だった子供たちに学ぶ喜びを伝えていく事業をしたいという願いを叶え、塾の経営者として、また先生として活躍されています。


ピース登山は、ミューズの里の毎年夏の恒例行事でしたが、初の映画プロデュース作品「アオギリにたくして」が完成して以来、めちゃくちゃハードな上映活動の中で、ここ数年お休みしていました。


振り返ると映画製作中は、地方ロケの後にそのまま2泊3日の富士登山を留学生と一緒に行い、その後すぐにまた撮影現場に戻るなど、考えただけで気の遠くなるような状況下、よく怪我もなくやってこれたなぁ〜と、何年か前のこととはいえ・・・あの頃は若かったなぁ〜と感じます。


宮城さんは、早稲田大学の登山部に所属していたこともあり、登山に関する知識もとっても豊富! 昨年、宮城さんから「ピース登山を再開しましょう!」とご連絡をいただき、なんとか実現させたかったのですが、映画の夏の上映会がすでにたて込んでいて残念ながら出来ないままでした。


富士登山は、かなり気合をいれないと、なんといっても日本一高い山で、なかなか大変です。まずは、「たから散歩」からスタートしよう!と、本日のミーティングでは意気投合!


来年は設立10年目を迎えるミューズの里ならではの異文化交流の場づくりとなるように、今年から宮城さんにミューズの里の異文化交流事業に加わっていただきながら、企画を少しずつ形にしていきたいと思っています。


しげ兄さんが、イベントの素敵なネーミングを考えてくれました〜♪


のしく(楽しく)
んせい(感性豊かに)
くらく(楽々)
散歩(ウォーク)


楽しく、感性豊かに、楽々ウォーク!今日もお宝発見〜!!
「たから散歩」



すでに抗がん剤治療をスタートする予定だったしげ兄さんですが、先日の静岡での上映会を企画してくださった前田智子様からの強いお奨めをいただき、抗がん剤治療の第一人者で腫瘍内科医の勝俣範之先生のセカンドオピニオンを受けさせていただけることになり、信頼する素晴らしい先生との出会いをこの度いただきました。


病気を克服していく上で、先生との信頼関係がどれほど大切かということを、勝俣先生のセカンドオピニオンを聞くしげ兄さんの姿からひしひしと強く感じました。今後の治療は勝俣先生のいらっしゃる病院に移って行われることになりました。


本当は、きっと誰にも言わないけれど、どれほど辛く、苦しく、大変で、不安だったろうと思う時、この度の勝俣先生との出会いをいただけたことに心より感謝の気持ちでいっぱいになります。


来週より6ヶ月間の抗がん剤治療がはじまります。今後のしげ兄さんの動きについては、勝俣先生にご相談・ご指導いただきながらすすめていくことになります。完治させていくためにも、今は一番大切な時なので、先生にご相談しながら、みんなで力を合わせていきたいと思います。


一見そう見えないところがまたいいのですが(笑)しげ兄は誰よりも働き者で、倹約家で、実は真面目であんがい神経質(笑)。そんなしげ兄さんだからこそ、これまでずっとミューズの里を支えてくれました。どんなに大変な時も、深刻さを周りに撒き散らすのではなく、深刻さに負けない勇気とユーモアを持って周りの人をハッピーにしながら乗り越えていく!まだまだ大変さは続きますが、しげ兄スピリットを忘れることなく、心に平和を抱きながら前に進んでいきたいと思います〜!!


静養中のしげ兄さんとの新たな企画「たから散歩」も、宮城さんと皆さんと共に、ステキな時間を過ごしながら交流の場をつくっていきたいと思います。これからも一緒にみんなで楽しくやっていきましょう〜♪♪
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 15:45| 東京 ☀| ピース登山&たから散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

ハカルワカル広場

今日は、東京ジャーミイでの4月29日・30日のライブと上映会の企画をしてくださった広島の被爆者の上田紘治さんのご紹介で、八王子のハカルワカル広場にお伺いさせていただきました。

_20170414_202951.JPG

ハカルワカル広場(八王子市民放射能測定室)は、子供たちを内部被ばくから守るため、気軽に測れる低価格の測定を実現したいという思いから、市民の皆さんが設立された八王子市にある放射能測定室です。


それほど汚染されていないとされている地域でも、土を測れば放射性物質が検出されることが多いのだということがわかりました。核兵器の製造や使用、核実験、原子力発電所などで作り出される人口の放射能物質について、私たち一人一人が認識を深め、これ以上地球を汚染しないためにも、現実をしっかり受け止め、子供たちの未来を守るために、まず知ることから、そのためにも調べていくことの大切さを改めて感じました。

火曜日〜土曜日10時〜15時、1検体につき1000円で放射能の測定をしてくださいます。


詳細は、ハカルワカル広場の公式HPをご参照ください。

◎ハカルワカル広場
➡︎ http://hachisoku.org/blog/






posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 20:41| 東京 ☀| ぷらっとハッピ〜日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

日本全国上映にむけて〜♪

DSC_0602.JPG

ミューズの里「青空オフィス」。今日も電気代節約しながら運営中?!


2017年、映画「アオギリにたくして」、ドキュメンタリー映画「かけはし」の日本全国上映にむけて今年もスタッフ一同全力投球していきます〜!そして、今年は、皆様のお力添えをいただきながらミューズの里の第3作目となるドキュメンタリー映画「いのちの音色」シリーズ製作を本格的にスタートしていきます。今後とも皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

DSC_0599.JPG


第3作目の映画より、これまでの企画・製作・プロデュースに加え、皆様にお力添えいただきながら監督・編集にも挑ませていただくことになりました。今後ともよろしくお願い申し上げます〜!!


DSC_0559.JPG
▲制作部長の渡川修一さん(右)、ミューズの里の映画製作にお力添えいただいている柴田誠監督。しげ兄さん&たからプロデューサー(中央)


2017年は、私が主に開拓営業と共に地方を回らせていただき、しげ兄さんには東京オフィスでの上映事業・映像制作部をまとめていただきながら東京周辺の上映活動に力をいれていただき、新たな体制でより一層充実させていきたいと思っています。


皆様のご支援・ご協力をお願い申し上げます〜!!

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 11:32| 東京 ☀| 花・樹・野菜・MUSEガーデン&Cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

アスファルトに咲くスミレ

仕事に向かう途中に出会ったスミレ。思わず足を止めて、しばらく眺めていると、その道を通りかかった近所の方が、「素敵でしょ!植えかえてあげようと思ったけれど、アスファルトの下に根を張っているので無理なのよね‥‥誰かに踏みつけられないように、祈ることしかできないけれど‥」と話しかけてくれました。


ずっと以前に、どこかで読んだ京都一燈園の石川洋さんの詩が、なぜかふと思い出されました。


辛いことが多いのは、感謝をしないからだ。
苦しいことが多いのは、自分に甘えがあるからだ。
悲しいことが多いのは、自分のことしかわからないからだ。
心配することが多いのは、今をけんめいに生きていないからだ。
行きづまりが多いのは、自分が裸になれないからだ。


DSC_0654.JPG



今日も一日、感謝と共に〜♪
人を愛せる人間になりたい。






posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 09:56| 東京 ☔| 花・樹・野菜・MUSEガーデン&Cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

東京ジャーミイ:英語字幕版「アオギリにたくして」上映 & 歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える中村里美・伊藤茂利「いのちの音色」LIVE

17759818_1324037541012875_604213173731158484_n.jpg

東京ジャーミイにて、昨年アメリカで上映された英語字幕版の映画「アオギリにたくして」が上映されます〜!日本に滞在する外国の方々へのお声がけをよろしくお願い申し上げます。

4/29の上映前には、13:00から中村里美&伊藤茂利による歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」ライブが行われ、その後に英語字幕版上映となります〜!皆様のご来場をお待ちしています。

17457895_1310229595727003_3253950956609224660_n-1.jpg

企画してくださった被爆者の上田紘治さんは、広島で3歳の時に被爆されました。5/6には上田さんの被爆証言が行われます。

17759921_1324037584346204_2265155731641896569_n.jpg
▲被爆者の上田紘治とプロデューサーで音楽監督のしげ兄と一緒に東京ジャーミイに打ち合わせに伺わせていただきました。

17795873_1324037564346206_6009202658222475328_n.jpg

17796009_1324037567679539_4226049235337955179_n.jpg

4月29日の、英語字幕版による映画「アオギリにたくして」上映の前には、13:00よりしげ兄さんと共に「いのちの音色」ライブです〜♪♪

17523162_1324037621012867_8355364319892750473_n.jpg


原爆展〜広島・長崎 今伝えたい被爆の実相〜
パネル展・ピースライブ・映画上映・被爆者の「証言」


◼︎ 中村里美&伊藤茂利ピースライブ:4月29日(土)13:00〜無料
◼︎ 上田紘治(広島・当時3歳)の被爆証言:5月6日(土)13:00〜無料
◼︎ 映画「アオギリにたくして」上映
  4月29日(土)15:30〜
  4月30日(日)15:30〜
  大人1200円(チラシ持参1000円)
  子供 500円
◼︎ パネル展:連日10:00〜18:00 無料
 2017年4月29日(土)〜 5月7日(日)連日開催されています。


◎会場:東京ジャーミイ・トルコ文化センター
渋谷区大山町1-19(小田急線代々木上原駅徒歩5分)
TEL:03-5790-0760
http://www.tokyocamii.org

◼︎主催:東京ジャーミイ・トルコ文化センター
◼︎後援:八王子 平和・原爆資料館
◼︎連絡先:上田(TEL: 090-6197-5354)


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 14:48| 東京 ☔| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

名古屋の映画館シネマスコーレでのドキュメンタリー映画「かけはし」上映に向けて〜♪

かけはしHP用.jpg

第二作目となるドキュメンタリー映画「かけはし」をご支援してくださっている平澤英昭さんのご紹介で、名古屋の映画館シネマスコーレの木全支配人様にサンプルDVDを見ていただき、上映していだだける方向となりました。心より感謝申しあげます。来週月曜日のミーティングで上映日程などが決まるそうです。日程決まり次第、ご報告させていただきます。

名古屋の皆様よろしくお願い申しあげます〜!

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 11:37| 東京 ☔| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

大川須美さんに心からの感謝を込めて〜♪♪

大川須美さんと出会ったのは31年前。大川さんは以前、映画「アオギリにたくして」のモデルとなった広島の被爆者 沼田鈴子さんが出演されている「にんげんをかえせ」のフィルムを様々な国の言語に翻訳して世界に届けるCAN(Cry Against Nuclear Weapon)の活動をされていました。


大川須美さんとはじめて出会ったのは、31年前。草の根のボランティア活動「ネバー・アゲイン・キャンペーン」第1期生として、一年間アメリカの家庭にホームステイしながら学校や教会で日本文化の紹介と共に原爆映画「にんげんをかえせ」を上映するボランティア活動に参加した22歳の時、大川さんはじめCANの皆様と持参する原爆フィルム「にんげんをかえせ」のヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々との出会いをいただきました。


女学生時代は、風船爆弾をつくっていたという大川須美さん。教室で和紙を張り合わせて作ったという大きな紙風船は、太平洋戦争において日本陸軍が開発した気球として、爆弾を搭載し、偏西風に乗せてアメリカに向けて飛ばすための兵器でした。戦時中はほとんど勉強する時間もなかったと言います。大川さんの家は空襲で焼かれてしまいました。


大川須美さんが、我々のライブや映画をずっと応援してくださるのは、あの時代を必死に生きた人々の姿がいつも心のどこかに忘れることなくあるからなのだと言います。


1490765032408.jpg
▲我々のライブ活動や映画製作・上映を応援しつづけてくださっている大川須美さん。大川さんが初めて広島原爆資料館を訪れた時、沼田鈴子さんから大川さんに手渡されたという毎日新聞の広岩近広記者のご著書『青桐の下で』(明石書店)には、沼田さんの直筆で大川さんに向けて「出会いを大切に」と書かかれています。


_20170405_070548.JPG


映画「アオギリにたくして」製作に向けてご挨拶に伺った私たちに、大川さんは、沼田さんからもらったというこの本をたくしてくださいました。広岩記者は、以前まだ映画の構想さえなかった頃、チャリティーライブ「アオギリにたくして」を取材に来てくださいました。取材の後には、広岩さんもライブにも飛び入り参加〜!沼田さんについて書かれたご自身の文を朗読してくださり、表現者としての広岩さんの姿に大変感動しました。


一つの映画が生まれるまでには様々なことが繋がり形となっていきます。映画製作を通して人生とは何かを学ばせていただいています。心より感謝申し上げます。


先日3月23日、ミューズの里オフィスに遊びに来てくださった大川さんにお話を伺わせていただく機会をいただきました。ちょうど大阪から来社されていた「ハダカの城」の柴田監督が撮影してくださったのでお話をじっくり聞くことができました。大川さんの平和への思いは、製作中のドキュメンタリー映画「かけはし」第1章の中で描いていきたいと思っています。


今年は、年始早々第二作目の映画の公開としげ兄の入院なども重なり、例年以上の忙しさで1日1日をこなすのがやっとの状態でした。体がいくつあっても足りない状況の中、退院後にそのままオフィスに駆けつけて急ぎの仕事をかたずけ、翌日から仕事復帰して一番大変な時期を支えつづけてくれたしげ兄さんのことを大変ご心配くださり、大川さんの心あたたまるお言葉に励まされ、大変だった日々を何とか乗り越えることができました。いつも一番大変な時を支えていただき、改めて心より深く感謝申し上げます。


いよいよ4月。まだまだ忙しい日々が加速して続いていきますが、どんなに忙しい中にあっても、己に負けず、志を果たしていきたいと思います。

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 22:46| 東京 ☀| 映画『いのちの音色』シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

6メートルに成長した岐阜市立青山中学校のアオギリさん〜♪

IMG_1416.JPG

「本校には沼田先生からいただきましたアオギリが生き生きと育っています。毎年、3年生は広島の学習旅行へ行く前日に「アオギリ集会」を行ってから広島へ向かいます。沼田先生が、ご存命の時には広島へ学習旅行へ行き、直接お話をうけたまわっておりました。沼田先生の魂は本校の中に脈々と育まれております。」


岐阜市立青山中学校の宮部先生からいただいたメールのお言葉に感動です!!


沼田鈴子さんからもらった被爆アオギリの種から育った被爆アオギリ2世が6メートル近くに成長しているそうです。

みんなの心に撒かれた平和の種は、
きっといつの日か、いろんな場所で、いろんな形で、花を咲かせ、
心豊かな社会をつくりだしていくことでしょう。

来年「アオギリ集会」、是非お伺いできたらと思っています〜♪
みなさんとアオギリさんにお会いできる日を楽しみにしています〜♪

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 17:09| 東京 ☀| 映画『アオギリにたくして』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

韓国文化院ハンダマンホール「かけはし」上映にご来場くださった皆様に心より感謝申し上げます。

17498538_1232706153514193_6524159557557963598_n.jpg


3月30日、韓国文化院のハンダマンホールにて「かけはし」特別試写会が開催されました。ご来場くださった皆様、企画してくださった韓国文化院の皆様に心より感謝申し上げます。

17554398_1232706150180860_655201170190914895_n.jpg

17634692_1314241811992448_4401966596940004196_n.jpg

17554040_1232870700164405_6915626259613152018_n.jpg
▲企画・製作・統括プロデューサーと主題歌などの作詞・作曲をさせていただいた中村里美と、製作・プロデューサーで音楽監督の伊藤茂利が上映後のご挨拶に伺わせていただきました。


この度の企画に向けて、お力添えくださり、当日の司会を担当してくださったのは小池崇子さんです。


17553557_1314395708643725_8298960501462241016_n.jpg


2014年1月26日、中根克さんにお力添えをいただきながら、伊藤茂利さんと共に当初3名で撮影をスタートしたドキュメンタリー映画「かけはし」は、その後たくさんのスタッフの皆様に支えていただき、2017年2月より劇場公開がスタートしました。


製作にあたり、石川均監督、長谷川直樹様に撮影や編集で大変お世話になり、兄の中村柊斗が監督を務めさせていただき、前作の映画「アオギリにたくして」では撮影監督としてお世話になった倉本和人さん、録音技師の山口勉さん、MAの山下裕康さんにご協力いただき、ナレーションは牛島摩弓さんにお願いしました。その他、たくさんの皆様のお力添えにより映画が完成しました。ご支援・ご協力くださった全ての皆様に改めて心より感謝申し上げます。


2月からスタートした劇場公開を前に、この年明けに緊急入院していたプロデューサーで音楽監督のしげ兄(伊藤茂利)が無事退院し、上映後の舞台挨拶をさせていただきました。主題歌など音楽の演奏のご依頼をいただいていたのですが、今回はご挨拶だけとさせていただき、またの機会に是非音楽ライブをピアノの坂井千浪さんも一緒に3人でさせていただけたら嬉しいです。今後も上映会やライブなどをご検討いただける方向となり、心から感謝申し上げます。


17553952_1314407428642553_7746146659314465335_n.jpg
▲入院していたしげ兄が元気になるようにとずっと応援してくださっていたピアニストの坂井千浪さん、田中正栄さん、ミックさんが駆けつけてくださり、しげ兄も大喜び!!

17554076_1314407448642551_300279846214529889_n.jpg
▲元気になったしげ兄さん&田中正栄さん



この度の上映に向けて、400人以上のご応募をいただき、会場の定員が300人のため、抽選が行われたそうです。ご来場くださった皆様、ご応募くださった皆様、すべての皆様に心より感謝申し上げます。


一歩一歩、日本全国での上映に向けてがんばります〜!!
今後ともよろしくお願い申し上げます。


本当にありがとうございました。
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 01:14| 東京 ☔| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

映画「かけはし」石蕗での関係者試写会でお世話になった皆様に心より感謝申し上げます〜!

3月11日より、大分県の別府ブルーバード劇場 ➡︎ 日田市人権擁護委員会 ➡︎文化交流館「石蕗」での約一週間にわたるドキュメンタリー映画「かけはし」上映行脚を行わせていただきました。


17352288_1301654256584537_3818029102947746777_n.jpg

3月18日は、日田の文化交流館「石蕗」で関係者試写会を梶原宜子先生が企画してくださいました。。


梶原先生は、「いのちの音色」ライブ活動をずっと応援してくださり、第一作目の「アオギリにたくして」が完成した際も、それまでライブ活動をしてきた学校などでたくさんの上映会を企画してくださいました。そして今回の映画「かけはし」でも製作中からずっと応援してくださいました。


17309145_1298696443546985_5283022870386345366_n.jpg
▲梶原宜子先生


ゼロから何かを生み出し、形をつくっていく中には、一筋縄ではいかないことがたくさんあります。辛いこと、悲しいこと、大変なことの連続の中で、それでも最後まであきらめず、何が何でもやり通していきたいと思える意志は、心に強く響き続ける不変のメッセージの中から生まれてきます。そして、そんな思いを一緒に受け止め、支え続けてくださる方々の存在が、どれ程の力を与えてくれることでしょう。


17265197_1301654253251204_4468841923076306363_n.jpg


「この映画をたくさんの人たちに、若者たちにも是非見て欲しい!今見るべき、とても大切な映画だと思うから」と、ご感想を寄せていただき、これからの上映に向けて気合をいただきました〜!!



17308819_1301654243251205_1818988578408047110_n.jpg


前日の法務局での上映会に引き続き、梶原先生の旦那様が映写をしてくださり、心温まるとても素敵な上映会となりました。梶原ご夫妻に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。




初めて日田を訪れて以来、ずっとお世話になっている渡辺ご夫妻も上映会に駆けつけてくださいました。前日には、美しい日田の夕日を見に連れて行ってくださいました。


17264434_1301812429902053_7530999295656876345_n.jpg
▲渡辺ご夫妻


「いのちの音色」ライブで日田を初めて訪れたのは5年前…。

ただひたすら駆け抜けてきたこれまでを振り返り、皆様への感謝の気持ちでいっぱいです。さらなる五年に向けて、新たなチャレンジを胸に誓い、沈みゆく夕日に祈りを捧げました。


17362093_1301812423235387_4821411671378665466_n.jpg


また、日田に戻ってくる日を楽しみに、がんばります!!


皆様、本当にありがとうございました。
心より感謝を込めて〜♪
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 21:27| 東京 ☔| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

3/30ドキュメンタリー映画「かけはし」特別上映(共催:韓国文化院・ミューズの里)

ドキュメンタリー映画「かけはし」の日本全国上映に先駆けて、本日(3/30)は、在日韓国文化院様とミューズの里「かけはし制作委員会」共催による特別試写会が開催されます。定員300名のところ、400名以上のたくさんの皆様よりご応募いただき、すでに抽選が行われお申し込み締め切りとなっています。皆様に心より感謝申し上げます〜!!

1701kakehasi2_b5_omote72.jpg

1701kakehasi1_b5_omote_72.jpg

本日の司会は、前作の映画「アオギリにたくして」でアメリカ上映をコーディネイトしてくださり、この度の韓国文化院での「かけはし」上映に向けてお力添えくださった「かけはし制作委員会」の小池崇子さんです〜 ♪企画・制作・プロデューサー・音楽の中村里美と伊藤茂利がご挨拶に伺わせていただきます。 皆様のご来場を心よりお待ちしています。

日本全国自主上映も順次スタートしていきます〜!
詳細は下記アドレスをクリック!!
➡︎ http://kakehashi-movie.net/myscreen/

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 11:02| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

ドキュメンタリー映画「かけはし」自主上映のご案内


全国での劇場公開がまだまだ続くドキュメンタリー映画「かけはし」ですが、地域によって自主上映もスタートしてまいります。「かけはし」公式Webサイトに自主上映のご案内がアップされました。是非、皆様の街で、「かけはし」の上映をご検討いただけたら嬉しく、何卒よろしくお願い申し上げます。お気軽にご相談ください。


◎ドキュメンタリー映画「かけはし」自主上映のご案内
http://kakehashi-movie.net/myscreen/


自主上映のご案内
あなたの街で『かけはし』を上映しませんか?
※本作品は2作品上映となります。(上映時間:第一章42分+第2章53分=95分)

本作品『かけはし』第1章では、関係者インタビューによってスヒョンさんの人生を浮かび上がらせると共に、彼の死後、ご両親と同奨学会が行った留学生支援活動や奨学金を受けた留学生の姿を描いている。また第2章では、日韓国交正常化から50周年を迎えた2015年に釜山から22名の大学生が、日本の若者や一般人と交流した1週間の旅に密着し、彼らの心の変化に迫っていく。


自主上映の手順
◎上映の仮予約
上映をご検討されている方は、上映日が決まり次第、仮予約をお願いします。


◎上映日
お申込みの先着順で決定してまいります。
仮予約後、別紙上映申込書に必要事項をご記入の上、お送りいただき、その段階にて正式なお申込みとなります。


◎一般上映の鑑賞料金
大人一般:1,000円以上、子供:800円を基準に設定してください。
(例:当日:1,200円 当日:1,500円etc.)

鑑賞料金を設定していただき、その60%が映像使用料となります。
40%分は主催者様の経費(会場使用料、宣伝チラシ代、映写機材費等)となります。
※ MGは、50名となっています。※少人数での開催もお気軽にご相談ください。


◎無料上映の鑑賞料金
無料上映を希望される方は、ミューズの里「かけはし」上映事業部までご相談ください。


◎学校上映について
学校上映の場合は、小・中:一人500円、高校生:一人600円が映画料となります。


◎ご精査方法
上映会終了後2週間以内に、「上映会ご精算書」をメール添付(E-mail:info@musevoice.com)またはファックス(FAX:042-810-1100)にてご返送ください。ご提出いただいた精算書に基づきご請求書を送付いたします。上映日から1ヵ月以内に下記の口座にお振込下さい。


◆映画料のお振込先
◎三菱東京UFJ銀行 鶴川支店
【口座名】株式会社ミューズの里
【口座番号】(普) 0043442


◎映画データーのお届け
ご指定の場所に、上映日の3日前(休日を除く)までに「ミューズの里」より宅配便にてお届けいたします。お届けの際の送料は、ミューズの里が負担させていただきます。

<お願い>
万一、配達期日に届かない場合は、ミューズの里まで至急ご連絡をお願いいたします。
メディア到着後なるべく早い段階で、必ず、実際に上映会でご使用になる再生機に装填し、動作確認をして下さい。

<注意事項>
パソコンでのDVD・BRの再生はトラブルが発生しやすくフリーズの原因になります。
上映会の際は、DVD・BRプレイヤーの使用をお願い申し上げます。また、BRプレーヤーも製造年月日が古いタイプのものは途中でフリーズする可能性がございます。必ず事前に試写をお願い申し上げます。


◎映像データーの返却
上映会翌日に、宅配便にてミューズの里まで返却願います。返送料は主催者様のご負担とさせていただきます。※ 破損や紛失、傷等があった場合は、費用のご負担をしていただきます。


◎宣伝物
「かけはし」公式Webサイトのメニュー「ダウンロード」よりチラシを各自で無料ダウンロードできるようになっています。http://http://kakehashi-movie.net


すでに印刷してあるチラシをご購入希望される方
・チラシ100枚 B5サイズ ⇒ 500円(税別&送料着払い)


ポスターをご購入されたい方へ
・B3サイズ ポスター10枚 ⇒ 800円(+税&送料着払い)


お問合せ&お申し込み先:ミューズの里「かけはし」上映事業部
E-mail: info@musevoice.com または、E-mail: crosscultureplaza@yahoo.co.jp

日本全国&海外上映に出ている場合がありますので、なるべくメールにてご連絡をお願い致します。お急ぎの方は、下記の携帯電話までお問い合せください。

TEL:070-6511-7275(ミューズの里♪)
TEL:070-5568-8204(ミューズの里♪)
FAX: 042-810-1100


〜お気軽に、ご相談ください!〜
<上映応援グッズ> サントラ盤CDアルバム「かけはし」好評発売中!
(定価:1500円+税)

〜第1章〜:I am a Bridge!
1701kakehasi1_b5_omote_72.jpg

〜第2章〜:足跡を訪ねて
1701kakehasi2_b5_omote72.jpg


posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 23:02| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「原爆展」×「中村里美・伊藤茂利ピースライブ」×映画「アオギリにたくして」×「被爆者の証言(上田紘治(広島・当時3歳)」(主催:東京ジャーミイ・トルコ文化センター)

2017年4月29日(土)13:00より、東京ジャーミイ・トルコ文化センターで開催されている原爆展の中で、中村里美&伊藤茂利ピースライブが開催されます。また、4月29日(土)15:30〜/4月30日(日)15:30より、映画「アオギリにたくして」が上映されます。皆様のご来場をお待ちしています(◎主催:東京ジャーミイ・トルコ文化センター◎後援:八王子 平和・原爆資料館◎連絡先:上田(TEL: 090-6197-5354)。

17457895_1310229595727003_3253950956609224660_n.jpg


原爆展〜広島・長崎 今伝えたい被爆の実相〜
パネル展・ピースライブ・映画上映・被爆者の「証言」


◎日時:2017年4月29日(土)〜5月7日(日)
◎会場:東京ジャーミイ・トルコ文化センター

渋谷区大山町1-19(小田急線代々木上原駅徒歩5分)
TEL:03-5790-0760
http://www.tokyocamii.org


◼︎ パネル展:連日10:00〜18:00 無料
◼︎ 中村里美&伊藤茂利ピースライブ:4月29日(土)13:00〜無料
◼︎ 上田紘治(広島・当時3歳)の被爆証言:5月6日(土)13:00〜無料
◼︎ 映画「アオギリにたくして」上映
  4月29日(土)15:30〜
  4月30日(日)15:30〜
  大人1200円(チラシ持参1000円)
  子供 500円

◎主催:東京ジャーミイ・トルコ文化センター
◎後援:八王子 平和・原爆資料館
◎連絡先:上田(TEL: 090-6197-5354)



東京ジャーミイで開催される4/29、4/30の上映と中村里美&伊藤茂利ピースライブに向けて、しげ兄と上田ご夫妻との打ち合わせに伺わせていただきました。

島根県の旧飯石小学校の校庭で、主題歌「アオギリにたくして」を手話ダンスで踊る三瓶裕美さんのYouTubeで見て下さった創作手話ダンス倶楽部代表の小川孝子代表との出会いもいただき感激でした。上映やライブとのコラボで、東京でも主題歌の手話ダンスを広めていきたいと思います。皆様に心より感謝申し上げます。





posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 21:36| 東京 ☀| 中村里美「いのちの音色」全国公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

お問合せ先:「ミューズの里」LIVE&上映事業部:映画『アオギリにたくして』『かけはし』・LIVE「いのちの音色」公演

ミューズの里は、「異文化交流」「いのち・平和」「表現の場づくり」をテーマに、国籍・世代・ジャンルを超えた映画・音楽・出版等を通して、人々の心が豊かになる媒体を創造し、国際社会の平和づくりに貢献する事業を目指しています。

2013年夏に劇場公開された映画「アオギリにたくして」は、日本全国・世界に向けて上映活動を展開し、「いのちの大切さ」「平和の尊さ」への思いをアオギリにたくして、被爆アオギリ2世・3世の植樹を呼びかけています。

また、2017年2月より劇場公開がスタートした第二作目となるドキュメンタリー映画「かけはし」の日本全国上映活動もスタートいたしました。


映画の製作 ・プロデューサーでミュージシャンの中村里美&伊藤茂利による歌・朗読・語りで伝えるヒロシマ・ナガサキ「いのちの音色」公演も国内外でのLIVEを行っています。


上映・LIVEの企画をご希望の方は、お気軽にミューズの里までお問合せください〜♪♪


ミューズの里LIVE・上映事業部
E-mail: info@musevoice.com
E-mail:crosscultureplaza@yahoo.co.jp
ミューズの里公式HP http://musevoice.com
FAX: 042-810-1100 
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 10:46| 東京 ☔| お問合せ先♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

大分合同新聞掲載記事:3/18日田市の文化交流館「石蕗」ドキュメンタリー映画「かけはし」上映

2017.3.17大分合同新聞.JPG

3月18日(土)日田のの文化交流館「石蕗」にて、ドキュメンタリー映画「かけはし」上映が行われます。大分合同新聞に記事が掲載されました。企画してくださった梶原宜子先生はじめ関係者の皆様に心より感謝申し上げます。上映後にご挨拶させていただきます。皆様のご来場を心よりお待ちしています。


〜完成披露特別試写会〜
・日時:3月18日(土)
・会場:文化交流館「石蕗」
・主催者:文化交流館「石蕗」
・連絡先:080-5604-2295(梶原)
◎企画・製作・統括プロデューサーで主題歌の中村里美が伺わせていただきます。

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 23:17| 東京 ☁| メディア掲載履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シアター法務局?!映画「かけはし」上映〜!!

法務局日田支局.JPG


本日、3月17日10:00より、日田市人権擁護委員会の皆様の主催による映画「かけはし」上映が、日田市の法務局で行われました。ご来場いただいた皆様に心より感謝申し上げます。


法務局日田支局2.JPG

以前、初プロデュース映画「アオギリにたくして」の上映もしていただき、第二作目となる映画「かけはし」は企画段階から、「完成したら是非また上映会を!』と、錦みどり先生と梶原宜子先生より何度もご連絡いただき、応援いただきました。


そして今日!映画「かけはし」の完成披露試写上映会を開催いただき、心より感謝申し上げます。


何度も作り直しながら、当初の公開予定から1年たってしまいました(><)


「映画の完成をまだかまだかと待っていました。でも、今日、この映画を見て、時間をかけてつくられていた意味がよくわかりました。本当に心から感動しました。この作品を作ってくれてありがとう!」


上映後に、映画の感想を伝えてくださる皆様の言葉に、たくさんの感動をいただきました。



梶原宜子先生と共に、ずっと完成を待ちわびてくださっていた錦みどり先生に、心より感謝申し上げます。

錦みどり先生.JPG
▲錦みどり先生



梶原宜子先生の旦那様が、今日のために石蕗の映写器材を運んで映写をしてくだしました〜!!
法務局の2階の会議室をみなさんが黒の模造紙で遮蔽してくださり、
みなさんから、「わぁ〜シアター法務局だ!」と歓声があがりました!!


皆様の思いと、ご協力で、素晴らしい完成披露試写上映会となりました。


本当にありがとうございました〜!!皆様に心より感謝申し上げます〜!!

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 16:06| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

中日新聞(静岡)掲載記事「平和の種まく上映会」静岡県聴覚障害福祉を考える連絡協議会(主催)

2017.3.6中日新聞(静岡).jpg

2017年3月5日、ジャーナリストの北岡和義様のご紹介で「静岡県聴覚障害福祉を考える連絡協議会」様の主催により焼津市大井川文化会館(ミュージコ)で開催された、映画「アオギリにたくして」上映会が、翌日6日の中日新聞(静岡版)に掲載されました。ご来場いただいた皆様に心より感謝申し上げます。

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 20:45| 東京 ☀| メディア掲載履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西日本新聞掲載記事:3/18文化交流館「石蕗」ドキュメンタリー映画「かけはし」上映

2017.3.16西日本新聞「かけはし」.JPG

2017年3月16日の西日本新聞朝刊に、3月18日に日田の文化交流館「石蕗」で上映されるドキュメンタリー映画「かけはし」の記事が掲載されました。その前日の17日は、日田市人権擁護委員会主催による上映会が大分地方法務局日田支局にて開催されます。両日共に、上映の後にご挨拶させていただきます。


〜完成披露特別試写会〜
・日時:3月18日(土)
・会場:文化交流館「石蕗」
・主催者:文化交流館「石蕗」
・連絡先:080-5604-2295(梶原)
◎企画・製作・統括プロデューサーで主題歌の中村里美が伺わせていただきます。
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 14:30| 東京 ☁| メディア掲載履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

創立10年に向けて、ミューズの里「AOGIRIプロジェクト」「かけはし」プロジェクト

来年2018年8月6日、ミューズの里は設立10年目を迎えます。たくさんの皆様にご支援・ご協力いただきながら、ここまでこれたことに改めて心より感謝申し上げます。

設立10年目に向けて、「AOGIRIプロジェクト」事業と「かけはしプロジェクト」事業により一層力を注いでまいります〜!今後とも、皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。


◎ミューズの里「AOGIRIプロジェクト」「かけはしプロジェクト」

➡︎ http://musevoice.com

アオギリ苗(小).jpg
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 00:10| 東京 ☀| ぷらっとハッピ〜日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

なんだか悲しい、ハイジのCM

r-108-58.jpg

あまりテレビを見る機会がないので、たまにテレビを見ると新鮮な感覚であれこれ気になることがあります。


中でも最近、悲しいなっと思ったのは、アルプスの少女ハイジのアニメの絵が使われている家庭教師のCMです。


小さな頃からテレビが家になかったので、「アルプスの少女ハイジ」をテレビで見た記憶は祖父母の家に行った時の数回しかありません。それでも、その中に描かれていたアルプスの大自然を舞台にした、心温まるハイジの物語は今も記憶に残っています。


そのハイジのキャラクターを使って、学校教育ではないにせよ、家庭教師という教育に関わることなのに、そのセリフのやり取りや描かれ方はなんとも悲しく、アルプスの少女ハイジの世界観はまったくリスペクトされていません。宣伝という、大きなお金が動き、費用対効果の求められる世界は、一つ間違うとこうなってしまうのかということを知る一つの例なのかもしれません。


もし、自分がハイジの製作者だったら、絶対にやってほしくない、そして、絶対にやらないことだと思います。「おんじいったりきたり」篇では、ハイジがお得情報を口にするたびに、おんじがあの世に逝ったり来たりする中で、ハイジに「もう1回やって!」と無邪気に言わせてみたり、おんじがベットの下に何か隠してあるという設定で、ハイジに「ここに隠してあるものバラしてもいいんだ?」と言わせてみたり・・・。


きっと「アルプスの少女ハイジ」を見たことのない子供たちは、このCMがハイジのキャラクターイメージになっていくのかもしれませんが、この作品を最初につくった人たちはどんな思いをたくして「アルプスの少女ハイジ」を作品化し世に出したのだろう・・・とふと考えてしまします。


何よりも大切なことは稼ぐことで、そのためならと割り切って考える風潮が蔓延している社会の表れなのかもしれません。CMをつくる側も、ハイジの世界観より、ただうけを狙って多くの人に強い印象を与え、伝達することしか考えがおよばないのかもしれません。


映画製作を通して、これまで垣間見てきたものの中にも、同じ悲しさを感じる事が度々ありました。だから、なおのこと、このCMにはとても腹が立ってしまうのかもしれません。


お金は人の心をいとも簡単に操ります。
命の次に大切なものがお金となってしまうと、人としてあまりに悲しい言動を平気で出来ようになり、自分がそうなっていることにさえ気づけない深い悲しさがそこにあります。


あのCMは、悲しいけれど、今の日本の社会のあり方の一片を表しているように思えてなりません。


でも、これ、もし海外だったら、かなりのクレームの対象になるのでは・・・。

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 18:41| 東京 ☁| ぷらっとハッピ〜日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドキュメンタリー映画「かけはし」メディア掲載履歴

1701kakehasi1_b5_omote_72.jpg

ドキュメンタリー映画「かけはし」のメディア掲載歴がアップされました〜!


◎「かけはし」メディア掲載履歴

➡︎ http://musevoice.com/newsrelease/?p=475 



一歩一歩、日本全国での順次上映を行なっていきます〜!
皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます!!



posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 13:46| 東京 ☁| メディア掲載履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

「かけはし」に魂を吹き込んでくださった文化交流館「石蕗」の梶原宜子先生

大分県日田市でドキュメンタリー映画「かけはし」の完成披露特別試写会を開催してくださる文化交流館「石蕗」の梶原ご夫妻の車に乗せていただき、3/12の別府ブルーバード劇場での上映後のご挨拶の後、日田にやって来ました。


別府と同じように、私にとって日田は、心の故郷のような場所です。


「アオギリにたくして」「かけはし」共にまだ映画がうまれていなかった頃。そもそも映画をつくろうなんて思ったこともなかったあの頃…。1000回ライブを目指して今も続く、歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブで、日田を初めて訪れたのは、2012年7月でした。



中学校の教頭先生をしておられた梶原宜子先生は、我々の歌と語りで伝える「いのちの音色」ライブに惚れ込んでくださり、これまでにたくさんのライブを企画してくださいました。まだまだ不安でいっぱいだったあの頃、自分が自分のやっていることを信じる以上に、梶原先生は「いのちの音色」ライブに熱い思いをたくして、広め、応援してくださいました。


あの時があって、今があります。
振り返ると、人生の節目節目に、今を築く原点ともなるざまざまな出来事があります。


第二作目となるドキュメンタリー映画「かけはし」の撮影をしていた時、梶原先生が体調を崩されて湯布院病院に入院されたことを知り、大阪ライブから福岡ライブに移動する合間に湯布院にお見舞いに伺った時のことが今でも忘れられません。


模索しながら「かけはし」を製作中だった2015年の秋、どう描いていくかについて、いろんな迷いをまだもっていた私に、梶原先生が若い頃、英語の先生になりたいと思ったきっかけとなったというお話をしてくださいました。


中学校の英語の先生をされていた梶原先生は、昔読んだアメリカの教科書に書かれていた白人と黒人の両親を持つ女の子が、差別を克服し「I am a bridge!」と言った少女の言葉に大変感動した事を熱く語ってくださいました。


「『かけはし』の上映を広げていくことは、今の私の夢です!」と梶原先生。


国と国の架け橋という大きなことではなくても、人は誰しも「かけはし」として心と心をつなぐ存在になれる!そう信じて梶原先生は教員生活をこれまで送ってこられたと言います。


「『かけはし』を広めていきましょう〜!それまでに、必ず元気になっているから!」と、熱く語る梶原先生の姿に、どれ程の励ましをいただいたことでしょう。



撮影中のドキュメンタリー映画「かけはし」の完成を心から楽しみにしてくださっていた梶原先生は、我々がお見舞いに伺うと、すでに病院の方々にもお話しをしてくださっていて、食堂に患者さんや看護婦さんが集まっておられました。しげ兄がギターを奏で、「かけはし」の主題歌を歌わせていただきました。


東京に戻ると、梶原先生からメールが入っていました。


「なぜ十数年たっても皆さんがこの事件のこと覚えていたのか、それは、駅のホームにとっさに飛び込み人を助けようとしたその行動に純粋に私たちは感動したのだと思います。さつばつとした今の時代に心を動かされた事件だった。自分にはできないと思ったと思います。その後のご両親の行動は、私も含めてみんな知りませんでした。さらなる驚き、感動です。そして、道徳とか、美談とかではなく、特別な人みたいな話ではなく、スヒョンさんが一人の普通の人間だったからこそ感動したのだと思います」



「I am a Bridge! 人は誰しも「かけはし」として心と心をつなぐ存在になれる!」


梶原先生の熱い思いに感動し、何があっても「かけはし」を絶対につくりあげよう!と心に誓いました。


一つの作品が形になるまでには、様々な事がありますが、何があっても乗り越えていけたのは、自分の中の強い思いだけではなく、梶原先生の熱い思いが、我々を見守ってくださったのだと思います。そして作品の芯となる部分を共に支えてくださったからだと思います。


今週3月18日(土)、日本全国での自主上映に先駆けて、梶原先生が主宰されている文化交流館「石蕗」でドキュメンタリー映画「かけはし」の完成披露特別試写上映会が行われます。



DSC_0492.JPG



ドキュメンタリー映画「かけはし」に魂を吹き込んでくださった梶原宜子先生に、改めて心から御礼申し上げます。本当にありがとうございました。これからも宜しくお願い申しあげます。


かけはしTシャツ案表.jpg
▲文化交流館「石蕗」梶原宜子先生



〜大分県(日田)完成披露特別試写上映会〜
・日時:3月18日(土)14:00〜
・会場:文化交流館「石蕗」
・主催者:文化交流館「石蕗」
・連絡先:080-5604-2295(梶原)
◎企画・製作・統括プロデューサーで主題歌の中村里美が伺わせていただきます。

posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 19:47| 東京 🌁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊藤茂利プロデュースによる「かけはし」サントラ盤CDアルバム(上映活動応援グッズ)

前作の初プロデュース映画「アオギリにたくして」でも大変お世話になった別府ブルーバード劇場館主の照ママとMikiマネージャー様が、第二作目となるドキュメンタリー映画「かけはし」の上映をしてくださり、九州初の劇場公開を別府ブルーバード劇場からスタートしてくださいました〜!!


年始に入院して、まだ退院まもないプロデューサーで音楽監督のしげ兄さんは、今回は別府に来ることができませんでしたが、入院先の病院で術後6本の管に繋がれながらエンジニアの岡部さんに指示出しをしながら作りあげてくださった「かけはし」サントラ盤CDをもって今回は私一人で伺わせていただきました。


しげ兄のことを心配し、応援し、待っていてくださる方々がたくさんいることを知り、別府ブルーバード劇場に集う皆様のあたたかな優しい心に触れ涙が溢れました。


一番大変な新作の劇場公開を前に、年始にしげ兄さんが緊急入院となり、1月からずっと忙しさのピークと緊張が続いたままでしたが、皆様に応援いただき、お陰様でしげ兄が無事仕事に復帰しました〜!ホッとした途端、今度は私が少し体調を崩し気味で、別府に向かう電車の中で足元がフラフラしていたのですが、大きな大きな笑顔で迎えてくださった照ママ、MIKIマネージャー様、よしこ様のパワフルで、かっこよくて、面白くて、めちゃくちゃ優しいハートに触れて、細胞が生き返っていくかのようでした。


これから日本全国での上映をしていくために、たくさんの経費がかかります。でも、我々のように製作することだけでも精一杯で、宣伝力のない小さな映画は、それをしなければ誰の目にもふれることなく、作品はただ埋もれていってしまいます。


しげ兄が、病院に入院しながら心配して、全国上映を広げていくために一生懸命つくってくれた「かけはし」サントラ盤CDを、照ママとMIKIマネージャー様とよしこ様が、みなさんに宣伝してくださり、「しげ兄さんが元気になって、次回別府へ来れる日に、また上映しましょう〜!」とあたたかな言葉をかけてくださいました。


17264395_1295816490501647_7352297851764292353_n.jpg


最初の一歩を踏み出す一番大変な時を、いつも見守り、支えていただき、心より感謝致します。


17309222_1295816493834980_2352153867517686150_n.jpg


一歩一歩、がんばります。

サントラ盤CDの収益金は、「かけはし」日本全国上映行脚の交通費など、上映活動支援に使わせていただきます。本当に心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。



posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 15:49| 東京 🌁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

別府ブルーバード劇場にて、3/17まで「かけはし」上映中〜!!

3/11(土)より、大分県の別府ブルーバード劇場にて、九州初の「かけはし」劇場公開がスタートしました〜!上映がスタートし3/17(金)まで上映されています〜!

ブルーバード「かけはし」.jpg


前作の「アオギリにたくして」でも大変お世話になった皆様が駆けつけてくださいました〜♪

館主の照ママの大きな笑顔に、いつもたくさんの勇気と希望をいただいています〜!

17264395_1295816490501647_7352297851764292353_n.jpg
▲「かけはし」サントラ盤CDアルバム 照ママ、Mikiマネージャー様、よしこ様、本当にありがとうございます〜!!

音楽監督でギタリストのしげ兄を待ってくださっている方々が別府にたくさんいます〜♪退院後は大事をとって、しばらく東京周辺での仕事を中心に行っているため、今回は私一人で来させていただきました。
「次回また、しげ兄が元気になって来れる時に上映しよう!」とMikiマネージャー様が言ってくださり、別府ブルーバード劇場に集う皆様の心のあたたかさに触れ、たくさんの元気をいただきました。


Mikiブルーバード.jpg
▲別府ブルーバード劇場のMikiマネージャー様


振り返れば4年前、どこで上映されるかも全く決まっていない中、生まれて初めて作った映画「アオギリにたくして」を持って、一つ一つご挨拶しながら、何度も通わせていただき、上映してくださる皆様との心の交流を通して、また一つ、また一つと広がり、今があります。


映画が生まれるまでにも何十年という背景があったように、上映活動の一つ一つが、自分の中の歴史に刻まれています。初めて別府ブルーバード劇場へドキドキしながら来た日のことが思い出され、胸が熱くなりました。

17155456_1266665343423848_236182198753264538_n.jpg

17203099_1266665336757182_1446735552405725653_n.jpg


初日の3/11と翌日の12日の二日間にわたり、上映後に、すずきよしこ様とのトークショーに出演させていただきました。

17265103_1267196440037405_8172805321873906807_n.jpg

17264719_1125357777593962_4324597622520144591_n.jpg

17191104_1294379107312052_2755190088288885583_n-1.jpg
▲すずきよしこ様と一緒に


また、この度の上映会に、アオギリ会国東の衣笠さんが、別府ブルーバード劇場でのドキュメンタリー映画「かけはし」上映に駆けつけてくださいました。衣笠さんは、別府ブルーバード劇場で「アオギリにたくして」を観て感動してくださり、アオギリ会国東を立ち上げ、被爆アオギリ二世の植樹や上映活動を国東半島で広めて下さっています〜!

17264678_1295798483836781_6565028187340035628_n.jpg
▲アオギリ会国東代表で俳優としてもご活躍中の衣笠邦彦様


17155915_1125357774260629_748169902918248762_n.jpg


別府ブルーバード劇場での初日の上映会は、いつもお世話になっている皆様と一緒に交流会〜♪
皆様に支えていただき、第二作目の映画「かけはし」上映会が無事スタートしました〜!!



初日に別府ブルーバード劇場に駆けつけて映画を見てくださった別府市役所の伊藤部長様が文化呼びかけてくださり、韓国語の映画紹介のチラシが完成しました〜!!皆様に心より感謝申し上げます〜!


17238750_637608019767782_101616945_n.jpg


3/17(金)まで、別府ブルーバード劇場で、ドキュメンタリー映画「かけはし」上映中です。皆様よろしくお願い申し上げます〜!!(14:50〜16:25)電話番号及びFAX番号:0977-21-1192






posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 14:44| 東京 🌁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

3/18 大分県(日田)文化交流館「石蕗」:ドキュメンタリー映画「かけはし」特別試写上映会〜!

今年2月に東京より劇場公開した第二作目となるドキュメンタリー映画「かけはし」は、現在3月17日まで、(大阪)シアターセブン、(大分)別府ブルーバード劇場で上映中です〜!


そして、これからはじまる日本全国自主上映に向けて、大分県日田市にある文化交流館「石蕗」にて、3/18(土)特別試写上映会が開催されます。これまでずっと私たちのライブ活動や映画製作を応援してくださった梶原宜子先生が企画してくださいました。連絡先:文化交流館「石蕗」080-5604-2295(梶原先生)

また、その前日の17日には、大分地方法務局日田支局にて、日田市人権擁護委員会様の主催による特別試写上映会が開催されます。


文化交流館「石蕗」では、第1作目の映画「アオギリにたくして」の時にも、全国での自主上映に先駆けて、特別試写会を開催させていただきました。


映画製作を行うきっかけともなった中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」日本全国ライブ行脚の中で、梶原先生との出会いをいただき、学校や老人ホーム、公民館など、様々な場所でライブをさせていただき、日田をはじめ、九州の様々な地域とのご縁をいただきました。

その後、ライブの中で朗読させていただいていたアオギリの語り部と呼ばれた被爆者の沼田鈴子さんが亡くなられたことで、沼田さんを モデルにした初のプロデュース映画「アオギリにたくして」製作をすることになりました。梶原先生には製作・上映にむけてずっと応援いただきました。


第二作目となるドキュメンタリー映画「かけはし」でも、模索しながら製作にむけて動いている時から、梶原先生がずっと応援してくださり、アドバイスをいただき、2月より劇場公開がスタートしました。


私たちのチャレンジをいつもあたたかい眼差しでずっと見守ってくださり、勇気を与えていただき、確信をもって前に突き進む上で大切な核となる大切な部分を深く掘り下げて語ってくださり、信じてくださり、応援し続けてくださっている梶原先生に、改めて深く心より感謝申し上げます。




これから始まる全国への自主上映会に先駆けて、3/18(土)文化交流館「石蕗」にて、梶原先生が特別試写上映会を企画してくださいました。皆様のご来場を心よりお待ちしています〜!!


かけはしTシャツ案表.jpg


〜大分県(日田)完成披露特別試写上映会〜

・日時:3月17日(金)10時〜
・会場:大分地方法務局日田支局
・主催:日田市人権擁護委員会
◎企画・製作・統括プロデューサーで主題歌の中村里美が伺わせていただきます。

・日時:3月18日(土)
・会場:文化交流館「石蕗」
・主催者:文化交流館「石蕗」
・連絡先:080-5604-2295(梶原)
◎企画・製作・統括プロデューサーで主題歌の中村里美が伺わせていただきます。
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 22:41| 東京 ☁| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

3/17 映画「かけはし」上映会(主催:日田市人権擁護委員会/会場:大分地方法務局日田支局)

3/17(金)大分地方法務局日田支局にて、日田市人権擁護委員会様の主催によるドキュメンタリー映画「かけはし」完成披露試写会が行われる予定です。翌日18日には、梶原宜子先生が主宰されている文化交流館「石蕗」にて、関係者試写会が開催されます。

かけはしロゴ+イラスト.jpg

〜完成披露特別試写会〜
・日時:3月17日(金)10時〜
・会場:大分地方法務局日田支局
・主催:日田市人権擁護委員会
※映画「かけはし」企画・製作プロデューサーの中村里美が伺わせていただきます。

〜関係者試写会〜
・日時:3月18日(土)19時30分〜
・会場:文化交流館「石蕗」
・主催者:梶原宜子
※映画「かけはし」企画・製作プロデューサーの中村里美が伺わせていただきます。

3/11、3/12の別府ブルーバード劇場での上映後のご挨拶の後、日田に向かいます〜!

これまで中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブや映画上映をずっと応援してくださっている文化交流館「石蕗」の梶原先生と共に、これからの「AOGIRIプロジェクト」や「いのちの音色」公演、映画上映・製作等、ミューズの里が取り組む事業についてじっくりと話し合い、意見交換しながら、九州全土に向けて発信していけるようアドバイスいただき取り組んでいきたいと思っています〜!

梶原先生には、ドキュメンタリー映画「かけはし」の制作委員会メンバーとしてもお世話になり、たくさんのアドバイスと応援をいただきました。途中何度か挫折しそうになった時、ずっと支えていただき、今があります。

一つの作品が生まれたり、物事が形になるまでには、知られていない様々な感動する物語が隠されています。

「大切なものはいつも目に見えない」とよく言われますが、作品づくりを通して、様々な体験を培わせていただく中で、本当に大切なものは何かを学ばせていただき、日々成長させていただいています。

日田での17日、18日の連日の完成披露試写会にご挨拶に伺わせていただきます。
皆様よろしくお願い申し上げます〜!!
posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 17:54| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/11(土)より、別府ブルーバード劇場:ドキュメンタリー映画「かけはし」上映!

1701kakehasi1_b5_omote_72.jpg


ミューズの里の第二作目となるドキュメンタリー映画「かけはし」の上映が、今週末の3/11(土)より大分県の別府ブルーバード劇場で始まります〜!今回は、3月17日までの一週間上映ですが、その後また改めて秋に再上映していただけるようです〜!

1701kakehasi2_b5_omote72.jpg


是非、今回皆様に見ていただき、次の上映に向けてお力添えいただく機会ともなれば嬉しいです。3月11日の18:30からの上映後と、12日の13:00〜の上映後にご挨拶に伺わせていただきます。


第一章・第二章同時上映です。
皆様よろしくお願い申し上げます〜!!






posted by 中村里美のぷらっとハッピー日記 at 17:09| 東京 ☀| 映画『かけはし』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする